ガラケーからの移行も問題なし!docomoのガラホ、ARROWS ケータイ F-05G 徹底解剖

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: ドコモ

通話、メールといったシンプルな機能に対応した旧来型の携帯電話、通称”ガラケー”。各キャリアが製品ラインナップにおける割合の重点をスマホにシフトした現在においても、一部のユーザーからは根強く支持され続けています。

そんな中NTTドコモでは、2015年夏モデルとしてガラケーではなく、2台の”ガラホ”を投入してきました。このことからも今後は各キャリアとも、ガラケーからガラホへとシフトしていくことが予想されます。

そこで今回は6月19日に発売されたばかりの富士通製ガラホ「ARROWSケータイF-05G」に関して、外観からスペック、機能、ガラケーやスマホとの違いなどを徹底的に解剖し紹介していきます。

目次:

ガラケーと変わらない親しみやすい外観

こちらがNTTドコモのARROWSケータイF-05G。本体を閉じた状態での見た目はまさに従来のガラケーを”強く”意識してつくられている、と感じるほどまさにガラケー。色味はかなり落ち着きのある印象を受けます。

今回レビューで使用するのはRed。他にBlack、Whiteも
今回レビューで使用するのはRed。他にBlack、Whiteも

ボディにかかる金色の帯部分にはLEDディスプレイが仕込まれており、着信時やメッセージ受信時には通知が表示されます。またそれ以外の際も本体側面に配置されたボタンを押すことで、時刻や電波状況を表示・確認などをすることが可能。

帯部分がサブディスプレイに
帯部分がサブディスプレイに

周囲(側面)を見ていくと、手前の側面はバックカバーを取り外す際に利用する溝が設けてあります。

手前の側面にはバックカバー取り外し用の溝
手前の側面にはバックカバー取り外し用の溝

向かって左の側面には片手で端末を開閉することが可能なボタン、そしてストラップホールが配置。

関節部分に配置された丸いボタンを押すだけで端末が開閉
関節部分に配置された丸いボタンを押すだけで端末が開閉

またMicroUSBケーブルを接続する端子が防水キャップの奥には隠されています。

MicroUSB端子は防水キャップの中に
MicroUSB端子は防水キャップの中に

奥側の側面には特に何もなし。

関節部はシンプルなつくり
関節部はシンプルなつくり

向かって右側の側面にはマナーと書かれたボタン。端末を閉じた状態でもこのボタンで通常モード/マナーモードの切り替えが可能。またあとから詳細は説明しますが、お気に入り機能ボタンとしても使用できるため、端末を開いた状態では予め設定した機能を呼び出すショートカットボタンとして利用することも可能です。

”マナー”と刻印されたボタンがやや目立つ
”マナー”と刻印されたボタンがやや目立つ

続いて端末を開いて操作キーを見ていきます。
操作キーの上部は従来のガラケーと非常に似たつくりになっており、電話帳や発着信履歴、MENU画面の呼び出しキー、カメラ、メール、インターネットなどをワンプッシュで行なうことができます

操作キーの配置はガラケーとほぼ変わりなし
操作キーの配置はガラケーとほぼ変わりなし

またテンキー部分も基本は同じつくりです。ガラケーではメーカー毎にボタンに割り当てられた機能の配置が若干異なるため、使いはじめこそ若干慣れる時間が必要ですが、基本的にはガラケー→ガラホの機種変更でも大きな違和感なく移行できるでしょう。

テンキー周りもまさにガラケー
テンキー周りもまさにガラケー

さらにテンキー下には”1”〜”3”と番号の振られたボタンが配置されています。これらはお気に入り機能ボタンとなっており、予め自分で選択した機能をワンプッシュで呼び出すためのショートカットボタンの機能を果たします。詳細はのちほど。

テンキー下に3つ配置されたお気に入りボタン
テンキー下に3つ配置されたお気に入りボタン

端末を開いたところを側面から。ディスプレイとテンキーの角度も、従来のガラケーに慣れている方であれば違和感はまず感じないでしょう。

外観はどの角度から見てもガラケー
外観はどの角度から見てもガラケー

続いて背面。

ARROWS ケータイ F-05Gの背面
ARROWS ケータイ F-05Gの背面

背面上部には有効画素数約800万画素のリアカメラ、そしてその横にスピーカーが配置されています。

カメラの縁取りは四角
カメラの縁取りは四角

このARROWS ケータイ F-05Gは防水防塵機能も有している一方、バッテリーの脱着も可能。カバー側を確認すると水濡れ防止のパッキンが仕組まれていることがわかります。

背面カバーには防水パッキンが仕組まれている
背面カバーには防水パッキンが仕組まれている

技適マークはシールで貼られています。またmicroSDカードはバッテリーを取り外した状態で挿入します。

バッテリーパックを取り外した様子
バッテリーパックを取り外した様子
microSDカードスロットは珍しさのある機構に
microSDカードスロットは珍しさのある機構に

またSIMカードもバッテリーを取り外してから挿入する仕様。カードの種類はNano SIMで、脱着式のSIMカードトレイに乗せた状態で差し込みます。

SIMカードはトレイに乗せて差し込む
SIMカードはトレイに乗せて差し込む

さらにストラップを取り付けに関してもバックカバーを取り外した状態で行います。紐を通して上から突起部に被せる、という取り付けが比較的容易に構造です。

ストラップの取り付けは比較的楽
ストラップの取り付けは比較的楽

スペック面はガラケー+α

外観に関してははまさに”ほぼガラケー”といえるARROS ケータイ F-05Gですが、次はスペック表をもとに中身を見ていきます。

ARROWS ケータイ F-05Gのスペック
サイズ 高さ 約113mm ✕ 幅 約51mm ✕ 厚さ 約15.8mm
重さ 約 129g
バッテリー容量 1,700mAh
ディスプレイ メインディスプレイ:約3.4インチ FWVGA(480×854)TFTディスプレイ
サブディスプレイ:約0.8インチ(96×39)有機ELディスプレイ
OS Android™4.4 KitKat
対応UIM ドコモnanoUIMカード
カメラ 約810万画素 裏面照射型CMOS
その他 microSDカード対応(最大32GBまで)、防水防塵(IPX5/IPX8、IP5X)、ワンセグ、赤外線通信、Bluetooth(4.0)エリアメール

端末の外観デザイン同様、サイズに関してもほぼ従来のガラケーと変わらないものになっていますが、重量はやや増加。これの大きな要因となっているのはガラケー比で約1.7倍となっているバッテリーによる部分が大きいでしょう。ディスプレイのサイズと解像度に関してはほぼ変化はありません。

そしてOSは最近の日本国内向けスマートフォンの大部分に採用されているAndroidを採用。OSバージョンこそAndroid™4.4 KitKatとやや古いものの、ガラケーに置き換わる製品として利用する分において不満は感じないでしょう。

またカメラは有効画素数が約800万画素のものを搭載。こちらは従来の一部のガラケーよりはやや画素数こそ落ちていますが、実際に使用してみると非常にきれいな写真を撮影することが可能です。こちらに関してものちほど改めてご紹介します。

その他にも防水防塵、ワンセグ、赤外線通信といった従来のガラケーにあった機能が搭載されています。

特徴となる機能を徹底紹介

ここからは、ARROWS ケータイ F-05G の特徴となる機能について紹介していきます。

大容量バッテリーで電池持ちがよい

1つ目に取り上げるのはバッテリーもちの良さ。先程も触れたとおり、ARROWS ケータイ F-05G では従来のガラケー比で約1.7倍となる大型のバッテリーを搭載。さらにここへ富士通独自の省電力技術を組み合わせることで、連続待受約930時間(従来のガラケー比で約1.5倍)、連続通話約520分(従来のガラケー比で約2倍)を実現しています

筆者はこのARROWS ケータイ F-05Gを4泊5日の旅行に携帯し、実際のバッテリー持ちを確認してみました。通話の待受と発信がメイン(頻度:1〜2回/日程度)で、たまにネットに接続して調べ物。そして写真を撮影(30枚程度)といった使い方をしていたのですが、出発前に100%まで充電をした後、家に帰るまで1度も充電をすることはなく、帰宅時もバッテリーは50%以上残っていました。

充電から5日目朝時点でもバッテリー残量は60%以上
充電から5日目朝時点でもバッテリー残量は60%以上

従来のガラケーユーザーにとっては当たり前と感じるかもしれませんが、逆に”ガラケーの当たり前”のひとつをきちんと実現できているガラホといえるでしょう。

専用アプリでLINEが快適に使える

通話やメールと合わせて利用頻度が増加しているサービスといえばLINEです。このARROWS ケータイ F-05Gには専用アプリが用意されており、スマホとほぼ同じ使い勝手でLINEを利用することが可能です。

専用LINEアプリの画面
専用LINEアプリの画面

なおガラホでのLINEの使い心地に関しては、後日別記事で特集します。

ATOK+テンキーで文字入力がしやすい

他メーカーのガラホと比較した場合に強みとなっている機能のひとつが日本語入力システム。ARROWS ケータイ F-05Gでは(株)ジャストシステムの「ATOK」を搭載しており、日本語での文字入力・変換に非常に強い設定となっています。

ATOKの文字変換画面
ATOKの文字変換画面
絵文字や顔文字ももちろん搭載
絵文字や顔文字ももちろん搭載

またテンキー部分はキーストローク(キーを押した時に押し込まれる深さ)がやや深めに設計されており、キーを押した際の感触がしっかりとしています。

押した感触がしっかり感じられるキーストローク
押した感触がしっかり感じられるキーストローク

ガラケーを使用しての文字入力に慣れている方の中にはブラインドタッチ(キーを見ずに入力する)のしやすさを重視する方もいると思いますが、そういったハード面での文字入力のしやすさも非常によい仕上がりといえそうです。

パソコンと同じようにネットが楽しめるブラウザ

インターネット閲覧時に使用するブラウザに関しても、スマホやPCと同じ画面を閲覧することが可能なフルブラウザに対応しています。

スマホやPCと同じ画面がブラウジングできる
スマホやPCと同じ画面がブラウジングできる

閲覧に関しての操作(画面スクロール、カーソル移動)は、ボタンを押して1つずつ動かす「ケータイモード」と、パソコンなどのように矢印ポインタで操作する「マウスモード」の2つが利用可能。マウスモードに関しては物理キーを押すことで縦・横・斜め自由に動かすことができるため、より細かい操作が行いやすくなっています。

ボタンを押して1つずつカーソルを動かすケータイモード
ボタンを押して1つずつカーソルを動かすケータイモード
矢印ポインタで操作を行なうマウスモード
矢印ポインタで操作を行なうマウスモード

またブックマークには乗換案内や天気予報、ニュース、SNS(Facebook、Twitter)、ネットショッピングサイト(Amazon.co.jpなど)が初期登録されており、こういった日頃からよく利用するであろうものにも容易にアクセスすることができます。

よく使われそうなものはブックマークに予め登録されている
よく使われそうなものはブックマークに予め登録されている

SNSに関してはLINEのように専用アプリこそ用意されていないものの、ブラウザを利用してログインし、通常通りに利用することが可能です。

TwitterなどのSNSもブラウザ上から利用可能
TwitterなどのSNSもブラウザ上から利用可能

使う人に合わせた細かい配慮が感じられる調整機能

この端末はLTE通信に対応していないため、高品質通話サービスのVoLTEも当然非対応です。ですが通話品質をあげる・使いやすくする機能として「スーパーはっきりボイス4」「あわせるボイス2」「ゆっくりボイス」といったものも搭載されています。このうち「あわせるボイス2」「ゆっくりボイス」に関しては事前に誕生日を登録しておき、そこから逆算される年齢によって自動で調整をしてくれます。

生年月日を登録すると音質・画質を自動で調整してくれる
生年月日を登録すると音質・画質を自動で調整してくれる

実際にいくつか誕生日を変更して確認してみたのですが、通話音声を聞いている限りでは、明らかに機械的に調整されたような印象(違和感)は受けませんでした。それでいて、確かに人で混雑している場所でも音声は聞き取りやすい感じがあります。具体的には周囲の雑音が消えているというよりも、相手の声の輪郭がより強調され、聞き取りやすいという印象です。

比較に使用していた端末は海外製のスマホ(VoLTEは非対応)だったのですが、日本国内向けの調整+αが込められている印象は確かに感じられました。

綺麗に撮れるカメラ

カメラの有効画素数は約800万画素となっており、従来のガラケーの一部の機種より数値的には低くなっている部分もありますが、それでも現在主流となっているタブレット端末のカメラと画素数的には大きく変わりません。

カメラの起動はボタンひとつで行え、またカメラ起動時の画面インターフェースは非常にシンプルになっています。

カメラ画面は非常にすっきりしたデザイン
カメラ画面は非常にすっきりしたデザイン

以下は実際にARROWS ケータイ F-05Gで撮影した写真の例です。

東京ビックサイト
東京ビックサイト
沖縄の海
沖縄の海
お店の看板と置き物
お店の看板と置き物
タコライス
タコライス

またディスプレイの表示も非常にきれいで、撮影した写真を楽しむのにも十分といえそうです。

非常に発色の良いディスプレイ
非常に発色の良いディスプレイ
色鮮やかに表示される
色鮮やかに表示される

なおARROWS ケータイ F-05Gのカメラには他に動画撮影モード、QRコード撮影モードが搭載されています。

よく使う機能はお気に入り機能ボタンで楽に呼び出し

従来のガラケーからより使いやすさを意識してこのARROWS ケータイ F-05Gに搭載されているのがお気に入り機能ボタン。テンキー下の3つのボタン、および端末右側面にあるマナーの刻印があるボタンの計4つに自由に機能を登録することができます。

端末に4つ配備されたお気に入り機能ボタン
端末に4つ配備されたお気に入り機能ボタン

各ボタンには”短押し”と”長押し”で機能を設定できるため、2種類の押し方×4つのボタンで最高8つまで、よく使う機能を登録することが可能です

各ボタンには2つずつ機能を割り振ることが可能
各ボタンには2つずつ機能を割り振ることが可能
各ボタンには2つずつ機能を割り振ることが可能

また割り振ることのできる機能についても、決まった連絡先、LINE、画面保存(スクリーンショット)、電卓、メール、ワンセグなど非常に幅広いのがうれしいところ。

割り振れる機能はかなり多い
割り振れる機能はかなり多い

スマートフォンのようにホーム画面にショートカットを作成することこそできない本機種ですが、その代わりとして十分使いやすさをもたらしてくれる機能となっています。

ガラケーとの違い、スマホとの違い

ここまでARROWS ケータイ F-05G自体について紹介してきましたが、ここでは筆者が約2週間本機種を使用する中で感じたガラケーとの違い、スマホとの違いを整理しておきます。

ガラケーとの違い

まずガラケーとの違いですが、正直ここに関してはあまり大きな差は感じませんでした。中身のソフトウェアがAndroidとはなっているものの、各画面のデザインやインターフェースはガラケーをかなり強く意識して設計されており、従来のガラケーユーザーにとってはほぼ違和感なく機種変更もできるものといえるでしょう。

ただし機能面での違いでいえば、ガラケーやで当たり前となっているおサイフケータイ、iモードが使用できないということはあります。またWi-Fi接続やテザリングも非対応となっているため、ネット接続はモバイル回線を使って行なうことになり、またWi-Fiモデルのタブレット端末のネット接続機器として利用することもできません。

料金プランに関しては従来のガラケーと同じもので利用することが可能です。ですので無料通話付きのFOMA従量プラン(バリュープラン、ベーシックプラン)および定額プラン(カケホーダイプラン)から自分の用途に合わせた料金プランを選択できます。ただしフルブラウザの搭載によって送受信されるデータ量が増えること、またLINEやSNSに対応することでデータ通信の頻度が増えることを踏まえると、パケット定額サービスの加入プラン見直しは行なうことをオススメします

スマホとの違い

Android搭載ということでスマホとの違いも気になるところですが、はっきりいえばこのガラホはスマホとは全く別なものです。OSこそスマホの大部分に利用されている汎用性の高いものですが、前述のとおりガラケーを強く意識した設計となっており、普段からスマホしか使っていない方にとっては操作でかなり手間取ることと思います。

またGoogle Playといったアプリストアにも対応しておらず、自身で好きにアプリを追加することもできません。Wi-Fiやテザリングも使えず、データ通信も3Gのみ利用可能(LTE非対応)です。

ドコモガラホはガラケーライトユーザーにおすすめ

2週間使用してみた感想として、ドコモのガラホ「ARROWS ケータイ F-05G」はズバリ従来のガラケーで通話やメールなど、基本的な機能に限定して利用していたガラケーライトユーザーにとって非常におすすめな機種といえるでしょう。デザインや操作性に対しての違和感はなく、通話、メール、インターネット、LINEといった用途であればまず使用にあたって問題となる点はないはずです。

また本体代金自体も36,288円(税込)と比較的安いことから、連絡用として離れた場所に暮らす家族(おじいちゃん・おばあちゃん)に持たせる端末としても非常に優れています。特にお気に入り機能ボタンに予め決まった連絡先への発信、メールやLINEの起動などを設定した状態で渡してあげれば、携帯電話自体に慣れない人でも最低限の機能を比較的容易に使用することが可能です。

一方でガラケー→ガラホ→スマホと移行していくためのステップアップ候補として検討している場合には、その期待にはあまり沿えないものといえます。少なくともこのARROWS ケータイ F-05Gに関しては、良くも悪くも”限りなくガラケーに近いガラホ”と考えるべきです。

まとめ

ドコモ初のガラホ「ARROWS ケータイ F-05G」は従来のガラケーを比較的限られた用途で使っていたユーザー向けの機種変更モデルとして用意された端末といっても過言のない設計となっています。最後にこの機種のポイントを整理しておきます。

  • バッテリーの持ちは非常によく、ガラケーにもかなり近い
  • 専用アプリでLINEが快適に使える
  • おサイフケータイ、iモードといった機能は使えない
  • 料金プランはガラケーと同じ
  • ガラケーライトユーザーの機種変更におすすめ

従来のガラケーの機能をある程度引き継ぎつつ、一部についてはより便利に使えるようになっています。ガラケーの機種変更に悩んでいた方にとっては、この夏のよい機種変更候補となってくれることでしょう。

ドコモで実施中のキャンペーン

docomo
  • 他社から乗り換えで最大22,000円割引
  • 機種変更でも最大11,000円割引
  • Galaxy ホリデーギフトキャンペーン(~2021/12/31)
  • Xperia Viewキャッシュバックキャンペーン(~2022/1/10)
  • Xperia 5 III SO-53B 購入キャンペーン(~2022/1/16)

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

まきはら とよかず

まきはら とよかず

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。




特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン