Galaxy A20 レビュー!2万円台の激安スマホの性能はいかに?

書いた人: みなみかわ

カテゴリ: Galaxy

Galaxy A20 レビュー

docomo・au・UQ mobileから2019年秋冬モデルとして展開される「Galaxy A20 」。ミドルレンジモデルとして発表された本機ですが、まずビックリさせられるのがその価格です。

なんと2万円代の価格設定となっており、サブ機用に使ったりスマホ入門用にお試しで使ってたりと、手に取りやすく用途の可能性が広がる1台となっています。

本記事では、Galaxy A20の外観やデザイン、スペックやパフォーマンスに加えて、特徴的な機能やカメラの性能に至るまで、実際に使ってレビューをします

Samsung
Galaxy A20

端末のご購入はこちら

目次:

Galaxy A20の外観デザインをレビュー

Galaxy A20の外観デザイン
Galaxy A20の外観デザイン

それでは早速Galaxy A20 の外観デザインを確認していきましょう。

本機のディスプレイは1560×720pxでやや低解像度の5.8インチの液晶を搭載しています。低解像度とはいえ実際の画面はそこまで荒れているようには見えず、解像度にこだわらない人なら問題ないレベルだと感じました。

Galaxy A20の流線型のノッチ
流線型のノッチ付きディスプレイを搭載

ディスプレイ上部にノッチがある本機ですが、iPhone 11のような左右が切り抜かれているようなノッチではなく、流線型のノッチを採用しています。これにより画面占有率が高く、端末サイズいっぱいにコンテンツを楽しむことが出来るようになっています。

背面デザイン

Galaxy A20の背面デザイン
背面デザイン

背面は光沢がありでツルッとした手触りになっています。指紋が目立ちやすいため、気になる人はカバーをつけて回避しましょう。全体的に高級感はありませんが、フチがメッキとなっているため、極端な安っぽさも感じませんでした。

また、近年iPhoneの背面にはガラスが搭載されていることが多く落下させてしまったときに割れてしまうリスクも高いですが、Galaxy A20ではそういったリスクもありませんので安心です。

Galaxy A20のカメラ部分
レンズの出っ張りはほぼ無い

カメラのレンズ部の凹凸はほぼありません。机に置いた際にレンズが傷ついたりガタガタと安定しないということは無さそうです。

側面デザイン

側面デザインはメッキ加工がされており、価格帯の割に安っぽさは感じません。

Galaxy A20の左側面
ボリュームボタンと電源ボタン
Galaxy A20の右側面
SIMスロットとストラップホール
Galaxy A20の上部
上部には3.5mmイヤホンジャックとマイク
Galaxy A20の下部
下部にはUSB Type Cコネクタ スピーカー マイクが搭載

現在廃止されてしまっているスマホも多い、「3.5mmイヤホンジャック」や「ストラップホール」も搭載されています。必要とされている人も多いと思いますので、これは嬉しい点ですね。

サイズ感・重量

Galaxy A20を手に持ったところ
扱いやすい印象の筐体

昨今のスマホにしては標準的な大きさの本機ですが、重さが151gとなっていて非常に軽く感じました。力に自信のない女性やお年寄りの方が長時間片手で操作しても疲れにくく、多くの人にマッチする仕様だと感じました。

iPhone 8とGalaxy A20
iPhone 8よりやや大きい

標準的なサイズ感で、手の小さい人や、女性の人でも使いやすい大きさとなっています。iPhone 8よりやや大きくなってはいますが、手の小さい筆者でも違和感なく持つことができました。

カラーバリエーションは3色

Galaxy A20のカラーバリエーション
レッド、ホワイト、ブラックの3色

カラーバリエーションは「レッド」、「ホワイト」、「ブラック」のシンプルな3色展開となっています。この辺りは老若男女問わず無難に選択できるカラーバリエーションですね。

Galaxy A20の「スペック」をレビュー

Galaxy A20のスペック参照:公式サイト

Galaxy A20
OS Android™ 9 Pie
CPU Exynos 7884B
1.6GHz
1.3GHz
オクタコア
内蔵メモリ RAM 3GB/ROM 32GB
本体サイズ 約150(H) × 約71(W) × 約8.1(D)mm
重量 151g
ディスプレイ 約5.8インチ HD+/TFT
背面カメラ 約800万画素
前面カメラ 約500万画素
バッテリー容量 3,000mAh
防水/防塵 IPX5/8 IP6X
認証 顔認証
カラー レッド
ホワイト
ブラック

2万円代で購入できるミドルレンジスマホということもあり、スペックはあまり高くはありません。スワイプやタップなどの基本操作は問題なく出来るものの、普段iPhone 8を使用し慣れている筆者にとっては、ややレスポンスが悪く感じました。

高いスペックをそこまで求めていない人であればそこまで気になるレベルではないのかもしれませんが、最新のiPhoneやハイエンドモデルに慣れている人にとっては、一つ一つの操作が少しもたついて感じると思います。メイン端末で長期に渡り使いたいということであればその辺りを加味した上で選択することをお勧めします。

気になるAnTuTuスコアは「108,239点」を記録しました。10万点を超えてくるとどのゲームも一通りプレイ出来るといわれているので、この価格帯にしてはまずまずのスコアといったところでしょうか。

地図アプリを開いたところ
日常的に使う操作はとくに問題なし

WEBサイトやSNSの閲覧、地図アプリや2Dグラフィックのゲームをはじめ、動画視聴など日常的によく使用するアプリは問題なく動作していました。ただやはりどうしても一つ一つの動作にラグを感じました。

次に3Dゲームの「白猫プロジェクト」をプレイしてみましたが、一通りは通常通りにプレイすることが出来ました。しかし、敵が多く出現する箇所など処理が重くなる部分では全体的にモッサリな動きとなり、スペックが足りないように感じました。3Dゲームも全く出来ないわけではありませんが、ガシガシやる人にはあまりおすすめ出来ません。

Galaxy A20の「カメラ性能」をレビュー

Galaxy A20のメインカメラ800万画素となっており、昨今のスマホにしてはやや低めの性能といえます。カメラ機能にこだわりのある方には、満足できない内容ではありますが、カメラ機能に重きを置いていない人にとっては充分な画質だと感じました。

カメラの切り替えもスムーズで、撮りたいときにササッと撮影することができます。

それでは、実際にGalaxy A20で撮影した写真を見ていきましょう。

日中の様子を撮影してみた

建物を被写体にの様子を撮影してきました。それぞれ「通常」「ズーム」で撮影してみました。ズームは最大×4のデジタルズームを搭載しています。

通常(×1.0)の作例
通常(×1.0)
×4ズームの作例
×4ズーム

昼間の撮影も問題なくきれいに撮影することが出来ました。色彩も豊かに建物もくっきりと表現出来ています。2万円代の端末でここまで撮れれば十分ではないでしょうか?昼間の撮影は優秀です。

ズームについては4倍にもなるとさすがに画像が荒れ始め、実用的ではないと感じました。ズームを多用するような使い方をする人にはおすすめできません。

屋外撮影の作例屋外撮影の作例
外での撮影は色彩もとてもキレイに再現された

続いて室内での撮影です。室内の撮影も比較的キレイに撮影することは出来ましたが、外での撮影と打って変わり、コントラストが弱く、色の再現性が少し下がりました。

屋内撮影の作例屋内撮影の作例
展示品の五所川原の立佞武多

光の量が足りない場所での撮影には向いていないようです。写真自体は綺麗に撮影できていますので、そこそこの性能を求めるのであれば問題ないレベルでしょう。

食べ物を接写で撮影してみた

食べ物の撮影を行いました。被写体は宅配ピザです。色鮮やかなピザですが、写真でもその色は鮮やかに表現することが出来ています。

食べ物の作例
 料理も美味しそうに撮影可能
接写の作例
接写

また、合わせて接写についても検証してみました。

しっかりと被写体に寄り撮影することは出来ましたが、光量が足りなくなり色合いがだいぶ薄くなってしまいました。周りの光量により色合いが左右されるが接写自体はキレイに撮ることができます。

夜景を撮影してみた

夜景の作例夜景の作例
明るさの調整が難しい

夜のビルやイルミネーションを撮影してみました。夜の撮影では明るさのコントロールやピント合わせがうまくいっていないように感じ、昼間の撮影と比較し、夜景は苦手めかなという印象です。

Galaxy A20特徴、使ってみて良かったポイント

ここからは、実際にGalaxy A20を使ってみて良かったポイントや特徴を解説していきます。

とにかく価格が安い

やはりGalaxy A20の最大の魅力は価格でしょう。

端末価格
docomo 21,384円
(891円×24回)
au 25,920円
(1080円×24回)
UQ mobile 23,760円
(990円×24回)

※すべて税込み

スペック的に弱い部分や写真の再現度について言及してきましたが、コスパで考えると本当に素晴らしいです。2万円代ということを考慮するとどの機能も素晴らしいものです。

防水、おサイフケータイ、ラジオに対応

Galaxy A20の便利機能
便利機能が豊富

2万円代で購入できるスマホにも関わらず便利機能に抜かりはありません

水場での使用が多い人も安心の防水に対応。キャッシュレス化が急速に進む現代にも対応できるおサイフケータイの搭載。さらには災害時にも大活躍するラジオも搭載しており、幅広い人に満足いただける仕様となっています。

この価格帯でここまで機能が盛り込まれているのは非常に珍しくとても良い点として挙げられます。

バッテリーの持ちも問題なし!

Galaxy A20のバッテリー
Galaxy A20のバッテリー

本機は3000mAhの電池容量を搭載していて、通常使用する分には一日使っても充電がなくなる危険は低いでしょう。

実際に筆者も朝100%充電した状態から一日、適度にWeb閲覧やゲームをしながら使用してみましたが、夜8時頃でも40%程度は残っていました。もちろん、過度に使い込む人はモバイルバッテリーの携帯をおすすめしますが、ほどほどに使う分にはあんしんして持ち歩ける仕様となっています。

ガラケーからのデータ移行が簡単

Galaxy A20のバッテリー
データ移行もらくらく

専用の「Smart Switchアプリ」というアプリを使うことで、機種変更に伴う面倒なデータ移行も簡単に行えます

これにより、古いiPhoneやAndroidスマホはもちろん、ガラケーからのデータ移行(連絡先、写真、メッセージなど)を簡単に転送できます。ガラケーからスマホにしたいけど、データの移行が大変そう、そんな人にもおすすめできます。

カメラが思いの外きれい

Galaxy A20のカメラ
価格に対するカメラ性能〇

価格を抑えたスマホはどうしてもカメラの機能を落とされがちです。しかし本機はまずまずの写真が撮影できます。

特に光量の多い野外での撮影では非常に繊細で鮮やかな写真を撮ることができます。2万円代ということを考慮すれば室内や夜景の写真も許容の範囲内だと思います。

そこそこの写真が撮れれば満足!そんな人には十分満足いただけるであろう仕様となっています。

評価まとめ:Galaxy A20はコスパ最高スマホ!

とにかくお求めやすい価格が最大の魅力の「Galaxy A20」。しかし安かろう悪かろうではなく、カメラ性能やスペックなどもミッドレンジスマホとしてしっかりと機能しています。

さらには、防水機能や、 顔認証、さらにはキャッシュレス社会にしっかりと対応できるおサイフケータイまでも搭載。様々な面で抜かりのない1台となっています。

「とりあえず安くガラケーからスマホに乗り換えたい」、「とにかく値段は抑えたいけどそこそこ動いてほしい」そんな願いを叶えてくれる一台です。ぜひ次の1台に検討してみてはいかがでしょうか?

Samsung
Galaxy A20

端末のご購入はこちら

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

みなみかわ

みなみかわ

異色経歴サラリーマンライター

プロフィール

1987年埼玉県生まれ。高校でプログラミングを学び、なぜか全く関係のない製造会社へ就職。その後24歳の時に一念発起し通信大学へ入学。仕事と学業の二刀流をこなし、大学卒業とともに小学校の教員免許を取得。公立小学校で3年間就業するも、何を思ったかまたも一念発起し、マーケティングの勉強を始める。現在マーケティングの職に就きながら、現在大好きなガジェット系の記事を中心に執筆活動をしている、異色の経歴をもつサラリーマンライターです。

たくさんの個性あふれるスマホが発売されている昨今。実際に全て購入して使い勝手を確認することは難しいですよね。モバレコでは、記事を読んでいただいた方に「なるほど、そうなんだ!」と感じていただけるよう、わかりやすくをモットーに執筆をしています。皆様のスマホ選びや情報収集のお役に立てれば幸いです!

得意カテゴリー

スマホ

ブログ・SNS

Twitter(@minamikawa56)
https://twitter.com/minamikawa56

メディア実績

  • 【UtaTen】歌詞コラム

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン