Xperia 5を買ったら設定しておきたい9つの設定・便利機能

書いた人: Yusuke Sakakura

カテゴリ: Xperia

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Xperia 5 設定

1. ディスプレイの点灯時間を長く/短くする

購入時はディスプレイの点灯時間が短く設定されていてすぐに消灯してしまうので長くするのがオススメ。

設定から「画面設定」→「スリープ」に進んでスリープ時間を変更します。とりあえず2分に設定しておいて後で好みに合わせて変更しましょう。

スリープ1スリープ2
「画面設定」から「スリープ」を選択
画面設定
スリープまでの時間を変更

2. 指紋認証を設定する

「Xperia 5」では背面に左側面に配置されたセンサーに指を乗せると画面ロックを解除できる指紋認証に対応しています。スマホをより安全に使えるだけでなく画面ロックも素早く解除できるのでかならず設定しておきましょう。

指紋認証を設定するには「ロック画面とセキュリティ」→「指紋設定」に進んで「次へ」をタップします。あとは画面の案内に従って設定を進めましょう。

ロック画面とセキュリティ指紋認証1
「ロック画面とセキュリティ」から「指紋認証」をタップ
指紋認証2指紋認証3
注意事項を確認して「次へ」
指紋認証4指紋認証5
センサーに指を触れ、指紋を登録

なお、「Xperia 5」の指紋認証は認識率が悪いので登録を終えたら「別の指紋を追加」をタップして同じ指を登録しておくといいでしょう。

3. 操作方法を3ボタン操作に変更する

Android 9 Pieが搭載された「Xperia 5」の操作方法はジェスチャー式になっていますが、慣れ親しんだ戻る、ホーム、アプリ履歴といった3つのボタンをタップして操作する方法も残されています。

システム操作
「システム」から「操作」をタップ
操作変更1操作変更2
「ホームボタンを上にスワイプ」をオフ

4. 「片手モード」をオンにする

超縦長のディスプレイを片手で操作しようとすると、どうしても指が届かないことがありますが、そんなときに役立つのが片手モードです

片手モードをオンにするには「システム」→「操作」に進んで「片手モード」をタップ。スイッチをオンにしてホームボタンを2回タップすると画面が縮小表示されて片手で操作できるようになります。

システム操作
「システム」から「操作」をタップ
片手モード1片手モード1
「片手モード」をオン

5. 目が疲れにくい「ナイトライト」

ブルーライトをカットして目の疲れを軽減してくれる「ナイトライト」もオンにしておきましょう。スケジュールを指定して自動でオンにすることができます。

設定から「画面設定」→「ナイトライト」に進んで「スケジュール」をタップ。「指定した時刻にON」または「日の入りから日の出までON」を選択すると自動でナイトライトがオンになります。

画面設定ナイトライト1
「画面設定」から「ナイトライト」をタップ
ナイトライト2ナイトライト3
任意の設定を選択しオンにする

6. 持っている間は画面を点灯する「スマートバックライト」

超縦長のディスプレイによってスクロールしなくても多くの文章を読むことができる「Xperia 5」ですが、無操作状態が続くと画面が暗くなって最後にはスリープします。

ニュースや電子書籍を読んでいる時はストレスになるかもしれません。そんなときに便利なのが持っている間は画面を点灯しつづける「スマートバックライト」です。

スマートバックライトをオンにするには「システム」→「操作」に進んで「スマートバックライト」を選択。スイッチをオンにすると手に持っていることをセンサーが検知してバックライトが点灯したままになります。

システム操作
「システム」から「操作」をタップ
スマートバックライト1スマートバックライト2
「スマートバックライト」をオン

7. 「サイドセンス」をカスタマイズする

「Xperia 5」には画面外側のフチを2回タップすると使い方にあったアプリを予測して表示したり、上にスライドすると「マルチウィンドウ」に切り替えたり、下にスライドすると前の画面に戻れる「サイドセンス」という機能が備わっています。

サイドセンスの設定は「システム」→「操作」→「サイドセンス」から行います。

システム操作.
「システム」から「操作」をタップ
サイドセンス1
「サイドセンス」をオン

お気に入りのアプリを固定表示する

サイドセンスにはユーザーの使い方に合わせて必要だと予測したアプリが表示されますが、お気に入りのアプリを固定表示することも可能です

「サイドセンスメニュー設定」に進んで「アプリの追加」をタップして固定表示したいアプリを選択すれば完了です。

サイドセンス2サイドセンス4.
「アプリの追加」から「サイドセンスメニュー設定」に進む
サイドセンス5サイドセンス6.
固定したいアプリを選択

操作位置を固定する

サイドセンスの欠点は画面外側のフチを2回タップしてもなかなか起動しないことです。

サイドセンスは持ち方に合わせて操作位置を自動的に検出していますが、手動で操作位置を変更して固定することで改善されるかもしれません

「操作位置の設定」に進んで「操作位置を手動で固定する」を選択したあと長さや位置を好みに調整しましょう。なお、ケースを付けている場合は「画面の内側を操作する」をオンにすると操作しやすくなります。

サイドセンス3サイドセンス7
「操作位置の設定」から「操作位置を手動で固定する」をタップ
サイドセンス8
「画面の内側を操作する」をオン

アプリの予測精度を高める

サイドセンスに表示されるアプリがイマイチの場合は予測精度を高めることで改善されるかもしれません。

「アプリの予測精度を高める」に進んで「サイドセンス」をオンにすると位置情報を考慮してよく起動するアプリを表示してくれます。例えば、駅にいる時は乗換案内のアプリを提案してくれるようになるかもしれません。

サイドセンス9サイドセンス10
「アプリの予測精度を高める」から「サイドセンス」をオン

8. 「スタミナモード」をオンにする

「Xperia 5」の電池持ちに不満がある場合はバッテリーを節約できる「スタミナモード」を使いましょう。スタミナモードは、電池の消費を抑えるために機器の動作と一部の機能を制限する節約モードです。

設定から「バッテリー」に進んで「STAMINAモード」を選択。「自動的に有効にする」をオンにして“有効にする電池残量”を調整します。

最後に「節電レベル」に進んで「電池持ちを優先した」または「バランスよく節電したい」を選択しましょう。

バッテリースタミナモード1
「バッテリー」から「STAMINAモード」をタップ
スタミナモード2スタミナモード3
注意事項を確認し「自動的に有効にする」をオン
スタミナモード4スタミナモード5
“有効にする電池残量”を調整

9. ゲームを快適にプレイできる「ゲームエンハンサー」

スマホゲーマーの人は「ゲームエンハンサー」を設定することでより快適にゲームをプレイできます。ゲームエンハンサーでは以下のことが可能になります。

・ゲームモード:最高性能でゲームをプレイするor電池持ちを優先する
・フォーカス設定
– ゲーム起動時にメモリーを解放する
– ゲーム中の通知を非表示にする
– ゲーム中の着信通知を非表示にする
– ホームボタンなどが表示されるナビゲーションバーを誤操作しないようロックする
– 明るさの自動調整を無効にする
– サイドセンスが誤起動しないよう無効にする
– カメラが誤起動しないよう無効にする

ゲームエンハンサーの設定を変更するにはゲームアプリを起動したあと画面右上に表示されるカーソルのアイコンをタップして「ゲームモード」や「フォーカス設定」に進んで設定を変更します。

ゲームエンハンサー1
ゲームアプリを起動後、画面右上アイコンをタップ
ゲームエンハンサー2ゲームエンハンサー3
「ゲームモード」の設定
ゲームエンハンサー4ゲームエンハンサー5
「フォーカス設定」の調整

使い方まとめ

以上がXperia 5を買ったら設定しておきたい9つのことでした。基本的な設定から知っておくと便利な機能になる抑えておくべき設定です。

とくに、Xperiaのサイドセンスは便利な機能ですが、カスタマイズすることでより使いやすくなります。ぜひこの記事を参考に納得行くまで仕上げてください。

販売サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!