ソフトバンクへの乗り換え方法は?お得にするためのポイントを解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ソフトバンク

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク 乗り換え

他の携帯電話キャリアからソフトバンクへ乗り換えをする場合、どのような方法をとれば一番お得に乗り換えができるのでしょうか?

先に結論から申し上げると、「端末代金完済後の契約更新月に、ソフトバンク公式または代理店のキャンペーンをフル活用して乗り換える」ことがコツです。

今回の記事では、上記の内容のほか、乗り換えの手順やポイントなどについても、わかりやすく解説をしていきます。

新規契約、乗り換え、機種変更
の相談をしたい方はこちら

ソフトバンク公式サイトはこちら

目次:

ソフトバンクへ乗り換える方法

ソフトバンク 乗り換え イメージ①

ソフトバンクへの乗り換え手続きができる場所は、ソフトバンクの「公式ショップ」「代理店」のどちらかです。

実店舗として街中や家電量販店などで営業しているソフトバンクショップも、このうちのどちらかに属しています。

公式ショップで乗り換える

ソフトバンク本体が直営している店舗は「公式ショップ」です。実店舗だけではなく、インターネット上のソフトバンクオンラインショップも公式ショップの扱いです。

公式ショップだからといって、契約できる端末やプラン、月額料金に優遇があるわけではなく、ソフトバンクのサービスとしては代理店で契約するものと内容は変わりません。

ちなみに、オンラインショップを除く実店舗の公式ショップは全国に9店舗しかありません。普段我々が街中で見かけるソフトバンクショップのほぼすべては、代理店ということになります。

代理店で乗り換える

ソフトバンクから業務委託を受けた事業者が、ソフトバンクに代わって回線・端末の販売をしているものが代理店です。

実店舗のショップだけではなく、インターネット上のみで展開しているオンラインショップの業態の代理店も存在し、その契約特典の豪華さからキャンペーンサイトと呼ばれることもあります。

前述のように、代理店では独自で契約特典を設けている場合があります。公式ショップでは受けられないお得なキャンペーンを適用できる場合もあるので、一度チェックしてみても良いでしょう。

ソフトバンクへの乗り換えで準備するもの

ソフトバンク 乗り換え 準備するもの チェックリストイメージ

他社携帯電話キャリアからソフトバンクへ乗り換えをする際に、準備が必要なものは以下のとおりです。

・本人確認書類
・クレジットカードまたはキャッシュカード

また、現在使っている電話番号をソフトバンクに引き継ぎしたい場合、追加で必要なものがあります。

・MNP予約番号
・前の携帯電話会社の請求書

MNP予約番号とは、電話番号の引き継ぎ(ナンバーポータビリティ)に必要な10桁の番号のことで、乗換元になる現在利用中の携帯電話キャリアの窓口から受け取ることができます。

この番号は、取得から15日間が有効期限となっています。再取得も可能ですが、期間内に乗り換え手続きを行いましょう。

ソフトバンクへの乗り換えの手順

ソフトバンク 乗り換え イメージ②

ここでは、MNPが必要な場合の乗り換え手順について説明していきます。

1. 現在契約中のキャリア窓口に連絡をし、MNP予約番号を受け取る

まずは現在契約しているキャリアの電話窓口や、ネット窓口からMNP予約番号を取得します。

【NTT docomo】

電話 docomoケータイから 151 9:00~20:00
一般電話から 0120-800-000
ネット My docomoから My docomo 24時間

【au】

電話 auケータイ・一般電話共通 0077-75470 9:00~20:00
ネット My auから My au 9:00〜21:30

【Y!mobile】

電話 Y!mobileケータイから 116 9:00~20:00
一般電話から 0120-921-156
ネット My Y!mobileから My Y!mobile 9:00〜21:30

【UQ mobile】

電話 UQお客様センター 0120-929-818 9:00~21:00

2.申し込み

MNP予約番号と本人確認書類を持って、ソフトバンクショップで申し込みを行います。ソフトバンクオンラインショップから申し込む場合は、画面指示に従ってMNPを選択しMNP予約番号を入力して進めます。

3.既存契約の解約

ソフトバンクでのMNP完了を確認した後、既存の契約を解約します。

ソフトバンクで乗り換えるメリット

ソフトバンク 乗り換え イメージ③

ソフトバンクへの乗り換えでは、他社にはないメリットを受けることができます。乗り換えにかかる手数料が他社よりも安かったり、利用年数を引き継げることによって、長期利用者優遇を受けられたりします。

携帯番号を変えなければ転入手数料がかからない

通常、電話番号を引き継いでの乗り換えをする場合、新規契約事務手数料とは別で「転入手数料」というものがかかります。

どちらも3,000円ほどかかるため、ナンバーポータビリティには初期費用がおよそ6,000円かかるのが一般的です。しかしソフトバンクの場合、この転入手数料が標準で無料となっているため、割安で乗り換えることができます。

利用年数を引き継げる

ソフトバンクへの乗り換えでは、乗り換え元キャリアでの契約利用年数を、ソフトバンク契約に引き継ぐことが可能です。そのため、前キャリアの継続年数によっては、以下のソフトバンクの長期継続者向け特典を乗り換え後すぐに受けられることがあります。

利用端末がPayPay対応機種の場合

・2年に1度、または契約更新ごとにもらえるPayPayボーナス初回3,000円相当(2回目以降は1,000円相当)
・契約年数や利用金額に応じて毎月もらえるPayPayボーナス(最大5%)

利用端末がPayPay非対応機種の場合

・2年に1度、または契約更新ごとにもらえる通信料割引1,000円相当
・毎月もらえる通信料割引(最大5%)

利用年数の引き継ぎのためには、乗り換え手続き時に旧契約キャリア契約時の書類や請求書など、利用期間がわかる書類を提出する必要があります。

キャンペーンを利用する方法は?

ソフトバンク 乗り換え イメージ④

ソフトバンクの申し込み代理店では、乗り換えのみを対象とする専門の代理店も存在します。

そのような代理店を中心に、代理店主導のオリジナルキャンペーンを行っていることがあります。金額や条件がそれぞれ違うため、申し込み前によく比較をしておきましょう。

また、ソフトバンクの公式ショップでもキャッシュバックキャンペーンを行っていることがあります。

乗り換え時に利用できるお得なキャンペーン

ソフトバンク 乗り換え イメージ⑤

ソフトバンクの公式が行なっている、乗り換え時に利用可能なキャンペーンを紹介していきます。条件等を確認して、利用できるキャンペーンはすべて活用しましょう。

下取りプログラム(のりかえ)

現在利用中のスマホ端末をソフトバンクに下取りに出すことで、最大40,800円相当のPayPayボーナスを受け取ることができます。PayPayボーナスは月額料金に充当することも可能です。

下取りの対象機種・PayPayボーナス付与額(iPhone)

下取り対象機種 ボーナス付与額
正常品 破損品
iPhone XS Max 40,800円相当 12,240円相当
iPhone XS 34,800円相当 10,440円相当
iPhone XR 28,800円相当 8,640円相当
iPhone X 24,000円相当 7,200円相当
iPhone 8 Plus 19,200円相当 5,760円相当
iPhone 8 14,400円相当 4,320円相当
iPhone 7 Plus 14,400円相当 4,320円相当
iPhone 7 9,600円相当 2,880円相当
iPhone 6s Plus 7,200円相当 2,160円相当
iPhone 6s 4,800円相当 1,440円相当
iPhone 6 Plus 4,800円相当 1,440円相当
iPhone 6 3,600円相当 1,080円相当
iPhone SE 3,600円相当 1,080円相当
iPhone 5s 2,400円相当 720円相当
iPhone 5c 1,200円相当 360円相当
iPhone 5 1,200円相当 360円相当

下取りの対象機種・買取金額(Android)

下取り対象機種 買取金額
正常品 破損品
Aグループ※1 19,200円相当 5,760円相当
Bグループ※2 9,600円相当 2,880円相当
Cグループ※3 4,800円相当 1,440円相当
上記以外のスマートフォン※4 2,400円相当 720円相当
ケータイ 1,200円相当 360円相当

※1:Google Pixel 3、Google Pixel 3 XL、Xperia XZ2、AQUOS R2、AQUOS R compact

※2:Xperia™ XZ1、HTC U11、HUAWEI Mate10 Pro

※3:Xperia™ XZs、Xperia™ XZ、Xperia™ X Performance、Xperia™ Z5、AQUOS R、AQUOS ea、Galaxy S6 edge、HUAWEI nova lite 2

※4:Xperia™ Z4、Xperia™ Z3、Android One S3、Nexus 6P、AQUOS Xx3 mini、AQUOS Xx3、AQUOS Xx2 mini、AQUOS Xx2、AQUOS CRYSTAL 2、AQUOS Xx、AQUOS CRYSTAL X、AQUOS CRYSTAL、AQUOS Xx 304SH、AQUOS PHONE Xx mini 303SH、AQUOS PHONE Xx 206SH、AQUOS PHONE Xx 302SH、STAR WARS mobile、ARROWS A 301F、DIGNO® J、DIGNO® G、DIGNO® F、DIGNO® U、シンプルスマホ4、シンプルスマホ3、シンプルスマホ2、HTC Desire X06HT、HTC Desire X06HT II、HTC Desire HD 001HT、DELL Streak 001DL、DELL Streak Pro 101DL

最も下取り金額が高いのはiPhone XSです。iPhoneシリーズは全体的に下取り金額が高価に設定されていますが、Android端末は据え置きの価格になっています。

また、画面割れやキズ・へこみなどの破損品については、下取り金額が1/3程度まで下がってしまうので注意しましょう。

1年おトク割

1年おトク割では、毎月1,000円が12ヵ月間、利用料金から割引されます。

契約プランを「データ定額50GBプラス」「定額ミニモンスター」「データ定額スマホデビュー」のいずれかで契約された方に適用されます。

スマホデビュープラン

現在ガラケーを利用中の方がスマホに乗り換えた場合、通話プランと1GBのデータプランの基本料金を12ヶ月間980円で使用できます。

これは、他社キャリアからの乗り換えも対象です。2年目以降の基本料金は1,980円になります。

のりかえPayPayキャンペーン

のりかえPayPayキャンペーン

対象機種にオンラインショップから、もしくは電話で他社からのりかえをすれば、今なら最大2万円相当のPayPayボーナスをゲットできるキャンペーンです。

対象機種とPayPayボーナス額は以下の表の通りです。

対象機種 PayPayボーナス特典
iPhone 11 Pro 20,000円相当
iPhone 11 Pro Max 20,000円相当
iPhone 11 20,000円相当
iPhone 8(64GB) 20,000円相当
iPhone 7(32GB) 20,000円相当
Google Pixel 3a 20,000円相当
Google Pixel 3a XL 20,000円相当
Google Pixel 4 20,000円相当
Google Pixel 4 XL 20,000円相当
LG G8X ThinQ 20,000円相当
Xperia 5 20,000円相当
Xperia 1 20,000円相当
AQUOS R2 compact 20,000円相当
AQUOS zero 20,000円相当
AQUOS R3 20,000円相当
AQUOS sense3 plus 20,000円相当
Android One S5 10,000円相当
arrows U 10,000円相当
LG K50 10,000円相当

また、適用条件は以下の通りです。

・対象機種にオンラインまたは電話で他社からのりかえること
・機種の自宅受け取りを選択すること
・データプラン50GB+を契約すること
・トクするサポートへ加入すること

PayPayヘビーユーザーにとっては、最大2万円の恩恵はかなり大きいでしょう。また、ソフトバンクユーザーはPayPay残高を携帯料金支払いにも使うことができるため、他社からソフトバンクへのりかえを検討中の方はぜひこのお得なキャンペーン・キャッシュバックを利用しましょう。

ソフトバンクへの乗り換えのベストなタイミング

ソフトバンク 乗り換え イメージ⑥

ソフトバンクへの乗り換えをするにあたり、現契約の解除に伴う費用がどれくらいになるか確認をしましょう。

契約の更新月、かつ端末代金の支払いが終了した時点が、乗り換えにベストなタイミングです。

契約の更新月になったとき

契約キャリア契約プランによって、契約解除時の違約金が発生することがあります(ソフトバンクの場合は9,500円)。しかし、契約解除をするタイミングが契約更新月であれば、この違約金がかかることはありません。

現在契約中のプランを今一度確認し、契約解除を待てるのであれば更新月まで待った方がいいでしょう。

端末代金の支払いが終わったとき

端末代金を分割で購入支払いをしている場合、すべてを支払い終えていないタイミングで解約をすると、毎月の端末代金の支払い義務だけは残ってしまいます。

その状態でソフトバンクに乗り換えをすると、ソフトバンクに支払う毎月の料金と前契約キャリアの端末料金を並行して支払わなくてはならないため、毎月の負担額が大きくなります。

端末料金を支払い終えたタイミングでの乗り換えがおすすめです。

まとめ

ソフトバンク 乗り換え イメージ⑦

ソフトバンクへの乗り換えについてのさまざまな情報を解説しました。ソフトバンクは乗り換え時の転入手数料が必要ないため、大手キャリアの中でも乗り換えやすいといえます。

また、代理店特有のキャッシュバックや公式のキャンペーンを活用することより、お得に乗り換えができるため、条件などを詳しく確認しておきましょう。

乗り換え元キャリアの解約に伴う違約金や、端末料金の残債清算が必要になることもあります。とくに違約金は更新月に解約することによって回避できるため、タイミングを見計らって乗り換えるのがおすすめです。

新規契約、乗り換え、機種変更
の相談をしたい方はこちら

ソフトバンク公式サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp