ソフトバンクエアーの評判からわかったメリット・デメリットを解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: WiFiルーター

縛りなしWiFi 評判

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)は、コンセントをさすだけで自宅にインターネットを引ける、工事不要のWiFiサービスです。これから申し込もうとしている方にとっては、ユーザーの評判が気になる所ですよね。

実はソフトバンクエアーの評判を見ると、速度が遅い、サポートの電話が繋がらないといった口コミをよく目にします。また解約費用も高めであることから、誰にでもおすすめできるサービスではないのが実情です。

今回は、実際にソフトバンクエアーを使っている人の評判・口コミをまとめ、ソフトバンクエアーがおすすめなのか、メリット・デメリットをふまえて解説します。

目次:

ソフトバンクエアーとは

ソフトバンクエアーとはどんなサービス?
ソフトバンクエアーとはどんなサービス?(引用元:ソフトバンク

ソフトバンクエアーは、家庭用の据え置き型WiFiルーターサービスです。自宅でWiFi環境を整える方法はいくつかありますが、ソフトバンクエアーは工事をせずとも、光回線に負けない快適なネット環境を構築できます。

モバイル型ではないものの、コンセントがあればすぐに使える無線LANとして、ある意味、可動式のお手軽WiFi機器といえます。ただし、契約した住所でしか使えませんのでご注意ください。

提供される端末は「Airターミナル4」。いくつかあるAirターミナルシリーズの中で最高ランクの仕様です。スペックが高く、光回線に匹敵する安定した高速通信が可能です。

【ソフトバンクエアー月額料金】

〜12ヶ月目 3,800円
13ヶ月目〜 4,880円

評判からわかったソフトバンクエアーのメリット

評判からわかったソフトバンクエアーのメリット
評判からわかったソフトバンクエアーのメリット(引用元:ソフトバンク

ソフトバンクエアーは以下5つのメリットが特徴になります。

1.工事不要で自宅にインターネットを引ける
2.月間データ量上限・速度制限がなく使い放題
3.ポケットWiFiより速度が出やすい
4.ソフトバンクのスマホ代が割り引かれる
5.大人数で回線をシェアできる

端末のスペックの高さだけでなく、導入の手軽さ・料金面にもメリットがあります。

工事不要で自宅にインターネットを引ける

ソフトバンクエアーを使うために必要な設備は電源のみ。光回線のように工事は要らず、端末をコンセントに挿すだけで完了です。

建物の都合で工事ができない賃貸住宅やマンション住まいの人にはうってつけの、家庭用サービスになります。

月間データ量上限・速度制限がなく使い放題

ソフトバンクエアーは「完全無制限」のWiFiルーターで、月間データ量や通信速度に制限がありません。

同じく据え置き型WiFiルーターサービスとして「WiMAX」がありますが、速度制限があるため使いすぎに注意が必要です。

【ソフトバンクエアー・WiMAX制限比較】

ソフトバンクエアー WiMAX
月間データ量 上限なし
速度制限 条件 なし 直近3日で10GB以上の利用
期間 翌日18時頃から翌2時頃まで
制限中速度 1Mbps

ポケットWiFiより速度が出やすい

ポケットWiFiより速度が出やすい
ポケットWiFiより速度が出やすい(引用元:ソフトバンク

ソフトバンクエアーは無線LAN方式になりますが、ポケットWiFiよりも速度や安定性に優れています。据え置き型で端末を大型化できスペックを優先できるためです。

【端末スペック】

  Airターミナル4
最大速度(下り) 962Mbps
Wi-Fi規格 IEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大1.3Gbps
最大接続数 64台
サイズ 約 225x103x103mm
重さ 本体:約 635g
アダプタ:約 197g

一般的に光回線が、下りでおよそ1,000Mbps・1Gbpsと言われていますから十分ですね。
実際のユーザーからもソフトバンクエアーの速度について好意的な意見が多く見られます。

10Mbps以上の速度があれば日常的なほとんどの用途に対応できます。テレワークなどでのビデオ会議などにも十分です。47Mbpsはかなりの高速です。4K・8Kなどの超高画質動画の再生やオンラインゲームも問題なく可能です。

ただしソフトバンクエアーはすべて無線で通信するため、設置する場所によっては速度が遅くなる可能性があります。地下や遮蔽物がある場所、山間部などの建物内では遅くなりやすい傾向にあるといわれています。

ソフトバンクのスマホ代が割り引かれる

ソフトバンクのスマホ代が割り引かれる
ソフトバンクのスマホ代が割り引かれる(引用元:ソフトバンク

ソフトバンクのスマホをお持ちの方であればソフトバンクエアーとのセット割引「おうち割光セット」が適用可能です。

おうち割光セットでは、毎月スマホの代金が永年割引されます。割引金額はスマホの契約プランによって異なりますのでご留意ください。

【おうち割光セット割引額】

プラン 割引金額/月
データプランメリハリ
データプランミニフィット
データプラン50GB+
データプランミニ※5
データ定額 50GBプラス
ミニモンスター
データ定額 50GB/20GB/5GB
1,000円
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
500円

おうち割光セットと組み合わせられるスマホの台数は10台まで。それぞれのスマホ料金が割引されるため、家族で複数のソフトバンクスマホを契約しているほど、より割引金額が大きくなります。

またおうち割光セットが使える回線は他に「ソフトバンク光」がありますが、そのためには月額500円のオプション加入が条件です。ソフトバンクエアーであればおうち割光セットのためのオプションは不要です。

大人数で回線をシェアできる

1台のAirターミナルに接続できる端末の最大台数は64台。多数接続を前提に作られているため回線共有における速度の低下が起こりにくくいことも特徴です。

家族が多い、またはゲーム機や家電など自宅内にWiFi端末が多い場合でもらくらく対応できます。

評判からわかったソフトバンクエアーの注意点・デメリット

評判からわかったソフトバンクエアーの注意点
評判からわかったソフトバンクエアーの注意点

ソフトバンクエアーには以下5つの注意点・デメリットがあります。

1.自宅でしか使えない
2.レンタルは割高になる
3.速度が遅いという評判が多い
4.解約費用が高い
5.4年以上使わないと損する可能性大!

費用面での注意点が多く、お得に使うためには把握しておく必要があります。

自宅でしか使えない

ソフトバンクエアーは、たしかにコンセントがあればWiFi環境が構築できるのですが、契約した住所でしか使えません。もし、別の住所で利用すると規約違反となり、通信制限の対象となります。

引っ越しなどで住所が変更になる場合は、事前に住所変更の手続きを必ずしましょう。
住所変更をしていなかったばかりに、通信制限になっていたユーザーの声がありました。

住所変更の手続きをして、無事に速度が回復したようですね。

レンタルは割高になる

ソフトバンクエアーの端末であるAirターミナルは購入とレンタルの2つの選択肢があり、レンタルのほうが月々の料金が割高です。

【レンタル・購入金額比較】

  購入 レンタル
月額料金 〜12ヶ月目:3,800円
13ヶ月目〜:4,880円
〜12ヶ月目:4,290円
13ヶ月目〜:5,370円
初期費用 3,000円
実質料金(3年間) 165,720円 183,360円

速度が遅いという評判が多い

ソフトバンクエアーは据え置き型であるためポケットWiFiよりも速度が安定しているはずなのですが、度々速度低下に関する口コミが見られます。

データ通信の速度の単位を「Mbps(メガビーピーエス)」といいます。「megabits per second」の略称で、1秒間当たり1メガビット(0.125MB)のデータを転送できるという意味です。

【一般的に必要とされている速度例(下り)】

インターネット利用用途 必要といわれている速度(下り)
ウェブページ閲覧/メール受信/LINE 1Mbps
YouTube動画(720p)/ビデオ通話 3Mbps
YouTube動画(1080p)/スマホのオンラインゲーム 5Mbps
4K動画の再生/PCオンラインゲーム 25Mbps

快適なインターネットの速度は20Mbps出ていれば、大抵なんでもこなせるといわれています。
しかし無線LANであるため環境に左右されやすいことは否めません。

ソフトバンクエアーは最大速度962Mbpsとうたっていますが、これは最高の環境での数値ため、実際にはもっと低くなることもあるのです。

8Mbpsではオンラインゲームや高画質動画の再生など用途によっては不足を感じるかもしれません。1Mbps以下の速度は動画再生はもとより、Webサイトの閲覧にも支障が出るほどです。

10Mbpsを下回るようではかなり遅いといえます。機器を再起動してみたり、サポートへの問い合わせをしてみたりしましょう。

解約費用が高い

ソフトバンクエアーは2年自動更新の契約であるため更新月以外の解約では違約金など費用がかかり、その金額も高額です。

【解約費用】

  購入 レンタル
違約金 9,500円
端末料金 なし 1,650円×残り月

違約金は9,500円ですがAirターミナルを購入で契約している場合、解約時点での端末料金の残債を支払う必要があります。

 4年以上使わないと損する可能性大!

Airターミナルを購入で契約した場合、端末代金59,400円は36回の分割で請求されます。
1回あたりの1,650円は契約期間中であれば同額の割引によって相殺され支払いは不要ですが、解約時点で残債があればその分を支払わなくてはなりません。

つまり、2年自動更新の初めの更新月で解約をすると端末の残債金約1年分がかかってしまうことに注意しましょう。無料で解約できるタイミングは2回目の更新月、48ヶ月目です。

ソフトバンクエアーは2年契約ですが、機器は3年割賦のため、このように必ずしも更新月=無料解約とはならないため注意しましょう。課金開始のタイミングによっては、1回目の更新月での本体残債額が1〜2ヶ月ほどずれる場合もあります。

結局、ソフトバンクエアーは申し込むべき?

結局、ソフトバンクエアーは申し込むべき?
結局、ソフトバンクエアーは申し込むべき?

ソフトバンクエアーはがおすすめの人、そうでない人は以下のようになります。

ソフトバンクエアーがおすすめの人

・自宅内のみでインターネットを使う人
・回線工事ができない住宅に住んでいる人
・ソフトバンクスマホユーザー

ソフトバンクエアーがおすすめでない人

・外出先でも使いたい人
・オンラインゲームや4K・8K動画視聴など安定した高速通信が必要な人

外出先で使いたい方はポケットWiFi、高速通信を求める方は光回線など別の回線を検討しましょう。

ソフトバンクエアーを最もお得に申し込む方法

ソフトバンクエアーを最もお得に申し込む方法
ソフトバンクエアーを最もお得に申し込む方法(引用元:モバレコエアー

ソフトバンクエアーはソフトバンクのHPやソフトバンクショップで申し込みします。
最も安く契約できる窓口は「モバレコエアー」からの申し込みです。

実質料金最安のモバレコエアーがおすすめ!

「モバレコエアー」はソフトバンクエアーとまったく同等のサービスを、よりお得に契約できる窓口です。端末購入にすれば28,000円の高額キャッシュバックもあり、契約期間の実質料金が大変お得です。

安さの秘密は、ソフトバンクエアー自体の割引キャンペーンにプラスして「モバレコエアー限定月額キャンペーン」を適用できるからです。

実はモバレコエアーは、ソフトバンクエアーと株式会社グッド・ラックのメールマガジンをセットにした商品であり、メールマガジン会員になるという条件付きで安くなっているのです。
よってメールマガジンを停止すると「モバレコエアー限定月額キャンペーン」も失効してしまいます。

メルマガ自体は、不定期にお知らせが届くだけですから、ユーザーのストレスはほとんどありません。

【モバレコエアー料金】

  購入 レンタル
月額料金 〜2ヶ月目:1,970円
3ヶ月目〜:3,344円
端末代 なし 490円/月
事務手数料 3,000円
キャンペーン 28,000円キャッシュバック なし
支払額合計(3年間) 92,636円 138,276円
実質月額 2,573円 3,841円

おうち割光セットなどソフトバンク公式のキャンペーンも同様に適用でき、28,000円のキャッシュバックは最短で契約の翌月に受け取れます。

申し込み手順

ここからはモバレコエアーからの申し込みの手順を紹介します。

1.提供エリアの確認
2.申し込みページへ移動
3.端末契約を選択
4.契約者情報を入力・本人確認書類の提出
5.支払い情報の入力

以上の5ステップで完了します。

1.提供エリアの確認

まずは利用住所が提供エリア内であるかをソフトバンクの窓口で確認します。

<ソフトバンクエアー窓口>
線話番号:0120-981-072
営業時間:9:00〜22:00

この窓口から申し込むとモバレコエアーでの申し込みにはならないため、確認のみにしておきましょう。

2.申し込みページへ移動

申し込みページへ移動
申し込みページへ移動(引用元:モバレコエアー

モバレコエアー公式ページにある「お申し込み」から申込画面に移動します。

3.端末契約の選択

端末契約の選択
端末契約の選択(引用元:モバレコエアー

Airターミナルを購入するかレンタルにするかを選択、現在利用中の回線についても選択しましょう。

4.契約者情報を入力・本人確認書類の提出

契約者情報を入力・本人確認書類の提出
契約者情報を入力・本人確認書類の提出(引用元:モバレコエアー
契約者情報を入力・本人確認書類の提出
契約者情報を入力・本人確認書類の提出(引用元:モバレコエアー

氏名・住所・連絡先など契約者を入力します。その後契約者本人の確認書類を画像のアップロードで提出します。

5.支払い情報の入力

支払い方法はクレジットカードや口座振替、ソフトバンクスマホとの合算請求などがありますが、契約者の状況で選択肢が変わります。支払い情報の入力が終われば申し込みは完了、1週間以内に端末が到着します。

ソフトバンクエアー以外のおすすめ他社回線を紹介!

ソフトバンクエアー以外のおすすめ他社回線を紹介!
ソフトバンクエアー以外のおすすめ他社回線を紹介!

ソフトバンクエアーをおすすめしてきましたが、エリア外などで環境が合わない場合には、以下でご紹介する他社回線の検討をしてみてください。お得に安定した高速通信ができる回線を4つ挙げてみました。

据え置きルーターなら「WiMAX」

高スペックな端末が人気の「WiMAX」にも据え置き型WiFiルーターのサービスがあります。
WiFi環境は端末の性能にも左右されるのですが、WiMAXの機種は安定性で信頼されています。
Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。

メリット

・回線速度・端末供給ともにサービスが安定している
・機種のスペックが高い
・高額キャッシュバックなどキャンペーンがある

デメリット

・速度制限がある(直近3日間で10GB以上)

「L02」の機種を選べば、最大下り速度1Gbpsでの利用が可能です。1Gbpsの速度を例えると、CD1枚分(約700MB)のデータをダウンロードした場合、たった6秒で完了する計算になります。

ただしハイスピードプラスエリアモード(有料)かつLANケーブル接続時という条件に限ります。サービスの対象エリアは順次拡大予定であるものの、東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部にとどまっているのが現状です。

制限後の速度は1Mbpsと比較的ゆるく、制限期間も翌日の夜間8時間ほどと短時間です。

【WiMAX料金(プロバイダ:BIGLOBE)】

月額料金 〜2ヶ月目:0円
3ヶ月目:2,590円
4ヶ月目〜:3,760円
初期費用 3,000円
実質料金(3年間) 129,670円

無制限のポケットWiFiなら「THE WiFi」

「THE WiFi」であればドコモ・au・ソフトバンク3社の回線を月間データ量・通信速度の制限なしで利用できます。クラウドSIM方式という、その時その場所で最適な回線をつかんでくる最新技術で、海外でも利用可能なポケットWiFiルーターです。最大速度も150Mbpsと十分です。

完全無制限で月額料金が格安であり、端末は無料レンタルのため、急速にユーザーを増やしている注目のサービスです。

メリット

・月間データ量・通信速度に制限がない
・外出先でも利用できる
・月額料金が変動なく格安

デメリット

・新規受付中止やサービス制限の可能性がある

現在同種の他社サービスでは、新型コロナウイルスの影響で需要が増えたことにより、新規契約や速度に制限を設けて運営する方向へと舵をきっています。現状は大丈夫ですがTHE WiFiも今後同様の措置を取る恐れがあります。

【THE WiFi料金】

月額料金 3,480円
初期費用 3,000円
実質料金(2年間) 86,520円

すぐに解約予定なら「縛りなしWiFi」

「縛りなしWiFi」は格安の料金で、さらに解約時の違約金なしで契約できるポケットWiFiです。3ヶ月〜1年程度の短期間での利用を想定している方に大変おすすめです。

残念ながら端末の指定はできず、手元に届いた機種により回線が振り分けられ、ソフトバンクかWiMAXのどちらかになります。

メリット

・契約翌月以降はいつでも無料解約できる
・外出先でも利用できる

デメリット

・速度制限がある(1日2GBまたは1ヶ月20GB)

縛りなしWiFiで速度制限になると128kpsの厳しい速度制限になってしまいます。速度制限なしの完全無制限プランもありますが、現在は在庫切れのため申し込みできません。

【縛りなしWiFi】

月額料金 3,480円
初期費用 1,000円
実質料金(2年間) 84,520円


回線速度重視なら「光回線(固定回線)」

オンラインゲームや大きなデータの送受信など、高速で安定した回線が必要な方は、光回線の契約が最もおすすめです。

メリット

・回線速度が高速で安定している
・月間データ量・通信速度に制限がない
・セット割引でスマホ料金が割引される

デメリット

・外出先で使えない
・回線工事が必要で開通に時間がかかる
・契約期間が長く、解約費用が高い

光回線の中では、回線速度が2Gbpsと高速なNURO光が最もおすすめです。提供エリアが限定されているため、公式ページで事前に確認しましょう。45,000円のキャッシュバックがあり、ソフトバンクスマホとのセット割引も可能です。

【NURO光料金】

月額料金 4,743円
初期費用 3,000円
キャンペーン 45,000円キャッシュバック
実質料金(2年間) 71,832円

まとめ

まとめ
まとめ(引用元:モバレコエアー

ソフトバンクエアーは自宅据え置きタイプのWiFiルーターで、以下のような人におすすめです。

ソフトバンクエアーがおすすめな人

・自宅内のみで使う人
・回線工事ができない住宅に住んでいる人
・ソフトバンクスマホユーザー

据え置きタイプであるため速度も安定しやすく、ソフトバンクスマホとのセット割引を使えばスマホ代も割引されます。

モバレコエアーから申し込みをすればキャッシュバック28,000円が受け取れ、公式よりもお得に契約できます。

【モバレコエアー料金】

  購入 レンタル
月額料金 〜2ヶ月目:1,970円
3ヶ月目〜:3,344円
端末代 なし 490円/月
事務手数料 3,000円
キャンペーン 28,000円キャッシュバック なし
支払額合計(3年間) 92,636円 138,276円
実質月額 2,573円 3,841円

端末を購入で契約した場合、料金は安くなりますが解約時の費用が高くなるため注意が必要です。持ち運びしたい人はポケットWiFi、より高速で安定した回線が必要であるならば光回線がおすすめです。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

モバレコ ストア

d-card

モバレコ ストア

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン