ソフトバンクのiPhone 11はいくらで買える?お得に購入する方法を解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ソフトバンク

ソフトバンク iPhone 11

Appleの最新iPhoneである「iPhone 11シリーズ」の購入をお考えであるのであれば、ソフトバンクでの購入がおすすめです。

ドコモやauなど、他のキャリアでも同機種が販売されていますが、本体そのものの値段や各種割引キャンペーンを含めて比較すると、ソフトバンクでの費用がもっとも安く抑えられます。

今回の記事では、このiPhone 11シリーズについて、端末の詳細や、ドコモやauとの料金の比較、iPhone 11をお得に購入するためのソフトバンクのキャンペーンなどを解説していきます。

新規契約、乗り換え、機種変更
の相談をしたい方はこちら

目次:

ソフトバンクでのiPhone 11シリーズの値段

iPhone 11

新しく発売された iPhone 11シリーズには、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3モデルがあります。

ストレージに3種類の選択肢があるため、合計で9種類のiPhone 11があり、それぞれ価格は異なります。

ソフトバンクで iPhone 11を購入する際には、「トクするサポート」というキャンペーンを利用すると、iPhone 11の端末料金が実質半額の値段で購入できます。

しかし、トクするサポートを利用するには、月額390円を24ヶ月間、合計9,360円のプログラム利用料を支払う必要がありますので、負担金額も考慮しなくてはなりません。

以下にこれらすべてを考慮した料金表を用意しました。

64GB 128GB 256GB 512GB
iPhone 11 89,280円 95,040円 108,000円
iPhone11
(トクするサポート利用)
54,000円
(1,860円×24回+9,360円)
56,880円
(1,980×24回+9,360円)
63,360円
(2,250円×24回+9,360円)
iPhone 11 Pro 127,200円 145,920円 172,320円
iPhone 11 Pro
(トクするサポート利用)
72,960円
(2,650円×24回+9,360円)
82,320円
(3,040円×24回+9,360円)
95,520円
(3,590円×24回+9,360円)
iPhone 11 Pro Max 142,560円 161,760円 187,680円
iPhone 11 Pro Max
(トクするサポート利用)
80,640円
(2,970円×24回+9,360円)
90,240円
(3,370円×24回+9,360円)
103,200円
(3,910円×24回+9,360円)

購入先はソフトバンクにすべき?3大キャリアの料金比較

ドコモ・au・ソフトバンク

iPhone 11が購入できるキャリアは、ソフトバンクの他にドコモや auが該当します。ドコモ や au もソフトバンクと同様に端末料金の実質負担額が安くなるキャンペーンを行っています。

それでは、それぞれのキャンペーンを加味した実質の値段で、3大キャリアのうちどこが一番iPhone 11を安く購入できるかを比べてみましょう。

比較は iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの256GBモデルを例として利用します。

ソフトバンク ドコモ au
iPhone 11 63,360円
(2,250円×24回+9,360円)
71,280円
(2,970円×24回)
72,960円
(3,040×24回)
iPhone 11 Pro 82,320円
(3,040円×24回+9,360円)
95,040円
(3,960円×24回)
96,480円
(4,020円×24回)
iPhone 11Pro Max 90,240円
(3,370円×24回+9,360円)
105,600円
(4,400円×24回)
106,080円
(4,420円×24回)

このように実質金額を比較すると、ソフトバンクの方が1万円程度安くiPhone 11シリーズを購入できることがわかります。

通信キャリアにこだわりがないのであれば、ソフトバンクでの契約がおすすめです。

ソフトバンクでお得に契約するために利用できるキャンペーン

ソフトバンク キャンペーン イメージ

ソフトバンクでは、月額利用料金や端末料金が安くなる各種キャンペーンを実施しています。

・1年おトク割
・トクするサポート
・下取りプログラム(のりかえ)
・下取りプログラム(機種変更)
・SoftBank学割

これらのキャンペーンを駆使することで、より安い値段で iPhone 11シリーズを利用できますよ。

1年おトク割

新規契約、または機種変更を伴う契約で iPhone 11シリーズを購入した場合、毎月の通信利用料金から12ヶ月間1,000円が割引されます。

1年間で合計12,000円の割引を受け取れるということで、iPhone 11の端末料金がより安くなったとも考えられます。

割引金額 1,000円(12ヶ月間)
適用条件 ・新規契約機種変更を伴う契約である
・「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」など対象の通信・通話プランに加入をしている
・過去に1年おトク割を適用していないこと

トクするサポート

「トクするサポート」とは、iPhone 11シリーズの端末を48回で割賦購入し、購入から25ヶ月目以降にその iPhone 11をソフトバンクに返却することで、以降の割賦残債金の支払いが免除されるというものです。

このキャンペーンを使えば、最大半額の端末料金の支払いが不要です。

ただし、トクするサポートを利用するには、端末購入時点から390円の月額料金を24ヶ月間支払い続ける必要があります。24ヶ月間で、合計9,360円の負担が発生することに注意しましょう。

割引金額 端末料金の最大半額
プログラム利用料 月額390円(24ヶ月間)
適用条件 ・キャンペーン対象機種を48回の分割で購入する
・端末購入時点でトクするサポートに申し込みをする
・トクするサポートの初回請求月を1ヶ月目として、25ヶ月目以降にその端末をソフトバンクに返却する
・返却する機種がソフトバンクの査定基準を満たし、 IMEI(製造番号)が確認できる
・ソフトバンクの料金の滞納をしていない

下取りプログラム(のりかえ)

ドコモや au など、他社キャリアからの乗り換えで iPhone 11シリーズを契約する場合、利用中の端末をソフトバンクに下取りに出すことで、その端末の状態に見合ったPayPayポイントを受け取ることが可能です。

PayPayポイントは1ポイント1円として扱われ、ソフトバンクの月額料金の支払いに使うこともできるため、実質的には割引と考えることができます。

下取りによる還元金額は発売から新しい機種であるほど高額になり、iPhoneシリーズは高額下取りの対象になっています。

画面割れなど、作動する程度の破損品であれば下取り対象ですが、金額は正常品の3割程度です。

還元金額 最大40,800円相当( iPhone XS Max の場合)
適用条件 ・他社キャリアからソフトバンクへ、MNPを伴う乗り換えである
・ソフトバンクでキャンペーン指定端末を購入する
・PayPay アカウントを持っている
・下取りをMNPの翌月末までに申し込む
・下取り端末は申込者本人に所有権があり、正規に購入されているもの
・メーカー保証外の状態でなく、IMEI(製造番号)が確認できる
・電源が入らない・初期化が完了していないなど端末が下取り対象外の状態でない

下取りプログラム(機種変更)

ソフトバンクユーザーが機種変更で iPhone 11シリーズを購入する際に、現在の端末をソフトバンクに下取りに出すことでPayPay ポイントが受け取れるキャンペーンです。

乗り換えプログラム(乗り換え)と内容それほど大きな違いはありませんが、下取りに出す端末が Androidスマートフォンだった場合、乗り換えと比べて査定金額が安く設定されています。

還元金額 最大40,800円相当( iPhone XS Max の場合)
適用条件 ・現ソフトバンクユーザーによる指定機種への機種変更
・下取り対象機種はソフトバンクで購入したもの
・PayPay アカウントを持っている
・メーカー保証外の状態でなく、IMEI(製造番号) が確認できる
・電源が入らない・初期化が完了していないなど端末が下取り対象外の状態でない

SoftBank学割

iPhone11の利用者が5歳から22歳までであれば加入できる割引キャンペーンです。

名称に「学割」とついていますが、年齢が対象範囲内であれば実際は学生でなくても申し込むことができます。

SoftBank学割により受けられる特典は3種類あります。

1.最大1年間データ通信使い放題
2.基本プラン(音声)月額980円が6ヶ月間無料
3.1年間データ通信量プラス1GB

この3種類の特典は、契約しているプランによって対象となるものが異なります。

ウルトラギガモンスター+の契約をしている場合は、1番と2番、ミニモンスターの場合は2番のみ、スマホデビュープランの場合は3番のみが適用されます。

また、スマホデビュープランの場合、加入可能年齢は5歳から15に縮小されます。

そもそもiPhone 11は購入すべき?機種のスペックは?

iPhone 11

毎年ソフトバンクから新機種が発表される iPhone シリーズですが、スペックが高いため、型落ちモデルであっても十分なパフォーマンスを発揮します。

ここでは iPhone 11シリーズのスペックの紹介と、 前世代のiPhoneのスペックを比較しますので、購入するべきかどうかの選択の参考にしてください。

iPhone 11シリーズのスペック

iPhone 11、iPhone 11 Pro 、iPhone 11 Pro Maxのスペックは以下のとおりです。

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
容量 64GB・128GB・256GB 64GB・256GB・512GB 64GB・256GB・512GB
画面サイズ 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ
ディスプレイ Liquid Retina HDディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
CPUチップ A13 A13 A13
背面カメラ 12メガピクセル2基
(超広角・広角)
12メガピクセル3基
(超広角・広角・望遠)
12メガピクセル3基
(超広角・広角・望遠)
前面カメラ 12メガピクセル1基 12メガピクセル1基 12メガピクセル1基
Face ID あり あり あり
バッテリー iPhone XR より最大1時間長い iPhone XS より最大4時間長い iPhone XS Max より最大5時間長い
防水 水深4mで最大30分間 水深4mで最大30分間 水深2mで最大30分間

iPhone 11 Pro 、iPhone 11 Pro Maxはディスプレイに「Super Retina XDR」という有機ELディスプレイを採用しており、肉眼でドットを見分けることが困難なほどに鮮明かつ鮮やかな色彩を実現しています。

また、背面カメラは超広角・広角に加えて望遠カメラを備えた3基。それぞれがズームに合わせてシームレスに切り替えられていくため、遠くの被写体でもクオリティの変わらない写真撮影が可能です。

さらに、バッテリーはiPhone 11 Pro Maxが史上iPhone中最長の電池持ちを実現しています。

また、iPhone 11 Pro 、iPhone 11 Pro Maxには付属品として18Wとの超高速充電アダプタがセットになっています。

iPhone XやiPhone 8との違い

ここでは2世代前までの「iPhone X」「 iPhone 8」と、 iPhone 11のスペックを比較していきます。

比較対象は、「Pro」や「Max」などがつかないスタンダードモデルで統一します。

iPhone 11 iPhone X iPhone 8
容量 64GB・128GB・256GB 64GB・256GB 64GB・128GB
画面サイズ 6.1インチ 5.8インチ 4.7インチ
ディスプレイ Liquid Retina HDディスプレイ Super Retina HDディスプレイ Retina HDディスプレイ
CPUチップ A13 A11 A11
背面カメラ 12メガピクセル2基
(超広角・広角)
12メガピクセル2基
(広角・望遠)
12メガピクセル1基
前面カメラ 12メガピクセル1基 7メガピクセル1基 7メガピクセル1基
Face ID あり あり なし(Touch ID)
バッテリー iPhone XR より最大1時間長い iPhone 7より最大2時間長い iPhone 7 とほぼ同じ
防水 水深4mで最大30分間 水深1mで最大30分間 水深1mで最大30分間

iPhone 11搭載のCPUはiPhone X、iPhone 8と比べて2世代新しく、その分処理速度も大幅に向上、負荷の高いゲームなどもスムーズにプレイできます。

また、インカメラの画素数も格段に向上しているため、より鮮明な自撮り写真の撮影が可能です。

バッテリー持ちも「iPhone 8 Plus より最大1.5時間長い」と表現されているiPhone XR より最大1時間長いとされており、そのスペックの高さが伺えます。

まとめ

大人気 iPhone 11シリーズはソフトバンクをはじめ、ドコモ、au など国内の大手3キャリアで購入できますが、ソフトバンクでの購入をオススメする理由は、以下の2つです。

・端末購入の実質金額が安い
・端末購入サポートや料金割引キャンペーンが豊富

例えば、iPhone 11 Pro Maxの場合、ドコモやauだと、端末購入サポートを使って10万円を超える本体値段であるのに対し、ソフトバンクだと90,240円で購入できます。

今回の記事を参考にiPhone 11シリーズの購入はソフトバンクでご検討されてみてはいかがでしょうか。

新規契約、乗り換え、機種変更
の相談をしたい方はこちら

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン