【au 2019夏モデル】9機種の発売日 / スペックをチェック

書いた人: Kawamata

カテゴリ: au

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
【au 2019夏モデル】9機種の発売日 / スペックをチェック

※最終更新日 2019年8月1日

auは2019年5月13日に2019年夏モデルと新料金プランの発表会を行いました。新機種はスマホ8機種にフィーチャーホン1機種の合計9機種が登場し、新料金プランの一部では今夏提供予定の月間データ容量の上限を設けない「auデータMAXプラン」を発表しました。

新料金プランは月額8,980円が基本となっていますが、条件を満たすことで6か月間は最安5,980円になるとのこと。家族で使うことが前提となっているもののかなり攻めたプランとなっています。

この記事では料金よりも誰もが気になる機種情報にスポットをあてて、主な特徴と基本的なスペック、発売日をご紹介します。

目次:

au2019夏モデル発売時期まとめ

au2019夏モデル発売時期まとめ

最初に今回紹介するモデルの発売時期について確認しましょう。

機種名 発売時期 端末価格
Xperia 1 SOV40 2019年6月14日 112,320円
Galaxy S10 SCV41 2019年5月23日 102,000円
Galaxy S10+ SCV42 2019年5月23日 114,960円
AQUOS R3 SHV44 2019年5月25日 99,360円
Galaxy A30 SCV43 2019年6月6日 43,200円
HUAWEI P30 lite Premium HWV33 発売時期未定 43,200円
TORQUE G04 2019年8月下旬
AQUOS sense2 かんたん 2019年6月14日 32,400円
GRATINA KYF39 2019年5月24日 32,400円

どの端末もおおむね5月下旬~6月中に発売されていますが、TORQUE G04は2019年8月下旬に販売予定になっています。

また、HUAWEI P30 lite Premiumの発売日に関して記事執筆時点での情報では、現在予約停止となっています。

Xperia 1 SOV40:トリプルカメラを搭載した、最強のエンタメスマホ

Xperia 1 SOV40
Xperia 1 SOV40(公式ページ

国内で人気の高いXperiaシリーズの最新モデルXperia 1 SOV40は、4K有機ELディスプレイやトリプルカメラなど、SONYの技術を結集したフラッグシップモデルです。

ディスプレイは縦横比21:9の6.5インチ シネマワイドスクリーンが採用され、BRAVIAで培われた高画質化技術「X1 for mobile」により、SDR画質をHDR画質相当にアップコンバートしてくれます。また動画などを視聴しながらSNSなども楽しめるマルチウィンドウ/マルチタスクに対応し、ゲームのプレイ体験を高める「ゲームエンハンサー」機能も搭載しました。

Xperia初搭載のトリプルカメラには、一眼レフカメラのような背景ぼかし機能や望遠レンズによる光学2倍ズーム。さらにスマートフォンでは初の瞳を検出してピントをあわせる「瞳AF」にも対応しています。

ほかにもハイレゾ音源や、映画のように迫力のあるDolby Atomsによる3D音響にも対応しており、サウンド面でも「さすがはSONY」といったこだわりをみせています。

こうした機能を支えるCPUには最新のSnapdragon 855が採用されています。また6GBメモリと64GBストレージ搭載し、最大512GBまでのmicroSDをサポートしています。ハイスペックな機能を支える頭脳に十分な作業&保存領域が確保されているので、操作感も非常によくストレスのないサクサクとした操作感を楽しめます

またボディカラーにはSONYファンには嬉しいパープルもラインナップされています
SONYの技術が十二分に詰め込まれた最新モデルは、Xperiaファンだけでなく、すべてのガジェットファンを魅了します。

スペック詳細(Xperia 1 SOV40)
OS Android 9.0
ディスプレイ 6.5インチ 3,840×1,644(有機EL)
大きさ(縦×横×厚さ) 約167×72×9.0(mm)
重さ 約178g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4 オクタコア
メインカメラ / サブカメラ メイン:約1,220万画素/約1,220万画素/約1,220万画素
サブ:約800万画素
メモリ(RAM / ROM) 6GB / 64GB
バッテリー容量 3,200mAh

端末料金

新規・MNP・機種変更
機種代金 112,320円
アップグレードプログラムEX 65,520円(2,730×24回)
販売サイト auオンラインショップ

※アップグレードプログラムEX

Xperia 1 SOV40はこんな人にぴったり!

・動画やゲームを美しい画面で楽しみたい人
・InstagramなどのSNSで写真をたくさんアップロードする人
・とにかくハイスペックで新しいものが大好きなガジェットファン

Galaxy S10 SCV41:他のデバイスにワイヤレス給電もできるハイスペックモデル

Galaxy S10 SCV41
Galaxy S10 SCV41(公式ページ

メインカメラに3つのレンズが搭載されたハイスペックモデルです。従来モデルよりも0.7mm薄くなりましたが、防水・防塵にも対応しています。

3つのレンズの構成は人間の視野角に近い画角123度の超広角レンズ、スタンダードな広角レンズ、そして望遠レンズは光学2倍レンズという構成です。一方でインカメラはシングルレンズながらF値1.9と明るく、画素数は1,000万画素もあり、画角は80度と広くグループでのセルフィーも綺麗に撮影できます。

カメラ機能は従来モデルからの正当進化といった印象がありますが、今回のモデルに搭載された目玉機能の一つがワイヤレス給電「Qi」に対応した他のスマートフォンやウェアラブルデバイスに給電できる機能
他のデバイスを充電するには、Galaxy S10の上に充電したい機器を置くだけ。なお、給電している間、Galaxy S10はスリープ状態となり利用することができません。この点は注意が必要です。

スペック詳細(Galaxy S10 SCV41)
OS Android 9.0
ディスプレイ 約6.1インチ 3,040×1,440(Quad HD+)
大きさ(縦×横×厚さ) 約150×70×7.8(mm)
※最厚部 8.5mm
重さ 約158g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4 オクタコア
メインカメラ / サブカメラ メイン:約1,200万画素/約1,200万画素/1,600万画素
サブ:約1,000万画素
メモリ(RAM / ROM) 8GB / 128GB
バッテリー容量 3,300mAh

端末料金

新規・MNP・機種変更
機種代金 114,960円
アップグレードプログラムEX 66,840円(2,785×24回)
販売サイト auオンラインショップ

※アップグレードプログラムEX

Galaxy S10 SCV41はこんな人にぴったり!

・動画やゲームを長時間ストレスなく楽しみたい人
・InstagramなどのSNSで写真をたくさんアップロードする人
・新機能、ハイスペックモデルの仕様に魅力を感じる人

Galaxy S10+ SCV42:セルフィーをもっと綺麗に撮りたいというかたに

Galaxy S10+ SCV42
Galaxy S10+ SCV42(公式ページ

Galaxy S10+ SCV42はGalaxy S10 SCV41と基本的な性能は同じで、大きな違いとなるのがバッテリー容量とそれを支えるエコシステム、そしてインカメラ機能です。

大容量バッテリーは4,000mAhあり、1日使っても余裕あるスタミナを備えています。これはベイパンチャー方式という冷却システムを採用していて、これにより高い放熱性を発揮し、ハイスペックが要求されるリッチな3Dゲームをプレイしていたとしても端末温度の上昇を抑えてくれます。

インカメラはデュアルレンズとなっており、S10のレンズに加えRGB深度カメラといって、セルフィー時に背景をぼかす機能を搭載しています。InstagramやFacebook、TwitterといったSNS投稿を頻繁にする人にとっては何よりも嬉しい機能ではないでしょうか。

またS10と共通の機能ですが、ディスプレイ内部には超音波式の指紋センサーが搭載。この指紋センサーは3次元形状による認証が可能となり、従来モデルと比較しても高速で認証します。

au版のGalaxy S10+はドコモ版にはないカラー「プリズムホワイト」が購入できます。

スペック詳細(Galaxy S10+ SCV42)
OS Android 9.0
ディスプレイ 約6.4インチ 3,040×1,440(Quad HD+)
大きさ(縦×横×厚さ) 約158×74×7.8(mm)
※最厚部 8.4mm
重さ 約175g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4 オクタコア
メインカメラ / サブカメラ メイン:約1,200万画素/約1,200万画素/1,600万画素
サブ:約1,000万画素/800万画素
メモリ(RAM / ROM) 8GB / 128GB
バッテリー容量 4,000mAh

端末料金

新規・MNP・機種変更
機種代金 114,960円
アップグレードプログラムEX 66,840円(2,785×24回)
販売サイト auオンラインショップ

※アップグレードプログラムEX

Galaxy S10+ SCV42はこんな人にぴったり!

・動画やゲームを長時間ストレスなく楽しみたい人
・InstagramなどのSNSで写真をたくさんアップロードする人
・新機能、ハイスペックモデルの仕様に魅力を感じる人

AQUOS R3 SHV44:10億色で世界を表現するPro IGZO搭載

AQUOS R3 SHV44
AQUOS R3 SHV44(公式ページ

AQUOS R2の64倍もの色表現を持つAQUOS R3は、なんと10億色という色表現を持つ新開発の「Pro IGZO」液晶を搭載しています。肌の質感や色の階調といった表現がとっても豊かになりました。そのため大変美しい写真や動画を楽しむことができます。

またカメラには新画質エンジン「ProPix2」が搭載されており、これには被写体の動きをAIが検知してシャッタースピードや露光を最適化する機能が採用されているので、被写体ブレを抑えて子供やペットなど動きの予測がつかない対象もきれいに写すことができます。

従来モデルと同様に100時間以上持つバッテリーや、独自設計のサーモマネジメント機能など、毎日安心して使える機能が盛りだくさんに詰め込まれています

スペック詳細(AQUOS R3 SHV44)
OS Android 9.0
ディスプレイ 6.2インチ 3,120×1,440(Quad HD+)
大きさ(縦×横×厚さ) 約156×74×8.9(最厚部10.4mm)(mm)
重さ 約185g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4 オクタコア
メインカメラ / サブカメラ メイン:約1,220万画素/約2,010万画素
サブ:約1,630万画素
メモリ(RAM / ROM) 6GB / 128GB
バッテリー容量 3,200mAh

端末料金

新規・MNP・機種変更
機種代金 99,360円
アップグレードプログラムEX 59,040円(2,460×24回)
販売サイト auオンラインショップ

※アップグレードプログラムEX

AQUOS R3 SHV44はこんな人にぴったり!

・動画やゲームを美しい画面で楽しみたい人
・子どもやペットの写真を沢山撮って残したい人
・長くスマホを使いたい人

Galaxy A30 SCV43:大容量バッテリーのエントリーモデル

Galaxy A30 SCV43
Galaxy A30 SCV43(公式ページ

この夏auから発売するのはハイスペックなスマホばかりではありません。Galaxy A30 SCV43は、価格がGalaxy S10の半分以下のミドルスペックモデルです。ミドルスペックといっても十分なスペックを備えているので、使っていて満足できる仕様。

価格が安いモデルだとバッテリー容量が大きく減らされているということがありますが、このモデルではそうしたことは一切なく、3,900mAhという大容量バッテリーを搭載しています。

また日本版の独自仕様として、ストラップホールが空いていたり、防水仕様になったりしているので、ガラケーから乗り換えるという方であってもスムーズにスマートフォンデビューを果たすことができるでしょう。

スペック詳細(Galaxy A30 SCV43)
OS Android 9.0
ディスプレイ 6.4インチ
2,340×1,080(FHD+)
大きさ(縦×横×厚さ) 約75×160×8.0(mm)(最厚部 8.2mm)
重さ 約176g
CPU Exynos7904 1.8GHz/2+1.6GHz/6
メインカメラ / サブカメラ メイン:約1,300万画素/約500万画素
サブ:約800万画素
メモリ(RAM / ROM) 4GB / 64GB
バッテリー容量 3,900mAh

端末料金

新規・MNP・機種変更
機種代金 43,200円
アップグレードプログラムEX 30,960円(1,290×24回)
販売サイト auオンラインショップ

※アップグレードプログラムEX

Galaxy A30 SCV43はこんな人にぴったり!

・スマートフォンデビューをする人
・なるべ端末代金を安く抑えてスペックもそれなりにこだわりたい人
・バッテリー持ちがいい端末がほしい人

HUAWEI P30 lite Premium HWV33:発売が待ち遠しいトリプルカメラ搭載スマホ

HUAWEI P30 lite Premium HWV33
HUAWEI P30 lite Premium HWV33(公式ページ

HUAWEI P30 lite Premiumは当初5月下旬の発売でしたが、現在のところ発売時期が延期され、発売日についても未定となっております。詳しい理由について割愛しますが種々の影響があるから。早く安心して購入できるような状態に戻ってくれればと願うばかりです。

というのも、HUAWEI P30 lite Premiumは、他社と比較しても頭一つ抜け出ているカメラ機能を搭載しています。日本向け機能と呼ばれる、フルセグやおサイフケータイ、防水・防塵といった機能はありませんが、そのデメリットを感じさせないくらい強力なカメラ機能が魅力です。

特にセルフィー用のサブカメラは2,400万画素とメインカメラの画素数と遜色のない精細さをもっています。さらに美肌機能などの撮影モードも充実しているので、より美しく、より個性的なセルフィーを撮りたいという人にぴったりです。

また十分なスペックを備えていながらも価格が抑えられているのもポイントです。お手軽かつ本格的にカメラ機能を楽しめるスマホがほしいのであれば、これ以外の選択肢はありません。

スペック詳細(HUAWEI P30 lite Premium HWV33)
OS Android 9.0
ディスプレイ 6.1インチ 2,312×1,080(FHD+)
大きさ(縦×横×厚さ) 約73×153×7.5mm (最厚部 8.7mm)
重さ 約159g
CPU Kirin 710 2.2Ghz/4+1.7GHz/4
メインカメラ / サブカメラ メイン:約2,400万画素/約800万画素/約200万画素
サブ:2,400万画素
メモリ(RAM / ROM) 4GB / 128GB
バッテリー容量 3,340mAh

端末料金

新規・MNP・機種変更
機種代金 43,200円
アップグレードプログラムEX 30,960円(1,290×24回)
販売サイト auオンラインショップ

※アップグレードプログラムEX

HUAWEI P30 lite Premium HWV33はこんな人にぴったり!

・本格的な写真撮影を手軽に楽しみたい人
・人とは違うセルフィーをたくさん撮りたい人
・販売開始まで待っていられる人

TORQUE G04:最強のタフネススマホの最新モデル

TORQUE G04
TORQUE G04(公式ページ

MIL規格基準のさまざまな耐久試験に加え、京セラがおこなっている独自の厳しい試験もクリアする高い耐久性能が魅力のTORQUEシリーズの最新モデルがTORQUE G04です

高所からの落下試験や海水にも耐える堅牢性は、アウトドアを趣味とする人にとっての最高のパートナーとなるスマートフォン。搭載されている機能もアウトドア趣味を後押しするような、移動速度や距離、経路情報、標高などの情報にくわえ、釣りファンの心を鷲掴みにする「Fishingモード」が発売後のアップデートで追加となります。他にもBikeモードでは外部センサーと連携することで、心拍数などをリアルタイムで記録してくれます。

もちろんタフさだけでなく、性能面も大きく進化し、アウトドア以外の遊びもしっかりとフォローしています。さらに万が一ボディーが破損しても大丈夫なようにオプション部品には背面カバーや端子カバー、最近のスマートフォンでは珍しい予備バッテリーまで揃えています。本体機能だけでなく、使ってからも安心できる備えが充実しています

スペック詳細(TORQUE G04)
OS Android 9.0
ディスプレイ 約5.0インチ 1,920×1,080(FHD)
大きさ(縦×横×厚さ) 約73×150×13.4mm(暫定値)
重さ 約203g(暫定値)
CPU Snapdragon 660
2.2GHz/4+1.8GHz/4
メインカメラ / サブカメラ メイン:約2,400万画素/約800万画素
サブ:約800万画素
メモリ(RAM / ROM) 4GB / 64GB
バッテリー容量 2,940 mAh

端末料金

新規・MNP・機種変更
機種代金

TORQUE G04はこんな人にぴったり!

・アウトドアな趣味がある
・スマホに求めるのは堅牢性や丈夫さ
・TORQUEシリーズのファンのかた

AQUOS sense 2 かんたん:かんたんに使えるスタンダードモデル

AQUOS sense 2 かんたん
AQUOS sense 2 かんたん(公式ページ

シンプルで簡単な使い心地が人気のかんたんスマホシリーズの新モデルは、AQUOS sense2をベースにしています。アイコンが大きく本当に必要な機能だけを初期状態では表示しているので、スマホをどうやって使ったらいいかわからないという方でも安心して使うことができます

ミドルスペックの性能であるため、3Dで動きまわるようなゲームには向いていませんが、ネットサーフィンや動画鑑賞といった内容であれば、問題なく利用することができます。
画面解像度もフルHD+となっているので綺麗な映像体験を楽しめるのもポイントです。

シニア世代を意識したモデルではありますが、なんとなくスマホに抵抗があったり、機械が苦手というイメージを持っていたりする方にもぴったりです。

スペック詳細(AQUOS sense 2 かんたん)
OS Android 9.0
ディスプレイ 約5.5インチ 2,160×1,080(FHD+)
大きさ(縦×横×厚さ) 約71×148×8.4mm(最厚部9.4mm)
重さ 約155g
CPU SDM450 1.8GHz/8
メインカメラ / サブカメラ メイン:約1,200万画素
サブ:約800万画素
メモリ(RAM / ROM) 3GB / 32GB
バッテリー容量 2,700mAh

端末料金

新規・MNP・機種変更
機種代金 32,400円
アップグレードプログラムEX 25,560円(1,065×24回)
販売サイト auオンラインショップ

※アップグレードプログラムEX

AQUOS sense 2 かんたんはこんな人にぴったり!

・ガラケーからスマホへの乗り換えを検討している人
・わかりやすく、使いやすいスマホを探している人
・価格が安いものがいい人

GRATINA KYF39:貴重なガラケータイプの新商品

GRATINA KYF39
GRATINA KYF39(公式ページ

他社ではあまり見ることのなくなったガラケータイプです。折りたたみ式のフィーチャーホンで、キーの形状も押しやすいよう細かな部分まで丁寧に作り込まれています。

また、このモデルはガラケー初のUSB Type-C端子が採用されているのも特徴。また、通話終了後でも直前の通話内容を記録できる「あとから録音」や、法人利用も考えられた「機能ロック」さらに「+メッセージ」などのサービスにも対応しています。

スペック詳細(GRATINA KYF39)
OS
ディスプレイ 3.4インチ 854×480(FWVGA)
大きさ(縦×横×厚さ) 約51×112×17.4mm
重さ 約125g
CPU MSM8909 1.1GHz/4
メインカメラ / サブカメラ メイン:約800万画素
メモリ(RAM / ROM) 1GB / 8GB
バッテリー容量 1,500mAh

端末料金

新規・MNP・機種変更
機種代金 32,400円
販売サイト auオンラインショップ

GRATINA KYF39はこんな人にぴったり!

・なにがあってもガラケーがいい人
・会社用ケータイが欲しい人

まとめ:「au 2019夏モデル」おすすめのスマホはどれ?

auは今回、スマホ8機種、ガラケーを1種類追加しました。ハイスペックが並ぶ中、低価格でも十分なスペックをあわせ持った機種が発表されました。

今回はスマホだけでも8機種もあり、選ぶのに一苦労かもしれません。そんな中、筆者がオススメする端末を2つ紹介します。

1つはXperia 1 SOV40です。筆者は初代からXperiaを愛用していることもあって、どのキャリアであってもまず目が行くのは最新のXperiaです。今回のXperia 1 SOV40は、古くからのXperiaファンにとってニヤリとさせられるネーミングもさることながら、充実した機能の数々にSONYの本気度が伝わります
個人的に最も重視する音楽機能についても、本モデルはLDACに対応しているのでワイヤレスであってもハイレゾ音源の豊か表現をしっかりと再生してくれるのが魅力です。

もう1つについてはかなり悩みました。発売することがしっかりと決まっていればHUAWEI P30 lite Premium HWV33をオススメするところですが、現時点では未定なことと、今後のGoogleサービス利用について先行きが不透明なこともあって除外しました。何事もなければ、あの価格でこのスペックを実現していることは驚きであるとともに本命候補だっただけに残念です。

そこで2つ目の白羽の矢が立ったのがTORQUE G04です。2年ぶりの発売ということですが、唯一無二の存在として否が応でも注目してしまいます。スペック面では他の高機能スマホと比較すると見劣りするものの、文字通り「最強スマホ」と言える堅牢性は何物にも代えがたい最大の個性です。また、バッテリー交換できる仕様もそのまま引き継がれているのも嬉しいポイント。撮影した映像にさまざまな情報を重ねて表示できる「Action Overlay」という機能は、ロードバイクを楽しむ人にとって最高のアクションカムとして活用することができることでしょう。

どの機種も写真機能へのこだわりが見られ、しっかりと差別化できる内容となっています。

また機種によってはキャンペーンも展開しているので、こうした付加情報もしっかりとキャッチアップしていただき、「どれが欲しいのか」ということをしっかりと考えてみてください。

販売サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

酒と音楽が好きな京都在住ライター。某格安SIMサイトで編集を担当していたが、心機一転し京都に移住。IT、ガジェットからサブカルチャーまで幅広いジャンルの執筆が可能。最近では京都のことも書けるように。