iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Maxのストレージ容量はどれがおすすめ? 使い方に合った最適な容量を選ぼう!

書いた人: がねりん

カテゴリ: iPhone

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max 容量

iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Maxが新しく登場しました。従来よりもカメラ機能が向上しており、それ目当てで購入を検討している方も多いでしょう。

ただ、購入する上で悩みどころなのが「ストレージ容量」です。

iPhone 11・・・64GB、128GB、256GB
iPhone 11 / 11 Pro・・・64GB、256GB、512GB

それぞれ3種類から選択でき、それにより端末の価格も変わります。安さ重視ならストレージが少ないものが良いですが、用途によっては物足りなくなってしまうことも。

iPhoneを快適に利用するには、どのような目安で選べば良いでしょうか?この記事ではiPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Maxのストレージ容量選びについて詳しく解説していきます。

Apple
iPhone 11 Pro / 11 Pro Max

端末のご購入はこちら

目次:

iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Maxは3種類の容量がある

iPhone 11 Pro
iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Maxのストレージ容量

iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Maxのストレージ容量は、それぞれ3種類用意されています。今回は、Appleストアで販売されているiPhoneの価格と容量を見ていきましょう。

64GB 128GB 256GB 512GB
iPhone 11 74,800円 79,800円 90,800円
iPhone 11 Pro 106,800円 122,800円 144,800円
iPhone 11 Max 119,800円 135,800円 157,800円

※全て税別

iPhone 11は64GB、128GB、256GB。iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxは、64GB、256GB、512GBが用意されており、購入する際はどれかを選択する形となっています。

端末の価格もストレージ容量によって変わり、容量が多いほど価格も高くなります。

iPhoneの容量が選びが大切な理由

「CHECK」の文字
iPhoneの容量が選びが大切!

iPhoneは、AndroidのようにSDカードなど外部ストレージが使えません。ということは、後から増強もできないため、最初に選んだストレージ容量しか利用できないです。

写真や動画、アプリをたくさん保存していると、使い方によってはすぐストレージ容量がいっぱいになってしまうことも。すると、下記のように事態に陥ってしまいます。

ストレージ容量がいっぱいになった時に起こること

・OSをアップデートできない
・LINEから受信した画像が見れない
・画像や動画が保存できない
・アプリがダウンロードできなくなる

iPhoneのパフォーマンスの低下に大きく影響します。なので、用途に合っていないストレージ容量を選んでしまった場合、不便を強いられることになってしまいます。

また、iPhoneは、カメラ機能の向上に伴い、年々写真や動画サイズが大きくなっています。カメラを良く使う場合、今まで使っていた容量よりもストレージの埋まる速度が速くなっている可能性があります。

ストレージを圧迫しやすい状況だからこそ、どんな容量のものを選ぶかが大切になってくるのです。

ストレージ容量の使い方

ストレージ容量の使い方は大きく分けて2種類あります。

・大容量ストレージの端末を購入し、本体にデータを保存する方法
・小容量ストレージを選択してクラウドを利用する方法

大容量ストレージを使って本体にデータを保存する場合、データ管理に通信量がかからず、ややこしい操作も必要ないのが魅力です。ただし、その分端末の価格が高くなるのがデメリット。

そして、小容量ストレージを利用してデータはクラウド化させる使い方だと、データ管理に通信量もかかりますが、端末価格は安く抑えられます

ストレージ容量によって端末の使い方も大きく変わるので、慎重に検討しましょう。

ストレージ容量別保存できるデータ量を比較

iPhoneのストレージ比較
ストレージ容量別保存できるデータ量を比較

「ストレージ容量は何GBあります」と言われても、具体的にどれぐらい保存できるか想像するのは難しいですよね。

今回は64GB・128GB・256GB・512GBのストレージ容量でどれぐらい保存できるのか比較してみました。

64GB 128GB 256GB 512GB
写真 2.5MB
(1枚あたり)
約24,000枚 約51,200枚 約102,400枚 約204,800枚
動画 約500MB
(フルHD1分あたり)
約128分 約256分 約512分 約1024分
Apple Music 256kbps
(5分あたり)
約250,000曲 約500,000曲 約1,000,000曲 約2,000,000曲
Netflix 226MB
(ドラマ1本48分あたり)
約283分 約566分 約1,132分 約2,265分
アプリ 17MB
(Twitter)
約3,764個 約7,529個 約15,058個 約30,117個
ゲームアプリ 1.57GB
(PUBG)
約40個 約81個 約163個 約326個

おおまかな目安はこのようになっています。上記を参考に、日頃どれぐらい音楽や動画をダウンロードしているのか、どれだけ写真や動画を保存しているかなどを考慮して、ストレージ容量を決めましょう。

iPhoneのストレージ容量選びのポイント

「POINT」のイラスト
iPhoneのストレージ容量選びのポイントを紹介

次はiPhoneのストレージ容量選びのポイントを紹介します。

iPhoneのストレージ容量選びのポイント

・今使っているiPhoneの容量・使い方を基準にする
・iCloudの利用の有無や日ごろの整理整頓が鍵になる

ポイント① 今使っているiPhoneの容量・使い方を基準にする

iPhoneからiPhoneに乗り換えを検討している人は、現在使っているiPhoneの容量・使い方が基準になります。

例えば、256GBのiPhoneで200GBほど使っている場合、適切な容量になります。これが、50GBほどしか使っていないのであれば、小さい容量にして無駄を抑えることがベストです。

iPhoneのストレージ容量は、「設定」アプリ→「一般」→「iPhoneストレージ」の順番で確認できます。

Androidを使っている場合でも、ストレージ容量や使用状況を確認することでストレージ選びの目安になります。SDカードを使っている方は、その容量も考慮するのをお忘れなく。

ポイント② iCloudの利用の有無が鍵になる

iCloudの料金表
iCloudの利用はしてる?してない?

「今使っているiPhoneでは、ストレージ容量が足りない。もっとストレージ容量の大きいiPhoneがほしい!ただ端末代が痛い・・・。」

そんな金銭面が気になる方は、iCloudやDropboxのような、クラウドストレージで外部に保存するのもおすすめです。iPhoneだけでなくタブレットやPCなどでも、ファイルを共有できるメリットがあります。ただし、無料で保存可能な容量に制限値低いことが難点です。

常日頃からこまめにデータを整理をする方や、大きなデータのものはほとんど使わない方だと、クラウドストレージを利用し、iPhoneの端末代を安く済ませるという選択肢もありです。

反対に、整理が苦手・時間がない・外部ストレージを使いたくない方は、大容量のストレージのiPhoneを選んでおくと安心です。

【使い方別】iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Maxのこのストレージ容量がおすすめ!

iPhone11と11 pro/11 Pro Maxの容量比較
iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Maxのおすすめストレージ容量

最後に64GB・128GB・256GB・512GBのストレージ容量ごとで、どんな人におすすめなのか説明します。結局、何を選べばいいの?と悩んでいる方は、こちらを参考に検討してみてください。

64GBモデルはこんな使い方をする人にオススメ!

最もストレージ容量が少ないモデルなので、端末の価格が最も安いことがポイントです。

本体にデータを保存しない使い方がマッチしています。保存できる量が少ないので、写真や動画をたくさん撮影する、アプリやゲームを複数使いたい方には不向きとなっています。

逆に、メールやWeb閲覧、アプリは少数の決まったものを使うという方にぴったりです。また、データはほとんどクラウドサービスに保存してしまうという人も、大きな容量のものを本体に保存しないので64GBもあれば、問題なく利用できるでしょう。

■64GBモデルのデメリット

・本体に保存できる量が少ない

■64GBモデルはこんな使い方をする人におすすめ

・写真・動画・音楽などはほぼ使わない
・データはiCloudに保存している
・端末価格を安く抑えたい
・使用頻度が低い方に向いている

128GBモデルはこんな使い方をする人にオススメ!

128GBモデルはiPhone 11でのみ選択できます。

64GBモデルでは、もの足りないけど256GBほど大容量なものはいらない方におすすめです。写真や動画もそこそこ保存できて、アプリを複数いれても簡単にはいっぱいにならないでしょう。販売価格も64GBと256GBの間で、最もバランスのとれたモデルです。

「64GBで足りるか不安な方」は、こちらを選んでおけばまず困ることはないでしょう。

iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxが欲しい方は、256GBモデルから選択可能なので間違えないようにご注意ください。

■128GBモデルのデメリット

・iPhone 11でのみ選択可能
・定期的に整理は必要

■128GBモデルはこんな使い方をする人におすすめ

・端末価格も抑えつつ、容量がそこそこあるものがほしい
・64GBでは物足りない
・無料の範囲でクラウドストレージも使う
・256GBはいらない

256GBモデルはこんな使い方をする人にオススメ!

256GBモデルなら、重めのゲームアプリも、写真や動画も容量を気にせず利用できます。3機種で共通の容量で、容量と価格のバランスがよく、選択する人が多い傾向にあります。

端末代金はやや高くなりますが、SDカードに対応していないiPhoneを使う上で、非常に安心感のある容量になっています。

「どのくらい容量を使うか分からないけど、少なくはないかな」という人におすすめです。

■256GBのデメリット

・端末はやや高め

■256GBモデルはこんな使い方をする人におすすめ

・どのくらい容量を使うか分からない
・本体にもある程度保存して使いたい
・64GB、128GBでは少ない
・512GBまではいらない

512GBモデルはこんな使い方をする人にオススメ!

最後に512GBモデルは、iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxでのみ選択できるモデルです。256GBの約2倍の容量は、現在Appleストアで販売しているiPhoneで1番大きな容量になります。

十分すぎるほどの大きさで、大量のデータを保存が可能です。高画質の写真や長めの動画、容量の大きなゲームアプリなども容量を気にせずに利用できそうです。

大容量であるがゆえに、持て余す可能性もあります。端末の価格もその分高いので、選ぶ際は慎重に考えて決断してください。

「iPhoneをがっつり利用するヘビーユーザー」におすすめです。

■512GBモデルのデメリット

・iPhone 11では選択不可
・持て余す可能性もある
・端末の価格が高い

■512GBモデルはこんな使い方をする人におすすめ

・大量のデータを保存したい
・256GBでは物足りない
・長期間の利用を見越して、大容量のiPhoneがほしい
・高画質の写真や長めの動画をたくさん撮る
・本体に保存してオフラインで楽しみたい
・クラウドサービスは使わず、iPhoneだけで完結したい

まとめ

iPhoneはSDカードが使えないので、ストレージ容量分しか本体内に保存できません。なので、ストレージ容量は慎重に選ぶのが大切です。今回紹介した内容を踏まえて、用途に適したモデルを選択してください。

■iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Maxのストレージ容量まとめ

・ストレージ容量はそれぞれ3種類の中から選べる
・SDカードが使えないのでストレージ選びは重要
・今まで使ってきたiPhoneのストレージ容量を参考にする
・iCloudの利用有無が鍵になる
・用途によって慎重にストレージ容量を決める

Apple
iPhone 11 Pro / 11 Pro Max

端末のご購入はこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

がねりん

がねりん

体張るライター

プロフィール

2016年からライターとして独立。現在は格安SIM関係を始め、ガジェット体験などを毎月発信しています。

たまに自分のサイトで体を張ったネタ記事も作成。1ヵ月間キャットフードだけで生活したり、自転車で400km以上旅するなど、ユーザーに楽しんでもらえる記事も執筆しています。

モバレコでは、ガイド系、比較、まとめなどを担当。読者が理解しやすいコンテンツを心がけています。

得意カテゴリー

WiFi・スマホ・格安SIM・ガジェット

ブログ・SNS

がねりん★ファンタスティック!
http://yougaku24.net/
Twitter(@arcticmonckys)
https://twitter.com/arcticmonckys