ソフトバンクの値下げプランとは?特徴や利用料金を徹底解説!

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ソフトバンク

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク 値下げ

2019年の9月より、ソフトバンクはスマホ・ケータイの新しい料金プランの提供を開始し、今までのプランと比べると大きな値下げがなされた、といえるものです。

さらに、今までキャリア間乗り換えの障害となっていた2年縛りと解約違約金のルールも撤廃され、より契約しやすい環境が整えられたことも、見逃せないメリットです。

そこで今回の記事では、ソフトバンクスマホの新プラン、「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」の概要やメリット、旧プランと比較した際の金額差などを細かく解説していきます。

新料金プランへの変更を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

新規契約、乗り換え、機種変更
の相談をしたい方はこちら

ソフトバンク公式サイトはこちら

目次:

ソフトバンクの値下げプランの特徴

ソフトバンク 値下げ イメージ①

今回登場した新プランは2種類。

毎月たくさんのデータ通信を行うヘビーユーザー向けの「ウルトラギガモンスター+」と、あまりネットは利用しない方向けの「ミニモンスター」です。

ウルトラギガモンスター+の特徴

ウルトラギガモンスター+

「ウルトラギガモンスター+」の特徴は、以下となっています。

・50GB分のデータ容量を利用できる
・対象サービスであれば動画とSNSを利用し放題
・12ヶ月間、月額3,480円~

ウルトラギガモンスター+には、データ通信プランとして「データプラン50GB+」が適用されます。これは毎月の最大通信上限が50GBの定額プランです。

50GBというのは相当な大容量であり、ソフトバンクの公式発表では、50GBを使い切るための用途として「動画ストリーミング:220時間」「音楽ストリーミング:455時間」「マップ検索:2.3万回」という例が示されています。

これは非常に大きな容量が使用できるようになったということです。例えば動画ストリーミングであれば、毎日7時間以上動画を観ることができます。

もう1つの特徴は、動画やSNS閲覧時のデータ消費ゼロとなる「ギガノーカウント」です。これはソフトバンクが指定する動画サービスやSNSを利用する際に、一切データ消費をしないという内容です。

対象サービスはYouTubeやAbemaTV、LINEやTwitter、Instagramなど、頻繁に使うユーザーが多い人気サービスばかりです。

これらにデータ消費がかからないとなると、データ通信上限である50GBを使い切ることがより非現実的といえるでしょう。

また、ウルトラギガモンスター+の月額料金は、各種割引を除くと月額7,480円、各種割引を最大限に活用すると3,480円という低価格で利用できます。

具体的な料金の内訳については以下の表を確認ください。

【ウルトラギガモンスター+:料金内訳】

プラン名称 金額/月
データプラン50GB+ 6,500円
基本プラン(音声) 980円
合計 7,480円
おうち割 光セッd −1,000円
1年おトク割(12ヶ月間) −1,000円
みんな家族割+ −2,000円
合計(割引含む) 3,480円

ミニモンスターの特徴

ミニモンスター

ほとんどデータ通信を行わないライトユーザー向けの新プランは、「ミニモンスター」となり、特徴は以下です。

・データ容量は利用した分だけ支払う
・12ヶ月間、月額1980円~

ミニモンスターは、月々の使用したデータ通信量に応じて月額料金が段階的に変化する従量課金制のプランです。料金が変化するポイントは3つ。「1GB」「2GB」「5 GB」を超えるかどうかで金額が変わります。

インターネットをほとんど使わない方や、ポケットWi-Fiや自宅のネット回線で通信をおぎなうことが可能で、月々のデータ使用量を2GB未満に抑えられる方であれば低価格で利用できます。

ミニモンスターの月額利用料金は、併用できる割引をすべて適用すると1,980円で利用できます。ただし、この最低価格はデータ通信を1GB未満に抑えた場合の金額ですから、ご注意ください。

以下に使用データ量での変化も含めた詳しい料金表を用意しました。

【ミニモンスター:料金内訳】

プラン名称 月額/月
データプランミニ 〜1GB 1GB超〜2GB 2GB超〜5GB 5GB超〜50GB
3,000円 5,000円 6,500円 7,500円
基本プラン
(通話)
980円
合計 3,980円 5,980円 7,480円 8,480円
おうち割 光セット −1,000円
1年おトク割
(12ヶ月間)
−1,000円
合計
(割引含む)
1,980円 3,980円 5,980円 6,980円

※すべて税抜価格

通話オプションの特徴

ソフトバンク 通話オプション 料金表

ここからは通話プランについて解説していきます。

ウルトラギガモンスター+、ミニモンスター両方の料金表に登場した「基本プラン(音声)」とは、通話プランの基本料金を指します。

基本プラン(音声)の金額は、月額980円。家族間通話以外の無料通話機能がついていませんが、必要ない場合はこの基本プランのみで契約できます。

固定電話や他社回線との無料通話が必要である場合、通話オプションを追加するとお得に利用できます。

通話オプションは2種類あり、「定額オプション」と「準定額オプション」があります。具体的な違いは以下のようになります。

定額オプション 1,500円/月 24時間いつでも国内通話が無料
準定額オプション 500円/月 1回5分以内の国内通話が何度でも無料

ご自身が実際に利用する状況に合わせて最適なものを選択しましょう。

ソフトバンクの値下げプランと旧プランの利用料金比較

ソフトバンク 値下げ イメージ

ウルトラギガモンスター+とミニモンスターが登場する前まで、ソフトバンクの契約プランは「スマ放題」と「スマ放題ライト」がメインのプランとして存在していました。

この2つには、それぞれ通話プランが含まれており、スマ放題が完全通話無料プラン、スマ放題ライトが5分間の通話無料プランという内容でした。

ここでは、無料通話の内容とデータ通信上限の条件をそろえて、新プランと旧プランの料金比較を行います。

ただし、スマ放題やスマ放題ライトは現在新規受付を終了しており、新規で申し込みを行うことはできませんのでご注意ください。

ウルトラギガモンスター+とスマ放題の比較

比較のために、ウルトラギガモンスター+に通話定額オプションを追加し、「データ通信上限が50GB」「国内通話完全無料」を条件として、新プランと旧プランを比較します。

【新プラン(ウルトラギガモンスター+)】

プラン名称 金額/月
データプラン50GB+ 6,500円
基本プラン(音声) 980円
通話定額オプション 1,500円
合計 8,980円

【旧プラン(スマ放題)】

プラン名称 金額/月
スマ放題 2,700円
ウェブ使用量 300円
データ定額50GB 7,000円
合計 10,000円

上記のように月額料金は新プランの方が1,180円安くなるという結果でした。

さらに、各種割引を適用させると、新プランは「おうち割 光セット」と「1年おトク割」、「みんな家族割+」で最大4,000円割引の4,980円になります。

旧プランでは、1年おトク割を除いた3,000円割引の7,000円となるので、新プランとの差額は2,180円です。

ミニモンスターとスマ放題ライトの比較

ここでは、小容量データプランと5分間通話無料の通話プランの組み合わせを前提として料金の比較を行っていきます。

新プランの方からは「ミニモンスター(データ使用量は1GB未満)と準定額オプション」、旧プランでは「スマ放題ライトとデータ定額ミニ1GB」の組み合わせです。

【新プラン(ミニモンスター)】

プラン名称 金額/月
データプラン5ミニ(〜1GB) 3,000円
基本プラン(音声) 980円
通話定額オプション 500円
合計 4,480円

【旧プラン(スマ放題ライト)】

プラン名称 金額/月
スマ放題ライト 1,700円
ウェブ使用量 300円
データ定額ミニ1GB 2,900円
合計 4,900円

新プランと旧プランの金額差は、420円新プランの方が安くなるという結果になりました。その差は少額といえますが、各種割引を適用するとその金額はさらに広がります。

新プランでは「おうち割 光セット」と「1年おトク割」を加えた2,000円割引の2,480円、旧プランでは「おうち割 光セット」500円の割引のみで4,400円と、その差は1,920円まで広がります。

新しい値下げプランを利用するメリット

ソフトバンク 値下げ イメージ

改めてここでソフトバンクの新プラン、「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」のメリットを紹介します。

2年縛りがない

新プランには、今まで回線契約にはつきものであった2年の自動更新契約、通称「2年縛り」が存在しません。

解約時の「解約違約金」もないため、解約をしたいと思ったタイミングでいつでも解約可能です。

よりお得な契約先を見つけた時にリスクなく乗り換えができる、という大きなメリットです。

旧プランよりも利用料金を抑えられる

ここまでに解説してきたように、旧プランであるスマ放題・スマ放題ライトを基準とした旧プランと今回の新プランを比較すると、月額料金は新プランの方が安く設定されています。

プラン自体の金額も、各種割引キャンペーンに関しても、新プランの方が優遇されているため、これらを駆使すればより安い金額での利用できますね。

まとめ

2019年9月よりソフトバンクは新プラン「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」の提供を開始しました。

旧プランであるスマ放題・スマ放題ライトのプラン内容と同条件で比較したところ、月額料金は新プランの方が安くなっており、大幅に値下げされていることが確認できました。

プランが一新され、旧プランとの比較を難しく感じていた方や、ご自身に適したプランを調べていた方は、この記事を参考に、ソフトバンクの新プランを検討してみてくださいね。

新規契約、乗り換え、機種変更
の相談をしたい方はこちら

ソフトバンク公式サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp