「Xperia Ace」を購入したら確認しておきたい8つの設定・使い方

書いた人: ちえほん

カテゴリ: Xperia

SHARP AQUOS R3 を購入したら確認しておきたい設定・便利機能8選

2019年6月1日よりNTTドコモから発売された2019年夏モデル「Xperia Ace SO-02L」。特徴は手のひらサイズで使いやすさを重視したデザイン、超広角セルフィーやオリジナル機能を詰め込んだこだわりのカメラ、安心の防水防塵対応など大人気のコンパクトシリーズです。

Xperia Aceを使い始めるにあたり、まず確認しておくべき設定・使い方を8つ紹介します。機能が豊富にあるからこそ、重要な機能や設定をおさえて自分好みのカスタマイズをしていく参考にしてみてください。

Sony Mobile
Xperia Ace

端末のご購入はこちら

目次:

1. ホーム画面の設定(Xperiaホーム、シンプルホーム、docomo LIVE UX)

Xperia Aceには、3種類のホーム画面の設定が標準搭載されています。ホーム画面を自分に合った使いやすい仕様に変更をしておくことで、より快適に利用することが出来るのでまず確認しておきましょう。

デフォルトのホーム画面
デフォルトのホーム画面

デフォルトのXperiaホームからdocomo LIVE UX/シンプルホームへ変更していきます。

設定画面から【アプリと通知】→【詳細設定】と進む設定画面から【アプリと通知】→【詳細設定】と進む
設定画面から【アプリと通知】→【詳細設定】と進む
【標準アプリ】→【ホームアプリ】と進む【標準アプリ】→【ホームアプリ】と進む
【標準アプリ】→【ホームアプリ】と進む
Xperiaホーム、シンプルホーム、docomo LIVE UXから設定したいホーム画面を選ぶ
Xperiaホーム、シンプルホーム、docomo LIVE UXから設定したいホーム画面を選ぶ

ホームアプリまで進みます。次に「Xperiaホーム」、「シンプルホーム」、「docomo LIVE UX」から設定したいホーム画面を選びましょう。

左がdocomo LIVE UX、右がシンプルホーム左がdocomo LIVE UX、右がシンプルホーム
左がdocomo LIVE UX、右がシンプルホーム

ホームアプリから変更したいホーム画面設定を選ぶと自動で変更されます。

docomo LIVE UXは、ドコモのプリインストールアプリが手軽にホーム画面から操作出来るように配置されます。シンプルホームは、スマートフォンが苦手な方や初めての方におすすめです。

2. Xperiaホームの画面設定

Xperiaホームを使う場合の細かい設定も確認しておきましょう。ホーム画面を回転させたり、アイコンサイズを変更出来たり、自分に合う環境にカスタマイズすることが出来ます。

特にアイコンの表示サイズは、使いやすさに影響しやすいので使いやすいサイズに変更しておくと便利です。

2-1. ホーム画面の自動回転を確認する方法

ホーム画面から【画面空いているスペースを長押しする】→【ホームの設定】ホーム画面から【画面空いているスペースを長押しする】→【ホームの設定】
ホーム画面から【画面空いているスペースを長押しする】→【ホームの設定】
【ホーム画面の回転を許可をオン】【ホーム画面の回転を許可をオン】
【ホーム画面の回転を許可をオン】

「ホーム画面の回転を許可」をオンにすると、画面を縦から横に変える時に右下に回転するボタンが表示されます。回転ボタンを押すと画面が回転します。ホーム画面でも、アプリ起動時でも、横画面固定や縦画面固定をワンタップで簡単に行えるのでおすすめです。

2-2. ホーム画面のアイコンサイズ調整

設定画面から【画面設定】→【表示サイズ】と進む設定画面から【画面設定】→【表示サイズ】と進む
設定画面から【画面設定】→【表示サイズ】と進む
【表示サイズ】を下部バーにて調整する【表示サイズ】を下部バーにて調整する
【表示サイズ】を下部バーにて調整する

中央下部にあるバーの「+、−」を押すと表示サイズの大きさが変更されます。小、標準、大を調節でき、プレビューが同画面上の上部に表示されます。設定を終えてホーム画面に戻るとアイコンの大きさが変わっています。

3. ディスプレイ周りの設定

ディスプレイ周りの設定は、日常利用時に利便性を上げるためにも必須設定項目です。画面の明るさや暗さの調整、ディスプレイの点灯時間など、バッテリー持ちにも関わってくる部分でもあるので、ぜひ一度設定を確認しておきましょう。

明るさや暗さの設定

設定画面から【画面設定】→【明るさレベル】と進む設定画面から【画面設定】→【明るさレベル】と進む
設定画面から【画面設定】→【明るさレベル】と進む
【明るさレベル】→【バーにて調整】【明るさレベル】→【バーにて調整】
【明るさレベル】→【バーにて調整】

明るさレベルを押すと、調節バーが表示されるので左右に動かすと明るさ、暗さを調整出来ます。また、明るさレベルの下にある明るさの自動調節をオンにしておくと、細かく設定する必要がないので便利です。

ディスプレイ点灯時間の設定

設定画面から【画面設定】→【スリープ】と進む設定画面から【画面設定】→【スリープ】と進む
設定画面から【画面設定】→【スリープ】と進む
スリープ時間を設定
スリープ時間を設定

スリープ(画面オフ)になるまでの時間を設定することが出来ます。ディスプレイの点灯時間はバッテリー持ちに影響を与えます。スリープ時間が短すぎると、何かしている間にすぐに画面オフになるので30秒程度に設定しておくのがおすすめです。

4. バッテリー周りの設定方法

Xperia Aceのバッテリー持ちは非常に優秀ですが、「STAMINAモード」でさらに長時間利用が可能になります。また、いたわり充電を利用してバッテリーの寿命を延ばすことができ、より長く安心して使えるような機能もあります。

STAMINAモード

設定画面から【バッテリー】→【STAMINAモード】と進む設定画面から【バッテリー】→【STAMINAモード】と進む
設定画面から【バッテリー】→【STAMINAモード】と進む
「STAMINAモード」オンにする「STAMINAモード」オンにする
「STAMINAモード」オンにする

STAMINAモードをオンにすると、バッテリーの持ち時間が約3時間ほど伸びました

STAMINAモードは、極端な制限ではなく比較的緩い制限をかけることでバッテリーを節電します。流石にゲーム等には適しませんが、Webブラウジング、SNSなどの普段利用は十分行えます。

節電レベルの設定
節電レベルの設定

STAMINAモードでは、節電レベルの設定も行えます。「バッテリー持ちを優先したい」、「バランスよく節電したい」、「なるべく制限しないで節電したい」の3つの項目から選ぶことが出来ます。利用用途によって、選んで設定出来るのも非常に嬉しいポイントです。

いたわり充電

設定画面から【バッテリー】→【いたわり充電】と進む設定画面から【バッテリー】→【いたわり充電】と進む
設定画面から【バッテリー】→【いたわり充電】と進む
「いたわり充電」をオン
「いたわり充電」をオン

「いたわり充電」とは、毎日の充電習慣(充電器に長く接続している時間帯)を学習することで、充電速度を調節してバッテリーの性能を良い状態に保つことで、バッテリーの寿命を延ばす機能です。長く使うスマートフォンだからこそ、最初のうちから「いたわり充電」を設定しておくことで、数年後を見据えた使い方も出来ます。

5. 指紋認証の設定方法(セキュリティ)

Xperia Aceは、高速の指紋認証を搭載しています。指紋認証センサーは電源ボタンと一体化しているため、使い勝手も優れています。盗難や紛失等のもしもの時を考えて、個人情報を守る意味でもセキュリティ向上に繋がるので必ず設定しておきましょう。

設定画面から【ロック画面とセキュリティ】→【指紋設定】と進む設定画面から【ロック画面とセキュリティ】→【指紋設定】と進む
設定画面から【ロック画面とセキュリティ】→【指紋設定】と進む
【指紋によるロック解除】を次へ→【画面ロックを選択】して進む【指紋によるロック解除】を次へ→【画面ロックを選択】して進む
【指紋によるロック解除】を次へ→【画面ロックを選択】して進む
【始める前に】を次へ→【OK、繰り返してください】と出たら指紋を登録する【始める前に】を次へ→【OK、繰り返してください】と出たら指紋を登録する
【始める前に】を次へ→【OK、繰り返してください】と出たら指紋を登録する

【OK、繰り返してください】と出たら電源ボタン部分に登録したい指を何度も置いたり離したり繰り返しましょう。

【指紋を追加しました】と出れば指紋登録完了
【指紋を追加しました】と出れば指紋登録完了

指紋認証の登録が完了すると、ロック解除時に使えるようになります。画面がスリープ状態(画面オフ)でも、電源ボタンを押すと同時に指紋認証でロック解除出来るので、すぐにホーム画面に進みます。セキュリティ強化に繋がるので必ず設定しておきましょう。

6. 片手モードの設定方法

Xperia Aceはコンパクトで使いやすさがあります。とはいえ、5.0インチなので握り方次第では指が届きにくい場所も出てきます。そんな時に便利なのが、「片手モード」です。簡単に呼び出せて非常に使いやすいので、是非設定しておきましょう。

設定画面から【画面設定】→【詳細設定】と進む設定画面から【画面設定】→【詳細設定】と進む
設定画面から【画面設定】→【詳細設定】と進む
【片手モード】→【オン】にする【片手モード】→【オン】にする
【片手モード】→【オン】にする
ホームボタンのダブルタップで「片手モード」を起動できる
ホームボタンのダブルタップで「片手モード」を起動できる

「片手モード」は、ホームボタンのダブルタップで簡単に呼び出せます。ジェスチャー操作等が必要なく、ホームボタンを二度タップするだけなので失敗しにくいのが嬉しいポイントです。

7. サイドセンスの設定方法・使い方

サイドセンスは、画面外側の縁をダブルタップすることでサイドセンスメニューが表示され、アプリの起動や機能のオン・オフを手軽に行うことが出来ます。Xperia Ace向けに使いやすいよう独自調整されたサイドセンスは、一度使うと分かる便利さがあります。

サイドセンスの設定方法

設定画面から【画面設定】→【詳細設定】と進む設定画面から【画面設定】→【詳細設定】と進む
設定画面から【画面設定】→【詳細設定】と進む
【サイドセンス】→【オン】にする【サイドセンス】→【オン】にする
【サイドセンス】→【オン】にする
サイドセンスの細かな設定も行える
サイドセンスの細かな設定も行える

サイドセンスメニュー設定から表示するアプリの設定、サイドセンスバーの感度調節、サイドセンスバーの操作範囲の変更、バーの長さや透明度も変更することが出来ます。

サイドセンスの使い方

ホーム画面右端に出ているバーをダブルタップで「サイドセンス」を起動するホーム画面右端に出ているバーをダブルタップで「サイドセンス」を起動する
ホーム画面右端に出ているバーをダブルタップで「サイドセンス」を起動する

サイドセンスの使い方は、画面右側(設定で変更可能)に表示されている棒状のバーをダブルタップすることで、サイドセンスメニューを起動することが出来ます。

サイドセンスメニューが起動したら、起動したいアプリや機能のオン・オフが行えます。Wi-Fiのオンオフ等も簡単に行える便利機能なので、ぜひ一度確認しておくことをおすすめします。サイドセンスは、Xperia Aceの利便性を大幅に底上げしてくれる機能なので、使いこなしていきましょう。

8. カメラをクイック起動する設定方法

Xperia Aceにカメラボタンは非搭載ですが、カメラをクイック起動させる方法があります。カメラを良く使う方にとって、カメラボタンの代わりとしても重宝する機能です。撮りたい瞬間を逃さないためにも、必ずカメラのクイック起動設定を一度確認しておきましょう。

設定画面から【システム】→【電源キーオプション】と進む設定画面から【システム】→【電源キーオプション】と進む
設定画面から【システム】→【電源キーオプション】と進む
電源キーオプションから「カメラ」を選択する
電源キーオプションから「カメラ」を選択する

電源キーオプションから「カメラ」を選択することで、画面オフ状態からでも電源ボタンをすばやく二度押しするとカメラが起動します。カメラボタンは非搭載ですが、カメラボタンの代わりに使うことも出来ます。

使い方まとめ:究極のコンパクトモデルを思う存分カスタマイズしよう

Xperia独自の機能が沢山詰まったXperia Ace。設定すべきポイントとしては、バッテリーを長く持たせるSTAMINAモードや使い方の幅を広げるサイドセンスは必ず設定しておきましょう。また、指紋認証は事前に設定をしておくことで、セキュリティの向上・プライバシー保護にも繋がります。

Xperia Aceは使いやすさを活かすためのこだわりを感じる機能が多く搭載されています。今回ご紹介した機能や設定を楽しみながらカスタマイズして、より自分好みの環境を作り上げて使いやすさを追求してみてください。

オンラインショップ限定キャンペーン情報

・ドコモ:機種変更で11,000円割引!

Sony Mobile
Xperia Ace

端末のご購入はこちら

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ちえほん

ちえほん

ブロガー×ガジェットライター×YouTuber

プロフィール

現在は、ガジェットブログ「モバイルドットコム」やYouTubeチャンネル「モバイルドットコムTV」を運営、外部ライターとしても活動しています。

ワクワクするような新しいガジェットが好きで、口癖は”はあ〜また買っちゃった!”手にとって分かるリアルな体験を分かりやすく発信しています。

モバレコでは、「スマホ」のレビューや設定、比較記事を中心に執筆しております。読んで頂ける皆様に”読んで良かった”と思ってもらえるようなコンテンツ作りを目指しています。どうぞ、宜しくお願いします。

モバレコ以外のメディアでも、2019年〜現在まで執筆活動中です。

得意カテゴリー

スマホ・タブレット

ブログ・SNS

モバイルドットコム
https://www.mobile-com.net/
モバイルドットコムTV
https://www.youtube.com/channel/UC-gVzqx-OqiA7YMx4yRkY8g/
Twitter(@chehonz201)
https://twitter.com/chehonz201

メディア実績

【メディア】

  • Engadget 日本版(ベライゾンメディア・ジャパン株式会社)
  • WEBカーアンドレジャー(株)カーアンドレジャーニュース

特集コンテンツ

Y!mobile

d-card

Y!mobile

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン