iPhone使いなら知っておきたい!Apple Musicの使い方・機能まとめ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone使いに教えてあげよう!Apple Musicの使い方・機能まとめ

ついにAppleが音楽ストリーミング分野に参入!リリース前から話題となっていたApple Musicが、7月1日より日本国内でサービスを開始しました。

欧米では「Spotify」がこの分野で先手を打っているなかで、Appleがどのようなサービスで太刀打ちしていくのか注目を集めています。
日本ではまだなじみのない定額制音楽サービスですが、iPhoneユーザーが多いことから急激に普及するかもしれませんね。

現在Apple Musicは約3,000万曲以上を提供していて、あなたのライブラリから好みを予測したプレイリストをおすすめしてくれたりとあたらしい音楽に出会う機会が従来とは比べ物にならないくらい増えることになります。
また24時間放送しているインターネットラジオが聴けたり、アーティストとファンが直接交流できるソーシャル機能まで追加されています。

Apple Musicの準備がまだの方も、ここではApple Musicを始める手順と、そして4つの新機能について解説していきます。
Apple Musicは3ヶ月無料トライアル期間が設けられているのでまずは気軽に始めてみましょう!無料期間終了後、自動課金されない方法もご紹介します。

今回はiPhone6を用いて解説。ちなみにAndroidは2015年秋に対応予定となっています。

まずはiOS8.4にアップデートしよう

Apple Musicを利用するにはiOS8.4にする必要があります。
みなさんのiPhoneは最新版になっていますか?
まだされていないようでしたら、一緒にバージョンアップしていきましょう。
アップデートには接続環境はWi-Fiであることと、バッテリー容量が50%以上ある状態で行ないましょう。
今回のアップデートで使用するファイル容量は約218MB。ストレージ容量の空きがないとアップデートできないので注意してください。

1.「設定」をタップ

2.一般をタップ

1.「設定」をタップ/2.一般をタップ

3.「ソフトウェアアップデート」をタップ

4.「ダウンロードとインストール」をタップ

3.「ソフトウェアアップデート」をタップ/4.「ダウンロードとインストール」をタップ

5.利用規約に同意すると、ダウンロードが開始されます

5.利用規約に同意すると、ダウンロードが開始されます

5.利用規約に同意すると、ダウンロードが開始されます

6.ダウンロードが終るとインストールが開始

7.インストールが終わり再起動したら完了!

6.ダウンロードが終るとインストールが開始/7.インストールが終わり再起動したら完了!

インストール不要!Apple Musicは「ミュージック」アプリの中にある

iOSも更新したしApple MusicアプリをApp Storeからインストールしよう!と、思う方も多いと思いますが、その必要はありません。
Apple Musicは「ミュージック」アプリのなかにあるからです!
ではさっそく、どのように使うことができるのか、一緒に確かめていきましょう。

1.「ミュージック」をタップ

2.「3ヶ月無料トライアルメンバーシップを開始」をタップ

1.「ミュージック」をタップ/2.「3ヶ月無料トライアルメンバーシップを開始」をタップ

「3ヶ月無料トライアルメンバーシップを開始」するかどうか聞かれます。
Apple Musicを使い始める人はそちらをタップしましょう。
まだ使わなくていいという方は、「マイミュージックへアクセス」をタップ。これまで通りのミュージックアプリとして使うことができます。

3.自分に合ったプランを選択
3.自分に合ったプランを選択

月額980円の「個人プラン」か、月額1,480円の「ファミリープラン」のどちらかを選択してくださいと、聞かれますので自分に合ったプランを選択してください。
3ヶ月のトライアル期間中は課金は発生しません。トライアルが終ると自動的に選択したプランが適用となります。

4.Apple IDのパスワードを入力し「OK」をタップ

5.利用規約に「OK」をタップ

4.Apple IDのパスワードを入力し「OK」をタップ/5.利用規約に「OK」をタップ

7.プラン購入の確認をタップ

8.「同意する」をタップ

7.プラン購入の確認をタップ/8.「同意する」をタップ

プランを選択したらApple IDのパスワードを求められますので、入力をしましょう。
利用規約に同意をタップしたら、待望のApple Musicサービスのスタートです!

Apple Music、4つの機能まとめ

今までストレージに保存して聴いてた音楽は「My Music」から!

Apple Musicで追加された新機能は大きくわけて4つです。下一列に表示されているアイコンをそれぞれご紹介します。ちなみに今までストレージに保存して聞いていた音楽は、一番右下にある「My Music」のアイコンから聴けます。

今までストレージに保存して聴いてた音楽は「My Music」から!
今までストレージに保存して聴いてた音楽は「My Music」から!

あなた好みに選曲してくれる「For You」機能

自分が好きな音楽のジャンルやアーティストをApple Musicで登録しておくと、独自のアルゴリズム解析で自動的におすすめしてくれるのがこの「For You」機能。
使うたびにあなた好みの情報が追加され、膨大な楽曲数からツボをついた選曲をしてくれるようになります。その設定方法をご紹介します。

1.お気に入りのジャンルをタップ
1.お気に入りのジャンルをタップ
2.お気に入りのアーティストを2つ以上タップ みつからないときは「他のアーティスト」をタップ
2.お気に入りのアーティストを2つ以上タップ
みつからないときは「他のアーティスト」をタップ
3.特に好きなアーティストを2回タップしよう 選択できたら「OK」をタップして設定完了!
3.特に好きなアーティストを2回タップしよう
選択できたら「OK」をタップして設定完了!

あなたに好みプレイリストやアルバムをオススメしてくれます!

あなたに好みプレイリストやアルバムをオススメしてくれます!

あなたに好みのプレイリストやアルバムをオススメしてくれます!

新着の楽曲やプレイリストは「New」からチェック

「New」でアップされているのはただ最新の楽曲をリスト化しただけではなく、Appleのミュージックエディターや有名音楽雑誌が選曲したプレイリストもチェックできます。
また「料理中」や「おでかけ」「フィットネス」「ドライブ」といったシチュエーションや気分に合わせたプレイリストが探せるアクティビティもいま聴きたい音楽を見つけるときにとても便利です。
「はじめての〜」シリーズで展開しているプレイリストは様々なミュージシャンのいわざベスト盤のようなもので、もっと深く知りたいと思っていたアーティストをいたら聴いてみてください!

星マークの「New」をタップすると追加された最新楽曲やリストが聴ける
星マークの「New」をタップすると追加された最新楽曲やリストが聴ける
Appleスタッフや音楽雑誌が選曲したプレイリストも聴ける
Appleスタッフや音楽雑誌が選曲したプレイリストも聴ける
アーティストのベスト盤ともいえる「はじめての」プレイリスト
アーティストのベスト盤ともいえる「はじめての」プレイリスト

長時間かけっぱなしに便利な「Radio」

インターネットラジオが聴けるのも大きな特徴のApple Music。
「Radio」をタップするとさまざまなステーションを選曲できて、音楽ひたすらかけっぱなしにすることができます。プレイリストが一周してまた新しいリストを探したりするのが面倒な人にはこの聴き方がおすすめ。J-POPや、ROCK、クラシックやジャズなど音楽ジャンル別に分かれています。
「Beats 1」というステーションは、365日24時間放送されているラジオで人気DJが選曲していたり、アーティストのインタビューやスタジオライブ放送などがあります。
(日本語の番組ではないので、英語が分からない私はBeats 1を楽しめていません・・・)

24時間放送している「Beats 1」/ジャンル別の特集ステーションもある

24時間放送している「Beats 1」/ジャンル別の特集ステーションもある

24時間放送している「Beats 1」/ジャンル別の特集ステーションもある

アーティストとファンが直接交流できる「Connect」

アーティストがオフショット写真や新曲を公開して、ファンはコメントできたり、返信をアーティストから直接もらえたりできるのがこの「Connect」です。
まだサービスを開始したばかりなので参加アーティストが少ないのが現状。これからどんどん参加者が増えれば盛り上がっていく機能だと思います。
有名アーティストだけに交流するよりも、これからトップアーティストに昇りつめそうな新人アーティストを応援するようなやりとりも、いっしょに作品を育てているような気持ちになり楽しいかもしれません。

アーティストとファンの交流の場「Connect」

アーティストとファンの交流の場「Connect」

アーティストとファンの交流の場「Connect」

ぜひ設定しておきたい2つの便利なテクニック

登録してから最初の3ヶ月は無料トライアル期間を設けているApple Musicですが、トライアル期間を過ぎた後、自動的に課金が発生してしまいます。
トライアル期間を過ぎたあとは継続利用するか分からない人は、「更新オフ設定」をしておきましょう。
また通信環境が悪い場所で音楽が途切れてしまう、Wi-Fiがない場所で聴くとパケット代がかさむのが心配な人は「オフライン再生」をおすすめします。
それぞれの設定方法をここではご紹介です。

”自動更新”をオフにして、自動課金を回避!

人物アイコンをタップ

「Apple IDを表示」をタップ

人物アイコンをタップ/「Apple IDを表示」をタップ

Apple IDのパスワード入力

「管理」をタップ

Apple IDのパスワード入力/「管理」をタップ
「自動更新」をオフに切り替える
「自動更新」をオフに切り替える

電波が悪くても安心!オフラインでも再生可能にするための方法

オフライン再生とは、楽曲をストレージにダウンロードして音楽を聴く方法です。
あれもこれもとダウンロードしていたらストレージ容量を圧迫してしまうので注意してください。またダウンロード中も通信料がかかるのでWi-Fi環境のときにデータを落とすといいでしょう。
オフライン再生するには「iCloudミュージックライブラリ」をONにする必要があります。

iCloudミュージックライブラリは、Apple IDを持つ人すべてに与えられているオンライン上のライブラリのこと。Apple IDを登録しているほかの端末からもアクセスすることができます。
これまではiTunes Storeで購入した曲や、PC内にあるiTunesライブラリがiCloudミュージックライブラリに保存されていましたが、Apple MusicのFor Youのお気に入り履歴、Connectでフォローしているアーティスト、Radioで近々再生したステーションなどの情報も保存されます。

「設定」アプリ → 「ミュージック」 → 「iCloudミュージックライブラリ」をON
「設定」アプリ → 「ミュージック」 → 「iCloudミュージックライブラリ」をON

楽曲かアルバムを選んで「・・・」をタップ

「オフラインで再生可能にする」をタップ

楽曲かアルバムを選んで「・・・」をタップ/「オフラインで再生可能にする」をタップ
「My Music」からダウンロードした楽曲が再生できます
「My Music」からダウンロードした楽曲が再生できます

まとめ

サービス開始から日が浅いのでApple Musicの利便性について結論を出すのはまだ難しいですが、iTunes Storeで欲しい音楽を探すのとはまったく違う、あたらしい音楽の聴き方に実際ワクワクしたのは確かです。
音楽ストリーミングサービスは、まるでCDショップをそのまま端末に詰め込んだような贅沢な聴き方で、「プレイリストのなかから今の気分に合う曲が見つからない」ということがなくなるのではないでしょうか。
「AWAやLINE MUSICに比べると邦楽の曲が少ない」と言われていますが、私の体感ではそれほど少ない印象はなかったです。

しかし無料期間が終わったときにどれだけこのサービスを継続したいと思うユーザーがいるのか、まだ何ともいえません。月額980円を払ってもいいと思えるサービスか私もこのトライアル期間に吟味したいと思います。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2019年もあっという間に6月ですね。7月、8月の夏本番に向けて予定を立て始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 スマホ業界も次々と新作が登場する熱い時期。夏の思い出を美しく残すために、高性能カメラのスマートフォンに新調するのも良いですね!