Xperia 1をレビュー! “Xperiaらしさ”が存分に引き出された1台

書いた人: でこい

カテゴリ: Xperia

Xperia 1をレビュー!  “Xperiaらしさ”が存分に引き出された1台

2019年6月14日に、2019年夏モデルとしてドコモ・au・ソフトバンクから発売された「Xperia 1」

世界初の4K HDR対応有機ELディスプレイを採用。21:9の超縦長ディスプレイで、より臨場感のある映像を鑑賞でき、マルチウインドウ機能もより使いやすくなりました。

また、Xperiaシリーズ初のトリプルレンズカメラを搭載しました。標準、望遠、超広角の3つのレンズを自在に切り替えることで撮影体験が向上しています。

本記事では、Xperiaシリーズの最新フラッグシップモデル「Xperia 1」のデザインやスペック、カメラ性能などをレビューしていきます。前作から進化したポイントにも触れていきますので、購入検討者は必見です。

Sony Mobile
Xperia 1

端末のご購入はこちら

目次:

Xperia 1の外観・デザインをチェック

Xperiaの”紫(パープル)”カラー復活!
Xperiaの”紫(パープル)”カラー復活!

Xperia 1は、21:9の超縦長ディスプレイを採用しているため、本体はかなり縦長です。正面と背面には強化ガラスの「Gorilla Glass5」を採用し、IP65/68準拠の防水・防塵性能も備えています。

前面:アスペクト比 21:9の超縦長ディスプレイ
前面:アスペクト比 21:9の超縦長ディスプレイ
背面:スタイリッシュなボディ
背面:スタイリッシュなボディ

前作のXperia XZ3、XZ2はサイドから背面にかけて膨らんだようなデザインになっていましたが、Xperia 1の背面はフラットになっています。

側面(右):指紋センサーが搭載
側面(右):指紋センサーが搭載
側面(左):美しいボディライン
側面(左):美しいボディライン
下部:USB-Type Cを搭載
下部:USB-Type Cを搭載
上部:SIMカード挿入口を搭載
上部:SIMカード挿入口を搭載

SIMカードスロットには、外部ストレージとしてmicroSDXCカードのセッティングが可能。

SIMカードスロット
SIMカードスロット

ディスプレイが前作よりも大画面化したとはいえ、本体は縦長ボディでスリムなので、片手でも持ちやすいです。重量についても、Xperia XZ3は193g、Xperia 1は178gと軽量化されているので、かなり扱いやすくなった印象です。

本体を手持ちした様子
本体を手持ちした様子

指紋センサーは背面からサイドへ移動しました。Xperia XZ以前を利用している方にとっては、慣れている位置に戻ってきたので、使いやすいと思います。

Xperia XZ1以前のように、電源ボタン兼指紋センサーではなく、独立した指紋センサーになっています。画面オフ時でも指紋センサーをタップすれば画面ロックが解除される為、使い勝手に関しては問題ないでしょう。

指紋センサーは独立して端末サイドへ
指紋センサーは独立して端末サイドへ

カラーバリエーションはブラック、パープル、ホワイト、グレーの4色展開。Xperiaの象徴的カラーであったパープルも今作から復活しました。

ドコモはブラック・パープルの2色、auは全色、ソフトバンクはブラック・ホワイト・パープルを販売します。キャリアによって販売するカラーが異なるので注意してください。

キャリアによって販売するカラーが異なる
キャリアによって販売するカラーが異なる

Xperia 1のスペック性能・パフォーマンスを確認

Xperia 1 のスペック表
OS Android 9 Pie
プロセッサ Snapdragon 855
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC 最大512GB
ディスプレイ 6.5インチ 4K HDR 有機EL
3,880×1644px
メインカメラ 1,200万画素 26mm F1.4
1,200万画素 52mm F2.4
1,200万画素 16mm F2.4
フロントカメラ 800万画素 F2.0
指紋センサー
バッテリー 3,200mAh
防水防塵 IP65/68
サイズ 167×72×8.2mm
重量 178g
カラー ブラック、パープル、ホワイト、グレー

オクタコアCPUのSnapdragon 855を搭載し、RAMは6GBと大容量です。複数アプリを並行して使っていてもストレスなく快適に動作します。

ストレージは64GBと控えめですが、512GBまでのmicroSDカードに対応しているので、写真や動画をたくさん保存しておきたい方はmicroSDカードを使うと良いでしょう。

バッテリー容量は3,200mAhで前作のXperia XZ3と同様です。

ディスプレイ解像度が向上したことによる電池持ちへの影響を懸念していましたが、一日ブラウジングやSNS、カメラ撮影、マップ利用などで使っていても、バッテリー切れをすることはありませんでした。

負荷のかかる3Dゲームを頻繁にプレイすることがなければ、平日家を出てから帰宅するまでは充電せずに使い続けられる程度の印象です。

Xperia 1のカメラ性能をチェック

Xperia 1のカメラ性能をチェック

実際の作例を見ながら、Xperia 1のカメラ性能を評価していきます。

写真はクリック or タップで大きなサイズで見られます。

標準レンズで撮影
望遠レンズで撮影
超広角レンズで撮影

新宿駅にて
標準・望遠・超広角のトリプルレンズで撮影

標準レンズで撮影
望遠レンズで撮影
超広角レンズで撮影

歌舞伎町にて
標準・望遠・超広角のトリプルレンズで撮影

Xperia 1のカメラは標準(26mm)、望遠(52mm)、超広角(16mm)のトリプルレンズを搭載しています。同じ場所から構えてもレンズを切り替えるだけで様々な構図での写真が撮影できます。

新宿駅周辺を高所から
超広角レンズで印象的な写真が撮影できる①
新宿駅西口周辺にて
超広角レンズで印象的な写真が撮影できる②

特に超広角を使うと魚眼風に写真が歪んで、思わぬ部分までフレームに収まります。好みは分かれるかもしれませんが、かなり印象的な写真が取れます。

思い出横丁にて
超広角レンズで印象的な写真が撮影できる③

被写体に近づいて撮影してみると、歪みが顕著で、これもまた面白いです。

道端の花を接写

接写でもそこそこ寄りで撮影できます。適度に背景がボケるので使いやすいです。



食べ物を接写

SNSで投稿することが多いであろう食べ物の写真も接写で撮影してみました。店内の光量は十分ではありませんでしたが、思いの外明るく写りました。シズル感も出ているのではないでしょうか。

夜景撮影

夜景は白飛びが少し目立ちます。他社メーカースマホと比べてもXperiaは高感度撮影では劣っていると言えます。

Cinema Pro
Cinema Pro

Xperia 1にはCinema Proという本格的なシネマ(動画)撮影専用機能が搭載されています。映画的な色調をプリセットから選択でき、よりユーザーが意図した絵作りができるようになっています。

簡単に映画のワンシーンのような動画撮影が可能

Xperia 1を使ってみて感じたおすすめポイント

実際に使ってみて感じた、Xperia 1のココが凄い!という特徴・便利機能を抜粋してご紹介します。

世界初の4K HDR対応有機ELディスプレイ

世界初の4K HDR対応有機ELディスプレイ

前作のXperia XZ3からディスプレイに有機ELが採用されていますが、Xperia 1は解像度が4K(3,840×1,644)に進化。これまでの高コントラストで発色のいいディスプレイがより高解像度になったことで、さらに美しいディスプレイに生まれ変わりました。

世界初の4K HDR対応有機ELディスプレイ

21:9のシネマワイドディスプレイは、映画視聴時に上下に黒帯が入らず画面いっぱいにコンテンツが広がるので、今まで以上に大迫力で映画を鑑賞できます。また、ゲームでも対応していれば21:9比率で、より臨場感のあるプレイができます。

ディスプレイの見やすさは他社を寄せ付けないレベルです。

マルチウィンドウ機能

マルチウィンドウ機能

ディスプレイが21:9比率になったことで、マルチウィンドウ時のそれぞれの表示領域が広がり、マルチウインドウ機能がさらに便利になりました。

動画を観ながらSNSをチェックしたり、地図を見ながらメッセージアプリで連絡をとったり、2つのショッピングアプリで価格などを比較したり、様々な使い方が可能です。

マルチウインドウがホーム画面のアイコンから起動できるようになったことで、これまで以上に起動がしやすくなっています。

ゲームエンハンサー

ゲームエンハンサー

ゲームエンハンサーはゲーム向けの機能で、メモリの開放や通知の制御、ナビゲーションバーのロック、サイドセンスの無効化など、ゲームプレイを快適にする為の動作の制御を行うことができます。

また、ゲーム画面のスクショを撮ったり、フロントカメラで自分を映してゲーム実況しながらプレイを録画するスクリーンレコーディングも可能。

ASUSをはじめとした他メーカーには以前からあったゲーム向け機能が、ついにXperiaにも搭載されました。

Xperia 1はゲーマーにも嬉しいスペック・ディスプレイ・便利機能が盛りだくさんです。

前作:Xperia XZ3と比較して何が変わった?

Xperia 1とXperia XZ3のスペックを比較してみます。

  Xperia 1 Xperia XZ3
OS Android 9 Pie Android 9 Pie
プロセッサ Snapdragon 855 Snapdragon 845
メモリ 6GB 4GB
ストレージ 64GB 64GB
外部ストレージ microSDXC 最大512GB microSDXC 最大512GB
ディスプレイ 6.5インチ 4K HDR 有機EL
3,880×1,644px
6.0インチ 有機EL
1,440×2,880px
メインカメラ 1,200万画素 26mm F1.4
1,200万画素 52mm F2.41,200万画素 16mm F2.4
1,920万画素 25mm F2.0
フロントカメラ 800万画素 F2.0 1,320万画素 F1.9
指紋センサー
バッテリー 3,200mAh 3,200mAh
防水・防塵 IP65/68 IPX5/8・IP6X
サイズ 167×72×8.2mm 158×73×9.9mm
重量 178g 193g

Xperia 1の前作から進化したポイントを大きくまとめると以下の通りです。

・基本スペックの向上(CPU・RAM)
・ダブルレンズからトリプルレンズカメラに
・21:9 アスペクト比 4K HDR 有機ELディスプレイでこれまでにない映像体験が可能に
・Xperiaの象徴”パープル”カラーの復活

スマホの中核を担う機能が全体的に向上しただけでなく、これぞXperiaというかつての”Xperia らしさ”が蘇った印象です。

Xperia 1は、他社メーカーの2019年夏モデルと比較してみても、十分に個性を見せ付けることができていると言えます。

評価まとめ

評価まとめ

Xperia XZ3を使用した際も、Xperia XZ2からはさらに洗練された印象を受けましたが、Xperia 1を触った時の感動は大きく違いました。

XZ2からXZ3の時の変化とは比べれない程に今作ではグレードアップしています。Xperia XZ3ユーザーでも前向きに買い替えを検討しても良い程です。

手にしたその瞬間から、新たなXperiaの進化に気づくことができるでしょう。

普段使いでスペック不足を感じることはなく、カメラも撮れる幅がかなり広がりました。21:9の4K HDR 有機ELディスプレイで映画やゲームなどのエンタメコンテンツも今まで以上に楽しむことができます。

久しぶりにワクワクすることができた「Xperia 1」。Xperiaファンにも、Xperiaを使ったことがないユーザーにもおすすめです。

Sony Mobile
Xperia 1

端末のご購入はこちら

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

でこい

でこい

お肉大好きモバブおじさん

プロフィール

1990年生まれ、青森出身Twitter在住のWebエンジニア。

高専卒業後、放射線業務従事者、Webライター、編集者の職を経て現在に至る。

2012年から運営しているブログ「でこにく」では、スマホやカメラ、モバイルバッテリーを中心としたガジェットのレビューや、美しい肉の写真などを発信中。

エンジニア、ブロガー以外にも、ライター、カメラマン、DJなど、活動は多岐に渡る。

得意カテゴリー

スマホ・カメラ・モバイルバッテリー

ブログ・SNS

でこにく
https://decoy284.net/
Twitter(@frozen_decoy)
https://twitter.com/frozen_decoy

メディア実績

【書籍】

  • はじめての今さら聞けないWi-Fiの使い方

特集コンテンツ

d-card

モバレコ ストア

d-card

モバレコ ストア

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン