共有機能でビジネスもプライベートもヤリ残しなし! iPhoneリマインダーでデキる男【応用編】

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone持ってるのに「リマインダー」知らないの? リマインダーで「好機」を逃さないデキる男に! 【第2回応用編】

「リマインダーアプリを活用してデキる男へ!」をテーマにお届けしているこの連載。前回はアプリの概要や操作方法について触れましたが今回は応用編です。
他の人とタスクを共有できる機能Siriを使った登録の仕方など、シチュエーションに合わせて使い方を説明していきます。これを読めば、さらにデキる男へと変身していくことでしょう!

前回の記事:

iPhone持ってるのに「リマインダー」知らないの? リマインダーで「好機」を逃さないデキる男に!

目次:

同僚、恋人、家族とも!電話帳を使ってタスクを共有

ある企業で働いているAさんは、最近課長に就任したばかり。同期の誰よりも早く昇進した、いわゆるデキる男です。仕事をきちんとこなすだけでなく、これからは部下に指示を出したりと部署をまとめていかなければなりません。

近頃の悩みは、部署内で「今月のやるべきタスク」に漏れがあることです。今後の業務に響いていくだろうこの問題。みんなのミスをなくすにはどうしたらいいのだろう? と、ずっと考えています・・・。

同僚、恋人、家族とも!電話帳を使ってタスクを共有

そんな時こそ、リマインダーの共有機能を使いましょう!
この機能を使えばひとつのリストを自分だけでなく他の人と一緒に見たり、登録することができます。共有の仕方も簡単で、電話帳からメンバーを選ぶだけ。
(※ただし、電話帳に登録しているメンバーでiPhoneかiPadを使っている人でないと共有はできません。)
自分だけでなく、部署内のミスも防止できますね。それではさっそく共有してみましょう!

まずリストを作って編集をタップ
1.まずリストを作って編集をタップ
次に共有をタップ
2.次に共有をタップ
参加者を追加をタップ
3.参加者を追加をタップ
+マークをタップ
4.+マークをタップ
電話帳から共有したい人を選択
5.電話帳から共有したい人を選択
選び終えたら追加をタップ
6.選び終えたら追加をタップ
最後に完了をタップ
7.最後に完了をタップ
これで共有ができました
8.これで共有ができました

この機能を使いはじめてからAさんの部署のミスがたちまち減りはじめました!

ビジネスシーンのみならずこの機能はプライベートでも活用できます。例えばデートの約束を恋人と共有をしたりとか。デキる男はオフの日もスマートに振る舞ってこそ!
では、時間指定も合わせた共有の仕方をお教えします。

リスト項目をタップ
1.リスト項目をタップ
(i)マークをタップ
2.(i)マークをタップ
指定日時をONにし時間指定して完了をタップ
3.指定日時をONにし時間指定して完了をタップ
編集をタップ
4.編集をタップ
先ほどと同じ手順で電話帳から恋人と共有!
5.先ほどと同じ手順で電話帳から恋人と共有!

家族でキャンプに行くときなど持ち物リストを作ってみんなで共有すれば、炭を忘れてBBQができない! なんてことも防げます。楽しい思い出作りのためにもリマインダーは欠かせませんね。

家族と共有すれば持ち物の確認ができます
家族と共有すれば持ち物の確認ができます

まるで私設秘書!Siriを使って声でタスク登録!

「あとでこれをやらないと・・・、リマインダーに登録だ!」と思っても、出先や移動中に文字入力するのが面倒な時ってありますよね。そして登録し忘れて大事な仕事に穴をあけてしまったり・・・。これまで積み上げてきたデキる男キャラクターに傷がついてしまいます。

まるで私設秘書!Siriを使って声でタスク登録!

そんな時はSiriを使えばいいのです!
リマインダーとの連携は簡単。Siriを起動させて「○○○○をリマインド」と声で指示をするだけ。
では試しに、明日15時に新幹線のチケットを買う予定を声で登録してみましょう。

ホームボタン長押しでSiriを起動、声で指示します
ホームボタン長押しでSiriを起動、声で指示します
Siriから「リマインダーを作成してもよろしいですか?」と質問がきます
Siriから「リマインダーを作成してもよろしいですか?」と質問がきます
時間指定をしたいので、「明日の15時に」と話しかけます
時間指定をしたいので、「明日の15時に」と話しかけます
再び「作成してもよろしいですか?」と質問がきますので確定と告げます
再び「作成してもよろしいですか?」と質問がきますので確定と告げます

これで登録ができました。
他にも「○○○○と思い出させて」「覚えて、○○○○」という声の指示でも登録可能です。ぜひ一度、試してみてください。Siriが忙しいあなたを支える有能な秘書のように思えて愛着が湧いてくることでしょう。これでミスが減り、出世する日もぐんと近づきます!

iCloudで同期できる!MacやiPadとリマインダー連携

「しまった! 会社にiPhoneを忘れてきた!」
デキる男にピンチ到来。明日のタスクを確認をしたいけど、自宅に着いてしまいすでに時間は終電間近・・・。

iCloudで同期できる!MacやiPadとリマインダー連携

でもご安心を! iCloudでリマインダーを同期していたじゃないですか~!
転ばぬ先の杖、さすがデキる男は用意周到です。これなら自宅のMacでタスクの確認ができます。それでは、iPhoneとMacの同期方法をお教えします。

<iPhoneのiCloud同期設定>

設定をタップ
1.設定をタップ
下方へスワイプ
2.下方へスワイプ
iCloudをタップ
3.iCloudをタップ
リマインダーをONにして完了
4.リマインダーをONにして完了

<MacのiCloud同期設定>

デスクトップのアップルマークからシステム環境設定へ
1.デスクトップのアップルマークからシステム環境設定へ
iCloudをクリック
2.iCloudをクリック
リマインダーにチェックを入れたら完了
3.リマインダーにチェックを入れたら完了
Macからリマインダーアプリを開けばタスクが分かります!
4.Macからリマインダーアプリを開けばタスクが分かります!

iPadでもiPhoneと同様に、設定から入ってiCloudのなかのリマインダーをONにすれば同期完了です。さまざまな端末でタスク登録や確認ができると大変便利。iCloudの同期設定、今すぐやってみましょう。

まとめ

連載2回目はリマインダーの応用編。ただのToDoリストだと思っていたら、共有機能や音声登録までできる優秀なアプリであることがお分かりいただけたでしょうか?

  • 他の人とリスト共有 → 相手もiPhone/iPadで電話帳のメンバーであれば共有可能
  • Siriを使ってリスト作成 → 文字入力が面倒な時に声でリストを作れる
  • iCloudで同期 → リストの登録や確認がMacやiPadでもできる

これまでご紹介してきた機能をご存知の方はどのくらいいらっしゃるのでしょう。
もしかしたらあなたの周りのデキる男はみんなリマインダーを活用しているのかもしれませんね。まだ活用されていないのなら、さっそく今日からアプリを開いてリストを作りましょう。

リマインダーの応用編

ミスが減ることで周囲からの信頼度はアップ。毎日が大きく変化していくと思います。簡単でとても便利、知らないと損するリマインダーの使い方をこの機会にぜひマスターしてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

入学・就職、そして新元号の発表!新生活がスタートする4月です!こんな季節には心機一転、モバレコで新しいスマホをゲットして、新しい出会いもゲットしませんか?