SHARP AQUOS R3をレビュー!より繊細で美しき映像美の進化を遂げた1台!

書いた人: REV

カテゴリ: AQUOS

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARP AQUOS R3をレビュー!より繊細で美しき映像美の進化を遂げた1台!

2019年夏モデルとしてドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから販売されるSHARP AQUOS R3をレビューします。

今作の特徴を前作との違いと比較しながら、実際に使ってみて感じた良かったところやイマイチだったところも交えて解説します。購入を検討している方は必見です。

販売サイトはこちら

目次:

【外観・デザイン】をチェック

手持ちをした様子:ディスプレイ面
手持ちをした様子:ディスプレイ面
手持ちをした様子:端末背面
手持ちをした様子:端末背面

AQUOS R3は、曲面の3Dガラスを両面に採用しています。側面のアルミフレームとの段差が最小になるように設計されており、手に馴染むフォルムです。側面のアルミフレームはエッジが効いており、手から滑り落ちにくいよう配慮されています。

端末右側面:電源・音量調整ボタンを搭載
端末右側面:電源・音量調整ボタンを搭載
端末左側面:SIMカード差し込み口を搭載
端末左側面:SIMカード差し込み口を搭載
SIMカードを取り出した様子
SIMカードを取り出した様子

背面パネルには、光沢感のある鏡面仕上げのガラス素材が使われているため、高級感を感じるデザインとなっています。ダブルレンズのカメラもかなりコンパクトです。

高級感のある背面
高級感のある背面
カメラもコンパクト
カメラもコンパクト

フロントカメラと指紋センサーはダブルノッチタイプです。レシーバーやセンサー類もフレームの隅に配置されており、フルベゼルレススタイルを実現しています。

また、指紋センサーはディスプレイの下部に配置されていますが、設定を変えることで指紋認証機能以外にも、ホームや戻るなどのジェスチャー操作を割り当てることが可能です。

フロントカメラ
フロントカメラ
指紋センサー
指紋センサー

充電端子はUSB Type-C(USB3.1)を採用しています。また、昨今のスマホでは珍しく、イヤホンジャックを搭載しているのも特徴的です。

端末下部:USB Type-Cを搭載
端末下部:USB Type-Cを搭載
端末上部:イヤホンジャックを搭載
端末上部:イヤホンジャックを搭載
イヤホンを差し込んだ様子
イヤホンを差し込んだ様子

また、AQUOS R3は、キャリアによって本体のカラーバリエーションと、背面ロゴのデザインが異なります。

今回レビューするソフトバンク版はAQUOSロゴのみでキャリアロゴはありませんが、ドコモ版はキャリアロゴ+AQUOSロゴとなっています。なお、au版もAQUOSロゴのみの刻印です。

ソフトバンク版(左)とドコモ版(右)の背面ロゴの比較
ソフトバンク版(左)とドコモ版(右)の背面ロゴの比較

各キャリアごとのカラーバリエーションは、下記の通りです。自分の欲しい本体カラーがどのキャリアから発売されているのか確認してみて下さい。

AQUOS R3のカラーバリエーション

キャリア カラー
ドコモ

ドコモ
ラグジュアリーレッド
プラチナホワイト
プレミアムブラック
au

au
ピンクアメジスト
プレミアムブラック
プラチナホワイト
ソフトバンク

ソフトバンク
エレガントグリーン
プラチナホワイト
プレミアムブラック

【スペック】をチェック

AQUOS R3 スペック表

ディスプレイ 約6.2インチ
Pro IGZOディスプレイ
3,120 × 1,440ドット Quad HD+
リッチカラーテクノロジーモバイル
OS Android 9 Pie
CPU Qualcomm Snapdragon 855
2.8GHz+1.7GHz オクタコア
RAM 6GB
ROM 128GB
背面カメラ
(標準)
約1,220万画素 F 1.7
ハイスピードAF(全面位相差)
光学式手ブレ補正
電子式手ブレ補正(動画撮影時)
背面カメラ
(動画専用カメラ)
約2,010万画素 F 2.4
ディープフォーカス
電子式手ブレ補正
フロントカメラ 約1,630万画素 F 2.0
電子式手ブレ補正(動画撮影時のみ)
サイズ 約156mm×約74mm×約8.9mm
重量 約185g
バッテリー容量 3,200mAh
充電 ワイヤレス充電Qi(11W)
USB Power Delivery
通信速度 受信時最大1,576Mbps
送信時最大131.3Mbps
WiFi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
ワンセグ/フルセグ
外部接続端子 USB Type-C
イヤホンマイク端子
外部メモリ microSDXC 最大512GB
防水/ 防塵 IPX5/IPX8
IP6X

AQUOS R3で最も注目すべきは背面カメラです。強力な手ブレ補正に対応した動画撮影専用のカメラが搭載されているので、まるでジンバルに載せて撮影したような、手ブレのないなめらかな動画を撮影することが可能です。

AnTuTu Benchmarkのスコア
AnTuTu Benchmarkのスコア
Geekbenchのスコア
Geekbenchのスコア

ベンチマーク計測アプリ「AnTuTu Benchmark」と「Geekbench」で測定しました。

ハイエンドモデルに多く採用されている、Snapdragon 855と6GBのRAMのおかげで、ブラウジングやSNSの閲覧、3Dグラフィックのゲームなど日常的に使うアプリはストレス無くサクサク使用することが出来ました。

【カメラ性能】をチェック

※写真はクリック・タップで大きなサイズで見られます。

背面カメラは、標準カメラと動画専用カメラで構成されています。写真モードの時に使われる標準カメラは、約1,220万画素(F 1.7)と、前作R2よりも画素数が大幅に少なくなりました。

しかし、画素数を少なくしたことによって、より明るくて手ブレの少ない写真を撮れるようになったので、R2よりもカメラのスペックが下がったという訳ではないので安心して下さい。

今回の作例は全てオートモードで撮影していますが、AQUOS R3には他にもAIオート、マニュアル、ポートレート(人物撮影時のみ)の全部で4つの撮影モードが搭載されています。

食べ物を接写で撮影
食べ物を接写で撮影

自然を撮影自然を撮影自然を撮影

自然を撮影

夜景を撮影
夜景を撮影

実際にAQUOS R3で撮影してみると、画質に関してはそこそこという印象でしたが、手ぶれ補正の効き具合が非常に秀逸で、暗い場所でも手ブレのない写真を簡単に撮影することが出来ました。

特徴・使ってみた感想

AQUOS R3を使ってみた感想
AQUOS R3を使ってみた感想

今回、AQUOS R3を一週間ほどじっくり使ってみたので、特徴や感想を7つの項目に分けてそれぞれ解説していきます。

1. 画面の見やすさ

Pro IGZOディスプレイを搭載
Pro IGZOディスプレイを搭載

AQUOS R3は、10億色の表示色数と前モデルから約2倍の明るさを実現した「Pro IGZO」ディスプレイを搭載しています。発色が格段に良く、画像や動画が非常に見やすいです。

また、周辺光とコントラストを合せて調整する「アウトドアビュー」機能のおかげで、日中の日差しの強い屋外でも画面が非常に見やすいと感じました。

のぞき見ブロックも秀逸
のぞき見ブロックも秀逸

シャープ製スマホではおなじみの「のぞき見ブロック」も搭載されています。他人に横からディスプレイを覗かれたくないシーンで重宝する機能で、電車移動の際に重宝しました。

2. 画面表示/スライドのなめらかさ

120Hzのなめらかな表示
120Hzのなめらかな表示

「Pro IGZO」ディスプレイは、120Hzのリフレッシュレートに対応しています。これにより、なめらかな表示と機敏なタッチ操作を実現しています。実際にAQUOS R3を操作していると、ブラウジングでスクロールした時の残像の少なさに驚きました。

3. スピーカーの音質

リアルなサウンドのステレオスピーカー
リアルなサウンドのステレオスピーカー

ステレオスピーカーは「Dolby Vision」「Dolby Atmos」の両方に対応しており、ゲームや動画鑑賞時に効果を実感しました。また、ハイレゾにも対応しているので音楽を高音質で楽しむことが出来ました。

4. 充電の持ち具合

バッテリー持ちは抜群
バッテリー持ちは抜群

AQUOS R3のバッテリー持ちはかなり良いと感じました。SNSアプリや3Dゲームなどマルチタスク時はバッテリーの減りが早くなったり、本体がほんのり熱くなる程度の発熱は感じましたが、スタンバイ状態のバッテリーの消費が少ないので、安心して1日使えるスマホという印象でした。

5. 顔認証/指紋認証の反応速度

顔認証と指紋認証に対応
顔認証と指紋認証に対応

顔認証と指紋認証どちらもサクッと認証され、ストレス無く使用することが出来ました。指紋認証に、ホームや戻るなどジェスチャー機能を割り当てることが出来るのは便利でした。

6. エモパー

人工知能エモパー
人工知能エモパー

AQUOS R3には、シャープ独自の人工知能「エモパー」が搭載されています。一般的な音声アシスタントとは違って、エモパー側からユーザーに情報や提案をしてくれるのが面白かったです。

7. ワイヤレス充電対応

ワイヤレス充電に対応
ワイヤレス充電に対応

AQUOS R3は、Qiに対応しているので、ワイヤレスで充電することが出来ます。充電するたびに、USBケーブルを挿したり抜いたりしなくて済むのはやはり楽ですね。

【比較】前モデルのAQUOS R2と比較して何が変わったのか?

【比較】前モデルのAQUOS R2と比較して何が変わったのか?
AQUOS R2から進化したポイントとは?

AQUOS R3 スペック表

AQUOS R3 AQUOS R2
ディスプレイ 6.2インチ
3,120 × 1,440
(Pro IGZO)
6インチ
3,040 × 1,440
(High Speed IGZO)
本体サイズ 156 x 74 x 8.9mm 156 x 74 x 9.0mm
重量 185g 181g
CPU Snapdragon 855 Snapdragon 845
RAM 6GB 4GB
ROM 128GB 64GB
通信速度 受信 1,576Mbps
送信 131.3Mbps
受信 988Mbps
送信 75Mbps
バッテリー容量 3,200mAh 3,130mAh
カメラ
(標準)
1,220万画素 F/1.7 2,260万画素 F/1.9
カメラ
(動画専用)
2,010万画素 F/2.4 1,630万画素 F/1.9
フロントカメラ 1,630万画素 F/2.0 1,630万画素 F/2.0
充電方式 ワイヤレス充電Qi(11W)
急速充電
急速充電
生体認証 指紋認証
顔認証
指紋認証

AQUOS R3は、前作AQUOS R2と比べ、全体的にスペックが向上しています。

まずディスプレイですが、最大表示可能色がR2の1,677万色から10億色と大幅に向上し、最大輝度もR2の2倍になりました。本体サイズはほぼ同じにも関わらず、ディスプレイのサイズがわずかに大きくなっている点も見逃せません。

処理性能はR2と比較して、CPUが約30%、GPUが約20%向上し、バッテリー容量は殆ど同じですが、R3は新たにワイヤレス充電(Qi)に対応。また、生体認証は新たに顔認証にも対応しました。

背面カメラの構成は、標準カメラ+動画専用カメラでR2と変わりありませんが、標準カメラの画素数が減り、F値が明るくなったおかげで、暗い場所でも素早いピント合せが可能になりました。

まとめ

AQUOS R3は完成度の高いスマホ
AQUOS R3は完成度の高いスマホ

AQUOS R3は、6.2インチとやや大きめながらも持ちやすく、Pro IGZOディスプレイのなめらかな操作感は本当に快適そのものでした。

さすが日本製ならではの、一つ一つの機能に、出来の良さ・クオリティの高さを感じました。2019年夏モデルの他社メーカースマホと比較しても、AQUOSシリーズならではの魅力が今作でも十分に引き出されている印象です。

本記事を参考に、AQUOS R3の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

販売サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

REV REV

イヤホン、カメラ、デジタルガジェットなどを扱ったブログ「REV69.COM」を運営しています。Twitter:@forREV