iPhone 11シリーズのナイトモードはすごいの? 使い方と実際に撮った写真を評価 

書いた人: でこい

カテゴリ: iPhone

iPhone ナイトモード

2019年9月に発売されたiPhone 11シリーズには、夜景が綺麗に撮れる待望のナイトモードが搭載されました。A13 Bionicチップの高い処理性能を使って複数枚の画像からノイズの少ないキレイな写真を生成してくれます。

本記事では、iPhone 11シリーズで搭載されたナイトモードの使い方や実際の作例、iPhone XSシリーズとの暗所撮影の比較などを紹介します。

Apple
iPhone 11シリーズ

端末のご購入はこちら

目次:

iPhone 11シリーズのナイトモードの使い方と仕組み

iPhoneのナイトモードの例
iPhoneのナイトモード(引用:Apple公式

ナイトモードは、iPhone 11シリーズからの新機能。

シャッタースピードを遅くしたり、明るいレンズを使ったりなど光学的に写真を明るく撮っているわけではなく、一度の撮影で複数枚の写真を撮影してから処理をしています

画像の動きを補正、コントラストや色の調整、ノイズ除去などの処理をした後、最終的な画像が生成されます。

これには新搭載のA13 Bionicチップの高い処理性能が必要になるため、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxでしか使えない機能というわけです。

ナイトモードのアイコンの説明
ナイトモードのアイコンが表示される(横持ちなら左に表示される)

写真をナイトモードで撮影するかどうかはiPhoneが勝手に判断してくれます。ナイトモードで撮影できるときは、横持ちなら左、縦持ちなら上に付きのような黄色いボタンと「○秒」と撮影時間が表示されます。

この状態で撮影するとナイトモードでの撮影になります。露出時間は周囲の明るさからiPhoneが決めてくれるので、シャッターボタンを押すだけでOKです。

ナイトモードの使い方
ナイトモードの使い方
ナイトモードの使い方
撮影時間は変更可能

月のアイコンをタップするとスライダーが表示されて、それを移動させることでオフ~最長まで選ぶことができ、自分で露出時間を調整することもできます。ただし、最大秒数の指定はできず、周囲の明るさや三脚の有無に応じて時間が変わります

大体の場合、撮影時間には短くても1~3秒程度かかるので、なるべくiPhoneを動かさないように撮影する必要がありますが、その間ずっとシャッターを開いているわけではないので、少しぐらいであれば動いてしまっても大丈夫です。体感ですが、5秒くらいまでなら手持ちでも問題なく撮影できるかなという感じがします。

実際にナイトモードで撮影してみた

実際にナイトモードで撮影した写真の作例を通常のモードとの比較を交えながら紹介します。通常のモードとの比較の場合は左がナイトモード、右が通常の撮影モードです
タップ・クリックをすると大きな画像で表示できます。

iPhone 11のナイトモード写真iPhone 11の通常モード写真
牛のフィギュア(左がナイトモード、右が通常モード)

部屋の電気を消して、PCのディスプレイだけが点いている状態で牛のフィギュアを撮影してみました。通常モードでも存在が分かりますが、ナイトモードだとより明るく、ノイズも少なく写っているのが分かります。

ナイトモードで撮影した新宿通常モードで撮影した新宿
新宿駅からコクーンタワー方面(左がナイトモード、右が通常モード)

建物の明かりが結構あるので通常モードでもそれなりに写っているのが分かりますが、ナイトモードだと空やビルがよりはっきりと写っていますね。

ナイトモードで撮影したコクーンタワー通常モードで撮影したコクーンタワー
コクーンタワー(左がナイトモード、右が通常モード)

別の場所からコクーンタワーを。ナイトモードの方が雲がハッキリ写っているのが分かりますね。

ナイトモードで撮影した別角度のコクーンタワー通常モードで撮影した別角度のコクーンタワー
コクーンタワー(左がナイトモード、右が通常モード)

これも別の場所から。真ん中にある看板などの明る部分はそのままで、その他の暗い部分だけが持ち上がっています。

ナイトモードで撮影した新宿の交差点通常モードで撮影した新宿の交差点
新宿の交差点(左がナイトモード、右が通常モード)

これもそれなりに明るさがある場面です。こちらも暗い部分の明るさだけが変わっているのが分かります。とはいえ薄暗いレベルであれば通常の撮影モードでも十分撮れていると思います。

ナイトモードで撮影した夜の校舎通常モードで撮影した夜の校舎
夜の学校(左がナイトモード、右が通常モード)

光源は奥の方にある街灯と、筆者が立っていたところにある街灯くらいです。これはナイトモードが活躍する場面なのがハッキリ分かりますね。通常の撮影モードでは黒く潰れている校舎の壁なども、ナイトモードではしっかり写っています。

ナイトモードで撮影した夜の公園通常モードで撮影した夜の公園
公園(左がナイトモード、右が通常モード)

真ん中に強めの光源があるシーン。これも木の葉っぱなどの黒つぶれしてしまっている箇所もナイトモードではちゃんと写せています。

ナイトモードで撮影した別角度の公園通常モードで撮影した別角度の公園
別角度の公園(左がナイトモード、右が通常モード)

こちらも同様。通常の撮影モードの写真がかなりブレてしまっていて申し訳ないですが、画面右側の暗い部分がナイトモードでは金網が認識できるレベルまでになっていますね。

ナイトモードで撮影した子供
寝てる子ども

ナイトモードはシャッター音が通常の撮影モードよりも小さいので、こういった写真も撮れます。部屋の電気は消えていて、隣の部屋の常夜灯がついてるくらいの明るさですが、毛布の質感も残っていてスゴいと思います。

ナイトモードを上手く撮るコツと注意点

ナイトモードを上手く撮るコツ

iPhone 11シリーズではもともとの暗所性能が向上しているのか、多少明かりがある環境だとナイトモードと通常モードでほとんど写真に変化がないということもありますし、薄暗い程度の店内や光のある夜景くらいだとそもそもナイトモードになりません。

また、新しく搭載された超広角カメラではナイトモードが使えないので頭に入れておきましょう。

撮影するときも、その部分の白飛びを防ぐためにも構図の中になるべく強めの光源を入れないほうが全体的にキレイに写るんじゃないかと思います。

いい写真というのは人によって違うと思うので、実際にいろんなシーンで撮影することが大切ですね。

iPhone XSシリーズと暗所撮影を比較

XSシリーズとの比較

ナイトモードの使えないiPhone XS Maxと暗所撮影の比較をしてみました。iPhone 11 Proはナイトモードでの撮影です。左がiPhone 11 Pro、右がiPhone XS Maxの写真です
クリック・タップをすると大きな画像で表示できます。

iPhone 11で撮った牛のフィギュアXS Maxで撮った牛のフィギュア
iPhone 11のナイトモードはよく撮れています
iPhone 11で撮った牛のフィギュアXS Maxで撮った牛のフィギュア
室内の明かりを全て消した状態

部屋の明るさを変えて牛のフィギュアを撮影しました。1枚目と2枚目が隣の部屋の常夜灯とPCのディスプレイが点灯している状態、3枚目と4枚目が全ての明かりを消した状態です。

多少明かりがあれば、ナイトモードはノイズが少ない写真を撮れますし、真っ暗でも何があるかは判別できるくらいの写真が撮れました。

ナイトモードナイトモード
ナイトモードを使うとXS Maxで写せなかった雲まで写せている

ナイトモードを使うと、XS Maxだとほぼ真っ暗な空でもiPhone 11シリーズは雲が分かるレベルまで写すことができます。見比べると全然違いますね。

ナイトモードナイトモード
こちらの写真でもナイトモードのほうが明るく表現できてます

ほんのり明かりがある場面でも、XS Maxでは光のあまり届いていないところまでは流石に写せていませんが、iPhone 11シリーズのナイトモードはかなり頑張っていますね。

多少明かりがある場合はiPhone XS Maxも健闘していますが、明かりのほとんどない場面ではiPhone 11シリーズのナイトモードが圧勝です。そもそも撮影の仕組みが違うので仕方がないことですが、ナイトモードはかなり暗めな環境でこそ真価を発揮してくれます

まとめ

まとめ

iPhone 11シリーズになってやっと搭載されたナイトモード、実際に使ってみても暗所でキレイに撮影できると、ついつい撮りたくなってしまうほど魅力です。

手持ちでも結構キレイに撮影できるので、気軽に撮れるというのもポイントです。自動的にモードが切り替わるのであまり意識せずにササッと使えるのもメリットですね。

ある程度光量がある環境だとXS以前のiPhoneでも頑張れますが、ほぼ真っ暗という場合はかなりしんどいので、こういうときこそiPhone 11シリーズのナイトモードを使うべきですね。

みなさんもiPhone 11シリーズのナイトモード、ぜひ使ってみてください。

Apple
iPhone 11シリーズ

端末のご購入はこちら

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

でこい

でこい

お肉大好きモバブおじさん

プロフィール

1990年生まれ、青森出身Twitter在住のWebエンジニア。

高専卒業後、放射線業務従事者、Webライター、編集者の職を経て現在に至る。

2012年から運営しているブログ「でこにく」では、スマホやカメラ、モバイルバッテリーを中心としたガジェットのレビューや、美しい肉の写真などを発信中。

エンジニア、ブロガー以外にも、ライター、カメラマン、DJなど、活動は多岐に渡る。

得意カテゴリー

スマホ・カメラ・モバイルバッテリー

ブログ・SNS

でこにく
https://decoy284.net/
Twitter(@frozen_decoy)
https://twitter.com/frozen_decoy

メディア実績

【書籍】

  • はじめての今さら聞けないWi-Fiの使い方

特集コンテンツ

Y!mobile

d-card

Y!mobile

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン