auの世界データ定額はスマホの海外利用が1日980円! 使い方や高額請求の防ぎ方を解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: au

au 海外

auには、海外でもデータ通信が利用できる「世界データ定額」というサービスがあります。

利用開始のタイミングが選択でき、定額制なので高額請求の心配もありません。使い方によっては、レンタルWi-Fiなどより値段を抑えられます。

今回は、海外でauスマホの利用を予定されている方に向けて、世界データ定額の内容・料金・使い方を解説します。海外での通話料・通信料を抑える方法についても言及しますので、ぜひ最後まで目をとおしてみてください。

目次:

海外でauスマホを使うなら「世界データ定額」がオススメ

世界データ定額 画像
海外でauスマホを使うなら「世界データ定額」がオススメ

auのスマホを海外で利用するなら、料金がわかりやすい定額サービス「世界データ定額」がオススメです。

「世界データ定額」を利用すれば、旅行や出張のあいだ、日本国内と同じくWi-Fiのない場所でもネットに接続できます。とくに土地勘のない海外では、地図やネット検索を利用する機会も多くなるので、「世界データ定額」があれば安心です。

また、自分のスマホがそのまま利用できるため、Wi-Fiルーターを持ち歩く必要も、クレジットカードを必要とする申し込みも必要ありません。

1日980円で使えるお得な国際ローミングサービス

「世界データ定額」は、24時間980円で使える国際ローミングサービスです。
国際ローミングサービスとは提携事業者の通信網を利用し、海外でも日本と同様の通信を提供することをさします。

以前は国際ローミングサービスの多くが上限なしの従量課金制であり、気づかぬうちに高額請求につながるケースもありました。
一方、世界データ定額は1日980円という定額制のわかりやすい料金なので、安心して利用できます。

通信量は国内で契約中のプランに準拠

「世界データ定額」で利用したデータ容量は、国内で契約しているデータ定額サービスプランから差し引かれます
たとえば、「auフラットプラン7プラスN」を契約中の方が海外で3GBを使った場合、7GBから3GBが消費され、残りは4GBです。

契約のデータ容量を使い切ってしまった場合は、海外においても日本と同じように速度が制限されます。ホテルなどでWi-Fiが使える場合は、積極的にそちらを利用し、データ容量を節約しておきましょう。

また、「auデータMAXプランPro」などの料金プランは、データ使い放題は国内のみ、海外では別途制限がつきます。制限内容は以下のとおりです。
※編集部更新:2020年2月1日よりauデータMAXプランProの月額料金が値下げになりました。また、テザリング・データシェア・国際ローミング通信は10GB増量しました。

料金プラン名 世界データ定額・テザリング・データシェア合計
auデータMAXプランPro 最大30GBまで
auデータMAXプラン Netflixパック 最大2GBまで

これらの制限は海外利用のみならず、世界データ定額・テザリング・データシェアの合計によるものです。とくに「auデータMAXプラン Netflixパック」は、その他のプランより使える容量が少ないので、ご注意ください。

auスター会員なら月1回世界データ定額が無料!

auスター会員は、毎月1回「世界データ定額」を無料で利用できます。

auスター会員はauケータイ・スマホをお持ちの方ならどなたでも入会でき、長期優待ポイントが受け取れます。その他にも、貯まったポイントをギフトとお得に交換できる特典や無料書籍など、限定特典が豊富です。

利用料金は無料であり、登録も専用ページからau IDと個人情報を入力するだけで完了します。auユーザーはぜひ登録しておきましょう。

世界データ定額の使い方

海外でのスマホ利用 イメージ画像
世界データ定額の使い方

「世界データ定額」の使い方・設定手順は、以下のとおりです。

1、海外で端末設定を変更
2、SMSでの利用可能メールを確認
3、アプリまたはWebサイトの「利用開始」をタップしてスタート

各手順を詳しく解説します。

1、海外で端末設定を変更

渡航先に到着してから、機内モードとWi-Fiをオフに、モバイルデータ通信とデータローミングをオンにしてください。

海外での端末設定 画像
海外で端末設定を変更

これらの操作でデータ通信量が発生することはありません。データローミングの設定については、以下を参考にしてください。

【iPhone(iOS13)の場合】

1、「設定」を選択し、「モバイル通信」を選択します。

ホーム画面 スクリーンショット設定画面 スクリーンショット
「設定」を選択 → 「モバイル通信」を選択

2、「通信のオプション」を選択し、「データローミング」をオンにします

ホーム画面 スクリーンショット設定画面 スクリーンショット
「通信のオプション」を選択 → 「データローミング」をオン

【Androidの場合】

①設定 → ②ネットワークとインターネット → ③モバイルネットワーク
→ ④海外ローミング設定 → ⑤ローミングをオン

2、SMSでの利用可能メールを確認

利用可能メールを確認 イメージ画像
SMSでの利用可能メールを確認

利用可能メールがSMSで届くので、確認しておきましょう。利用可能メールの受信は無料です。

3、アプリまたはWebサイトの「利用開始」をタップしてスタート

日本でアプリをインストールしておいた方は、アプリから「利用開始」をタップしてください。
アプリをインストールしていない方、アプリ対応機種をお持ちでない方は、Webサイト上から手続きを行います。

世界データ定額 利用開始 画像
アプリまたはWebサイトの「利用開始」をタップしてスタート

利用開始のためのサイトは、SMSの利用可能メールからアクセスできます。
アプリ、またはWebで「利用開始」を押した瞬間から、24時間のカウントがスタートします。

アプリのインストールとデータチャージの申し込みが必要

「世界データ定額」の利用には、事前にデータチャージオプションの申し込みが必要です。データチャージはいつでもデータ容量を追加購入できるオプションであり、データチャージ申し込みサイトからau IDでログインすることで簡単に手続きできます。

専用アプリは必須ではありませんが、スムーズな利用のために、日本国内で事前にインストールしておくことをオススメします。

専用アプリを利用すれば、利用開始時にサイト接続の必要がなく、データチャージに加入済みかどうかも確認できます。App Store・Google Playストアで無料ダウンロードしたのち、au IDでログインし、初期設定を行ってください。

料金は日付単位ではなく利用開始から24時間単位で計算

「世界データ定額」では、使い始めたタイミングから24時間ごとに980円の利用料金が発生します。

使いはじめもわかりやすく、アプリで「利用開始」を押した任意のタイミングからスタートします。自動更新ではないため、就寝中などの使わない時間に24時間が終われば、次回「利用開始」を押すまで料金は請求されません。

世界データ定額 利用イメージ画像
利用開始から24時間単位で計算

使わない時間の料金請求を避けられるため、使い方によっては、他の手段よりお得に利用できます。

例として、レンタルWi-Fiを利用するケースを想定してみましょう。レンタルWi-Fiの多くは、日本で借りてから返すまでが利用期間となり、飛行機での移動時間が長い場合は、その分料金が上がります。さらに複数国で利用する場合は、1ヵ国の利用より、日ごとの料金ベースも高くなります。

一方、世界データ定額は任意のタイミングでスタートできるため、行きの移動時の料金はかかりません。さらに、利用が複数国にまたがっても一律料金です。

「旅行期間のうち、数日だけ利用」「auスター会員の無料特典分だけを利用」という使い方もできるため、利用の幅も広がります。

世界データ定額が使える国

世界データ定額が使える国 イメージ画像
世界データ定額が使える国

「世界データ定額」は広域で利用可能であり、そのエリアは世界150以上の国・地域にまたがります。主なエリアは以下のとおりです。

【世界データ定額が使える国】

・アメリカ本土
・オーストラリア
・台湾
・韓国
・中国
・タイ、シンガポールなどアジア諸国
・スペイン、フランス、イタリアなどヨーロッパ諸国,,,,,etc

詳しい実際のエリアについては、公式サイト「au世界サービス対応エリア」の「対象の国・地域」をクリックしてご確認ください。

通話料は非常に高額なので注意

「世界データ定額」を使えばデータ通信は定額ですが、通話料は従量制となり日本国内よりも高額です。

通話料金は国によって異なりますが、同じ渡航先あてで毎分100円前後、日本や他国への通話は毎分数百円程度かかる場合もあります。LINEやSkypeなど、データ通信を使った通話は世界データ定額に含まれるので、なるべくそちらを利用しましょう。

渡航先国内での通話が主な場合は、海外SIMを利用するという手段もあります。auの詳しい海外通話料金については、公式サイトで確認ができます。

なお、同じ渡航先で通話する場合でも、同行者などの日本携帯にあてる場合は、「日本あて」の料金が適用されます。「同じ渡航先あて」よりも高くなるので、利用の際はご注意ください。

海外では着信にも料金が発生する

日本で通話をする場合、料金がかかるのは発信側のみですが、海外で通話をする場合は、着信側にも「ローミング着信料」という料金が発生します

ローミング着信料は、韓国70円/分、アメリカ165円/分、中国145円/分など高額です。

日本国内のように気軽に電話をとることはせず、不要な電話は避け、なるべく短時間で通話を済ませましょう。

世界データ定額と海外ダブル定額の違い

スマホ 画像
世界データ定額と海外ダブル定額の違い

au世界サービスには、「世界データ定額」の他にも、「海外ダブル定額」という料金プランがあります。

海外ダブル定額は使い放題だが高額

「海外ダブル定額」は「世界データ定額」のように国内での契約プランに依存せず、データ容量は使い放題です。しかし、料金は24.4MBまで1,980円/日、それ以上は2,980円/日と、世界データ定額の約2~3倍です。
使い放題というメリットをとりたいならば、他に海外レンタルWi-Fi、海外SIMという選択肢もあります。

たとえば、海外レンタルWi-Fiは1か国の利用なら約1,000円/日、海外SIMは10日間で2,000~3,000円程度が相場です。地域や日数によるので一概にはいえませんが、メジャーな渡航先ならば、海外ダブル定額よりも安くなるケースが多いでしょう。

海外ダブル定額には、受け取りや設定の手間がないなどのメリットもありますが、料金面を考慮すると、利用は慎重に検討すべきです。

日本時間の1日単位でカウント

「海外ダブル定額」は日ごとに料金が加算されますが、その「1日」は現地ではなく、日本時間で換算されます。くわえて「世界データ定額」のように自動で終了する設定もありません。

つまり現地では同じ1日でも、日本時間で日をまたいだ場合は、2日分の料金が請求されてしまうのです。世界データ定額と比べると料金の把握がしづらく、渡航先の時差によっては料金的に不利になるケースもあります。

海外ダブル定額の設定方法

「海外ダブル定額」の設定方法は、以下のとおりです。

1、日本国内にて「データローミング」をオンにしておく
2、渡航先にてSMSでの利用可能メールを確認

各手順を詳しく解説します。

1、日本国内にて「データローミング」をオンにしておく

スマホの設定から「データローミング」をオンにします。手順は以下を参考にしてください。

【iPhone(iOS13)の場合】

1、「設定」を選択し、「モバイル通信」を選択します。

ホーム画面 スクリーンショット設定 スクリーンショット
「設定」を選択 → 「モバイル通信」を選択

2、「通信のオプション」を選択し、「データローミング」をオンにします。

モバイル通信 スクリーンショットデータローミング スクリーンショット
「通信のオプション」を選択 → 「データローミング」をオン

【Androidの場合】

①設定→②ネットワークとインターネット→③モバイルネットワーク
→④海外ローミング設定→⑤ローミングをオン

その後飛行機に搭乗する場合は、必要に応じて機内モードを利用してください。渡航先に到着したら、機内モードはオフにします。

2、SMSでの利用可能メールを確認

利用可能メールを確認 イメージ画像
SMSでの利用可能メールを確認

利用可能メールがSMSで届くので、そちらを確認しておきましょう。利用可能メールの受信は無料です。設定をきちんと行ってもうまく利用ができない場合は、データローミングのオンオフを試してみてください。

まとめ

auの「世界データ定額」は24時間980円とわかりやすく、定額制なので高額請求の心配もありません。使えるデータ容量は日本でのデータ定額サービスに依存し、上限に達すると国内同様に速度が制限されます。

また、スタートのタイミングが選べるため、移動時間の料金を避けることができ、複数国で利用しても料金が上がりません。使い方によっては、レンタルWi-Fiよりも安く抑えられる、使い勝手のよいサービスです。

海外旅行、海外出張を予定されているauユーザーの方は、ぜひ世界データ定額の利用を検討してみてください。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

Y!mobile

d-card

Y!mobile

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン