BIGLOBE WiMAX 2+の評判からわかったメリット・デメリット! おすすめできるのはどんな人?

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: WiFiルーター

BIGLOBE WiMAX 評判

WiMAXにはたくさんのプロバイダがあるので、選ぶのに苦労しますよね。

その中でも「BIGLOBE WiMAX 2+」はよく目にしますが、はたしてBIGLOBE WiMAX 2+はおすすめなのでしょうか?

結論から申し上げると、BIGLOBE WiMAX 2+は短期間の契約を考えている方にはうってつけのプロバイダです! 理由は下記のとおり。

・契約年数が1年と短い
・1年未満に解約をしても違約金は1,000円しかかからない

今回は、実際にBIGLOBE WiMAX 2+を使っているユーザーの評判も取上げながら、BIGLOBE WiMAX 2+の特徴や、どんな人に適しているのかを解説します

目次:

BIGLOBE WiMAX 2+のプランと特徴

BIGLOBE WiMAX 2+の概要
BIGLOBE WiMAX 2+の特徴(引用元:BIGLOBE

BIGLOBE WiMAX 2+はWiMAXの通信回線を利用した、工事不要のインターネット接続サービスです。まずは、BIGLOBE WiMAX 2+がどのようなサービスを提供しているのかみてみましょう。

運営元 ビッグローブ株式会社
使用回線 WiMAX 2+ / au 4G LTE
料金プラン ギガ放題(1年)
月額料金 3,980円
ハイスピードプラスエリアオプション
※使用月のみ請求
1,005円
申込手数料 3,000円
端末代 19,200円
キャッシュバック 15,000円
解約金
※1年未満の解約時に請求
※1年後の解約なら不要
1,000円
セット割 auスマートバリューmine
端末 モバイルルーター WX06 / W06 / WX05
ホームルーター HOME 02 / L02

※価格はすべて税抜

この表からもわかるとおり、BIGLOBE WiMAX 2+は月額3,980円の1年プランしかありません。よって、最低でも1年間使えばその後はいつでも無料で解約できます。

さらに、1年未満で不要となっても解約金はわずか1,000円なので、まさにモバイルルーターを短期間利用したい人にぴったりですね!

また、BIGLOBE WiMAX 2+はKDDIの子会社「ビッグローブ株式会社」が運営しているので、同じKDDIグループのauまたはUQモバイルとセット割が組めるようになっています。

セット割が適用されると、毎月のスマホ代から最大1,000円が割り引きされるので、au・UQモバイルユーザーの人はお得にWiMAXを利用できます。

評判からわかったBIGLOBE WiMAX 2+のメリット

評判からわかったBIGLOBE WiMAXのメリット
評判からわかったBIGLOBE WiMAXのメリット(引用元:BIGLOBE

BIGLOBE WiMAX 2+ユーザーが直近1年間でツイートしていた口コミを調べてみました。
すると、BIGLOBE WiMAX 2+には以下4つのメリットがあります。

・1年契約ができる
・キャッシュバックの受け取りが簡単
・口座振替に対応している
・サポート対応がいい

ユーザーからの評判とともに、各メリットの詳細を解説していきましょう。

1年契約ができる

WiMAXの契約年数は、どこのプロバイダも3年または2年の自動更新が基本です。しかし、BIGLOBE WiMAX 2+は契約年数が自動更新なしの1年です。

1年間利用し続ければその後はいつでも無料解約できるので、短期契約を希望する人にはピッタリのプロバイダです!

この方はBIGLOBE WiMAX 2+の1年契約が大きな決め手となったようです。1年自動更新なしでWiMAXを利用できるのは今のところBIGLOBEだけなので、短期利用者ならBIGLOBE WiMAX 2+が最適でしょう。

キャッシュバックの受け取りが簡単

BIGLOBE WiMAX 2+は、契約時に端末を同時に申し込むと15,000円の現金キャッシュバックが翌月振込まれます。受け取り方法は、キャッシュバック対象月の2日目から45日以内に、マイページで金融機関情報を入力するだけなので、非常に簡単です。

他のWiMAXプロバイダの中には、契約から半年以上あとに送信されるメールから手続きをし、契約から1年後にやっとキャッシュバックが振込まれるところもあります。

このようなプロバイダではキャッシュバックをもらい忘れる可能性が高くなるので、キャッシュバックをもらうならBIGLOBE WiMAX 2+のように簡単に受け取れるプロバイダを選びましょう。

auとUQモバイルにはセット割が適用される

BIGLOBE WiMAXをauユーザーが契約すると「auスマートバリューmine」、UQモバイルユーザーが契約すると「ギガMAX月割」というセット割が適用されます。

セット割名称 auスマートバリューmine ギガMAX割
対象スマホキャリア au UQ モバイル
割引内容 ・auスマホの料金から毎月最大1,000円の割引
・ハイスピードプラスオプション料金(1,005円/月)が無料
UQモバイルの料金から毎月最大500円の割引
適用方法 最寄りのauショップにて申し込み 「my UQmobile」ページ内から申し込み

※価格はすべて税抜

セット割は非常にお得な割引なので、対象の人はぜひ申し込みましょう!

口座振替に対応している

WiMAXの支払い方法は、ほとんどのプロバイダがクレジットカード請求しか対応していません。しかし、BIGLOBE WiMAX 2+は口座振替にも対応しているため、クレジットカードを持っていない人も契約できます。

口座振替対応のWiMAXで1年契約を実施しているのはBIGLOBEだけです。BIGLOBE WiMAX 2+ならクレジットカードが無くても気軽に契約できるので、利用しやすいですね。

ただし、支払い方法を口座振替にすると、毎月200円の振替手数料が徴収されます。カード払いなら手数料はかからないので、口座振替はカード払いより毎月の支払額が少し高くなる点は要注意です。

参考までに、口座振替に対応しているWiMAXで実質料金が最安になるのは「Broad WiMAX」です。

Broad WiMAXは、3年自動更新プランしか契約できません。短期利用者向けではありませんが、口座振替対応で安いWiMAXを探している人はBroad WiMAXを検討してみてください。

サポート対応がいい

BIGLOBE WiMAX 2+は大手KDDIの子会社「ビッグローブ株式会社」が運営しているので、サポートの手厚さには定評があります。

解約といったネガティブな問い合わせに対してもスムーズに手続きを行ってくれる点は高評価ですね。

この方は旧プランを契約していたようですが、オペレーターさんから「新プランに変更し、来月解約をすれば1,000円で解約できる」と教わったようですね。何も教わらなければ最低でも9,500円の解約金が発生していたので、非常に親切です。

困ったときにいつでも親切にサポートをしてくれるところは安心して利用できますよ!このように、BIGLOBE WiMAX 2+のサポートセンターはとにかく対応が丁寧で親切だという評判が目立ちました。

サポート対応が親切なところは、はじめてWiMAXを契約する人でも安心して利用できますね。

評判からわかったBIGLOBE WiMAX 2+の注意点

評判からわかったBIGLOBE WiMAXの注意点
評判からわかったBIGLOBE WiMAXの注意点(引用元:BIGLOBE

BIGLOBE WiMAX 2+ユーザーの口コミを調べていくと、いい評判ばかりではなく、デメリットを感じる評判もありました。まとめると、BIGLOBE WiMAX 2+には以下の注意点があることもわかりました。

・端末代が有料
・実質料金が他社プロバイダより高め
・解約金が高め

ここでもユーザーからの口コミを交えながら、各注意点をくわしく解説していきましょう。

端末代が有料

多くのWiMAXプロバイダは通年キャンペーンで、端末代を無料にしています。
しかし、BIGLOBE WiMAX 2+はどの端末を申し込んでも必ず19,200円の端末代がかかるので要注意です。

旧プランを提供していたときは他社同様、端末代を無料にしていましたが、現在は新プランしか提供していないので、必ず19,200円の端末代がかかります。ほかWiMAXは端末代無料が基本なので、かなり高く思えますよね。

BIGLOBE WiMAX 2+は、端末とSIMカードの同時契約で15,000円のキャッシュバックがもらえますが、それを差し引いても4,200円はかかります。

端末代が無料にならないと実質料金がグッと上がってしまうので、料金の安さを重視したい人はBIGLOBE WiMAX 2+だと高く感じてしまうでしょう。

 SIMのみ契約すれば端末代がかからない!

端末が有料のBIGLOBE WiMAX 2+ですが、実はこの出費を抑える方法が存在します。それは、「SIMのみ申し込み」をすることです。

BIGLOBE WiMAX 2+では、すでにWiMAX端末をお持ちの方向けに、端末に挿入するSIMカードのみの契約が可能です。これを使えばBIGLOBE WiMAX 2+の申し込みにあたって端末の購入が不要になり、端末代がかかりません。

SIMカードの種類は2種類存在し、機種によって以下のように異なります。

nanoSIM(Ver.4) W05、W06、WX04、WX05、L01s、L02、HOME 01
nanoSIM(Ver.3) W01、W02、W03、W04、WX03、L01、novas Home+CA

※WiMAX 2+対応機種のみ記載

他のプロバイダで使っていた端末が手元にある乗り換えユーザーの方や、自前で端末を安く調達できた方は、ぜひSIMのみ申し込んで初期費用を抑えましょう!

実質料金が他社プロバイダより高め

前項でもお話ししたとおり、BIGLOBE WiMAX 2+は端末代がかかるため、他社WiMAXより実質料金が高くなります。

他社WiMAXと実質料金にどれだけ差が出るのか比較をしてみましょう。

WiMAXプロバイダ名 月額料金 契約事務手数料 端末代金 キャッシュバック 実質合計(3年)
GMOとくとくBB WiMAX(キャッシュバックタイプ) 1~2ヶ月:3,609円
3~36ヶ月:4,263円
3,000円 0円 27,200円 127,960円
GMOとくとくBB WiMAX(割引タイプ) 1~2ヶ月:2,590円
3~24ヶ月:3,344円
25~36ヶ月:4,263円
3,000円 0円 3,000円 129,904円
DTI WiMAX 1~2ヶ月:0円
3ヶ月目:2,590円
4~36ヶ月:3,760円
3,000円 0円 0円 129,670円
Broad WiMAX 1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25~36ヶ月:4,011円
3,000円 0円 0円 131,626円
カシモWiMAX(新端末) 1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月:3,580円
25~36ヶ月:4,079円
3,000円 0円 0円 135,668円
So-net WiMAX 1~12ヶ月:3,380円
13~36ヶ月:4,379円
3,000円 0円 0円 148,656円
BIGLOBE WiMAX 1~36ヶ月:3,980円 3,000円 19200円 15,000円 150,480円
UQ WiMAX 1~36ヶ月:3,880円 3,000円 15,000円 0円 157,680円

※価格はすべて税抜
※ギガ放題プランで3年間契約した場合で算出
※契約端末:WX06
※支払方法:クレジットカード

この比較表からもわかるとおり、BIGLOBE WiMAX 2+はWiMAXプロバイダの中でも実質料金が高い部類に入ります。

WiMAXはどのプロバイダから契約をしても、使用できる機種や通信品質は同じです。したがって、WiMAXを長く使う予定であれば実質料金の安いプロバイダを選ぶのが賢明です。

解約金が高め

現在BIGLOBE WiMAX 2+で契約できる「ギガ放題(1年)」は、1年未満で解約をしても違約金は1,000円しかかかりません。

しかし、下記旧プランを契約している人は更新月以外のタイミングで解約をすると最大19,000円の解約金がかかってしまうので注意をしましょう。

・Flat ツープラス
・Flat ツープラス ギガ放題
・Flat ツープラス auスマホ割(2年)
・Flat ツープラス ギガ放題 auスマホ割(2年)
・Flat ツープラス(3年)
・Flat ツープラス ギガ放題(3年)
・Flat ツープラス auスマホ割(3年)
・Flat ツープラス ギガ放題 auスマホ割(3年)
・ツープラス auスマホ割(4年)

解約金が高め
解約金が高め(引用元:BIGLOBE

この方は金額を公表していないものの、ツイートから結構な額の解約金を支払ったことが予想されます。旧プランだと最安でも9,500円の解約金が必要なので、無料解約をしたいなら更新月を逃さないことが必須です。

BIGLOBE WiMAX 2+で旧プランを契約している人は、「ギガ放題(1年)」にプラン変更をすれば解約金の実費負担を大幅におさえられます!更新月以外にプラン変更をすると上記で記した解約金を取られてしまいますが、更新月なら無料でプラン変更可能です。

「ギガ放題(1年)」なら契約期間が1年未満でも1,000円を支払えば解約できますし、1年以降ならいつでも無料解約できるので、覚えておくと良いポイントです。

結局、BIGLOBE WiMAX 2+をおすすめできるのはこんな人

結局、BIGLOBE WiMAXをおすすめできるのはこんな人
BIGLOBE WiMAX 2+をおすすめできるのはこんな人(引用元:BIGLOBE

ここまでの話をまとめると、BIGLOBE WiMAX 2+は以下のような人におすすめのモバイルルーターといえます。

・1年以内など、短期間だけWiMAXを契約したい人
・大手KDDIグループの充実したサポートのもとWiMAXを利用したい人

逆に、短期間で解約するつもりがなく、WiMAXをできるだけ安く使いたいという人にはあまり向いていません。安さ重視の人は、WiMAXをお得に申し込むなら他のプロバイダもおすすめ!で紹介している「GMOとくとくBB WiMAX」や「Broad WiMAX」を検討してみましょう。

BIGLOBE WiMAX 2+のキャンペーンを使ってお得に申し込む方法

BIGLOBE WiMAXのキャンペーンを使ってお得に申し込む方法
BIGLOBE WiMAXのキャンペーンを使ってお得に申し込む方法(引用元:BIGLOBE

BIGLOBE WiMAX 2+をお得に利用するなら、申込みから利用開始まで以下のフローで進めてください。

1.キャッシュバックキャンペーンを利用する
2.端末は最新機種を選択する
3.端末が届いたら初期設定をする
4.利用開始

ひとつずつ解説していきましょう。

①キャッシュバックキャンペーンを利用する

BIGLOBE WiMAX 2+ではデータ端末とSIMカードを同時購入すると、サービス利用開始翌月に15,000円の現金キャッシュバックがもらえます。

受け取り手続きは、サービス利用開始翌月の2日から45日以内にマイページから申請をするだけなので、非常に簡単です!キャッシュバックを利用すれば19,200円の端末も実質4,200円で購入できるので、お得ですよ。

②端末は最新機種を選ぶ

BIGLOBE WiMAX 2+では現在3種類のモバイルルーターと2種類のホームルーターを販売していますが、購入するなら最新機種の「W06(モバイルルーター)」もしくは「HOME L02(ホームルーター)」を選択しましょう。

W06 HOME L02
端末種類 モバイルルーター ホームルーター
最大速度 下り 1.2Gbps 1Gbps
上り 75Mbps 75Mbps
最大同時接続台数 16台 42台

端末は年々スペックが改良され、通信速度や通信の安定度が向上しています。
とくにBIGLOBE WiMAX 2+はどの端末を契約しても料金が同じなので、快適に使うためには、もっともスペックの高い最新機種を選ぶことが大切です。

③端末が届いたら初期設定をする

申し込みから2日~1週間以内に端末が届くので、手元に端末が届いたら以下の方法で初期設定をおこないましょう。

1.端末底面または液晶画面内に表示されるSSIDとパスワードを確認する
2.接続機器(パソコンやスマホなど)のWiFi接続画面で該当するSSIDを選択する
3.1で確認したパスワードを入力する

1~3までをおこない、接続方法がWiFiに切り替われば初期設定は完了です。

④利用開始

さっそくパソコンやスマートフォンなどの端末からインターネットに接続してみてください。
ただし、WiMAXはデータを使いすぎると以下の速度制限がかかるので、使い過ぎに注意をしましょう。

制限後の最大速度 1Mbpss 128kbps
速度制限の条件 直近3日間で10GBを消費 ハイスピードエリアプラスモードで月7GB以上を消費
制限期間 翌日18時~翌2時まで 月末まで
解除条件 直近3日間の使用合計ギガ数を10GB以下にする 翌月まで待つ

最大1Mbpsのほうは動画も楽しめる速度なので、制限がかかってもさほど問題はありません。
ただし、ハイスピードプラスエリアモードの使い過ぎで速度制限にかかると、使い物にならないレベルの速度まで落とされてしまうので、注意が必要です。

WiMAXはハイスピードプラスエリアモードさえ使いすぎなければ快適に利用できます。
「どうしても今つながらないと困る!」というとき以外は、通常モード(WiMAX2+回線)で通信をおこないましょう。

WiMAXをお得に申し込むなら他のプロバイダもおすすめ!

WiMAXをお得に申し込むなら他のプロバイダもおすすめ!
WiMAXをお得に申し込むなら他のプロバイダもおすすめ!(引用元:Broad WiMAX

料金の安さを重視するなら以下2つのプロバイダからWiMAXを検討してみましょう。

・実質料金を最安にしたい人:GMOとくとくBB
・口座振替可能で実質料金が最安のプロバイダがいい人:Broad WiMAX

実質料金が最安「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBでは、以下2つのキャンペーンから好きな方を選んでWiMAXを契約できます。

【WiMAX :GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーン内容】

キャンペーン内容 キャッシュバック 月額料金割引
月額料金 1~2ヶ月:3,609円
3~36ヶ月:4,263円
1~2ヶ月:2,590円
3~24ヶ月:3,344円
25~36ヶ月:4,263円
還元内容 最大27,200円キャッシュバック ・3,000円キャッシュバック
・2年間の月額料金割引
受け取り(適用)方法 端末発送月を含む11ヶ月後に送信されるメールから申請 初月から自動適用
受け取り時期 端末発送月を含む12ヶ月後 初月から2年間
3年間の実質料金 127,960円 129,904円

※価格はすべて非課税

3年間の実質料金を見ると、合計金額が安いのはキャッシュバック型です。3年間の実質料金が127,960円というのはWiMAXプロバイダの中でも最安金額。WiMAXに料金の安さを求めるならGMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーン一択ですよ!

ただし、キャッシュバックは受け取り方法が複雑なのと、受け取り時期が1年後と遅いため、もらい忘れるリスクがあります。したがって、確実に還元を受けたい人は、申請不要で初月から確実に割引を受けられる月額料金割引キャンペーンのほうがおすすめです!

口座振替で最安「Broad WiMAX」

BIGLOBE WiMAXも口座振替に対応していますが、口座振替でWiMAXの実質料金を最安にできるのは「Broad WiMAX」です。

【Broad WiMAXサービス概要】

月額料金 1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25~36ヶ月:4,011円
事務手数料 3,000円
端末代 0円
契約期間 3年
キャンペーン ・WiMAXスタートキャンペーン:初期費用18,857円割引
・端末代割引(全端末0円)
・乗り換え割引:他社違約金19,000円(非課税)を負担
・いつでも解約サポート:違約金無料で他社指定回線へ乗り換え
3年間の実質料金 131,626円

※価格は特記以外税抜

BIGLOBE WiMAXは3年間の実質料金が150,480円なのに対し、Broad WiMAXは131,626円。
このように同じWiMAX回線でもプロバイダを変えるだけで約19,000円もの差が出ます!

また、Broad WiMAXでは、違約金負担キャンペーンも実施しているので、乗り換えユーザーにもおすすめです。月額料金も、もらい忘れのない割引型を採用しているので、WiMAXを安心して申し込めますよ。

BIGLOBE WiMAX 2+契約前の確認事項

BIGLOBE WiMAX契約前の確認事項
BIGLOBE WiMAX契約前の確認事項(引用元:BIGLOBE

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する前に、必ず以下のポイントを確認しておきましょう。

対応エリア 日本全国
※詳しくは公式サイトより確認
月額料金 3,980円
契約事務手数料 3,000円
端末代 19,200円
更新月 1年後
※自動更新なし
解約金 1年未満:1,000円
1年後:0円
キャッシュバック額 15,000円(非課税)
キャッシュバックの受け取り方法 サービス利用開始月の2日から45日以内にマイページより申請

※価格は特記以外、税抜

まとめ

BIGLOBE WiMAX 2+は、「契約期間1年、自動更新なし」という画期的な料金プランを打ち出しているWiMAXプロバイダです。

WiMAXといえば2年または3年自動更新が常なので、BIGLOBE WiMAX 2+は「短期間だけ利用したい」という人におすすめですよ!

また、運営元の「ビッグローブ株式会社」はKDDIの子会社なので、サポート面もユーザーから定評があります。もしものときも親切に対応してくれるので、はじめてWiMAXを契約する人にもおすすめです。

自分の利用ニーズに合わせて検討してみてください。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン