Androidをエレガントに変身!ホームアプリ「スマートランチャー」のここがいい

書いた人: mi2_303

カテゴリ: アプリ, ガイド, ホームアプリ ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Androidをエレガントに変身!ホームアプリ「スマートランチャー」のここがいい

Androidスマホの楽しみのひとつとしてホームアプリのカスタマイズがあります。使いやすくカスタマイズするだけではなく、ホームアプリ自体を入れ替えて見た目も操作も新しくすることも可能。

今回紹介する「スマートランチャー」は、これまでのAndroidスマホでは体験できない斬新なデザイン・操作性を実現したオススメのホームアプリです。

目次:

スマートランチャーの基本画面

スマートランチャーのホーム画面は一見するとロック画面のような画面表示。しかし、バブルアイコンでアプリを起動できる立派なホーム画面なのです。

さらにアプリ一覧のドロワー画面もあります。縦表示・横表示ともに美しいレイアウトである点も注目ポイントです。ドロワー画面はドロワー切り替えボタン操作のほかに画面左端(デフォルト)からのスワイプ操作で呼び出すことも可能です。

まるでロック画面のようなホーム画面
まるでロック画面のようなホーム画面
カテゴリー分けされたドロワー画面
カテゴリー分けされたドロワー画面

ホーム画面の背景を長押しするとメニューが表示され「バブルアイコン追加」「ロック画面」「画面変更不可」「壁紙の変更」が行えます。

ホーム画面の背景を長押しすると表示されるメニュー
ホーム画面の背景を長押しすると表示されるメニュー

スマートランチャーの設定は、ドロワー画面の上部にある「メニュー」キーをタップして「ラウンチャーの設定」を呼び出して行います。

「ラウンチャーの設定」では基本設定やテーマの変更が可能
「ラウンチャーの設定」では基本設定やテーマの変更が可能

ホーム画面以外に、ロック画面のカスタマイズテーマも用意されており、スマホのさまざまな部分をカスタマイズできます。

ロック画面にテーマを追加できる
ロック画面にテーマを追加できる

シンプルでエレガントなホーム画面

ホーム画面はアプリのショートカットとなるバブルアイコンと、時計・カレンダーのみのシンプルなものです。バブルアイコンの表示/非表示切り替えも可能ですので美しい写真壁紙が楽しめます。

時計とカレンダーはデザインのためだけのものではなく、時計をタップするとアラームが、カレンダーをタップするとカレンダー(スケジュール)が起動します。これはカスタマイズ可能で別のアプリを起動させることもできます。

バブルアイコンは円で表示される「Flower」のほかに下から積み上がっていく「Lines」の二通りの表示方法があります。見やすさ・使いやすさで選ぶといいでしょう。

バブルアイコンが丸く並ぶFlower表示
バブルアイコンが丸く並ぶFlower表示
バブルアイコンが一列に積み重なるLines表示
バブルアイコンが一列に積み重なるLines表示

バブルアイコンが多くなるとアイコンのサイズが自動的に小さくなってしまいます。大きなサイズのバブルアイコンでホーム画面をシンプルにまとめたい場合は、フォルダー機能でバブルアイコンの数を少なくしましょう。フォルダーはバブルアイコン追加で作成し、ひとつのフォルダの中にアプリのショートカットを最大12個まで登録可能です。

バブルアイコンの追加のメニューから「フォルダー」を選ぶ
バブルアイコンの追加のメニューから「フォルダー」を選ぶ
フォルダーでアプリをまとめることができる
フォルダーでアプリをまとめることができる

使いやすいデザインのドロワー画面

ドロワー画面は縦に並んだカテゴリーでまとめられた斬新なデザインをしています。カテゴリーは指先でなぞるようにすると、アプリアイコンが切り替わるのでザッとアイコンを調べたいときなどに便利です。

画面端からスワイプでドロワーを呼び出せる(※画面は左利き表示)
画面端からスワイプでドロワーを呼び出せる(※画面は左利き表示)

また、カテゴリーの位置は左右入れ替えることも可能で、デフォルトは右利き用となっていますが、左利き用に変更すると右手持ちでもカテゴリー操作がしやすくなります。

右側にカテゴリーが表示される左利き表示
右側にカテゴリーが表示される左利き表示

アプリアイコンを長押しするとアプリの詳細表示となり、カテゴリーやアイコンの変更やアプリの非表示、アンインストールが行えます。使わなくなったアプリのアンインストールが簡単に行える点が便利です。

アプリアイコンの長押しの詳細表示
アプリアイコンの長押しの詳細表示

アプリが多い場合は、カテゴリーごとに分かれていると逆に探しづらいということもあります。そんなときは画面上部の「検索」アイコンから1文字検索を利用するといいでしょう。画面に表示される文字をタップすればその文字で始まるアプリが一覧で表示されます。また、検索機能を使うほかに、よく使うアプリであれば使用頻度順に並べ替えて表示することも可能です。

頭文字で検索(ソート)する機能が便利
頭文字で検索(ソート)する機能が便利

豊富なテーマで簡単イメチェン

ホーム画面が個性的であるスマートランチャーは、テーマを入れ替えることでさらに個性を強く打ち出すことができます。ラウンチャーの設定の「テーマ」で簡単にテーマの入れ替えが可能です。

テーマは無料・有料で豊富なデザインのものが用意されており、テーマの中のダウンロードから直接インストール可能です。

ホーム画面のイメージが大きく変わるテーマ
ホーム画面のイメージが大きく変わるテーマ
明るくポップな印象になった
明るくポップな印象になった

スマートフォンのカラーに合わせたテーマや、ケースやカバーの雰囲気に合わせたクールなイメージなどイメージチェンジをするにはピッタリの機能です。

シンプルな配色・レイアウトは視認性が良く使いやすい
シンプルな配色・レイアウトは視認性が良く使いやすい
ドロワー画面のカテゴリータブが見やすい
ドロワー画面のカテゴリータブが見やすい

壁紙やアイコンだけではなく時計のフォントも変えられるので、見た目の印象をガラッと変えたい方は使ってみましょう。

まとめ

スマートランチャーは、よく使うアプリをシンプルにまとめることで使い勝手とデザインを両立させたホームアプリと言えるでしょう。ドック機能などの使い慣れた機能がないため、最初は戸惑うかもしれませんが、スマホの操作は直感的でわかりやすいことが重要なんだと気付かせてくれます。

アプリ情報
アプリ名 icon
スマートランチャー (Smart Launcher)
開発 GinLemon
価格 無料
ダウンロード googlePlayで手に入れる

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ゲーム会社でゲームデザインや音楽制作など経て、現在スマホやデジカメのレビューや写真撮を主とするフリーのライター。 オーディオとカメラ好き(撮影)で、好きなレンズは単焦点レンズ。中でも50mm F1.4はカメラに付けっぱなし。