iPhone 11 Proを使いこなすためにも知っておきたい11つの設定・便利機能

書いた人: ちえほん

カテゴリ: iPhone

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone 11 Pro 設定・便利機能

2019年9月20日に発売された「iPhone 11 Pro」。シリーズ初のトリプルカメラを搭載し、歴代最高・最速のプロセッサ、最高の質感を演出する背面デザイン、最新iOS13で新機能も追加されるなど、より魅力的な端末となっています。

ここではiPhone 11 Proを使い始めるにあたり、まず確認しておくべき設定・便利機能を11個ご紹介します。自分好みの設定にカスタマイズしてみてください。

目次:

1. 「Face ID」を設定する

iPhone 11 Pro 設定「Face ID」
「Face ID」を設定する方法

iPhone 11 Proは、プライバシー・個人情報を守るためのセキュリティ機能としてFace ID(顔認証)を搭載しています。高速かつ精度も高い顔認証が出来るので必ず設定しておきましょう。

Face IDの設定手順①Face IDの設定手順②
【設定】→【Face IDとパスコード】→【Face IDをセットアップ】の順に進む
Face IDの設定手順③
画面の指示に従って、顔の情報を登録する

登録は簡単で【Face IDを設定】へ進み、画面の指示に従い顔の登録を行うだけです。

Face ID(顔認証)を登録することで、「iPhoneのロックを解除」や「Apple Pay」、アプリ購入時の本人認証として利用出来ます。特に、iPhone 11 Proの画面を見るだけでロック解除できる機能は便利なのでオンにしておきましょう。

また、メガネを掛けている方は「もう一つの容姿をセットアップ」からメガネを掛けたままFace IDを登録しておくとストレスない認証が行えます。

2. 片手モード「簡易アクセス」を設定する

iPhone 11 Pro 設定「簡易アクセス」
片手モード「簡易アクセス」を設定する

大画面のiPhone 11 Proを、片手でもより便利に使える機能である「簡易アクセス」をご紹介します。簡単なジェスチャー操作で、画面の上部を片手の届く範囲に移動させること出来ます。

片手モード「簡易アクセス」①片手モード「簡易アクセス」②
【設定】→【アクセシビリティ】→【タッチ】の順に進む
片手モード「簡易アクセス」③片手モード「簡易アクセス」④
【タッチ】→【簡易アクセスをオンにする】

使い方は簡単で、iPhone 11 Proの上記画像のディスプレイ下部赤枠あたりを下へスワイプ操作するだけです。

簡易アクセスを設定しておけば、片手でも簡単に上部のアプリ等をタップすることが可能になります。例えば、簡易アクセスはアプリ起動時にも使えるので「Safari」等のアプリで上部にあるボタンを押す時にも持ち替えずに押すことが出来るので便利です。

3. 電池残量をパーセント表示する

iPhone 11 Pro 設定「電池残量のパーセント表示」
電池残量をパーセント表示する

iPhone X以降のiPhoneを使ったことがない方は、最初に戸惑うのがバッテリー残量がパーセント表示されていないことではないでしょうか。iPhone X以降のバッテリー残量を数値で確認する方法は二つあります。一つは、画面右上から下にコントロールセンターを起動して確認する方法です。

もう一つは、ホーム画面の一番左のページにある「今日」の表示を見る画面からバッテリーウィジェットを追加することでバッテリーを数値表示することが出来ます。バッテリーウィジェットを追加する方法は以下の通りです。

バッテリー残量をパーセント表示させる設定手順①バッテリー残量をパーセント表示させる設定手順②
【ホーム画面またはロック画面の左端から右にスワイプ】
バッテリー残量をパーセント表示させる設定手順③
「今日」の表示のウィジェットを追加するとバッテリー残量が表示されている

バッテリー残量を数値で確認する方法を覚えておくと、いざという時の目安も分かりやすいので必ず覚えておきましょう。

4. キーボードを使いやすくする方法

iPhone 11 Pro 設定「キーボード」
キーボードを使いやすくする設定方法

iPhone 11 Proを快適に使うならキーボード設定は必ず行いましょう。キーボードに使用言語を追加したり、絵文字等の必要ないキーボードについては削除したりすることが可能です。

キーボード設定手順①キーボード設定手順②
【設定】→【一般】→【キーボード】へ進む
キーボード設定手順③キーボード設定手順④
キーボード設定手順⑤
キーボードから【キーボード】→【新しいキーボードを追加】

「新しいキーボードを追加」から使用したい言語の追加が可能です。また、右上にある「編集」をタップすることで必要ないキーボードの削除およびキーボードの並び替えが簡単に行えます。

自分が一番使いやすいキーボードを追加して、使いやすいようにキーボードを並び替えて快適な文字入力をしていきましょう。

5. 文字入力をフリック入力のみ&スペース半角を使う方法

iPhone 11 Pro 設定「フリック入力・スペース半角」
文字入力をフリック入力のみ&スペース半角を使う方法

iPhone 11 Proを使う上で文字入力をさらに快適に行うためにフリック入力のみ&スペース半角を使う方法をご紹介します。

フリック入力のみの設定手順①フリック入力のみの設定手順②
【設定】→【一般】→【キーボード】→へ進む
フリック入力のみの設定手順③
キーボードから【キーボード】→【フリックのみ】

デフォルトでは、ガラケーと同じ用に何度もキーをタップして入力する方法と画面上で指を素早く弾いたりして行う文字入力フリック入力する方法が使えます。

「フリックのみ」をオンにすれば、キーボード入力時はフリックでのみ文字入力が出来るようになります。フリック入力は慣れるまで時間がかかりますが、一度慣れるとフリック入力の方が圧倒的に快適で早いので是非覚えてみてください。

スペース半角の設定手順①スペース半角の設定手順②
iPhoneの設定アプリから【一般】→【キーボード】→へ進む
スペース半角の設定手順③
キーボードから【キーボード】→【スマート全角スペースオフ】

iOS13から追加された新機能「スマート全角スペース」により、全角入力なら全角スペース、半角入力なら半角スペースと勝手に選ばれるようになりました。「スマート全角スペース」をオフにすることで、全角入力時でも半角で入力が出来ます。

スマホでの文字入力はより快適な方がストレスを感じにくいので、一度文字入力についても見直しておきましょう。

6. もしもの時に役立つ「緊急SOS」を設定する方法

iPhone 11 Pro 設定「緊急SOS」
緊急SOSを設定する方法

緊急SOSは、急な事故や病気、怪我、身の危険を感じる場面など、もしも自分に何かあった時に役立つ便利機能です。いつ、どこで、なにが起こるか本当に分かりません。

iPhoneの緊急SOSを設定さえしておけば、ロック解除等の必要はなく、すぐに緊急電話をかけて助けを求めたり、緊急連絡先に知らせることができます。 iPhone 11 Proを手にしたら必ず設定しておきましょう。

緊急SOSの設定手順①緊急SOSの設定手順②
【設定】→【緊急SOS】→へ進む

「緊急SOS」で自動通報はオンにしておきましょう。また、緊急連絡先の設定も必ずしておくことをおすすめします。

緊急SOSの使い方は簡単で、「電源ボタン+音量ボタン上もしくは下」を長押し続けるだけです。

画面ロック時、パスコード等のセキュリティ設定をしていても解除は必要なく「緊急SOS」を使うことが出来ます。電話番号を入力してかける動作もせず、指定してある緊急連絡先に発信してくれるので緊急時に役立つ便利機能です。

7. Haptic Touch(触覚タッチ)を使う方法

iPhone 11 Pro 設定「Haptic Touch(触覚タッチ)」
Haptic Touch(触覚タッチ)を使う方法

iPhone 11 Proは従来の「3D Touch」が廃止されました。その代わりに「Haptic Touch(触覚タッチ)」という画面を長押しする機能が使えるようになっています。

「3D Touch」のようにホーム画面からアプリのショートカットを呼び出したり、LINEでは既読を付けずにトークを読めたりと対応したアプリで便利な機能を呼び出すことが可能です。

使い方は簡単で、「ホーム画面でアプリアイコン長押しする」もしくは、「アプリ上で特定の場所を長押しする」だけです。Haptic Touchの長押し時間の調節も行えます。

Haptic Touch(触覚タッチ)の設定手順①Haptic Touch(触覚タッチ)の設定手順②
【設定】→【アクセシビリティ】→【タッチ】の順に進む
Haptic Touch(触覚タッチ)の設定手順③Haptic Touch(触覚タッチ)の設定手順④
【タッチ】→【触覚タッチ】→【タッチ継続時間を選ぶ】の順に進む

Haptic Touchを使う際に、どのくらい長押しすればHaptic Touchが使えるのかを「速い」もしくは「遅い」から選択することが出来るので、より自分に合った方を選んでおきましょう。

8. 新機能「ダークモード」を使う方法

iPhone 11 Pro 設定「ダークモード」
新機能ダークモードを使う方法

iOS13の目玉機能でもある「ダークモード」。iPhoneは通常白基調(ライトモード)ですが、ダークモードは白から黒基調へ変更することが出来る機能です。

ダークモードの最大のメリットは、目への負担を減らせることです。特に暗い場所で利用する際に、白基調のライトモードでは目への負担も大きくより疲れやすくなります。白から黒基調のダークモードへ変えることは大幅に目への負担を減らせる効果があります。

その他に、iPhone 11 Proで採用されている有機ELディスプレイのバッテリーを長持ちさせる効果や画面の焼き付き対策としても効果があります。是非、積極的に取り入れてみてください。

ダークモードの設定手順①ダークモードの設定手順②
【設定】→【画面表示と明るさ】→【ダークをオンオフ】

iOS13では、白基調の「ライトモード」と黒基調の「ダークモード」を簡単に切り替えて使うことも可能です。

また、ライトモードとダークモードを自動で切り替える機能も搭載されています。日没後に自動でダークモードに切り替わる「日の入りから日の出まで」もしくは、自分で時間を指定出来る「カスタムスケジュール」から選ぶことが可能です。

9. 手前に傾けてスリープ解除する設定

iPhone 11 Pro 設定「スリープ解除」
手前に傾けてスリープ解除する設定

iPhone 11 Proの便利機能として「手前に傾けてスリープ解除する」という設定があります。iPhoneを手にして自分の方に傾けることで、真っ暗なスリープ状態からスリープ解除(画面点灯)が可能になります。また、そのまま顔認証もしてくれるのでよりストレスなく快適に使うことが出来ます。

スリープ解除設定手順①スリープ解除設定手順②
【設定】→【画面表示と明るさ】→【手前に傾けてスリープ解除をオン】

「手前に傾けてスリープ解除」の設定は簡単です。「手前に傾けてスリープ解除」をオンにしたあとは、すぐに機能を使うことが可能となります。手に持って自分に傾けるだけで画面が点灯してくれるのは、便利なので一度使ってみてください。

10. スクリーンショットをもっと便利に使う方法

iPhone 11 Pro 設定「スクリーンショット」
スクリーンショットをもっと便利に使う方法

iOS13を搭載するiPhone 11 Proでは、スクリーンショットの機能もさらに便利になっています。「スクリーンショット後すぐにシェアする方法」と「Safariで表示したページを上から下までフルページスクリーンショット撮影して保存する方法」をご紹介していきます。

スクリーンショットの撮り方は、「電源ボタン+音量ボタン(UP)」を同時に押せば撮影可能です。

スクショ便利設定手順①
【スクリーンショットを撮影する】→【撮影画像を長押しする】
スクショ便利設定手順②
シェア出来る項目が出てきます

スクリーンショット後すぐにシェアする方法は、スクリーンショットを撮影後に画面の左下に表示される画像を長押しするだけです。画面が切り替わり、すぐに画像をシェアすることが出来ます。

スクショ便利設定手順③
【Safariで表示】→【スクリーンショットを撮影する】→【撮影画像を開く】
スクショ便利設定手順④スクショ便利設定手順⑤
【撮影画像を開く】→【右上のフルページを選択】→【左上の完了】を押す

Safariで表示したページを上から下までフルページスクリーンショット撮影をして保存する方法は、Safariで表示したページをスクリーンショット後に画像を開いて右上にあるフルページを選択することで、ページすべてを一度に収めることが出来ます。

スクショ便利設定手順⑥
【PDFを”ファイル”に保存】を選択して保存先を選んで完了

ただし、フルページで表示したページを保存する場合は「PDFファイル」での保存となります。PDFファイルの保存先を選べば、表示されていたページが一つに収められています。例えば、長文で書かれた注意事項、契約書の規約やWEBの保証書等の画面をスクリーンショットする際に役立ちます。

11. iPhoneの緊急速報を設定する方法

iPhone 11 Pro 設定「緊急速報」
iPhoneの緊急速報を設定する方法

iPhone 11 Proで必ず抑えておきたいのは、「iPhoneの緊急速報」の設定です。iPhoneの緊急速報を使うことで、台風や豪雨での避難通知や地震が来る直前に通知をくれます。

通知情報は、日本の気象庁と日本政府からの配信を受信することが可能です。もしもの時に備えて必ず一度は見直してください。

緊急速報の設定手順①緊急速報の設定手順②
【設定】→【通知】→【緊急速報をオン】

緊急速報をオンにしておけば、気象庁と日本政府から台風や豪雨での避難通知や地震が来る直前に通知を受信することが可能となります。

是非、いつでも受信出来るよう「緊急速報をオン」にしておくことをおすすめします。

まとめ:自分好みにカスタマイズしよう

iPhone 11 Proを使いこなすためにも知っておきたい11つの設定・便利機能をご紹介しました。

Face ID(顔認証)によるセキュリティ対策やもしもの時のために緊急時用の設定は必ず見直しておきましょう。もしもの事態が行ってからではなく事前の対策をおすすめします。

iOS13の新機能を楽しみながら、iPhone 11 Proをより自分好みにカスタマイズして快適な環境で使っていきましょう。

iPhone 11 Proのレビュー・評価記事はこちら!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ガジェットレビューサイト「モバイルドットコム」を運営しています。スマホ大好き人間でいつもスマートフォンのことばかり考えています。口癖は、今月スマホ買ってない!どうぞ宜しくおねがいします。