HUAWEI Mate 20 Pro レビュー! 高性能なカメラ・スペック・美しいデザインが魅力のハイエンドモデル

書いた人: Yusuke Sakakura

カテゴリ: HUAWEI

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
HUAWEI Mate 20 Pro レビュー! 高性能なカメラ・スペック・美しいデザインが魅力のハイエンドモデル

スマートフォンのグローバルシェア(四半期ベース)においてAppleを抜いて世界2位となったHuaweiがフラグシップモデル「HUAWEI Mate 20 Pro」を11月30日に発売しました。

各MVNO等から販売されるSIMフリーモデルに加え、12月中旬以降にはソフトバンクが国内キャリアとして独占販売します。

この記事ではカメラメーカー「Leica」とコラボした大好評のトリプルレンズカメラや、さらにパワーアップしたAIを搭載するハイエンドモデル「HUAWEI Mate 20 Pro」をレビューします。

HUAWEI
HUAWEI Mate 20 Pro

端末のご購入はこちら

目次:

【外観・デザイン】高級感のある美しいボディデザイン

「HUAWEI Mate 20 Pro」の大きな進化点・改善点の1つがデザインです。昨年、発売されたHUAWEI Mate 10 Proはガラスやメタルの素材による高級感はあったものの“美しさ”という点ではイマイチでした。

今回は高級感だけでなく美しさもプラスされた魅力的なボディデザインに仕上がっています。

大きな変更は左右のエッジがなめらかなカーブを描くデザインになったこと。見た目の美しさはもちろん手に馴染み、6.39インチの有機ELディスプレイがエッジまで流れることで没入感と迫力のある映像が楽しめます。

バックはLeicaトリプルカメラとLEDフラッシュから構成されるスクエア型のカメラユニットが印象的なデザイン。今回レビューするトワイライトカラーは光の当たり方で色合いが変わる鮮やかな青のグラデーションで、表面はツルツルとした手触り。指紋が付きやすいのが気になりますが、滑りづらくキズや指紋がつきにくいマイクロ3Dテクスチャ加工が施されたミッドナイトブルーもラインナップされています。なお、ソフトバンクからは専用カラーのブラックも販売されます

ボディは片手に収まるサイズですが6.39インチのディスプレイを片手で操作するのは決して楽ではありません。ただ、ホームボタンを2回タップすると画面が縮小表示される「ワンハンドUI」を利用することで、通常では指が届かないボタンやアイコンも操作可能になり、片手での文字入力も楽になります。

指が届かない場合は「ワンハンドUI」が便利
指が届かない場合は「ワンハンドUI」が便利

右サイドには誤操作防止のためにカラーリングされた電源ボタンとボリュームボタンが配置。ボトムにはUSB-CとSIMカードスロットが搭載されています。イヤホン端子はありません。

【スペック・パフォーマンス】快適な操作性を実現

OS Android 9 / EMUI 9.0
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約157.8mm × 約72.3mm × 約8.6mm
重さ 約189g
ディスプレイ 約6.39インチ
2K+(3,120 x 1,440ピクセル)
プロセッサ HUAWEI Kirin 980
2 x 2.6 GHz + 2 x 1.92 GHz + 4 x 1.8GHz
オクタコア
メモリ / ストレージ 6GB / 128GB
HUAWEI NM Card 最大256GB
メインカメラ Leicaトリプルカメラ
広角: 約4,000万画素
超広角: 約2,000万画素
望遠: 約800万画素
フロントカメラ 約2,400万画素
バッテリー 4,200mAh
充電 USB 3.1 Type-C
SIM スロット数:2
スロット:nanoSIM
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 with BLE
aptX・aptX HD・LDAC・HWA
VoLTE au VoLTE
※対応予定
耐水 / 防塵 IPX8 / IP6X
おサイフケータイ ×
ワンセグ/フルセグ ×/×
指紋認証・顔認証 ディスプレイ内蔵型指紋認証 / 顔認証
通信方式 LTE:
B1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32/34/38/39/40/41
W-CDMA:B1/2/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
カラー ミッドナイトブルー、トワイライト、ブラック(ソフトバンク限定)

性能面では“究極のパフォーマンスと省電力性”を実現した7nmプロセス採用の最新チップセット「HUAWEI Kirin 980」を搭載。

パフォーマンスにおいてはCPUが75%、GPUが46%、NPUが226%の大幅アップを遂げ、タッチ操作の反応時間とアプリの起動時間が大幅に短縮。動作のなめらかさも大きく向上しています

また、AIの進化によって長期間利用してもパフォーマンスが落ちにくくなり、HUAWEIによればパフォーマンスの変化試験において使い始めから18ヶ月後でも5%の劣化にとどまるとのこと。これはHUAWEI P10 Plusの半分、Galaxy Note9の⅕だそうです。

Mate 20 Proで高い処理性能が要求されるゲームアプリ「PUBG MOBILE」をプレイしてみたところボタン操作の応答性は申し分なし。発熱や遅延もなく快適にプレイできました

ただ、PUBG MOBILEを含めてゲームアプリのほとんどはHUAWEI Mate 20 Proのようなラウンドディスプレイに対応していないため、ボタンが見切れることによる押しづらさやゲームの各種ステータスの見切れ等によってやりづらさを感じることもあります。また、NBA2Kではジャギーが目立つといった事象も確認できました。

GPSはデュアル周波数の同時利用やAIによって最適なGPS衛星を掴むことで、都市部などで高層ビルに囲まれた場所でも非常に高い精度で現在地を示すことが可能とのこと。GPSの精度をiPhone XSと比較してみたところ違いを感じることはなかったものの現在地表示で困ることはありませんでした。

モバイルデータ通信の対応バンドは幅広く、ソフトバンク・ワイモバイル・ドコモ・auで利用可能。キャリアアグリゲーションに対応し、VoLTEにも対応予定と案内されています。

OSは最新のAndroid 9 Pieを搭載。大きな変化はボタン操作からジェスチャー操作への変更ですが、HUAWEI Mate 20 Proでは操作方法を選択することができます。HUAWEIのジェスチャー操作はAndroid純正ではなく、iPhoneの操作性に近い形にカスタマイズされています。

画面サイズが3インチ台の時代に開発されたボタン操作は、大画面のスマートフォンではボタンに指が届かないことが多々ありますが、ジェスチャー操作ではそういった心配がなくボタンが表示されない分だけ大きな画面をより広く使うことができます

大画面のスマートフォンではジェスチャー操作が便利
大画面のスマートフォンではジェスチャー操作が便利

アプリの使用時間を管理したり、使用時間に応じてアプリを制限したり、画面をモノクロ表示にして電池持ちを長引かせるAndroid 9の主要機能のひとつである「Digital Wellbeing」にはまだ対応していません。また残念ながらSIMフリー版・ソフトバンク版ともにおサイフケータイには対応していません。

【カメラ性能】Leicaトリプルレンズカメラの実力は?

AIをサポートしたカメラ
AIをサポートしたカメラ

高い評価を得ているLeicaトリプルカメラはHUAWEI Mate 20 Proで新たに生まれ変わりました。これまではカラーセンサー(広角レンズ)+モノクロセンサー+望遠レンズの組み合わせでしたが、最新のカメラはカラーセンサー(広角レンズ)+望遠レンズ+超広角レンズの新しい組み合わせになっています

最も使用回数が多くなるカラーセンサーは40メガピクセル・f/1.8・27mm。ズームしても画質が劣化しない3倍の望遠レンズは8メガピクセル・f/2.4・80mm。そしてより広い画角と撮影できる超広角レンズは20メガピクセル・f/2.2・16mm。

メインとなる広角レンズのセンサーサイズはGalaxy Note9やiPhone XS Maxよりも125%も大きく、暗い場所でも多くの光を取り込んで明るい写真を撮影することができます

さらにAIが大きく進化したプロセッサ「Kirin 980」によって撮影シーンや被写体を自動で認識し、カメラの設定を最適化するためカメラを向けてシャッターボタンを押すだけでベストショットがカンタンに撮影できます

以下は、HUAWEI Mate 20 Proのカメラで撮影した写真です。
※写真はクリック・タップをすると大きなサイズで表示できます。

HUAWEI Mate 20 Proのカメラで撮影した写真HUAWEI Mate 20 Proのカメラで撮影した写真HUAWEI Mate 20 Proのカメラで撮影した写真HUAWEI Mate 20 Proのカメラで撮影した写真HUAWEI Mate 20 Proのカメラで撮影した写真HUAWEI Mate 20 Proのカメラで撮影した写真

超広角レンズで黄色く色づいたいちょうと青空、AIによる紅葉エフェクトで色鮮やかに撮影できます。夜景モードで夕暮れを撮影をすると、見た目よりもかなり明るい写真が撮影できました。

さらに夜景モードでイルミネーションを撮影。他のスマートフォンでは、再現できない雰囲気で撮影ができます。

暗い店内や日が落ちた時間帯でも明るく、ご飯が美味しそうに撮影可能。アパーチャモードは複雑な容器の輪郭も認識して正確に背景をぼかしてくれます。

人物撮影はポートレートモードが綺麗に撮れる
人物撮影はポートレートモードが綺麗に撮れる
人物ではない被写体はアパーチャが効果的
人物ではない被写体はアパーチャが効果的

人物撮影はポートレートモードが効果的です。新たに背景の光源をハート型に加工できるようにりました。人物以外の背景をぼかしたい時は「アパーチャ」が便利です。AIによってさらに進化し、より自然なボケ感を表現できます。

「スーパーマクロ」を撮影。左がMate20  Pro、右がiPhone XS。iPhone XSではフォーカスが合わない「スーパーマクロ」を撮影。左がMate20  Pro、右がiPhone XS。iPhone XSではフォーカスが合わない
「スーパーマクロ」を撮影。左がMate20 Pro、右がiPhone XS。iPhone XSではフォーカスが合わない
HUAWEI Mate 20 Proは被写体に2.5cmまで寄れる
HUAWEI Mate 20 Proは被写体に2.5cmまで寄れる

Mate 20 Proは新たに「スーパーマクロ」に対応。被写体に2.5cmまでレンズを近づけて撮影してもボケずにくっきり撮影でます。スマホのカメラが最も苦手としていた撮影方法でしたが、HUAWEI Mate 20 Proなら大丈夫です。

印象的な撮影をしたいときは「超広角」「望遠」がおすすめ印象的な撮影をしたいときは「超広角」「望遠」がおすすめ印象的な撮影をしたいときは「超広角」「望遠」がおすすめ
印象的な撮影をしたいときは「超広角」「望遠」がおすすめ

いつもとは違う雰囲気の写真を撮りたい時は、超広角レンズを使うと便利。望遠は遠いものをキレイに撮影できるだけでなく印象的な切り取りも可能です。

HUAWEI Mate 20 Proはココが良かった

実際にHUAWEI Mate 20 Proを使ってみて「良かった・気になったポイント」をピックアップして紹介します。

ワイヤレスリバースチャージ

Mate 20 Proは自身で充電器となれる
Mate 20 Proは自身で充電器となれる

「HUAWEI Mate 20 Pro」は自身がワイヤレス充電器となる「ワイヤレスリバースチャージ」に対応しています。利用するには設定をオンにして、ワイヤレス充電に対応したスマートフォンと背中合わせにするだけ。

例えば、サブで持ち歩いてるスマートフォンを充電したり、充電がなくなった友だちのスマートフォンを充電することができます。試しに手元のiPhone XSとApple Watch Series 4を充電してみたところiPhone XSは、ワイヤレスで充電することができましたがApple Watchは充電不可でした。

リバースチャージは実用性だけでなく「こんな機能もあるんだよ」というアピールにもなるはずです。

有機EL2K+6.4インチの大画面スクリーン

“究極の狭額縁”を実現したディスプレイ
“究極の狭額縁”を実現したディスプレイ

「HUAWEI Mate 20 Pro」には6.39インチのビッグスクリーンが採用されています。大きな特徴はエッジがカーブしたデザインで手に馴染むだけでなく見た目にも美しい仕上がりです

有機ELディスプレイが映し出す映像のクオリティも素晴らしいものがあります。一般的なスマートフォンが採用する液晶に比べて高いコントラストで発色が良く、画質は段違いの差があると評価できます。これらはディスプレイそのものの評価であるためHUAWEI Mate 20 Proで撮影した写真はもちろん、YouTubeやAmazonビデオなどで配信されている動画でも映像の質に違いがはっきりと現れます。

スピーカーや各種センサーが搭載されたエリア“ノッチ”ですが横幅も縦幅もiPhone XSよりも短くなっているため目立つものではありません。設定を変更することで黒く塗りつぶして非表示にすることも可能です。

ノッチは設定画面から消すことも可能
ノッチは設定画面から消すことも可能

左右のベゼル幅はiPhone XSの約半分で“究極の狭額縁”を実現。その結果、ボディに対する画面占有率は86.9%に。ベゼルありのスマートフォンから買い換える人にとってはディスプレイそのものを掴んで操作しているような感覚になるかもしれません。

バッテリー性能

最新のプロセッサKirin 980は処理性能だけでなく省電力性能も大きく向上(CPUが58%、GPUが178%、NPUが182%)しています。

バッテリーは大容量の4,200mAh。画面の明るさと解像度を最大にしてYouTubeの動画を視聴したところ約9時間で電池が0%に。これまでいくつもの機種をテストしてきましたがHUAWEI Mate 20 Proが最長になりました

大容量のバッテリーは充電に時間がかかりますがパッケージに同梱されている「40W HUAWEI SuperCharger」対応の充電器とケーブルで充電すると30分で最大70%まで充電できるとのこと。寝る前に充電を忘れても、出かける前のわずかな時間で1日分のチャージが可能です。

ディスプレイ内蔵式の指紋認証&3D顔認証

昨年冬に発売されたHUAWEI Mate10 Proは背面に指紋認証センサーを搭載していましたが、「HUAWEI Mate 20 Pro」はディスプレイ内蔵式の指紋認証に変更されています

ディスプレイに触れたり、指紋認証が必要な場面になると指紋のアイコンを画面に表示されてセンサーの位置を教えてくれます。そこに指をのせると波紋のアニメーションが少しだけ表示されたあと画面ロックが解除されます。これまでの指紋認証や顔認証にはない体験で不思議な感覚になります。

ディスプレイに指をのせるだけで認証される新しい指紋センサー
ディスプレイに指をのせるだけで認証される新しい指紋センサー

肝心の使い勝手ですが通常の状態では問題ありませんが、指が濡れていたり汚れていると精度が落ちてしまいます。従来の指紋認証よりもデリケートに感じました

指紋認証に加えて30,000超のポイントをユーザーに投影して顔の特徴を3Dで把握する顔認証に対応。Huaweiによれば誤認識率は100万分の一でAppleのiPhoneに搭載されるFace IDと同等の認識精度を誇ります。試しに自分の写真で顔認証の突破を試みましたが弾かれました。また、寝顔でも認証されないように目を開いていないと認証できないオプションも用意されています。

顔の登録はiPhoneよりもカンタン
顔の登録はiPhoneよりもカンタン

指紋認証と顔認証は併用することも可能。併用時は顔認証の方が指紋認証よりも高速なようです。

AI Vision

Pixel 3シリーズの日本発売に伴い、Googleレンズがようやく日本語に対応しました。残念ながらGoogleレンズはHUAWEI Mate 20 Proでは利用できませんが、似たような機能として「Ai Vision」が搭載されています。

「AI Vision」は、フルーツやパスタなどの料理、植物などをカメラにかざすと、AR等で関連する情報が表示される画像認識を活用したカメラ機能です。フルーツにかざせば果物の種類や量・大きさを認識してカロリーを自動計算して表示したり、英文を日本語に直したり、ファッションアイテムの価格をネットで調べてそのまま購入することもできます。

OK GoogleやHey Siri、スマートスピーカーの登場によって検索の手法はテキストから声に変わりつつありますが、AI VisionやGoogleレンズといった画像認識を活用した機能の登場によって検索の手法は声からカメラに変わっていくのかもしれません。AI Visionはそんな最新の技術を体験できる機能になっています。

左から類似アイテムの検索、類似画像のAR表示、カロリーの自動計算左から類似アイテムの検索、類似画像のAR表示、カロリーの自動計算左から類似アイテムの検索、類似画像のAR表示、カロリーの自動計算
左から類似アイテムの検索、類似画像のAR表示、カロリーの自動計算

評価まとめ

HUAWEI Mate 20 Pro
HUAWEI Mate 20 Pro

高級感だけでなく美しさも感じられる新デザインのボディ、思い出を美しく印象的に記録できるLeicaトリプルレンズカメラ、撮影した写真や動画をより美しく表現する有機ELディスプレイ、パワフルかつスマートなAIが備わった新しいチップセット、驚異的なスタミナを誇る電池持ちなど魅力が全部入りの「HUAWEI Mate 20 Pro」をレビューしました。

Huaweiのスマートフォンを紹介するにあたって避けて通れないのはここ最近で報じられている安全性です。テレビの報道などで「Huaweiのスマホって大丈夫なの?個人情報が中国に流れていない?」と不安に思っている人も多いはず。

事の発端はアメリカがHuaweiの基地局やスマートフォンがデータを収集して中国に送っているのではないか、と疑ったこと。アメリカは日本を含む同盟国にも使用中止を求め、日本政府はHuaweiと同じ中国のZTEを事実上排除する方針(5Gの電波を割り当てに関する審査基準で)を示したと各紙が報じています。

ただし、現段階で排除が報じられているのは基地局のみでスマートフォンについては報道がなく、そもそもの情報漏えいについてもHuaweiは明確に否定しており、現時点でHuaweiが情報を漏えいしている事実や証拠は確認されていません。

HUAWEI Mate 20 Proは実際に使ってみたら、レビューしたとおり「デザイン・スペック・カメラ性能・バッテリー性能」魅力なポイントは多くおすすめのハイエンドモデルです。

HUAWEI Mate 20 Proのオススメポイント

・高級感・美しさ・使いやすさを備えた3Dボディ
・思い出を美しく残せる新しいLeicaトリプルレンズカメラ
・圧倒的な電池持ち&ハイパフォーマンス
・長く使えるハイエンドモデルが欲しい人

HUAWEI
HUAWEI Mate 20 Pro

端末のご購入はこちら

モバレコ編集部:YouTube動画

【モバレコ】ついにきた!!HUAWEI Mate 20 Proのデザイン・外観をチェック!
【モバレコ】HUAWEI Mate 20 Proスペック・カメラ性能をチェック!iPhone XS Maxとも比較してみた!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

プロフィール

モバレコでは、2015年からレビュー記事を中心に寄稿しています。

また、スマートフォンやタブレット、アプリ、サービス、アクセサリを総合的に取り扱うモバイル専門のメディア「携帯総合研究所」を個人で運営。発表会の取材はもちろん、前職はシステムエンジニアでプログラミングの経験をいかして3キャリアの料金を比較できる料金シミュレーターなども開発しています。

得意カテゴリー

レビュー

ブログ・SNS

携帯総合研究所
https://mobilelaby.com/
Twitter(@xeno_twit)
https://twitter.com/xeno_twit