iPhoneのユーザ辞書の登録・活用の仕方 【iPhone Tips002】

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneのユーザ辞書の登録・活用の仕方 【iPhone Tips002】

iPhoneでは、良く使う言葉や、読み方の難しい漢字を、辞書に登録して使用することが出来ます。メールやSNSで良く使用する名前や地名を登録したり、うまく応用すると長い文章を少ない入力で呼び出すことができます。

良く使う固有名詞を登録する

まず登録しておいて便利なのは、人の名前だと思います。今の時代は子供の名前の読み方は難しいことも多いので、登録しておくと便利です。

【設定】 > 【一般】 > 【キーボード】 の順番でタップし、
右上の【+】ボタンで追加をします。

iPhone:良く使う固有名詞を登録する
iPhone:良く使う固有名詞を登録する
iPhone:良く使う固有名詞を登録する
iPhone:良く使う固有名詞を登録する

[単語]に変換後に表示される文字を入力
[よみ]にその単語の読み方を入力します。

普通の変換では出ない文字を登録できる
普通の変換では出ない文字を登録できる

長い文章を登録し、簡単に呼び出す

この辞書機能を上手く使うと、便利な機能がいっぱいあります。
長い文章を登録するので、一番良く使うのが、「住所」の登録です。

先ほどと同じ容量で、辞書の入力画面に行き、
[単語]の欄に自分の住所
[よみ]の欄に例えば「じゅ」と入力し、登録します。

じゅと入力するだけで、変換候補に住所が現れた

じゅと入力するだけで、変換候補に住所が現れた

じゅと入力するだけで、変換候補に住所が現れた

そうすれば、メールやWEBの入力フォームなど、様々な場面で住所を入力する際に、
「じゅ」と入力すれば、すでに変換候補の中に、登録した住所があるはずです。

SNSなどで、仲間内だけで使うキーワードなど登録すれば、
ここでそのキーワードを言いたいという場面で、間を逃すことなく笑いがつかめるかもしれませんね!

※こちらのページではiPhone6を使用し、検証をしております。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2019年もあっという間に6月ですね。7月、8月の夏本番に向けて予定を立て始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 スマホ業界も次々と新作が登場する熱い時期。夏の思い出を美しく残すために、高性能カメラのスマートフォンに新調するのも良いですね!