ソフトバンクでのタブレットの料金プランや契約方法まとめ

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ソフトバンク

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク タブレット

ソフトバンクで契約している、もしくはこれから契約しようと考えている人は、同時にタブレットも購入するかどうか迷っている人もいるかもしれません。

そこでこの記事では、ソフトバンクでタブレットを契約し利用したいと考えている人に向けて、ソフトバンクでのタブレット料金プランから契約方法まで、「ソフトバンクのタブレット」について詳しく解説します。

新規契約、乗り換え、機種変更
の相談をしたい方はこちら

ソフトバンク公式サイトはこちら

目次:

ソフトバンクでのタブレット料金プラン

ソフトバンク タブレット イメージ①

ソフトバンクでは3つのタブレット料金プランを展開しています。

「ウルトラギガモンスター+forデータ」「ミニモンスターforデータ」はタブレット単体で利用する場合の料金プランです。

「データシェアプラン」はスマホとセットで利用する場合の料金プランです。

それぞれのプラン料金とは別途で基本プラン(データ)の月額980円(税抜)が発生します。月々の利用頻度に応じて、自分に適したプランを選びましょう。

ウルトラギガモンスター+ forデータ

データ利用量の上限が50GBの大容量データプランです。

ウルトラギガモンスター+では、「動画SNS放題」というサービスを利用できます。これは、対象の動画サービスやSNSを利用したときの通信量をノーカウントにすることで、動画やSNSを、データ消費量を気にすることなく楽しめるサービスです。

動画SNS放題 対象サービス
YouTube・AbemaTV・TVer・GYAO! ・kurashiru・Hulu・スタディサプリ/スタディサプリEnglish・LINE・Twitter・Instagram・Facebook・TikTok
「ウルトラギガモンスター+forデータ」の詳細
月額利用料 7,480円
(基本プラン:980円+データプラン50GB+:6,500円)
使用できるデータ量上限 50GB/月
速度制限 請求月末まで最大128Kbpsに低速化
利用できる割引サービス 1年おトク割(12ヶ月):1,000円割引/月
おうち割光セット(2年):1,000円割引/月
みんな家族割:最大2,000円割引/月

※表示はすべて税抜

速度制限となってしまった場合は、追加データを購入することで低速化の回避もできます。

なお、月のデータ使用量が50GB以下だった場合に、余った容量は翌月に繰り越すことはできません

ミニモンスター forデータ

データ容量を使った分に応じて4段階に分けて支払える定額プランです。使用状況にムラのある人はこの料金プランを選択することによって通信費の削減が図れるでしょう。

「ミニモンスターforデータ」の詳細
使用データ容量 ~1GB ~2GB ~5GB ~50GB
月額利用料
(基本プラン:980円を含む)
3,980円 5,980円 7,480円 8,480円
速度制限 請求月末まで最大128Kbpsに低速化 ※50GB超過時
利用できる割引サービス 1年おトク割(12ヶ月):1,000円割引/月
おうち割光セット(2年):1,000円割引/月

※表示はすべて税抜

データシェアプラン

スマホなどで契約しているデータプランを親回線として、そのデータ容量を最大5つの子回線とシェアできるプランです。

親回線 iPhone・スマートフォン・ケータイ
子回線 iPad・タブレット・モバイルデータ通信・モバイルシアター
「データシェアプラン」の詳細
月額利用料 980円(基本プラン)
使用できるデータ量上限 親回線の契約プランによって異なる
速度制限 請求月末まで最大128Kbpsに低速化
利用できる割引サービス 1年おトク割(12ヶ月):1,000円割引/月

※表示はすべて税抜
※親回線の月額利用料金が別途必要

メイン機としてスマホを活用し、サブ機としてタブレットを利用したいというユーザーにはおすすめのプランです。

ソフトバンクの「データシェア」の詳細はこちら

ソフトバンクのタブレットで利用できるキャンペーン

ソフトバンク タブレット イメージ②

キャンペーンを利用するとソフトバンクのタブレットをよりお得に利用できます。それでは、具体的なキャンペーンの内容についてみてみましょう。

下取りプログラム(タブレット)

手持ちのiPadやタブレットがある場合、下取りに出すことで、下取り機種とその状態に応じてPayPayボーナスを還元するサービスです。

下取り料金の最高額は12.9インチiPad Pro(第2世代)の21,600円相当PayPayボーナスです。

【下取り対象機種】

ソフトバンク
12.9インチiPad Pro(第2世代)・10.5インチiPad Pro・iPad(第6世代)・iPad(第5世代)・9.7インチiPad Pro・12.9インチiPad Pro(第1世代)・iPad mini4・iPad Air2 ・iPad mini3・iPad Air ・iPad mini2・iPad Retinaディスプレイモデル・iPad mini・iPad(第3世代)・iPad2・iPad・ThinkPad 10 for SoftBank
ドコモ
12.9インチiPad Pro(第2世代)・10.5インチiPad Pro・iPad(第6世代)・iPad(第5世代)・9.7インチiPad Pro・12.9インチiPad Pro(第1世代)・iPad mini4・iPad Air2 ・iPad mini3・iPad Air ・iPad mini2
au
12.9インチiPad Pro(第2世代)・10.5インチiPad Pro・iPad(第6世代)・iPad(第5世代)・9.7インチiPad Pro・12.9インチiPad Pro(第1世代)・iPad mini4・iPad Air2 ・iPad mini3・iPad Air ・iPad mini2・iPad Retinaディスプレイモデル・iPad mini

下取りには査定基準があり、破損品と査定されると正規品よりも低価格での下取りとなります。

下取りプログラムの流れ(店頭の場合)

1.下取りに出す機種のデータバックアップ、初期化、各種ロック解除を行う
2.店頭にて査定後、下取り可能な場合は本人確認後、必要書類を記入し回収される
3.翌請求月から割引開始

下取りプログラムの流れ(郵送の場合)

1.店頭にて下取りの申込を行い、添え状及び送付キットを受け取る
2.下取りに出す機種のデータバックアップ、初期化、各種ロック解除を行う
3.添え状記入後、送付キットに対象端末と添え状を梱包し郵送
4.翌請求月から割引開始(下取り不可の場合は返却される)

トクするサポート

対象のiPadやタブレットを購入する際に48回の分割払いを選択することで、25ヶ月目以降にソフトバンクでの回収・買い替えでその後の支払いが不要となるサービスです。

たとえば、iPad(第7世代)128GBを購入する場合、機種代金65,760円を1,370円×48回で支払います。トクするサポートを利用すると1,370円×24回=32,880円を支払い後、ソフトバンクで買い替えることで残りの32,880円は支払いが不要となります。

このキャンペーンを利用するにはプログラム利用料390円/月(非課税)が発生するので、390円×24回=9,360円が別途必要となります。

したがって、本来65,760円であるiPad(第7世代)128GBを、実質32,880円+9,360円=42,240円(税別)で購入することができるのです。

おうち割 光セット

自宅の光回線がソフトバンク光だった場合、スマホやタブレットとセットで契約することで月額利用料が毎月1,000円割引されるサービスです。

割引期間は永年で、家族全員が対象となり、最大10回線まで適用可能ですが、データシェアプラスや家族シェアなどのプランは適用外となっていますので、ご注意ください。

例えば、家族5人でソフトバンクスマホを2台、3Gケータイを2台、タブレットを1台利用していた場合、月々合計4,000円が月額利用料から割り引きされます。つまり、2年間で96,000円もの割引額となるのです。

おうち割光セットは、ソフトバンク光の契約完了後、最寄りのソフトバンクショップにて申し込むことができます。

おうち割

自宅のインターネットや電気と通信端末をセットで契約することにより、通信料金が割引されるサービスです。スマホとのセットだけでなくタブレットともセットにできます。

固定回線・スマホ・ケータイ・タブレットが最大10回線まで適用されます。1回線につき1,000円/月割引が2年間続くので総割引額は大きくなるでしょう。

なお、特典内容は住んでいる地域の対象電気プランによって異なります。ソフトバンクの公式サイトにてエリア検索が可能なので、自分の住んでいるエリアの電力会社でチェックしてみてください。

ソフトバンクで取り扱われているタブレット機種

ここからはソフトバンクで取り扱われているタブレット端末の詳細を解説していきます。それぞれの機種の特徴を知り、自分に合った1台を探しましょう。

Lenovo TAB5

Lenovo TAB5

10インチのワイドスクリーンにより家族全員が見やすく扱いやすいモデルです。バッテリーも大容量なのでフル充電で長時間の使用が可能となっています。

顔認証機能搭載なので、登録者だけが安心してログインできます。キッズモードを使うとログインの時点でモードが切り替わりサイトのアクセス制限なども簡単に行えます。

Lenovo TAB5のスペック表(公式サイト
サイズ 約242×167×8.1mm
ディスプレイ 約10インチ
重さ 約494g
連続待受時間(静止時) 4G LTE(FDD-LTE):約820時間
4G(AXGP):約696時間
3G(W-CDMA):約820時間
充電時間 約240分(micro USB Quick Charge2.0対応ACアダプタ)
約480分(micro USB1.0A ACアダプタ)
最大速度(下り/上り) 112.5Mbps/37.5Mbps
有効画素数 約800万画素
規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac
周波数 5GHz/2.4GHz
接続台数 最大8台

MediaPad M3 Lite s

MediaPad M3 Lite s

薄型でコンパクトなボディなので片手でも操作しやすいモデルです。高精細な映像を楽しめるディスプレイには、ブルーライトカット機能も搭載されているので目に優しいのも嬉しいポイントです。

アメリカの「ハーマン社」による音響チューニングとパワーアンプ&デュアルスピーカーで極上の音楽が楽しめます。Microsoft® Office for Android tablet搭載でパソコンとのデータ共有や編集も可能です。プライベートはもちろん、仕事用にもおすすめできる1台となっています。

MediaPad M3 Lite sのスペック表(公式サイト
サイズ 約123.4×213.4×7.7mm
ディスプレイ 約8インチ
重さ 約325g
連続待受時間(静止時) 4G LTE(FDD-LTE):約534時間
4G(AXGP):約436時間
3G(W-CDMA):約546時間
充電時間 約144分(micro USB Quick Charge2.0対応ACアダプタ)
約254分(micro USB1.0A ACアダプタ)
最大速度(下り/上り) 112.5Mbps/37.5Mbps
有効画素数 約800万画素
規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac
周波数 5GHz/2.4GHz
接続台数 最大8台

ソフトバンクでタブレットをお得に利用する方法とは?

ソフトバンク タブレット イメージ③

タブレットをできるだけコストを抑えて利用したいという人には、次のような方法がおすすめです。

タブレットもスマホ同様、とても便利なツールなので使用し始めると長期に渡って契約することになるでしょう。毎月100円でも安くすることができれば、2~3年で考えると大きな節約につながりますよ。

スマホと同時に利用する

スマホと同時に利用するのであれば、「データシェアプラン」での契約がおすすめです。データ容量をスマホの契約とシェアできるので、タブレット自体の利用料金を抑えることが可能です。

タブレット単体でデータプランを契約すると、スマホとは別に、タブレットの通信料金が発生します。親回線を50GBのプランで契約すると、スマホでもタブレットでも不自由なく通信を楽しめるでしょう。

適用できるキャンペーンは利用する

ソフトバンクには、月額利用料を割引するキャンペーンがいくつもあります。

下取りプログラムでは、不要なタブレットを下取りに出してその代金分を24ヶ月にわたって割引してもらうことができます。おうち割やみんな家族割などのように、適用できるものはすべて利用して、できるだけ月額利用料を安く抑えてみましょう。

オプションや付属品はつけない

タブレット購入の際に、「あんしん保証パック」などオプションを進められることがあります。端末が故障した際などに無料で修理・交換してもらえるサービスですが、不要であればつけない方がコストは下がります。

また、ケースやディスプレイ保護フィルムなどの付属品もショップで購入すると高額なこともあるので、不要な場合は購入を控えましょう。

ソフトバンクでタブレットを購入する流れ

ソフトバンク タブレット イメージ④

ここからは実際にソフトバンクでタブレットを購入する方法を解説します。

ソフトバンクでタブレットを購入するには「ソフトバンクショップ」「オンラインショップ」のどちらかで購入することになります。

それぞれのショップでの「新規契約・のりかえ」と「機種変更」の流れ、契約時に必要なものをご説明します。

ソフトバンクショップでの新規契約・のりかえの流れ

ソフトバンクショップへ来店し、その場で端末を選択・購入できます。ただし、機種によって在庫のないものもあるので入荷待ちが発生する可能性があります。

事前に用意しておくもの
・クレジットカードもしくは特定の金融機関口座がわかるもの
・本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・保険証など)
・MNP予約番号 ※他社からののりかえの場合のみ
・申込印(本人のサインでも可)

<申し込みの流れ>

1.最寄りのソフトバンクショップへ来店
2.購入希望の端末を選択・在庫確認
3.窓口にて申込手続き
4.審査・手続き完了後、端末の初期設定を行い利用開始

ソフトバンクショップでの機種変更の流れ

機種変更は更新月以外でも可能ですが、事務手数料3,000円が発生します。この事務手数料は利用料金と合算して請求されます。

事前に用意しておくもの
・本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・保険証など)
・利用中の端末+USIMカード
・申込印(本人のサインでも可)

<申し込みの流れ>

1.最寄りのソフトバンクショップへ来店
2.購入希望の端末を選択・在庫確認
3.窓口にて申込手続き
4.審査・手続き完了後、端末の初期設定を行い利用開始

オンラインショップでの新規契約・のりかえの流れ

オンラインショップで手続きを進める場合、端末の受け取りを「自宅へ配送してもらう」方法と「店頭へ受け取りに行く」方法の2パターンがあります。オンラインショップの利用は24時間いつでも可能です。

事前に用意しておくもの
・クレジットカードもしくは特定の金融機関口座
・本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・保険証など)
・MNP予約番号 ※他社からののりかえの場合のみ

<自宅へ配送してもらう場合>

1.オンラインショップにて端末機種の選択と受取方法を指定
(「ご自宅等へお届け」を選択)
2.サイトの案内に沿って申込内容を入力・確認
(支払い方法をクレジットカードにした場合、本人確認書類を「画像アップロード」で提出すると利用開始までの時間短縮につながります。)
3.審査
4.審査完了後、端末が配送される(送料無料)
5.商品到着後、梱包内容を確認し初期設定を行う
6.利用開始

<店頭へ受け取りに行く場合>

1.オンラインショップにて端末機種の選択と受取方法を指定
(「店頭でのお受け取り」を選択)
2.サイトの案内に沿って申込内容を入力・確認
(受け取りを希望する店舗を選択)
3.在庫確認の連絡が入ったら来店
(店頭で申込手続きを行い、完了すると端末を受け取れます)
4.利用開始

オンラインショップでの機種変更の流れ

機種変更をオンラインショップで行う場合、端末の受け取りを「自宅へ配送してもらう」方法と「店頭へ受け取りに行く」方法の2パターンがあります。

事前に用意しておくもの
・My SoftBankアカウントまたは携帯電話番号+暗証番号

<自宅へ配送してもらう場合>

1.オンラインショップにて端末機種の選択と受取方法を指定
(「ご自宅等へお届け」を選択)
2.サイトの案内に沿って申込内容を入力・確認
3.審査(審査完了後、端末が配送される:送料無料)
4.商品到着後、梱包内容を確認し初期設定を行う
5.利用開始

<店頭へ受け取りに行く場合>

1.オンラインショップにて端末機種の選択と受取方法を指定
(「店頭でのお受け取り」を選択)
2.サイトの案内に沿って申込内容を入力・確認
(受け取りを希望する店舗を選択します)
3.在庫確認の連絡が入ったら来店
(店頭で申込手続きを行い、完了すると端末を受け取れます)
4.利用開始

まとめ

ソフトバンク タブレット イメージ⑤

ソフトバンクでタブレットを契約するならスマホと同時に利用できる「データシェアプラン」がオススメです。適用可能な月額利用料割引キャンペーンをフルに活用することで安くタブレットを利用することができるでしょう。

契約の際は、ソフトバンクショップに直接足を運ぶと端末を自分の目で確認できたり、専門スタッフと直接話すことで疑問や不安を解消できたりします。

オンラインショップを利用すると、24時間好きな時間に手続きすることができるので忙しい人でも無理なく契約できますよ。

自分に合った方法で、自分に適した端末を選択し、自分に適したプランで契約することで楽しく快適にインターネットを楽しみましょう。

新規契約、乗り換え、機種変更
の相談をしたい方はこちら

ソフトバンク公式サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp