カスタマイズ性なら人気No.1 ホームアプリ「GOランチャーEX」の使い方

書いた人: 矢口和則

カテゴリ: アプリ, ガイド, ホームアプリ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Androidをエレガントに変身!ホームアプリ「スマートランチャー」のここがいい

GOランチャーEX」は、Androidのホーム画面などを自由にカスタマイズできるホームアプリ。カスタマイズ性の高さと軽快な動作で、長年多くのユーザーの人気を集めています。そのユーザー数は、開発元によれば2億人以上! 専用の「GOストア」から、さまざまなアイテムを追加することもできます。

GOランチャーEXには、今回紹介する無料版のほか、有料版の「GO Launcher Prime」(721円)も用意されています。無料版では制限されている機能がアンロックされ、利用できるアニメーションやジェスチャーが増えます。

目次:

GOランチャーEXの基本画面

初期状態のホーム画面。シンプルで、Android標準に近い

初期状態のホーム画面。シンプルで、Android標準に近い

GOランチャーEXのホーム画面は、Android標準のものと似ているため初めてでも迷うことはないでしょう。むしろアプリ一覧の画面は、標準で「アプリ」「ゲーム」「サービス」の3つのカテゴリーに分かれており、選びやすくなっています。また下部に配置されたアイコンからは、アプリの検索やアプリマネージャの起動が、ワンタッチで行えます。

アプリ一覧の画面。カテゴリー分けされているほか、下部には操作ボタンが用意されています

アプリ一覧の画面。カテゴリー分けされているほか、下部には操作ボタンが用意されています

並んでいるアイコンの中でユニークなのは、ホーム画面の左隣のページに用意されている「壁紙チェンジ」と「スタイルチェンジ」でしょう。「壁紙チェンジ」をタップすると、いちいち設定などを開かなくても、壁紙が即座に切り替わります。また「スタイルチェンジ」をタップすると、アイコンのデザインが変更されます。

「壁紙チェンジ」と「スタイルチェンジ」というユニークなアイコンがあります

「壁紙チェンジ」と「スタイルチェンジ」というユニークなアイコンがあります

アプリ一覧の画面:初期画面

アプリ一覧の画面:変更後の画面

「スタイルチェンジ」でアイコンのデザインを変更(変更されるのはGOランチャーEXのアイコンのみ)

ホーム画面のカスタマイズ

ホーム画面の何もないところを長押ししてみましょう。「追加」や「壁紙」といったカスタマイズのためのボタンが表示されます。ホーム画面のカスタマイズは、主にこの中の「ホーム設定」で行います(現時点では、文字が一部中国語になっています)。

ホーム画面の長押しでカスタマイズの項目を表示

ホーム画面の長押しでカスタマイズの項目を表示
「ホーム設定」からさまざまな設定項目が表示

「ホーム設定」からさまざまな設定項目が表示

「ホーム設定」をタップすると「一般設定」や「基本設定」といった項目が表示されます。さらに「基本設定」の「画面」をタップすると、ホーム画面の詳細な設定が可能となります。

「画面行列数」では、ホーム画面に表示するアイコンの数を変更できます(最大で10×10)。

「基本設定」→「画面」→「画面行列数」を選択。表示するアイコン数を変更できます

「基本設定」→「画面」→「画面行列数」を選択。表示するアイコン数を変更できます

「ステータスバー表示」では、ホーム画面の上のステータスバーを隠すことができます。なおバーは表示されなくなっても、画面上部を下にドラッグすることで、通知パネルは現れるので安心です。
「Indicator style」では、ホーム画面の位置を表すインジケーターを数字にすることが可能です。いろいろと試してみて、自分に最適な設定を選びましょう。

「ステータスバー表示」でステータスバーを消し、「Indicator style」でホーム画面のインジケーターを数字にしてみました

「ステータスバー表示」でステータスバーを消し、「Indicator style」でホーム画面のインジケーターを数字にしてみました

画面遷移のエフェクトも豊富

GOランチャーEXならば、動的なカスタマイズも可能です。ホーム画面を長押しすると現れるカスタマイズボタンで「追加」をタップしてみましょう。「ウィジェット」や「壁紙」の追加/変更画面が表示されます。

「追加」をタップすると、「ウィジェット」などの設定画面が表示されます

「追加」をタップすると、「ウィジェット」などの設定画面が表示されます

続けて「効果」を選んでみます。

この「効果」とは、ホーム画面を左右にスワイプした際の画面遷移の際のアニメーションのこと。「クリスタル(3D)」や「円筒」、「キューブ」など、その種類は17種類! 加えて恣意的に変更される「ランダム」もあります。アイコンをタップすることで動きを確かめられるので、いろいろと試してみることをおすすめします。

右端の「効果」を選ぶと、さまざまな画面遷移のアニメーションが選べます

右端の「効果」を選ぶと、さまざまな画面遷移のアニメーションが選べます

豊富なテーマやキーボードデザインを用意

テーマ」は、ホーム画面やアイコンなどのデザインを、まとめて一新することができる機能です。ホーム画面もしくはアプリ一覧にある「テーマ」をタップすると、数多くのテーマが表示されます。無料と有料があり、無料のものだけでも35種類と豊富です。

(Go Store)「テーマ」タップすると、さまざまなデザインのテーマが表示されます

(Go Store)「テーマ」タップすると、さまざまなデザインのテーマが表示されます

気に入ったテーマをタップすると、オンラインストア「GO Store」が開きます。無料のテーマなら「インストール」をタップすればOK。有料の場合は、アプリ内の課金となります。インストール後は、ホーム画面に出来たショートカットをタップして開き、「Set Active Theme」を選択します。

テーマを選んでインストールすると、ホーム画面にショートカットが表示されます

テーマを選んでインストールすると、ホーム画面にショートカットが表示されます
「Kick Off」というテーマを設定してみました。なお一連の操作の途中には何度か広告が挿入されるので注意しましょう

「Kick Off」というテーマを設定してみました。なお一連の操作の途中には何度か広告が挿入されるので注意しましょう

さらにGOランチャーEXでは、テーマだけでなくキーボードのカスタマイズも可能です。「テーマ」の右下にある「Keyboard」をタップしてみましょう。

すると、さまざまなデザインのキーボードが表示されます。このキーボードのデザインを利用するには、別途「GOキーボード」という無料アプリをインストールする必要がありますが、この画面で好きなデザインを選択すれば、後は指示に沿って操作するだけでセットアップが可能です。

「テーマ」から「Keyboard」を選んでみました

「テーマ」から「Keyboard」を選んでみました
「Future」だとこのようになる

「Future」だとこのようになる

まとめ

GOランチャーは、Androidのインターフェースを隅々までカスタマイズできるホームアプリです。今回は紹介しきれませんでしたが、ジェスチャー機能などもスマホに追加することができます。高い人気を誇っているのも頷けますね。

アプリ情報
アプリ名 GOランチャーEX
GOランチャーEX
開発 GO Launcher Dev Team
価格 無料
ダウンロード googlePlayで手に入れる

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

エディトル所属の編集者。AndroidやiOSデバイス、そしてMacに関する雑誌の編集、執筆を中心に活動中。根っからのMacユーザーではあるが、スマホはAndroidが好き。