カテゴリ: 格安SIM・格安スマホ

Galaxy Note9を購入したら、はじめに確認したい19の設定・機能

2018年10月に日本国内で発売された、Galaxy Noteシリーズ最新モデル「Galaxy Note9」。ドコモでは「Galaxy Note9 SC-01L」、auでは「Galaxy Note9 SCV40」の型番で展開されています。

最大の特徴である「Sペン」の魅力は健在で、本機では新たにリモコン操作に対応するなどさらに進化。ほかにも、さまざまな注目機能がふんだんに詰まっています。

本記事では、そんなGalaxy Note9を購入したら、まずはじめに確認しておくべき設定・機能を19個紹介します。どれもGalaxy Note9の魅力を引き出すために役立つものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

販売サイトはこちら

iPhone13シリーズ在庫あり!
最大22,000円 割引中!

iPhone SE(第3世代)も
最大22,000円割引!

SIMのみで選べる還元!
ワイモバイルがお得

SIMのみで選べる還元!ワイモバイルがお得

■SIMのみでPayPay還元

●公式オンラインストア ヤフー店

他社からの乗り換え、シンプルLなら

最大15,000円相当PayPay還元!

PayPay還元ならこちら

■SIMのみでキャッシュバック

●公式オンラインストア

他社からの乗り換え、シンプルLなら

最大10,000円キャッシュバック
6月限定!タイムセールで最大15,000に!

キャッシュバックならこちら

1. 設定画面の表示について

Galaxy Note9の設定画面で見かけるのが、項目名(項目の内容)とスイッチの間に縦線が入っているもの。こうした項目では、縦線の左側をタッチすると詳細な設定画面や説明が表示され、縦線の右側をタッチすると機能のオン/オフだけが切り替わります。

項目名とスイッチの間に縦線の入っているものがある
項目名とスイッチの間に縦線の入っているものがある
Dolby Atmosの場合、左側をタップすると動作の選択画面に
Dolby Atmosの場合、左側をタップすると動作の選択画面に
右側をタップすると単純に機能のオン/オフが切り替わる
右側をタップすると単純に機能のオン/オフが切り替わる

今回の記事で紹介する設定・機能以外の項目でも、よく観察してみると縦線入りの項目は意外と多く見つかります。まずはじめに“タップする場所によってできることが違う”ことを理解しておけば、Galaxy Note9をよりしっかりカスタマイズできることでしょう。

2. テザリング機能を設定する

Galaxy Note9には、Wi-Fi接続とテザリングを同時に有効化できる機能「Wi-Fi共有」が用意されています。

Galaxy Note9がWi-Fiに接続できる環境であれば、Galaxy Note9を“通信のハブ”としてWi-Fiを複数デバイスに共有できる機能です。モバイルデータ通信量の節約に役立つ便利なものなので、テザリング機能と合わせてぜひ設定しておきましょう。

Galaxy Note9を購入したら、はじめに確認したい19の設定・機能設定画面から【接続】→【テザリング】→【Wi-Fiテザリング】と選択。ここで【ネットワーク名】【パスワード】欄をタップする
設定画面から【接続】→【テザリング】→【Wi-Fiテザリング】と選択。ここで【ネットワーク名】【パスワード】欄をタップする
【ネットワーク名】【パスワード】はテザリングする時に使用する情報。任意に変更できる【ネットワーク名】【パスワード】はテザリングする時に使用する情報。任意に変更できる
【ネットワーク名】【パスワード】はテザリングする時に使用する情報。任意に変更できる
下にある【Wi-Fi共有】をオンにすれば、Wi-Fiに接続した状態でテザリングもオンにできる
下にある【Wi-Fi共有】をオンにすれば、Wi-Fiに接続した状態でテザリングもオンにできる

3. Dolby Atmosを有効にする

Galaxy Note9に搭載された「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」は、上下に分けて搭載された2機のスピーカーを使って立体的なサウンドを再生できる音響機能。初期状態では無効になっているので、ぜひ有効化しておきましょう。

設定画面から【サウンドとバイブ】→【音質とエフェクト】と選択。スイッチをオンにする
設定画面から【サウンドとバイブ】→【音質とエフェクト】と選択。スイッチをオンにする

4. ディスプレイの表示解像度を変える

“Galaxy Noteシリーズ史上最大”の6.4インチディスプレイを搭載するGalaxy Note9。画面解像度もQHD+(2960 x 1440ドット)とかなり高繊細ですが、初期状態では解像度がフルHD+に抑えられています。大画面の魅力を引き出すために、解像度も変更しておきましょう。

設定画面から【ディスプレイ】→【画面の解像度】と選択。解像度を「WQHD+」に変更したら右上の【完了】をタップする
設定画面から【ディスプレイ】→【画面の解像度】と選択。解像度を「WQHD+」に変更したら右上の【完了】をタップする

5. ホーム画面のレイアウトを選ぶ

Galaxy Note9にプリインストールされているホームアプリ「GALAXYホーム」では、「ホーム画面+アプリ一覧」「ホーム画面のみにアプリをすべて羅列」といった2つのスタイルからホーム画面のレイアウトを選択可能。好みに応じてスタイルを選択してみましょう。

Galaxy Note9を購入したら、はじめに確認したい19の設定・機能設定画面から【ディスプレイ】→【ホーム画面】と選択。説明を見ながら、2種類からレイアウトを選ぼう
設定画面から【ディスプレイ】→【ホーム画面】と選択。説明を見ながら、2種類からレイアウトを選ぼう

6. 全画面で表示するアプリを選ぶ

Galaxy Note9の画面のアスペクト比は18:5:9。従来のスマホより縦方向に大きいことも特徴です。しかし、Google Playでダウンロードできるすべてのアプリが、標準でこのアスペクト比をサポートしているわけではありません。

一部の例外を除き、Galaxy Note9では表示を強制的に縦長画面に合わせることが可能です。アプリ単位で個別に設定を選べるので、大画面の魅力を満喫するためにもぜひ設定を見直してみましょう。

設定画面から【ディスプレイ】→【全画面アプリ】と選択。全画面表示にしたいアプリのスイッチをオンにする
設定画面から【ディスプレイ】→【全画面アプリ】と選択。全画面表示にしたいアプリのスイッチをオンにする

なお、全画面表示を設定していないアプリを使う際にも、画面下の余白エリアに「ここをタップすると、アプリが全画面で表示されます」というメッセージが出現します。実際にタップしてみるとアプリが再起動され、以降は全画面表示の設定が有効になります。

各アプリに表示されるメッセージをタップすることでも全画面表示に切り替えられる
各アプリに表示されるメッセージをタップすることでも全画面表示に切り替えられる

7. エッジスクリーンを設定する

前面パネル端の湾曲部は「エッジスクリーン」と呼ばれ、数世代前からGalaxyスマホに導入されている特徴的なデザイン。ここにはアプリやツールを素早く呼び出せるランチャー「エッジパネル」、通知を光って知らせる「エッジライティング」といった2つの機能が割り当てられています。

設定画面から【ディスプレイ】→【エッジスクリーン】の順に進むと、それぞれの機能をカスタマイズできます。

エッジパネル

エッジパネルを有効にすると、画面端にハンドル(見出しのようなもの)が出現。画面中央に向かってドラッグ操作すると、あらかじめ設定しておいたアプリランチャーやツールを呼び出すことができます。

Galaxy Note9を購入したら、はじめに確認したい19の設定・機能
画面端から呼び出す「エッジパネル」。パネルの種類も様々で、パネルの中身をカスタマイズできるものもある画面端から呼び出す「エッジパネル」。パネルの種類も様々で、パネルの中身をカスタマイズできるものもある
画面端から呼び出す「エッジパネル」。パネルの種類も様々で、パネルの中身をカスタマイズできるものもある

エッジライティング

エッジライティングを有効にすると、通常では画面中央に表示される通知情報の代わりに、画面の周囲を光らせて通知の種類を知らせてくれます。

Galaxy Note9を購入したら、はじめに確認したい19の設定・機能Galaxy Note9を購入したら、はじめに確認したい19の設定・機能
エッジライティングが有効になる条件や光らせ方をカスタマイズできるエッジライティングが有効になる条件や光らせ方をカスタマイズできる
エッジライティングが有効になる条件や光らせ方をカスタマイズできる

8. バッテリー残量を数値で表示させる

初期状態の画面右上(ステータスバー上)のバッテリー残量表示は、電池アイコンのみ。パーセンテージ(%)での表示を付け加えたい場合は、設定の見直しが必要です。

設定画面から【ディスプレイ】→【ステータスバー】と選択。【バッテリー残量(%)を表示】をオンにすればOK
設定画面から【ディスプレイ】→【ステータスバー】と選択。【バッテリー残量(%)を表示】をオンにすればOK

9. ナビゲーションバーの見た目や機能を変更する

縦長ディスプレイを活かす工夫として、Galaxy Note9には「ホーム」「戻る」「アプリ履歴」などの基本操作ボタンが並ぶナビゲーションバーを通常非表示にする(必要なときだけ呼び出す)機能も用意されています。

Galaxy Note9を購入したら、はじめに確認したい19の設定・機能設定画面から【ディスプレイ】→【ナビゲーションバー】と選択。【表示/非表示ボタン】を有効にすると、ナビゲーションバー上に点が出現。ダブルタップすると、ナビゲーションバーを非表示にできる
設定画面から【ディスプレイ】→【ナビゲーションバー】と選択。【表示/非表示ボタン】を有効にすると、ナビゲーションバー上に点が出現。ダブルタップすると、ナビゲーションバーを非表示にできる

ナビゲーションバーを呼び出す場合は、画面の下端から上方向にスワイプします。また、非表示から表示に切り替える場合は、再びナビゲーションバー上の点をダブルタップしましょう。

10. Sペンのリモコン機能を見直す

専用デジタイザーペン「Sペン」にBluetoothモジュールが新たに搭載され、Galaxy Note9ではSペンをリモコンとして使えるようになりました。このリモコン機能の設定も任意で変更することができます。使いやすいように見直しておきましょう

設定画面から【高度な機能】→【Sペン】→【Sペンリモコン】の順に進めば、機能をカスタマイズできます。

【ペンボタンの長押しで行う操作】は様々なアプリ・機能から選んで割り当てられる【ペンボタンの長押しで行う操作】は様々なアプリ・機能から選んで割り当てられる
【ペンボタンの長押しで行う操作】は様々なアプリ・機能から選んで割り当てられる
一部のアプリ・機能では「1回押し」「2回押し」ごとの操作内容もカスタマイズできる
一部のアプリ・機能では「1回押し」「2回押し」ごとの操作内容もカスタマイズできる

11. エアコマンドのショートカットを見直す

Sペンを画面に近づけボタンを押すと「エアコマンド」と呼ばれるランチャーが開きます。こちらも設定画面からカスタマイズ可能です。

設定画面から【高度な機能】→【Sペン】→【ショートカット】と選択。エアコマンドに追加したいものを左側から右側へドラッグ操作で移動する
設定画面から【高度な機能】→【Sペン】→【ショートカット】と選択。エアコマンドに追加したいものを左側から右側へドラッグ操作で移動する
設定後、Sペンを画面に近づけてボタンを押せば、登録したアプリ・機能をエアコマンドから簡単に起動できる
設定後、Sペンを画面に近づけてボタンを押せば、登録したアプリ・機能をエアコマンドから簡単に起動できる

12. Sペンの省電力モード無効化方法を確認する

「STAEDTLER Noris digital(ステッドラー・ノリス・デジタル)」など、日本国内では端末に付属するもの以外に、Sペンとして使えるアクセサリーが販売されています。

こうしたアクセサリーを「付属のSペンをスロットに収納した状態」で使うためには、Sペンの省電力モードを無効化する必要があります。こちらは必要に応じて、設定を変更しておきましょう。

設定画面から【高度な機能】→【Sペン】と選択。【省電力モード】をオフにすれば、本体にSペンを収納した状態でも、他のSペンを使った操作ができる
設定画面から【高度な機能】→【Sペン】と選択。【省電力モード】をオフにすれば、本体にSペンを収納した状態でも、他のSペンを使った操作ができる

13. マルチウィンドウの起動方法を設定する

縦長ディスプレイが活きる用途といえば、画面上に2つのアプリを同時に表示して使う「マルチウィンドウ」機能。こちらの起動・表示方法も自分好みに見直しておきましょう。

設定画面から【高度な機能】→【ウィンドウ】と選べば、カスタマイズ画面が開きます。

設定画面から【高度な機能】→【ウィンドゥ】と選択。【履歴ボタンを使用】をオンにする
設定画面から【高度な機能】→【ウィンドゥ】と選択。【履歴ボタンを使用】をオンにする
履歴ボタンの長押しでマルチウィンドウが起動できるように。表示方法も2種類から選べる履歴ボタンの長押しでマルチウィンドウが起動できるように。表示方法も2種類から選べる
履歴ボタンの長押しでマルチウィンドウが起動できるように。表示方法も2種類から選べる

14. ビデオエンハンサーを有効化する

Galaxy Note9のディスプレイには、「ビデオエンハンサー」と呼ばれる映像調整機能が搭載されています。

特定のアプリで動画を楽しむ際に見栄えよく画質を調整してくれるものですが、こちらも初期状態では無効化されています。“撮影した素の画質で再生することにこだわる”シーン以外では、有効にしておきましょう。

設定画面から【高度な機能】→【ビデオエンハンサ】ーと選択。スイッチをオンにすれば、対応アプリでの動画再生時に画質が自動調整される
設定画面から【高度な機能】→【ビデオエンハンサ】ーと選択。スイッチをオンにすれば、対応アプリでの動画再生時に画質が自動調整される

15. 端末のメンテナンス方法を確認する

スマホを毎日快適に使うためにも、定期的に行っていきたいメンテナンス。Galaxy Note9にはバッテリーやパフォーマンス、ストレージ、メモリの最適化をワンタップで実行できるメンテナンス機能が備わっています。使い方を確認しておきましょう。

設定画面から【端末のメンテナンス】を選択。【今すぐ最適化】をタップするだけでメンテナンスが実行される設定画面から【端末のメンテナンス】を選択。【今すぐ最適化】をタップするだけでメンテナンスが実行される
設定画面から【端末のメンテナンス】を選択。【今すぐ最適化】をタップするだけでメンテナンスが実行される
ウイルスから端末を保護する機能は有効化するために操作が必要。【端末の保護】を一度押しておけば、以降は有効化される
ウイルスから端末を保護する機能は有効化するために操作が必要。【端末の保護】を一度押しておけば、以降は有効化される
Galaxy Note9を購入したら、はじめに確認したい19の設定・機能
【バッテリー】をタップすると省電力モードに切り替えることも可能【バッテリー】をタップすると省電力モードに切り替えることも可能
【バッテリー】をタップすると省電力モードに切り替えることも可能

16. インテリジェントスキャンを登録する

Galaxy Note9では端末のロック解除などに使える生体認証として、「顔認証」「虹彩認証」「指紋認証」をサポート。この3つの生体認証は、顔認証と虹彩認証を組み合わせた「インテリジェントスキャン」と指紋認証を併用することで、すべてを同時に有効化できます。

設定画面から【生体認証とセキュリティ】を開く。写真は生体認証機能が何も登録されていない状態。ここでまずは【インテリジェントスキャン】を選択
設定画面から【生体認証とセキュリティ】を開く。写真は生体認証機能が何も登録されていない状態。ここでまずは【インテリジェントスキャン】を選択
はじめに生体認証以外でのロック解除方法を設定
はじめに生体認証以外でのロック解除方法を設定
画面の指示に従って、顔や虹彩(目)の情報を登録していく
画面の指示に従って、顔や虹彩(目)の情報を登録していく
登録後の画面で【インテリジェントスキャンでロック解除】【画面ON時にインテリジェントスキャンロック解除】をオンにしておく
登録後の画面で【インテリジェントスキャンでロック解除】【画面ON時にインテリジェントスキャンロック解除】をオンにしておく
インテリジェントスキャン、顔認証、虹彩認証にデータが登録されていることを確認。続いて【指紋認証】を選ぶ
インテリジェントスキャン、顔認証、虹彩認証にデータが登録されていることを確認。続いて【指紋認証】を選ぶ
画面の指示にしたがい背面センサーを指でなでれば指紋の登録も完了
画面の指示にしたがい背面センサーを指でなでれば指紋の登録も完了
こちらも忘れずに【指紋ロック解除】をオンにしておく
こちらも忘れずに【指紋ロック解除】をオンにしておく
すべての生体認証の情報登録が完了した状態
すべての生体認証の情報登録が完了した状態
最後に設定画面から【ロック画面】を開く。【画面ロックの種類】にインテリジェントスキャンと指紋認証を含む3項目が表示されていればOK
最後に設定画面から【ロック画面】を開く。【画面ロックの種類】にインテリジェントスキャンと指紋認証を含む3項目が表示されていればOK

17. 片手操作が便利になる細かい設定を見直す

縦長ディスプレイは、動画視聴やマルチウィンドウ機能を使う際に便利なデザイン。しかし、片手操作をする場合は上端までの距離が遠くなり、通知の確認が大変です。そこで通知パネルを表示しやすくする2つの設定も見直しておきましょう。

設定画面から【ホーム画面】を選ぶ。【通知パネルを素早く開く】をオンにすると、ホーム画面で下方向にスワイプ操作すれば通知パネルを下ろせるように
設定画面から【ホーム画面】を選ぶ。【通知パネルを素早く開く】をオンにすると、ホーム画面で下方向にスワイプ操作すれば通知パネルを下ろせるように
設定画面から【高度な機能】を選ぶ。【指紋センサーのジェスチャー】をオンにすると、指紋センサーを上下になぞって通知パネルを上げ下げできる設定画面から【高度な機能】を選ぶ。【指紋センサーのジェスチャー】をオンにすると、指紋センサーを上下になぞって通知パネルを上げ下げできる
設定画面から【高度な機能】を選ぶ。【指紋センサーのジェスチャー】をオンにすると、指紋センサーを上下になぞって通知パネルを上げ下げできる

18. カメラの「シーン最適化」機能を見直す

Galaxy Note9のカメラでは「シーンオプティマイザー」により、撮影対象を自動で検出・識別。被写体により適した撮影設定や色味の調整を自動で行ってくれます。ただし、自然な色味で撮影したい場合など、あえてこの機能を無効化したいケースもあるはず。いつでも設定変更できるよう、設定方法を覚えておきましょう。

設定変更はカメラアプリ内の設定アイコン(歯車のアイコン)から
設定変更はカメラアプリ内の設定アイコン(歯車のアイコン)から
初期設定では【シーンの最適化】がオンになっている。これをオフにするとシーンオプティマイザーが無効化される
初期設定では【シーンの最適化】がオンになっている。これをオフにするとシーンオプティマイザーが無効化される
項目の左側をタップしてみると、シーンオプティマイザーがどういった機能か確認することもできる項目の左側をタップしてみると、シーンオプティマイザーがどういった機能か確認することもできる
項目の左側をタップしてみると、シーンオプティマイザーがどういった機能か確認することもできる

19. カメラ画面に表示される撮影モードを見直す

Galaxy Note9を横向き(ランドスケープモード)で保持してカメラを使う場合などで、画面を上下にスワイプすると撮影モードを変更できます。初期状態では「自動」「スーパースローモーション」「ライフフォーカス」など並びますが、ここに表示するものと並び順も設定から変更できます。

画面端で選択できる撮影モード
画面端で選択できる撮影モード
Galaxy Note9を購入したら、はじめに確認したい19の設定・機能Galaxy Note9を購入したら、はじめに確認したい19の設定・機能
設定アイコン(歯車のアイコン)から【カメラモードを編集】を選ぶと、背面カメラと前面カメラそれぞれ、表示する撮影モードやその並び順を変更できる
設定アイコン(歯車のアイコン)から【カメラモードを編集】を選ぶと、背面カメラと前面カメラそれぞれ、表示する撮影モードやその並び順を変更できる

初期状態では前述のシーンオプティマイザーが有効になっているためか、リアカメラ側で「食事」の撮影モードが非表示になっています。スマホで食べ物の写真をよく撮るのであれば、これはぜひともオン(表示)にしておきましょう

使い方まとめ:まずは「Sペン関連」「生体認証」「マルチウィンドウ」を設定しよう

今回はGalaxy Note9を使い始めるにあたり、まずはじめに確認しておきたい設定・機能を19個取り上げて紹介しました。項目数がかなり多くなりましたが、それだけGalaxy Note9には多くの機能が備わっており、自分なりにカスタマイズして楽しめるスマートフォンでもあるということ。

筆者の個人としては、Galaxy Note9を使うなら最低でも「Sペン関連」「インテリジェントスキャン」「マルチウィンドウ」の3つを試してみることをオススメします。

もちろん、それ以外の項目もぜひ参考にしていただき、Galaxy Note9の魅力を満喫してみてくださいね。

販売サイトはこちら

iPhone13シリーズ在庫あり!
最大22,000円 割引中!

iPhone SE(第3世代)も
最大22,000円割引!

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

まきはら とよかず

まきはら とよかず

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン