iPhone 11 Pro / Pro Maxへ機種変更、乗り換える際に気をつけておくべきポイント10選

書いた人: がねりん

カテゴリ: iPhone

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone 11 Pro / 11 Pro Max 機種変更

※2019年11月11日更新

2019年9月に新しく発表された「iPhone 11 Pro / 11 Pro Max」

2年以上経過し、iPhone 8やiPhone 7から機種変更を検討している方も多いのでは無いでしょうか。ただ、新しくなった反面、画面割れのリスクの高さやサイズ感、重量など気になる点もいくつかあります。

この記事では、機種変更の際に気をつけておくべきポイントを解説していきます。購入前にぜひ参考にしてみてください。

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

目次:

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxの機種変更料金をチェック

iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxの機種変更料金をチェック

まずはiPhone 11 Pro / 11 Pro Maxの機種変更料金をチェックしましょう。キャリアで機種変更を行う方も多いと思います。ドコモ、au、ソフトバンクの機種変更料金を下記の表にまとめたのでご覧ください。

■iPhone 11 Proの料金

ドコモ au ソフトバンク
64GB 84,480円
(3,520円×24回)
84,960円
(3,540円×24回)
63,600円
(2,650円×24回)
256GB 95,040円
(3,960円×24回)
96,480円
(4,020円×24回)
72,960円
(3,040円×24回)
512GB 110,880円
(4,620円×24回)
113,760円
(4,740円×24回)
86,160円
(3,590円×24回)

※25ヶ月目に端末プログラムを適応した場合の税込み金額

■iPhone 11 Pro Maxの料金

ドコモ au ソフトバンク
64GB 92,400円
(3,850円×24回)
93,600円
(3,900円×24回)
71,280円
(2,970円×24回)
256GB 105,600円
(4,400円×24回)
106,080円
(4,420円×24回)
80,880円
(3,370円×24回)
512GB 121,440円
(5,060円×24回)
123,360円
(5,140円×24回)
93,840円
(3,910円×24回)

※25ヶ月目に端末プログラムを適応した場合の税込み金額

上記の実質負担額は、ドコモの「スマホおかえしプログラム」、auの「アップグレードプログラムNX」、ソフトバンクの「トクするサポート」を適用させた場合を想定したものです。なお、どのキャンペーンも分割払いを選択した場合、24回目の支払い時にiPhoneを返却することで割引になる内容となっています。

以上を踏まえた上で、iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxを最も安く購入できるのは、「ソフトバンク」です。ただし、ソフトバンクではプログラム利用時には「月額390円×24ヶ月=9,360円(不課税)」が上乗せされる、と考えてください。

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxは、これまでのiPhoneと比べると、カメラ性能など大きく進化しています。ですが、その分料金も高いのがネック。金銭的負担を減らしたい方も多いでしょう。

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxを少しでも安く手に入れるなら、機種変更キャンペーンを積極的に利用するのがおすすめです。

1. カラーバリエーション

Phone 11 Pro / 11 Pro Maxのカラーバリエーション
カラーバリエーションについて

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxで選択できるカラーは下記の通り。

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxのカラーバリエーション

・ミッドナイトグリーン
・スペースグレイ
・シルバー
・ゴールド

前世代のiPhone XS / XS Maxから「ミッドナイトグリーン」が追加。より幅広い選択肢の中から、あなたにピッタリのカラーを選択できるようになりました。

例えば、落ち着いたカラーが良い方はミッドナイトグリーン。シンプルでiPhoneらしいからを選ぶなら、シルバーやスペースグレイがおすすめです。

人気はやはり新カラーのミッドナイトグリーンです。

2. 画面が割れてしまった時のリスクが高い

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxの画面
画面が割れてしまった時のリスクが高い

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxは、iPhone XS / XS Maxと同様に全面ディスプレイを採用しています。より迫力のある映像を楽しめる反面、画面割れ・修理のリスクが高くなっているので要注意です。Apple正規店で画面割れを修理した場合の費用は下記のようになっています。

Apple正規店の修理料金

iPhone 11 Pro Max 35,800 円
iPhone 11 Pro 30,400 円
iPhone XS Max 35,800 円
iPhone XS 30,400 円
iPhone 8 Plus 18,400 円
iPhone 8 16,400 円

※税別金額

何の補償が無い状態だと、基本的に30,000円以上は負担になります。iPhone 8 / 8 Plusと比べると倍の金額です。修理料金を安く抑えたい方は、「Apple care+」を上手に活用しましょう。

Apple care+なら、最大2回までなら修理サービスを受けることが可能。利用した場合の修理料金は「3,400円(税別)」となっています。なお、iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxの購入後、30日以内に手続きが必要です。

とはいっても、対応回数が決まっている上に期間も決まっています。日頃からケースやフィルムを使い、画面割れを予防しましょう。

3. ホームボタンはない

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxの画面サイズ
ホームボタンがない

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxは、ホームボタンがありません。それに合わせて指紋認証からFace IDになり、スワイプ・ジェスチャーの操作も増えました。Face IDはドットプロジェクターによって高精度な識別を可能にし、スムーズなロック解除ができます。

スワイプ・ジェスチャーの操作もホームボタンを補う以上の使いやすさを実現。高速で快適なスマホ操作を可能にしています。

コントロールセンターや通知センターは、上からスワイプして表示するようになりました。このようにホームボタンが無くなったことで、操作性が大幅に変更となっています。

ホームボタンのあるiPhoneを使っている人には、ハードルに感じるかもしれません。ですが、操作性自体はより便利で快適になるよう進化しているので、慣れれば非常に便利です。

4. 3D TouchからHaptic Touchに変更

iPhoneでゲーム操作画面
3D TouchからHaptic Touchに変更

iPhone 8 / 8 Plusに搭載されていた3D Touchが廃止になり、iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxでは「Haptic Touch」が採用されています。

Haptic Touchとは、「長押し+触覚フィードバック」で構成されているシステムのことです。3D Touchでは、感圧センサーにより画面を押す力によって、「トラックパッドモード」を起動していました。

ぐぐっと押し込むとサブメニューが表示されていましたが、それがHaptic Touchでは、長押しでOK。押し込み加減が難しかったところが、シンプルな操作になりました。

5. サイズと重量に注意

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxのサイズ比較
サイズと重量に注意

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxは、高機能である反面、サイズや重さもアップしています。
iPhone 8 / 8 PlusやiPhone XS / XS Maxと比較した結果は次の通りです。

サイズと重量

iPhone 11 Pro Max iPhone 11 Pro iPhone XS Max iPhone XS iPhone 8 Plus iPhone 8
サイズ 158.0×77.8×8.1mm 144.0×71.4×8.1mm 157.5×77.4×7.7mm 143.6×70.9×7.7mm 138.4×78.1×7.5mm 138.4×67.3×7.3mm
重量 226g 188g 208g 177g 202g 148g

※スマートフォンでご覧の方は左右にスクロールできます

iPhone 11 Pro Maxは、iPhoneシリーズで最重量端末なので、これまでのiPhoneと比較すると、その差は歴然。

iPhone 11 MaxとiPhone 8 Plusだと24gも差があります。加えて、厚み増しているので、iPhone 8 / iPhone 7から乗り換えた場合、かなり大きく感じてしまうかもしれません。

6. 3.5mmイヤホン変換アダプターが付属されていない

3.5mmイヤホン変換アダプター
3.5mmイヤホン変換アダプターが付属されていない

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxは、iPhone Xまであった「3.5mmイヤホン変換アダプター」が付属されません。

純正のLightning接続イヤホンが付属しているので、イヤホンには困りません。ですが、他社のイヤホンを使う場合は、事前に3.5mmイヤホン変換アダプターを購入しておきましょう。

有線イヤホンを使っていた方がつまずきやすい部分でもあるので、こちらも要注意です。

7. ケースは新しいものが必要

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxのカメラ部分
ケースは新しいものに

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxに乗り換えるなら、ケースは新しいものが必要になります。

先述したように、iPhone 11 Pro / 11 Pro MaxはこれまでのiPhoneに比べ、サイズ感がアップしています。iPhone XS / XS Maxと比較しても、わずかにiPhone 11 Pro / 11 Pro Maxの方がサイズ感が上です。

そして、最も特徴的な違いはメインカメラ。トリプルレンズを採用しているので、従来のiPhoneよりもカメラが大きくなっています。それに対応したケースが必要になります。

このカメラの形状がネックになり、どのシリーズでもケースの使い回しができないので要注意です。

8. ワイヤレス充電器は別途購入が必要

ワイヤレス充電
ワイヤレス充電機は別途購入が必要

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxは、iPhone XS / XS Maxから引き続きワイヤレス充電器が採用されています。わざわざコードに繋ぐ必要がなく、充電する時は専用の充電器の上に置くだけ。

ただし、充電器が別途で購入しなくてはなりません。ワイヤレス充電専用の充電器も同時に必要であれば購入しておきましょう。

9. 急速充電対応の電源アダプタが付属されている

電源アダプタ
急速充電対応の電源アダプタが付属されている

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxは、急速充電に対応しています。そのためには専用の充電器が必要ですが、急速充電対応の電源アダプタは付属しているので、購入したその日から急速充電が可能です。

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxは、前シリーズのiPhone XS / XS Maxよりも4時間以上長い駆動時間を実現しています。一方でバッテリー容量も増えているため、充電時間も長くなってしまいます。急速充電が活用すれば、より短い時間で素早く充電完了できます。

同時期発売のiPhone 11も急速充電に対応しているものの、こちらは18Wの急速充電器は付属していないという違いがあります。

10. LINEの引き継ぎ方法

LINEのHP
LINEの引き継ぎ方法

最後にiPhone 11 Pro / 11 Pro Maxに機種変更する場合に、注意しなくてはいけないのが、LINEの引き継ぎです。

トーク履歴のバックアップや引き継ぎのためにメールアドレス、パスワードの設定など、データ移行の際には何点が準備しておく必要があります。忘れてしまうと、引き継ぎがスムーズに進まなかったり、トーク履歴が消えてしまうこともあります。

引継ぎ方法の解説も行っているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxへ機種変更・乗り換えをする際に気をつけておくべきポイントでした。

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxは、前シリーズの良いところを残しつつ、トリプルレンズのカメラなど新しい機能も積極的に採用しています。今までのiPhoneより、きれいな写真を撮りたい方にもおすすめです。

仕様が大きく変わったことで使い勝手など違和感を感じることもあります。2年、3年のタイミングでiPhone 8 / iPhone 7から機種変更をしたいと考えている人も多いでしょう。ホームボタンの有無やiPhoneの大きさなどに、違和感を強く感じてしまう可能性もあります。

今回紹介した内容を参考に、後悔のない機種変更・乗り換えを行ってください。

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

姫路在住のフリーライター。ガジェット系や格安SIM系はもちろん、婚活体験記など幅広く執筆しています。体験記事が1番得意。1日の大半Twitterにいます。書いてきた記事は実績ページから見てみてください!Twitter:@arcticmonckys