HUAWEI P30 liteレビュー! トリプルカメラ搭載で3万円台のコスパ良しなモデル

書いた人: でこい

カテゴリ: HUAWEI

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
HUAWEI P30 liteレビュー! トリプルカメラ搭載で3万円台のコスパ良しなモデル

2019年5月24日に発売された「HUAWEI P30 lite」。

P30シリーズの中で最もグレードの低いモデルではありますが、3万円台から購入できるミドルレンジスマホとしては十分な性能を有するモデル。

そこで今回は、外観・デザインやカメラ性能、実際に使ってみて感じたことなどを紹介します。

目次:

【外観・デザイン】片手でも持ちやすく高級感あるデザイン

6.15インチディスプレイ
6.15インチディスプレイ
カメラはトリプルレンズカメラ。上部には指紋センサーを搭載
カメラはトリプルレンズカメラ。上部には指紋センサーを搭載
右側面には電源ボタンとボリュームボタン
右側面には電源ボタンとボリュームボタン
左側面
左側面
上部にSIMカード/SDカードスロット
上部にSIMカード/SDカードスロット
底部にUSB type-Cポート、イヤホンジャック、スピーカー
底部にUSB type-Cポート、イヤホンジャック、スピーカー
片手でも持ちやすいサイズ感
片手でも持ちやすいサイズ感
iPhone XSとサイズを比較、P30 liteのほうが1周り大きい
iPhone XSとサイズを比較、P30 liteのほうが1周り大きい
スリムな3D湾曲デザイン
スリムな3D湾曲デザイン
カメラと指紋センサー
カメラと指紋センサー
ノッチはしずく型
ノッチはしずく型
光沢のあるボディだが、ホワイトだと指紋が目立たない
光沢のあるボディだが、ホワイトだと指紋が目立たない
カラバリはピーコックブルー / パールホワイト / ミッドナイトブラックの3色
カラバリはピーコックブルー / パールホワイト / ミッドナイトブラックの3色

HUAWEI P30 liteは6.15インチディスプレイを搭載していますが、ベゼルの狭いフルビューディスプレイのため、本体サイズはそこまで大きくありません

側面にかけてカーブを描いた3D湾曲デザインのため、実際に手に持ったときもあまり大きさを感じませんし、かなり持ちやすくなっています

P20 liteはノッチが目立つ形になっていましたが、P30 liteはしずく型ノッチで目立ちづらく、また、ディスプレイもより大きく感じます。

カメラは3つのレンズを搭載したトリプルカメラレンズへ進化。画角120°の超広角レンズを搭載することで、広大でダイナミックな風景の撮影が可能になりました。

背面のガラスは光沢があり高級感を感じます。指紋が目立ちそうな質感ですが、パールホワイトの場合はほとんど気になりませんでした。また、ピーコックパープルは光の当たる角度によって見え方が変わるようになっています。

【スペック・性能】前モデルHUAWEI P20 liteよりも大幅に性能が向上

HUAWEI P30 liteのスペック(参照:製品ページ
OS Android™ 9 / EMUI 9.0.1
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約152.9×約72.7×約7.4mm
重さ 約159g
ディスプレイ 約6.15インチ(19.5:9) FHD+(2,312 x 1,080px) TFT
プロセッサ HUAWEI Kirin 710 / オクタコア(2.2 GHz/4 + 1.7 GHz/4)
メモリ / ストレージ 4GB / 64GB
microSD 最大512 GB
メインカメラ 約2,400万画素+約800+約200万画素/AF
(トリプルレンズ)
フロントカメラ 約2,400万画素/FF
バッテリー 約3,340mAh
充電 USB 2.0 Type-C
SIM nanoSIM×2(DSDV対応)
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver.4.2
指紋認証・顔認証
通信方式 LTE: B1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28 /41
W-CDMA: B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900MHz
キャリアアグリゲーション・auVoLTE:〇
カラー ピーコックブルー / パールホワイト / ミッドナイトブラック

性能面では、プロセッサはKirin 710を搭載、2年前のフラッグシップモデルHUAWEI P9と同等の性能のものです。

メモリは4GBとHUAWEI P20 liteから据え置きですが、内蔵ストレージが32GB→64GB、外部のSDカードも最大256GB→512GBと倍増しています。容量の大きいアプリをたくさん入れても安心できそうです。

AnTuTu
AnTuTu
GeekBench 4
GeekBench 4

ベンチマークを測定すると、HUAWEI P20 liteと比較して4割ほどスコアが向上していました。

フラッグシップ機と比較してしまうと見劣りはしますが、3万円台で購入できるスマホとしては十分なスコアだと思います。2年前のフラッグシップモデルと同等ですからね、普段使っていて反応が遅く感じたり、アプリを複数立ち上げて使ってもそんなに困らないです。

PUBGをプレイ
PUBGをプレイ

PUBGを初期設定(標準画質)でプレイしてみたところ、全体的には特に不満なくプレイできていましたが、動きの激しい場面では多少のカクつきを感じました。FPS、TPSのようにシビアなゲームをプレイする場合は、軽量設定にしたほうがいいかもしれません。

【比較】HUAWEI P20 liteからどこが進化した?

HUAWEI P30 liteの前モデルで、2018年に発売されたSIMフリースマホの人気モデルだったHUAWEI P20 liteと性能を比較してみます。

HUAWEI P30 lite
HUAWEI P30 lite
HUAWEI P20 lite
HUAWEI P20 lite
HUAWEI P30 lite HUAWEI P20 lite
カラー ピーコックブルー / パールホワイト / ミッドナイトブラック クラインブルー / サクラピンク / ミッドナイトブラック
OS Android 9 Android 9
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約152.9mm × 約72.7mm × 約7.4mm 約149mm × 約71mm × 約7.4mm
重さ 約159g 約145g
ディスプレイ 約6.15インチ
FHD+(2,312×1,080px)TFT
約5.84インチ
FHD+(2,280×1,080px)
プロセッサ HUAWEI Kirin 710 / オクタコア(2.2 GHz /4 + 1.7 GHz / 4) HUAWEI Kirin 659 オクタコア (2.36 GHz / 4 + 1.7 GHz / 4)
メモリ / ストレージ 4GB / 64GB 4GB / 32GB
microSD 最大512GB 最大256GB
メインカメラ 約2,400万画素+約800+約200万画素(トリプルレンズ) 約1,600万画素++約200万画素(ダブルレンズ)
フロントカメラ 約2,400万画素 約1,600万画素
バッテリー 約3,340mAh 約3,000mAh
充電 USB 2.0 Type-C USB 2.0 Type-C
SIM nanoSIM×2(DSDV対応) nanoSIM×2
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver.4.2 Ver.4.2
指紋認証・顔認証
通信方式 LTE: B1/3/5/7/8/18/19/26/ 28/41
W-CDMA: B1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
キャリアアグリゲーション・
auVoLTE:〇
LTE: B1/3/5/7/8/18/19/26/28/41
W-CDMA:B1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz

プロセッサ(CPU)、内蔵ストレージ、バッテリー容量、ディスプレイの解像度、全体的な性能面でHUAWEI P30 liteはHUAWEI P20 liteから確実に進化しています。

端末のサイズはHUAWEI P20 liteのほうがコンパクト、重さも約14g軽いですが、ディスプレイはHUAWEI P30 liteが約6.15インチ、HUAWEI P20 liteが約5.84インチとP30 liteのほうが大きく解像度も勝っています。

またカメラもデュアルレンズからトリプルレンズ仕様になり、性能も向上しています。

【カメラ性能】3万円台の価格以上に使えるカメラをチェック

トリプルレンズカメラを備えたHUAWEI P30 lite
トリプルレンズカメラを備えたHUAWEI P30 lite

トリプルレンズカメラをそなえたHUAWEI P30 liteのカメラ性能を実際に撮影した作例を見ながら評価していきます。
※写真はクリック or タップすると大きなサイズで表示できます。

代々木駅からドコモタワーを臨む代々木駅からドコモタワーを臨む
代々木駅からドコモタワーを臨む

建物のディテールもくっきりと捉えられています。空の青のグラデーションもよく撮れています。

新宿御苑の台湾閣からの眺め新宿御苑の台湾閣からの眺め
新宿御苑の台湾閣からの眺め

広い視点で撮影したいロケーションの場合は広角レンズがあると、見たままに近い視点で撮影できます。

太鼓橋太鼓橋
太鼓橋

逆光でも、空の青と木々の緑のコントラストが綺麗に映せています。

新宿伊勢丹新宿伊勢丹
新宿伊勢丹

画角120°の超望遠レンズを搭載したことで、ダイナミックな風景写真が撮れるようになりました。

iPhoneなどの画角に慣れていると、驚くほど周囲の風景までフレームに収めてくれます。今までだったら収まりきらなかった風景や、超広角ならではのパースのきいた写真を撮ることができますね。

夜の新宿駅夜の新宿駅
夜の新宿駅

夜景モードで撮影しましたが、暗所の性能はいまいちです。オートフォーカス速度が落ち、ノイズも結構目立つ印象を受けました。

特製塩ラーメン
特製塩ラーメン

飯撮りは、光量が稼げれば綺麗に撮影できます。チャーシューの照りや、スープの脂の光沢感も美味しそうに再現できています。

紫陽花
紫陽花

全体的に使っていて不満は感じることはなく、超広角レンズによって広がる撮影の幅を考えると、カメラ性能もここまで撮影できれば十分だと感じました。とはいえ暗所には弱いので撮影シーンは多少選びそうです。

また、HUAWEI P30やP30 Proのような望遠ズームはついていません。

【感想】HUAWEI P30 liteを使って感じたいいところ

HUAWEI P30 liteレビュー!

今回レビューするにあたり、しばらく使っていて感じたのは以下の通り。

HUAWEI P30 liteのメリット

・プロセッサの進化で動作が快適に
・ 超広角レンズ搭載で撮影体験が向上
・それでいて約3万円で購入できるコスパのよさ

HUAWEI P30 liteは、プロセッサがHUAWEI P9、P9 Plusレベルまで強化されたことで一通りの使い方で十分快適に動いてくれます。

ネット、SNS、メール、Twitter等を並行して使っていもストレスだなと感じるほどもっさりすることもなく、快適に使えていました。バッテリー持ちも特に不満はなかったです。カメラも、超広角レンズが搭載されたことで今まで以上に撮影の幅が広がって使っていて楽しいですよ。

これらを踏まえて、3万円台で購入できるというのはかなりコストパフォーマンス高いといえるのではないでしょうか。

評価まとめ

3万円台のミドルレンジの端末を使う機会は少なく、最後に使ったのも1年以上前だったと思います。

その時のミドルレンジモデルに対する絶妙な思いのままHUAWEI P30 liteを使ったので、3万円台のスマホでもこんなに普通に使えるのかという気持ちになりました

もちろんスペックを追い求めるならハイエンドなスマホを購入すべきですが、スマホにそこまで求めていない、普段遣いで不満のない性能でお手頃価格なスマホが欲しい、という人にはうってつけのモデルではないでしょうか。

気になる方は実際に店頭で手にしてみてください。ここ最近のミドルレンジモデルの進化に驚くと思いますよ。

販売サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ・カメラ・アイドルを愛する高専卒、Twitter在住のオタク。Xperia、iPhone、MacBook、Surfaceが好きです。趣味丸出しなブログ「でこにく」を書いています。