isai vivid LGV32を購入したら設定しておきたい10のこと

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: au

auではお得なキャンペーンを実施中

22歳以下限定!
対象プラン加入と機種変更で

翌月から6か月間1,650円割引!

10,000円キャッシュバック!

他にもお得なキャンペーンがたくさん!

  • のりかえで最大22,000円割引
  • 新規契約で最大11,000円割引
  • 5G端末への機種変更で5,500円割引
  • SIMのみ購入で10,000円還元

isai vivid LGV32を買ったはいいけど、最初にどんな設定をしたらいいの?と思うこともあるでしょう。

そこで、isai vividをより使いやすくするために設定しておきたい項目を10個にまとめたので、一緒に設定していきましょう!

isai vivid LGV32 のレビューはこちら

1)ステータスバーにバッテリー残量を表示

初期状態ではステータスバーにバッテリーアイコンが表示されていますが、実際の残量が分かりづらいので、パーセント表示をさせましょう。

こうすることで、数値的にバッテリー残量が分かるため、気づいたら残量がピンチ!という状態を避けることができます。

設定 > 一般 > バッテリーとパワーセーブとタップし、「ステータスバーに表示」にチェックを入れればOKです。

ステータスバーにバッテリー残量を表示

ステータスバーにバッテリー残量を表示

ステータスバーにバッテリー残量を表示

2)バックライトの点灯時間を変更

ディスプレイの点灯時間を自分の使いやすいように設定しましょう。

バッテリーを少しでも節約したいという場合は点灯時間を短く設定すればよいですし、何度もディスプレイをオンにするのが面倒と言う人は、少し長めに設定しておけば良いでしょう。

設定 > 表示 > バックライト点灯時間から、好きな時間を選択。

バックライトの点灯時間を変更

バックライトの点灯時間を変更

バックライトの点灯時間を変更

3)ホームタッチボタンのカスタマイズ

isai vivid LGV32は、タッチボタンのカスタマイズが可能。

設定 > 表示 > ホームタッチボタン > ボタンの配列と選択していきます。

ホームタッチボタンのカスタマイズ

ホームタッチボタンのカスタマイズ

ホームタッチボタンのカスタマイズ

「お知らせ」「Qメモ+」「Qスライド」「デュアルウィンド」のボタンを追加、並び替えができます。画面が大きいので、「お知らせ」をホームタッチボタンに追加しておくと通知センターを簡単に呼び出せて便利です。

「お知らせ」ボタンを追加すると通知センターにアクセスしやすくなります
「お知らせ」ボタンを追加すると通知センターにアクセスしやすくなります

4)画面ロックをノックコードに

画面のダブルタップでスクリーンをオンにできるisai vivid LGV32ですが、画面ロックをノックコードにすると、タップでロック解除までできるので更に便利になります。

設定 > 表示 > 画面のロック > 画面ロックを選択とタップ。

画面ロックのタイプを変更

画面ロックのタイプを変更

画面ロックのタイプを変更

画面ロックを「ノックコード」に変更しましょう。ノックコードは、4分割されたスクリーンを3~8回タップして、素早く起動するというもの。

ノックコードにすると、タップでロックの解除ができます
ノックコードにすると、タップでロックの解除ができます

ノックコードは、3〜8回のタップに設定できます。

好きなノックコードを設定します

好きなノックコードを設定します

好きなノックコードを設定します

5)ノックコードで起動時にisaiシークレットをオンにする

isaiシークレットを設定している場合、画面オフからノックコードで画面オンにした際にisaiシークレットもオンにするように設定しておくと、使い分けがしやすいです。

設定 > 一般 > セキュリティ > isaiシークレットと選択。

ノックコードで起動時にisaiシークレットをオンにする

ノックコードで起動時にisaiシークレットをオンにする

ノックコードで起動時にisaiシークレットをオンにする

「シークレットノック」にチェックを入れれば完了。

「シークレットノック」にチェックを入れるだけ
「シークレットノック」にチェックを入れるだけ

6)通知パネルに表示させるクイック設定を選択・並び替える

通知パネルを下げると、デフォルトで「Qメモ+」「Wi-Fi」「サウンド」「すべて通知」「データ通信」が表示されていますが、これを自分の好きなように並び替えましょう。

通知パネルを下げたら、クイック設定をずっと左にスワイプし、「編集」をタップ。

通知パネルの表示をカスタマイズ

通知パネルの表示をカスタマイズ

通知パネルの表示をカスタマイズ

表示させたいものにチェックを入れ、左の「三」アイコンをタップ→ドラッグで表示順を変更します。機内モードやフラッシュライトを表示させておくと、何かと便利なのでオススメです。

表示・非表示と並び替えができます

表示・非表示と並び替えができます

表示・非表示と並び替えができます

7)文字入力を「フリックのみ」にする

文字入力は、初期状態だとフッリックとトグル両方になっています。フリックは上下左右に指を払って入力する方式、トグルはキーの連打で入力する、ガラケーと同じ入力方式です。

これだと、「ああ」と入力しようとして「あ」を2回タップすると「い」になってしまって少し使い勝手が悪いので、入力方式を「フリック」のみにします。

設定 > 一般 > 言語と入力 を選び、LG 日本語キーボードの横の歯車アイコンをタップ。

文字入力もカスタマイズ

文字入力もカスタマイズ

文字入力もカスタマイズ

「10キーキーボード」をタップし、「トグル入力」のチェックを外しましょう。

これで「フリック入力」のみになります

これで「フリック入力」のみになります

これで「フリック入力」のみになります

8)isaiジェスチャーによく使うアプリを割り当てる

よく使うアプリを、端末を2回振ってすぐ起動できるようにします。

設定 > 一般 > isaiジェスチャー > アプリのショートカットとタップ。

本体を2回振ることでアプリが起動できます

本体を2回振ることでアプリが起動できます

本体を2回振ることでアプリが起動できます

横の歯車アイコンをタップし、ジェスチャーで起動させたいアプリを選びましょう。

SNSをよく見るという人はTwitterやFacebookを登録するなど、自分がすぐに起動させたいアプリを登録しておくと便利ですよ。

よく使うであろうアプリを設定しましょう

よく使うであろうアプリを設定しましょう

よく使うであろうアプリを設定しましょう

9)ショートカットキーからカメラを起動させた時に撮影されないようにする

画面オフ時にボリュームダウンキーを2回押すと、カメラが起動してすぐに撮影されます。これだとどこにピントが合うか予測ができなくて、結局もう一度撮影し直すということになったりするので少々不便。

カメラは起動だけで、撮影は自分のタイミングでしたいという場合は、起動のみにしましょう。

設定 > 一般 > ショートカットキー で「クイックショット」のチェックを外せばOKです。

画面オフからボリュームダウン2回押しで、カメラ起動のみになります

画面オフからボリュームダウン2回押しで、カメラ起動のみになります

画面オフからボリュームダウン2回押しで、カメラ起動のみになります

10)アプリインストール時にホーム画面にアプリアイコンが追加されないようにする

デフォルトではアプリのインストール時にアイコンがホーム画面に追加される設定になっていますが、端末購入時などたくさんのアプリをインストールする時はかなり邪魔になるので、最初にオフにしておきましょう。

Google Playストアを起動し、左上のメニューをタップして「設定」を選びます。

最後はGoogle Playの設定

最後はGoogle Playの設定

最後はGoogle Playの設定

「ホーム画面にアイコンを追加」のチェックを外せばOKです。

アプリインストール時にアイコンがホーム画面に追加されないようにしましょう
アプリインストール時にアイコンがホーム画面に追加されないようにしましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか。以上が、isai vivd LGV32を購入したら設定しておきたい10のことです。

面倒かもしれませんが、これらの設定をしておくことでかなり快適にisai vividを使うことができるはず。ぜひ参考にしてみてください。

isai vivid LGV32 の新モデル 本革バージョンはこちら

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp




特集コンテンツ

d-card

d-card

キャリア・格安SIM 診断

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン