Pixel 4を徹底レビュー!シンプルなのに最も”賢い”スマホ

書いた人: ちえほん

カテゴリ: Pixel

Pixel 4 レビュー

2019年10月24日より発売が開始されたGoogle最新スマートフォン「Pixel 4」。

5.7インチでコンパクトなボディに、パワフルな最新CPUや天の川の撮影が出来るメインカメラを搭載するなど、新しい技術が詰め込まれています。

国内では公式オンラインストアおよびSoftbankから購入することが可能です。

筆者が購入した理由は至ってシンプルで、使ってみないと分からないと感じたからです。旧モデルのPixel 3は前評判よりも発売後、利用したユーザーからの評判・口コミが話題になりました。

特にカメラは利用しないと分からない部分も多く、ソフトウェアを提供しているGoogleらしさがあふれる新技術を駆使しているので、スペック性能だけでは計れないと感じました。

その他に、超高速の顔認証、スマホに手をかざすだけで操作ができる「Motion Sense」(2020年春頃提供予定)も購入の後押しになりました。

今回は、そんなPixel 4を「ディスプレイ」「デザイン」「バッテリー」「スペック」「カメラ」「価格」などの様々な視点からレビュー・評価していきます。

Google
Pixel 4

端末のご購入はこちら

目次:

Pixel 4の「デザイン」をレビュー

Pixel 4の5.7インチディスプレイ
5.7インチディスプレイ
Pixel 4の背面デザイン
Pixel 4の背面デザイン

※今回は「Oh So Orange」カラーを採用

背面は、メインカメラと下部にGoogleロゴがあります。旧モデルPixel 3の背面の質感とは異なりオレンジとホワイトのみ磨りガラスのようなマット仕上げを採用しています。

いつまでも触っていたくなるような心地良い質感が最高です。

Pixel 4のカメラ部分
カメラはデュアルカメラ

Pixel 3からの大きな変更点は、シングルカメラからデュアルカメラになったことです。カメラ部分がスクエア状になったことで、以前よりも目立つ存在になりました。フラッシュやセンサーも集約されて配置されています。

Pixel 4の本体右側面
右側面に電源ボタン・音量ボタン
Pixel 4 SIMカードスロット
左側面にSIMスロット
Pixel 4の本体側面下部
下部側面にスピーカー・Type-Cポート
Pixel 4の本体側面上部
上部側面にマイク

側面の質感も旧モデルPixel 3とは異なり、高級感があるマットな仕上がりになっています。

iPhone 11 ProとPixel 4のサイズ比較
iPhone 11 Proとサイズを比較
Pixel 4のほうが僅かに小さい
Pixel 4 手持ち(ディスプレイ面)Pixel 4 手持ち(裏面)
片手でも持ちやすいサイズ感

Pixel 3よりもPixel 4のほうがわずかに大きくなりましたが、それでも持ちやすく操作がしやすいコンパクトさは健在です。女性でも片手で持てるサイズ感は魅力的でしょう。

また、Pixel 4は旧モデルより約14g重くなったことで”衝撃的な軽さ”とは言えませんが、十分日常的に使う上でストレスを感じない範囲だと感じました。

Pixel 4の「ディスプレイ」をレビュー

Pixel 4 ディスプレイ
Pixel 4のディスプレイ

Pixel 4は、5.7インチ有機ELディスプレイを搭載した美しいディスプレイです。また、日中や逆光時のどちらも画面の見づらさを感じませんでした。

Pixel 3よりも下部ベゼルが大幅に狭くなり、より見やすく、操作しやすくなったのは嬉しいポイントです。

目玉機能の1つが「スムースディスプレイ」です。通常のスマホは、リフレッシュレート60Hz(1秒間に60回画面更新)に対応していますが、Pixel 4はリフレッシュレート90Hz(1秒間に90回画面更新)に対応しているので、よりスムーズで快適なスクロール操作などを行えます。

ゲームなどアプリ側で高リフレッシュレートに対応していれば利用時、より快適にかつ有利なゲームを進めることも出来るでしょう。

ただし、スムーズディスプレイはバッテリー消費に影響を与える可能性があることから、90Hz駆動は常時ではなく一定の条件(画面の輝度等)を満たした上で切り替わり、いつ90Hz駆動で動いているのかはあいまいです。

それでも、実際に使っていると体感で分かるぐらい、Pixel 3以上になめらかに動いてくれています。Pixel 4からは、使っている人にしか分からない“快適な使い心地”へのこだわりを感じます。

Pixel 4の「スペック」をレビュー

Pixel 4 スペック
Pixel 4のスペック・性能
Pixel 4のスペック・性能(参照:製品ページ
機種名 Pixel 4
本体サイズ(縦×幅×厚さ) 約147.1×68.8×8.2 mm
重量 約162g
ディスプレイ 約5.7インチ
FHD+ OLED(有機EL)
解像度(1,080×2,280)
OS Android 10(初期搭載OS)
CPU(SoC) Snapdragon 855
メモリ(RAM) 6GB
内蔵ストレージ(ROM) 64/128GB
外部ストレージ 非対応
メインカメラ デュアルカメラ
・約1,220万画素(標準)
・約1,600万画素(望遠)
サブカメラ シングルカメラ
約800万画素
バッテリー 2,800mAh(バッテリー取り外し不可)
充電端子 USB Type-C
防水・防塵 IP68
SIMカード Nano SIM
Wi-Fi(対応通信規格) 2.4GHz+5GHz
802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
本体カラー ・Just Black
・Clearly White
・Oh So Orange
その他 ・おサイフケータイ対応
・顔認証対応
・ワイヤレス充電対応
・18W急速充電対応
・最低3年間のOS&セキュリティアップデート保証

Pixel 4は天体撮影が出来るデュアルカメラ、高性能なSnapdragon 855やメモリ(RAM)6GBを搭載しています。

また、便利なワイヤレス充電やおサイフケータイ、安心の防水防塵にも対応している誰でも使いやすいスマートフォンの仕様になっています。

参考までにベンチマークテストの「Antutu Benchmark」の測定結果を下記に記載します。

Pixel 4 ベンチマークスコア
Pixel 4のAnTuTu Benchmarkのスコア

Antutu Benchmarkのスコアは「413,494点」でした。ハイエンドモデルの性能を持っています。

同じ2019年モデルのGalaxy Note10+のAntutu Benchmarkは「443,272点」、iPhone 11「431,463点」でした。(※AnTuTu Benchmarkのバージョンに違いがあるのであくまで参考値)

ベンチマークスコアは1つの基準です。比較するとNote10+よりもスコアは低いですが、実際に使っていて分かる体感差はなく快適に動作してくれます。

一般的な電話やメール、WEBブラウジング、LINE、SNSはもちろん快適です。また、PUBGモバイルなどの重い3Dゲームも、長時間のプレイ時には発熱はありますが、カクつくことなく遊ぶことができました。

Pixel 4の「バッテリー」をレビュー

Pixel 4 バッテリー
Pixel 4のバッテリーについて

Pixel 4のバッテリーは、正直に言うと”普通”です。極端に良くもなく、悪くもないという印象です。

朝9時から使用して電話やメール、Twitter、動画鑑賞を使いながら過ごして夜22時の帰宅時には20%程バッテリーが残っていました。

筆者の使用環境であれば1日使ってもバッテリーは持つという結論ではありますが、利用用途によってはモバイルバッテリーを持ち歩いたほうが安心かもしれません。

ちなみに開発者向けオプションから常時90Hz駆動のリフレッシュレート利用をすると激しくバッテリーを消費していきます。快適ではあるものの、常時駆動は現状おすすめ出来ません。

Pixel 4の「カメラ」をレビュー

Pixel 4 デュアルカメラ
Pixel 4はデュアルカメラ搭載

Pixel 4はシリーズ初となるデュアルカメラを搭載しています。

カメラ構成は約1,220万画素の標準レンズ、約1,600万画素の望遠レンズとなっています。サブカメラは、約800万画素のシングルカメラです。

Pixel 3で話題となった「夜景モード」もさらに進化しています。また、真っ暗闇の中で天体写真の撮影が可能になり、天の川も撮ることが出来ます。

ポートレートモードでは、被写体の背景をぼかす機能で、デジタル一眼レフカメラで撮影したような写真が手軽に撮れます。

デュアル露出補正の操作方法
デュアル露出補正を使えば
「明るさ」と「暗さ」を調節出来る

新機能として「デュアル露出補正」が使えるようになりました。これまでは写真の明るさだけを変更可能でしたが、Pixel 4では「明るさ」と「暗さ」をそれぞれ別々に調節出来るようになっています。細かな微調整がカメラアプリで簡単に行えます。

また、望遠レンズが追加されたことでズーム性能が格段に向上しており、最大8倍「超解像ズーム」では荒さが少ない綺麗な写真撮影を行えます。

それでは、Pixel 4のカメラで撮影した作例を見ていきましょう。写真はクリック・タップで拡大することができます。

日中の様子を撮影してみた

Pixel 4 作例 日中①Pixel 4 作例 日中②
現実に近い色味のコントラスト
Pixel 4 作例 日中③Pixel 4 作例 日中④
誰でも簡単に撮れるカメラ

サッとカメラを構えてシャッターを切るだけで雰囲気ある写真が撮影可能です。

食べ物を接写撮影してみた

Pixel 4 作例 食べ物①Pixel 4 作例 食べ物②
料理の写真は
全体的に自然な温かみを表現してくれる

夜景を撮影してみた

Pixel 4 作例 夜景①Pixel 4 作例 夜景②
左がナイトモードOFF・右がナイトモードON

ナイトモードをオンにすると、黄色っぽさから白っぽさがより強調される感じがします。特に暗い場面での撮影は、ナイトモードを使うことで明るい写真が手軽に撮れます。

Pixel 4 作例 ナイトモードiPhone 11 Pro 作例 ナイトモード
左がPixel 4のナイトモード・右がiPhone 11 Proのナイトモード

ナイトモードを最新のiPhone 11 Proと比較してみました。Pixel 4の方が、iPhone 11 Proで暗くなっている部分もより明るく撮影出来ています。

ポートレートで撮影してみた

Pixel 4 作例 ポートレート①iPhone 11 Pro 作例 ポートレート②
Pixel 4のポートレートモードはずば抜けて使いやすい

驚いたのは、Pixel 4のポートレート撮影です。素晴らしいの一言では物足りないぐらいの良さがあります。

人のポートレート撮影は、背景と境目をしっかり判別してボカしてくれています。

最も驚いたのは、飲み物のポートレート撮影した時です。ストロー部分は、境目の判定が難しく、iPhone 11 Proではストロー部分までボカしてしまうことが多いですが、Pixel 4はしっかりとストロー部分まで判別出来ています。

ポートレート撮影の手軽さ、精度の高さは圧倒的でした。

高解像度ズームで撮影してみた

Pixel 4 作例 高解像度ズームiPhone 11 Pro 作例 高解像度ズーム
左がPixel 4の最大8倍ズーム・右がiPhone 11 Proの最大10倍ズーム

iPhone 11 Proの最大10倍ズームは確かにPixel 4よりも寄れていますが、誰かに見せられる実用レベルではありません。

それに比べて、Pixel 4の高解像度ズームはよりハッキリと被写体を撮影出来ています。大切な思い出として残すなら、Pixel 4で撮った写真が良いと感じました。

天体撮影してみた

Pixel 4 作例 天体撮影①
iPhone 11 Pro 作例天体撮影②
天体撮影を試してみた

Pixel 4のカメラで天体撮影を行いました。驚くほど、綺麗な写真が撮影出来ました。

特別な設定は必要ありません。真っ暗闇の中でナイトモードにして、カメラを固定、シャッターを押すだけの簡単さです。正直、感動しました。

昔よく見ていた図鑑に載っていた星たちを、こうしてスマホのカメラで誰でも撮れるんです。

Pixel 3で話題になったカメラは、良いところは引き継がれさらに進化しています。Pixel 4を持って出かけるのが楽しくなる、そんなカメラを搭載しています。

Pixel 4の販売価格

Pixel 4 64GB Pixel 4 128GB
ソフトバンク 87,840円 101,760円
Googleストア(SIMフリー) 89,980円 103,950円

Pixel 4は、ソフトバンクおよびGoogleストアにて販売がされています。

定価価格に大きな差はないですが、ソフトバンクではお得な「トクするサポート」に加入することで最大半額でPixel 4を購入することが可能です。

「トクするサポート」とは、スマホ購入時に月額390円×24回に加入かつ、48回払いの分割を組み、25か月目以降にスマホ返却することで、残りの端末代が免除されます。

Googleストアで購入する場合、分割購入が出来ないので柔軟に、できるだけ安く購入したい方はソフトバンクでの購入がおすすめです。

評価まとめ:Pixel 4のイマイチだった点

Pixel 4 デメリット
Pixel 4のイマイチだった点

「Motion sense」や「音声文字変換」などの新機能が満足に使えない

Pixel 4はスマホに触らず操作できる「Motion sense」やレコーダーアプリでリアルタイムに音声を文字変換できる「音声文字変換」、動画の音声を字幕化する「インスタント字幕」などの最新技術が詰め込まれた素晴らしいスマホです。

ただし、日本国内ではその多くの機能が使用不可もしくは英語対応のみだったり、魅力的な新機能を現状満足に使うことは出来ないのは残念です。

これらの新機能がすべて使えてからが「Pixel 4」本来の姿、まだ100%の力を発揮出来ていません。このあたりは、今後のアップデートに期待したいと思います。

超広角レンズが搭載されていない

Pixel 4 超広角レンズ
超広角レンズが搭載されていない

今年発売された最新スマートフォンのトレンドとも言える「超広角レンズ」。

iPhone 11シリーズに初めて超広角レンズが搭載されて話題になりましたが、Pixel 4の追従はありませんでした。確かに、望遠レンズの性能は大幅に向上したものの、どこか魅力に欠けると感じました。

iPhone 11とPixel 4のどちらを購入するか悩まれている方も多いかもしれませんが、超広角レンズの有無は1つ大きなポイントになっています。

一度に広範囲を撮影したい時や集合写真などのグループ撮影時に重宝するので、どんなシーンで利用したいのかを想定して選ぶのがおすすめです。

指紋認証が非搭載になった

Pixel 3では指紋認証のみ対応でしたが、Pixel 4は指紋認証が非搭載になり、顔認証が採用されました。

筆者は、机に置いたまま使うことも多いので顔認証だけでは必ずスマホを持ち上げる必要があります。

最近では画面内指紋認証を搭載する機種も多く、ユーザーの利便性向上という点で顔認証に加え、指紋認証も併用出来たらもっと使い勝手が良かったと感じました。

評価まとめ:Pixel 4の良かった点

Pixel 4 メリット
Pixel 4はココが良い!

ポートレートモードが素晴らしい

iPhoneのポートレートモードでは、よく「被写体と離れてください」と注意が出ることが多いですが、Pixel 4は比較的近づいても柔軟に撮影することが出来るのは凄く使い勝手が良いです。

また、望遠レンズを搭載したことで、被写界深度をPixel 3よりも正確に計測できるようになり、自然にぼかすことが出来るようになりました。

凄いのは被写体と背景の境目で、完璧ではありませんが以前よりも格段に正確な判断が出来ています。

人だけではなく、動物、料理にも柔軟に使えるポートレートモードは、iPhoneよりも断然使いやすく感じました。

マスク時も使える顔認証が便利

Pixel 4の顔認証は超高速かつマスク時でも認証が行えるのが最高です。ただし、マスク時に鼻まで覆っていると認証が出来ません。鼻下までちょっと下げれば、(即ち目と鼻が出ていれば)問題なく顔認証が使えます。

iPhon Xシリーズ以降の顔認証では完全にマスクを下げないと顔認証が出来ず、毎回の手間を考えるとPixel 4の顔認証が使いやすかったです。

使っていて気持ちのいいスマホ

Pixel 4 レビュー まとめ
凄く馴染みやすく、使いやすいスマホ

数週間使ってきて感じるのは、凄く馴染みやすく、使いやすいスマホだということです。自分のカラダの一部であるような感覚で、ふと気が付くとPixel 4を使っています。

Googleらしいシンプルな操作性と、何より気持ちが良い動作レスポンスが素晴らしいと感じました。文字を打ったりする何気ない操作に他との差を感じます。

毎日触りたい、使いたいと思わせてくれるスマホを探している方は、ぜひ一度手にとってみてください。

Google
Pixel 4

端末のご購入はこちら

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ちえほん

ちえほん

ブロガー×ガジェットライター×YouTuber

プロフィール

現在は、ガジェットブログ「モバイルドットコム」やYouTubeチャンネル「モバイルドットコムTV」を運営、外部ライターとしても活動しています。

ワクワクするような新しいガジェットが好きで、口癖は”はあ〜また買っちゃった!”手にとって分かるリアルな体験を分かりやすく発信しています。

モバレコでは、「スマホ」のレビューや設定、比較記事を中心に執筆しております。読んで頂ける皆様に”読んで良かった”と思ってもらえるようなコンテンツ作りを目指しています。どうぞ、宜しくお願いします。

モバレコ以外のメディアでも、2019年〜現在まで執筆活動中です。

得意カテゴリー

スマホ・タブレット

ブログ・SNS

モバイルドットコム
https://www.mobile-com.net/
モバイルドットコムTV
https://www.youtube.com/channel/UC-gVzqx-OqiA7YMx4yRkY8g/
Twitter(@chehonz201)
https://twitter.com/chehonz201

メディア実績

【メディア】

  • Engadget 日本版(ベライゾンメディア・ジャパン株式会社)
  • WEBカーアンドレジャー(株)カーアンドレジャーニュース

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン