一人暮らしにおすすめのWiFi(インターネット)は? 失敗しない選び方を解説

一人暮らしをするとき、インターネット環境をどうするか悩む方も多いのではないでしょうか?

WiFiを使えるようにするには光回線・ホームルーター・ポケット型WiFiいずれかのタイプを選んでサービスを契約する必要があります。

そのため本記事では、WiFiサービスにはどんなものがあるか、どのWiFiサービスがおすすめなのか、契約における注意点などを解説します。

一人暮らしを予定している・既にしている方でインターネットをどうするか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

■ 本記事を読んで分かること

  • 一人暮らしでWiFiは必要?選び方は?
  • 一人暮らしにおすすめの光回線
  • 一人暮らしにおすすめのホームルーター
  • 一人暮らしにおすすめのポケット型WiFi

※実質料金は当モバレコサイト経由で申し込んだときの金額を記載しています。

おすすめホームルーターはこれだ!

高速通信 で選ぶなら /

home 5G

料金の安さ で選ぶなら /

モバレコエアー

一人暮らしで契約できるWiFi3種類

ポケット型WiFi ホームルーター 光回線 選び方

一人暮らしで契約できるWiFiには、大きく分けて「光回線」「ホームルーター」「ポケット型WiFi」の3タイプがあります。

まずはそれぞれどんな特徴があるのか確認していきましょう。

WiFiタイプ 特徴
光回線 自宅に回線を直接引き込んで通信する、自宅用のネット回線
ホームルーター 端末をコンセントに差し込むだけでネット環境が作れるWiFiルーター
ポケット型WiFi 持ち運びできるほどのコンパクトさが魅力のWiFiルーター
【その他】テザリング スマホのデータ通信を使ってWiFiに接続する方法

※クリックで解説までスクロールします。

【光回線】光回線・VDSL・ケーブル

ケーブルを差し込むイメージ画像
データ通信量 ◎完全無制限
速度 ◎高速・安定している
初期費用 △高め(工事費・事務手数料など)
月額料金 △相場4,000円~6,000円
スマホセット割 ◎あり

光回線は、部屋まで直接ケーブルを引き込む工事を実施し、モデムやWiFiルーターに接続することで通信ができるようになります。

賃貸や集合住宅にお住まいの方は、既に物件に設備が導入されていたり、回線の引き込み工事が完了していることがあるため工事不要で使用開始できることもあります。

メリット
  • 通信速度が速く安定している
  • データ通信量は完全無制限
  • 光電話やTVサービスが契約できる

テレワーク・オンライン授業やオンラインゲームなど、リアルタイムでのやりとりをする場合は、特に安定した通信環境が必要になってくるのでWiFiは契約すべきでしょう。

パソコン・WiFiモデルのタブレットなど、WiFiがなくてはインターネットを使えないモデルの機器で通信したい場合も必須です。

デメリット
  • 初期費用・運用コストが高め
  • 導入までに時間が必要になる
  • 必ず契約できるとは限らない

光回線はエリアが限定されているサービスも多く、物件の構造の関係で導入できないことも少なくありません。賃貸なら管理人の意向で契約ができないこともあります。

もし光回線を契約したいなら、一人暮らしをする物件の契約書面などでインターネット設備について調べておきましょう。もし設備が導入されていれば、工事不要で契約できるためおすすめです。

契約書面から光回線を導入できるかわからなければ、管理人へ問い合わせておきましょう。工事が発生するので、無断で契約するとトラブルになる可能性があります。

また、光回線は申し込みから導入に2週間〜数ヶ月かかることが一般的です。工事費用や月額料金も他タイプより高いことは認識しておく必要があります。

光回線のおすすめサービスを見る(クリックで紹介までスクロールします)

▲目次に戻る

【ホームルーター】ソフトバンクエアー・home 5G・WiMAX

ホームルーター
データ通信量 〇基本無制限
速度 〇速め・ときどき不安定
初期費用 〇高め(端末代・事務手数料など)
月額料金 〇相場4,500円
スマホセット割 ◎あり

ホームルーターは、機器をコンセントにさすだけでWiFi環境を作れる通信機器です。

初期設定は端末にSIMを挿入するだけ。あとは接続したい端末に、WiFiのID・パスワードを入力するとインターネットを楽しむことができます。

メリット
  • 導入や引越しの手続きが簡単
  • ある程度の通信速度・データ通信量が担保されている
  • 光回線が引き込めない物件でもネットサービスの導入ができる

コンセントにさすだけのタイプなので、引越し手続きも住所変更のみと簡単です。サービスによっては住所指定がなく、コンセントがあればどこでもWiFiが使えるものもあります。

さらにホームルーターのサービスはスマホのキャリアから登場しているので、スマホセット割が適用できる点も魅力です。

仕組み上どうしても光回線には劣りますが、高速通信が可能かつ大容量通信ができるので、光回線の代わりとしての導入もおすすめです。

デメリット
  • 完全に無制限なわけではない
  • 条件やプランによっては光回線と同じくらいの月額料金になる

ホームルーターは月間などでデータ通信量の上限はありません。ただし、注意事項に則り速度低下・通信制限の可能性はあることを認識しておきましょう。

とはいえ近年のインターネット需要に伴い、プラン内容も性能もより使いやすいものになっています。

光回線の代わりとして導入もできますが、そのぶん費用相場は4,500円程度と光回線のサービスによってはほぼ同じ料金になることがあります。

もし光回線が導入できる物件なのであれば、光回線を契約したほうが快適に通信できることもあります。

ホームルーター通信制限についての注意事項

home 5G ご注意事項

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。

引用元:ご注意事項 | home 5G プラン | home 5G | NTTドコモ

ソフトバンクエアー ご注意事項

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

引用元:SoftBank Air(ソフトバンクエアー) の速度制限などについて | インターネット・固定電話 | ソフトバンク

WiMAX ご注意事項

一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

引用元:工事不要のWiMAX+5G | 【公式】Broad WiMAX

光回線のおすすめサービスを見る(クリックで紹介までスクロールします)

▲目次に戻る

【ポケット型WiFi】WiMAX・ポケット型WiFi・クラウドWiFi

ポケット型WiFi
データ通信量 △基本制限あり
速度 〇中速・不安定になりやすい
初期費用 ◎安い(端末代・事務手数料など)
月額料金 ◎相場4,000円
スマホセット割 △基本なし

ポケット型WiFiとは、持ち運びできるサイズの小型のWiFiルーターを指します。各所に設置されている基地局の電波を受信し、WiFi環境を構築します。

メリット
  • 国内外の外出先でもWiFiが使える
  • 安くネット環境を整えられる
  • 提供されているサービスが多様かつ豊富

工事不要で端末が届けば即日インターネットが使えるようになり、他タイプと比べると月額料金が安いので運用しやすいでしょう。

ポケット型WiFiは完全無制限のサービスはなく、月間使用量の上限あり・実質無制限プランが主です。

とはいえ月間200GBなど大容量通信が可能なサービスがあるので、インターネットの使用用途をある程度見通し、データ通信量を把握できるユーザーなら問題ないでしょう。

デメリット
  • WiFiが使えない地域もある
  • 通信は不安定になりがち
  • データ通信量に制限があるサービスが多い

注意点としては、使用エリアが決まっているので必ず出先で通信できるとは限らないことです。

また、基地局からの電波を受信してWiFi環境を作るので、建物内や地下鉄など場所によっては通信しづらいといった速度ムラが起きやすいことも認識しておきましょう。

そのため、ポケット型WiFiの契約先によっては、1週間以内に端末返却でキャンセル可能・レンタル期間ありといったサービスを実施しています。

ポケット型WiFiのおすすめサービスを見る(クリックで紹介までスクロールします)

▲目次に戻る

【その他】テザリングなど

机上のスマホの画像
メリット
  • 新規回線契約が不要
  • 簡単に使用することができる
デメリット
  • 使えるデータ通信量が少ない
  • データ通信量を超過すると、スマホに通信制限がかかる可能性がある

テザリングとは、スマホのデータ通信を使って簡易WiFiルーターとして使うことができる機能です。

新しく回線契約する必要がなく、いつも持ち歩いているスマホがルーター代わりになるので荷物も増えません。

テザリングで使えるデータ通信量はスマホの契約プランによって異なりますが、ゲーム機やタブレットなどで「ちょっとインターネットを繋ぎたいな」と思う場面には活躍します。

▲目次に戻る

一人暮らしでWiFiはどう選ぶのか?

指を上げた男性の画像

光回線・ホームルーター・ポケット型WiFiのメリットとデメリットを解説しました。ですが実際どの回線タイプと契約するか迷っている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、一人暮らしのWiFiの選び方を解説していきます。契約する回線タイプに迷っている方はぜひ参考にしてください。

ひとり暮らしのWiFi環境の選び方

  • 1. 料金で選ぶ
  • 2. 契約期間で選ぶ
  • 3. データ容量で選ぶ
  • 4. 回線速度で選ぶ

1.料金で選ぶ

契約をする上で、必ず気になるのが料金です。月額料金は毎月かかってくるものなので、しっかり比較したいポイントです。

光回線(戸建て) 5,000円~6,000円
光回線(マンション) 4000円~5,000円
ホームルーター 4,500円
ポケット型WiFi 4,000円

契約するときは費用の確認は必須です。月額料金は毎月かかってくるものなので、現実的に支払えるか・余計な支出にならないかしっかり比較すべきポイントです。

上記表はあくまで費用相場です。公式キャンペーン・代理店やプロバイダキャンペーンが適用されることで、実質料金はもう少し安くなることが多いです。

WiFi環境を安く抑えるには、本記事の「ネット料金節約術」で解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

2.契約期間で選ぶ

WiFiサービスには契約期間が設定されていることがほとんどです。

主に、年単位のことが多く2年、3年といった契約期間が一般的です。この定められた期間内に解約すると、「解約違約金」が発生します。

そのため契約期間がどれくらいになるか、ある程度の予測をして契約先を選ぶことで後悔せずに済むでしょう。

しかし、他社に乗り換える際に解約違約金を負担してくれるところもあります。契約期間外に乗り換えるなら、違約金負担があるかどうかをポイントに選ぶのがおすすめです。

3.データ容量で選ぶ

WiFiのデータ容量は上限が決まっているものがあります。なので普段どれくらいのデータ量を使っているか調べておきましょう。

商材 データ容量
光回線 完全無制限
ホームルーター 原則無制限
ポケット型Wi-Fi 月100GBなど

WiFiのデータ容量は上限が決まっているものがあります。普段どれくらいのデータ量を使っているか調べておきましょう。

契約条件により上限は変動しますが、一般的なデータ容量は上記のような数値です。ホームルーターは、一定期間大幅な使い込みをすると混雑する時間帯に制限がかかることがあります。

WiFiもスマホと同様に上限を過ぎると速度制限がかかり、急激に速度が低下してしまいます。制限を気にせず使いたいという方は、ホームルーターか光回線がおすすめです。

4.回線速度で選ぶ

商材 平均速度
光回線 100~400Mbps
ホームルーター 30~40Mbps
ポケット型Wi-Fi 30~40Mbps

回線速度は、動画やゲームなどの読み込みスピードに関係してきます。速度が遅いと、オンライン会議などでタイムラグが発生する原因にもなります。

一般的にメールの送受信は1Mbps、動画視聴は10Mbpsあれば可能とされています。

また、オンラインゲームを行うなら100Mbps必要と言われているので、オンラインゲームを行いたい方は光回線がおすすめです。

▲目次に戻る

一人暮らしにおすすめのポケット型WiFi

ポケット型WiFiのチャート表
一人暮らしにおすすめのポケット型WiFi

ホームルーターのおすすめユーザー

  • 引越しする可能性がある
  • 安定したインターネット環境を導入したい
  • エリア・物件構造・管理会社の関係などで光回線の契約が難しい

一人暮らしでポケット型WiFiを選ぶなら、WiMAXがおすすめです。

工事不要ですぐに使える上に、負担額も安いのがメリットです。さらに、さまざまなキャンペーンを行っているプロバイダもあるので、お得に始められるのも魅力となっています。

とにかく負担が少なくて、外出先でもWiFiを使いたい方はポケット型WiFiを検討しましょう。

一人暮らしにおすすめなポケット型WiFi

※クリックで詳細までスクロールします。

▼ WiMAXの通信制限に規定が変更!

WiMAXの「ギガ放題プラス」の通信制限の条件が緩和されました。直近3日間の通信量が合計15GB以上の場合、通信速度を一律に制限されていた条件がなくなり、より利用しやすくなっています。

月額割引の豊富さなら「Broad WiMAX」

Broad WiMAX
Broad WiMAXの料金詳細
プラン ギガ放題バリュープラン ギガ放題フリープラン
契約期間 2年(自動更新なし) なし
月額料金 初月:1,397円
初月以降:3,883円
初月:1,397円
初月以降:4,070円
実質月額料金(3年) 3,013円 3,200円
事務手数料 3,300円
端末代金 21,780円
回線 WiMAX2+
au 4G LTE
au 5Gエリア
最大通信速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
違約金 0~24ヶ月目:3,883円
25ヶ月目以降:0円
なし
データ容量 実質無制限
通信速度の制限 一定期間内に大量のデータ通信をした場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合あり
キャンペーン 【当サイト限定】他社から乗り換えで最大57,000円キャッシュバック
海外使用 不可

■ 最新のキャンペーン

  • 【モバレコ限定】5,000円キャッシュバック
  • 他社から乗り換えで最大57,000円キャッシュバック

Broad WiMAXでは、「ギガ放題バリュープラン」と「ギガ放題フリープラン」の新プランの提供を開始しました。

従来プランでは、月額料金が契約経過月によって変動していましたが、今回新しく登場したプランは、月額料金が変動しない分かりやすいプランとなっています。

そして、他社から乗り換える場合に使える「乗り換えキャンペーン」も魅力の一つです。乗り換えの際に発生する契約解除金を最大52,000円まで負担してくれるので、気軽にBroad WiMAXに乗り換えられます。

  • Broad WiMAXのメリット
  • Broad WiMAXのデメリット
  • 料金プランがシンプルでわかりやすい
  • 最大52,000円まで違約金補填してくれる
  • auスマホ・UQモバイルとのセット割が適用可能
  • 口座振替に対応

さらに、Broad WiMAXでは対応エリアが広いau 4G LTEと、au 5G通信を利用できる「プラスエリアモード」が無料で使えます。

  • WiMAXの中で実質料金最安ではない
  • 口座振替の場合は初期費用が無料にならない

Broad WiMAXは、キャッシュバックの受け取れる時期は早いですが、最もお得なWiMAXではありません。安くWiMAXを使いたいなら「GMOとくとくBB WiMAX」がおすすめです。

 

   

Broad WiMAX

   

月額1,397円~ 5G対応WiMAX
契約期間で選べる2つの新プラン登場!

   

今なら他社から乗り換えで
最大57,000円キャッシュバック!

契約の縛りがない新プラン登場!
最大57,000円キャッシュバック

▲目次に戻る

WiMAXを最安級で利用するなら「GMOとくとくBB WiMAX+5G」

GMOとくとくBB WiMAX+5G
画像:GMOとくとくBB WiMAX+5Gから引用[2]
GMO とくとく BB WiMAXの料金詳細
プラン ギガ放題プラス
契約期間 2年(自動更新なし)
月額料金 1~2ヶ月目:1,474円
3~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月以降:4,444円
実質月額料金(3年) 3,010円
事務手数料 3,300円
端末代金 21780円
回線 WiMAX2+
au 4G LTE
au 5Gエリア
最大通信速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
違約金 1~24ヶ月目:1,100円
25ヶ月目以降:0円
データ容量 実質無制限
通信速度の制限 一定期間内に大量のデータ通信をした場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合あり
キャンペーン 【期間限定】他社から乗り換えで最大49,000円キャッシュバック
海外使用 不可

■ 最新のキャンペーン

  • 23,000円キャッシュバック
  • 他社から乗り換えで最大49,000円

キャッシュバックで選ぶなら「GMOとくとくBB WiMAX+5G」がおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gは、月額料金の割引、端末代金0円、キャッシュバックの豊富なキャンペーンで実質月額最安級で利用できるWiMAXのサービスです。

キャッシュバックの受け取りは約1年後となっているため、キャッシュバック受け取りが心配な方はBroad WiMAXがおすすめです。

  • GMOとくとくBB WiMAXのメリット
  • GMOとくとくBB WiMAXのデメリット
  • WiMAXをお得に利用できる
  • 原則無制限で通信可能
  • キャッシュバックが高額
  • 20日以内なら違約金なしで解約可能

GMOとくとくBB WiMAXは、キャッシュバックが高額なのでWiMAXを実質最安値で使用することができます。

  • WiMAX契約時にオプションプランへの加入が必要
  • ギガ放題プラスの2年契約プランしか契約できない
  • 契約更新月以外はオンラインで解約不可

GMOとくとくBBのWiMAXは申込時に、「安心サポート」「公衆無線LAN接続オプション」への加入が必要です。別途追加料金が発生してしまうので、無料で利用できる2カ月間で解約するよう注意しましょう。

 

▲目次に戻る

カシモWiMAX

カシモ WiMAX

複雑な料金形態を避けたい人には、月額料金がずっと変わらず、わかりやすい点が魅力の「カシモWiMAX」がおすすめです。

カシモWiMAXの料金詳細
プラン ギガ放題プラス(2年)
契約期間 2年(自動更新)
月額料金 初月:1,408円
初月以降:4,378円
実質月額料金(3年) 4,547円
事務手数料 3,300円
端末代金 0円
回線 WiMAX2+
au 4G LTE
au 5Gエリア
最大通信速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
違約金 0円
データ容量 実質無制限
通信速度の制限 一定期間内に大量のデータ通信をした場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合あり
キャンペーン 分割払いで端末代金実質無料
海外使用 不可

■ 最新のキャンペーン

  • 解約時に端末を返却でamazonギフト券5,000円
  • 分割払いで端末代金実質無料

カシモWiMAXは、2ヶ月目以降、ずっと月額料金が4,378円のまま利用できるため、シンプルな料金プランを求めている人に向いています。さらに、初月料金は1,408円と、通常より2,970円もお得に利用できることもうれしいポイントです。

最短即日発送にも対応しているため、急な出張やリモートワークでインターネット環境が必要になった場合でも導入しやすいでしょう。

  • カシモWiMAXのメリット
  • カシモWiMAXのデメリット
  • 料金プランがシンプル
  • 契約時に必須加入のオプションがない
  • 違約金がかからない
  • 端末代金が実質無料

さらにカシモWiMAXでは、解約時に端末を返却すると5,000円のアマゾンギフト券がもらえます。

  • 開通月の料金は日割りにならない
  • 口座振替に対応していない
  • 36カ月以内に解約すると端末の残債費用が発生する

カシモWiMAXは、端末支払いを36ヵ月の分割払いにすると毎月550円の割引を受けられます。そのため3年以内に途中解約すると、端末の残債を支払う必要があります。

 

最新端末の代金も無料

1年間の短期契約なら「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX +5G

引っ越しの予定があったり、一時的にWiMAXを契約したい人は、1年契約ができる「BIGLOBE WiMAX」がおすすめです。

BIGLOBE WiMAXの料金詳細
プラン ギガ放題プラス
契約期間 なし
月額料金 初月:0円
1ヶ月目:1,160円
2~24ヶ月目:3,355円
25ヶ月目以降:4,928円
実質月額料金(3年) 5,549円
事務手数料 3,300円
端末代金 21,912円
回線 WiMAX2+
au 4G LTE
au 5Gエリア
最大通信速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
違約金 なし
データ容量 実質無制限
通信速度の制限 一定期間内に大量のデータ通信をした場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合あり
キャンペーン ・分割払いで端末代金実質無料
・初月の月額料金0円
海外使用 不可

■ 最新のキャンペーン

  • 分割払いで端末代金実質無料
  • 初月の月額料金0円

契約期間の縛りは1年と短く、さらに1年以内の解約料は1,100円とかなり安いです。そのことから短期間の利用ならBIGLOBE WiMAXがおすすめです。テレワークや出張が多い人、引っ越ししてすぐネットを使いたい人はBIGLOBE WiMAX +5Gを検討してみるといいでしょう。

また、通常はクレジットカード払いが多いのですが、BIGLOBE WiMAXは口座振替による支払いも可能です。

  • BIGLOBE WiMAXのメリット
  • BIGLOBE WiMAXのデメリット
  • 「ギガ放題プラス」プランは契約期間がなく違約金0円
  • WiMAXのSIMのみ契約ができる
  • 支払い方法に口座振替が選べる
  • auスマホ・UQモバイルとのセット割が適用可能

WiMAXプロバイダのほとんどは、支払方法がクレジットカードのみですが、BIGLOBE WiMAXは口座振替にも対応しています。

  • WiMAX端末補償サポートがない
  • BIGLOBEモバイルとのセット割がない
  • プラスエリアモードは有料

BIGLOBE WiMAXは口座振替できるプロバイダで比べると最安のWiMAXですが、クレカ払いであれば他WiMAXに比べて費用が高くなっています。

 

▲目次に戻る

100GBを4ヵ月無料で使うなら「THE WiFi」

THE WiFi
THE WiFiの料金詳細
プラン THE WiFi THE WiFi FiT
契約期間 なし
月額料金 5ヶ月目以降:3,828円 ~1GB:1,298円
~5GB:1,628円
~20GB:2,068円
~40GB:2,568円
~100GB:3,960円
実質月額料金(3年) 3,464円 1,359円~4,021円
事務手数料 2,200円 3,300円
端末代金 0円
回線 Softbank・au・docomo
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
違約金 なし
データ容量 100GB/月
通信速度の制限 1ヶ月間のデータ通信量の合計が100GBを超えた場合、翌月1日の午前0時までの間、送受信速度が最大128kbps
キャンペーン ・基本料金4ヵ月0円
・登録事務手数料1,100円割引
海外使用 世界132ヵ国で可能

■ 最新のキャンペーン

  • 4ヶ月間月額料金無料(100GBプランのみ)
  • 登録事務手数料1,100円割引

THE WiFiは、月額4ヶ月間無料キャンペーンで安くはじめられることが魅力のポケット型WiFiです。

4ヶ月間月額料金無料キャンペーンを加味するとクラウドWiFiの中では最安値で利用できます。キャッシュバックのキャンペーンだと受け取り手続きが必要ですが、月額料金の割引キャンペーンであれば、受け取り忘れがないことがうれしいポイントです。

また、使ったデータ量に応じて月額料金が変動する「THE WiFi FiT」という新プランも開始しました。月によってデータ使用量が変わる人はこちらのプランもおすすめです。

  • THE WiFiのメリット
  • THE WiFiのデメリット
  • 100GBプランが4カ月無料キャンペーン実施中
  • 契約途中でプラン変更が可能
  • 30日間のお試し期間が利用できる
  • 今後は5Gにも対応予定
  • 海外利用も可能

現在、キャンペーンで100GBプランが4カ月無料キャンペーンを行っていることから、初期費用を抑えたい方におすすめです!

  • データ通信容量は完全無制限ではない
  • 解約時には端末の返却が必要
  • 2年以内に解約すると、端末レンタル解約手数料がかかる

THE WiFiは、月間データ容量100GBを使うと速度制限がかかります。一度かかってしまったら最大128kbpsに速度が制限されるので注意しましょう。

 

   

THE WiFi

   

30日間無料お試し体験+
4ヶ月間0円キャンペーン中!

▲目次に戻る

月額料金の安さを求めるなら「AiR-WiFi」

AiR-WiFi
画像:AiR-WiFi公式サイトより引用[5]
AiR-WiFiの料金詳細
AiR-WiFi
契約期間 12ヶ月(自動更新あり)
月額料金 サクッとプラン 3,718円
らくらくプラン 3,377円
まるっとプラン 3,608円
実質月額料金
(3年)
サクッとプラン 3,278円
らくらくプラン 3,377円
まるっとプラン 3,608円
事務手数料 0円
端末代金 0円
回線 Softbank・au・docomo
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
違約金 2~12ヶ月目:2,970円
13ヶ月目以降:更新月0円
データ容量 100GB/月
通信速度の制限 大量にデータ通信した場合下り最大128kbps
キャンペーン ・30日間お試しモニター
・初期事務手数料0円
海外使用 世界135カ国で可能

■ 最新のキャンペーン

  • 30日間お試しモニター
  • 初期事務手数料0円

AiR-WiFiは「株式会社Ocean Map」という会社が運営しています。こちらも安さに定評のあるWiFiサービスです。

MUGEN WiFiと同じく月に100GB利用できるポケット型WiFiの中で、月額が最安級で利用できるため月額を抑えたい人におすすめです。

また、契約期間の縛りをなくすことができるオプションも+330円で付帯することが可能。30日間のお試しキャンペーンも実施しているので、契約期間が不安な人、お試しでモバイルルーターを使いたい人は、AiR-WiFiを検討してみるといいでしょう。

「キャッシュバックなどの特典で実質月額料金が安い」ということではなく、もともと月額料金の安価に設定されているため、受け取り忘れて損してしまう心配がありません。

また、法人契約も可能となっています。法人契約では、複数台の申し込みで月額料金の大幅割引や、クレジットカード・請求書・口座振替といった豊富な支払い方法に対応しているため、法人向けの利用としてもおすすめできます。

  • AiR-WiFiのメリット
  • AiR-WiFiのデメリット
  • 月額料金が安い
  • オプション加入で契約期間なしにできる
  • 100GB/月の大容量が利用できる
  • 料金は変わるが好きな端末を選ぶことができる
  • 法人契約が可能
  • 30日間お試し体験できる

AiR-WiFiは何といっても、料金が安いです。長く使えば使うほど、お得になるので長期で利用したい人におすすめです!

  • データ通信容量は完全無制限ではない
  • 繋がらないエリアや場所もある
  • 初月は日割りではない
  • 更新月以外に解約すると違約金がかかる
  • 電話サポートがない

AiR-WiFiは携帯3キャリアのモバイル回線が使用できるクラウドSIM搭載のポケット型WiFiですが、圏外になるエリアもあるので注意が必要です。

 

キャンペーン詳細をチェック!

▲目次に戻る

契約に不安なら30日間おためし体験ができる「MUGEN WiFi」

MUGEN WiFi
MUGEN WiFi
MUGEN WiFiの料金詳細
プラン MUGEN WiFi
契約期間 24ヶ月(自動更新なし)
月額料金 3,718円
実質月額料金(3年) 3,532円
事務手数料 3,300円
端末代金 0円
回線 Softbank・au・docomo
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
違約金 1~24ヶ月目:3,300円
25ヶ月目以降:0円
データ容量 100GB/月
通信速度の制限 大量にデータ通信した場合下り最大128kbps
キャンペーン ・30日間の解約なら全額返金可能
・キャッシュバック10,000円
海外使用 世界134カ国で可能

■ 最新のキャンペーン

  • 30日間の解約なら全額返金可能
  • キャッシュバック10,000円

MUGEN WiFiは、WiMAXとは違い月額料金が100GBまでのプランになっていますが、1日あたりの制限がないため縛りは緩いように感じます。

月に100GBという数字は1日あたりに換算すると3GB程度となっています。3GBであればYouTubeを15時間視聴できる容量です。

また、30日間のおためし体験と10,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施しています。返却処理手数料として1,100円かかりますが、万が一利用状況に合わなかった場合でも違約金がかからず解約できるため、お試しで利用してみたいというひとにもおすすめです。

  • Mugen WiFiのメリット
  • Mugen WiFiのデメリット
  • 月額料金がずっと安定している
  • オプション加入で契約期間なしにできる
  • リーズナブルに100GB/月が利用できる
  • 30日間おためし体験を実施
  • 最大10,000円キャッシュバック

Mugen WiFiは30日間おためし体験が出来るので、まずは試してから決めたい方におすすめです!

  • 返却処理手数料として1,100円が発生する
  • 2年間縛りなしのオプションと「30日間おためし体験」の併用不可
  • 初月の利用料金が日割り計算にならない
  • キャッシュバックがもらえるのが遅い

オプション加入で契約期間なしにしていない場合は、2年以内に解約をすると違約金がかかるので注意しましょう。

 

▲目次に戻る

お試しなら契約期間・違約金なしの「縛られないWiFi」

縛られないWiFi
画像:縛られないWiFi公式から引用[9]
▼縛られないWiFi(縛られないコース)のサービス詳細を開く
WiMAX ギガ放題プラン
1年おトクコース
WiMAX ギガ放題プラン
縛られないコース
最大通信速度 下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
事務手数料 3,300円
契約期間 1年 なし
月額料金 4,290円 4,620円
2年間実質料金合計 106,260円 114,180円
2年間実質月額料金 4,428円 4,758円

縛られないWiFiは、株式会社25が運営するWifi正規品レンタルサービスです。契約期間の縛りがない「縛られないコース」と1年契約の「1年おトクコース」の2つのプランを提供しています。

WiMAXとクラウドタイプの2つのサービスを提供しているため、様々な環境や条件に合わせて契約できるのも魅力のひとつです。

縛られないWiFiの特徴は、名前の通り契約期間・違約金がないことです。端末もレンタルサービスになるため、端末の購入代金もかかりません。短期間の契約、お試しで使ってみたいという人におすすめできます。

また、通常クレジットカードのみのお支払いとなっていますが、1年おトクコースなら口座振り込みに対応しています。

平日14:00までの受付で最短当日発送と申し込みから使えるまでの期間が短いことも嬉しいポイントです。

▲目次に戻る

利用するデータに波があるなら「楽天モバイル」

一人暮らしポケット型WiFiにおすすめな楽天モバイル
画像:楽天モバイルから引用[13]
▼楽天モバイルのサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

対応エリア 日本全国
初期費用 事務手数料 無料
端末代金 7,980円
プラン申込みと同時購入で1円
月額料金 0〜3GB:1,078円
3GB超〜20GB:2,178円
20GB超:3,278円
3年間実質料金合計(20GB超) 118,008円
回線 楽天回線
パートナー回線(au 4G LTE)
契約期間 なし
違約金 0円
速度制限 パートナー回線(au回線)エリアで月間5GB以上利用した場合は月末まで最大1Mbpsに制限
キャンペーン内容 ・本体価格1円キャンペーン
・申し込みで3,000円分ポイントプレゼント

楽天モバイルでは携帯キャリアではありますが、ポケット型Wi-Fiも取り扱っています。

料金プランには、スマホと同じ「Rauten UN-LIMIT」が適用されます。こちらのプランは利用するデータ量に応じて料金が決まる従量制となっているので、毎月利用するけれども利用が少ない月があるなど、データ利用量に波がある方におすすめです。

また、今なら楽天モバイルの申し込みと同時に端末を購入すると、通常7,980円の 「Rakuten WiFi Pocket 2」の端末代が1円になるキャンペーンを実施中です。

モバイルWi-Fiの端末代が実質無料!

▲目次に戻る

一人暮らしにおすすめの工事不要なホームルーター

一人暮らし おすすめ ホームルーター
一人暮らしにおすすめのホームルーター

▼ホームルーターがおすすめなユーザー

  • 引越しする可能性がある
  • 安定したインターネット環境を導入したい
  • エリア・物件構造・管理会社の関係などで光回線の契約が難しい

ホームルーターは自宅メインで使用予定で、高速通信・大容量を求めているが工事や月額料金がネックになっている方におすすめです。

ホームルーターはプロバイダごとのキャンペーンが豊富なので、お得に始められるのも大きな魅力となっています。

おすすめのホームルーターサービスの特徴や料金を紹介するので、参考にしてください。

一人暮らしにおすすめなホームルーター

※クリックで詳細までスクロールします。

レンタルできるキャリアホームルーター「モバレコエアー」

モバレコエアー
モバレコエアーのレンタルプラン詳細を開く
使用回線 ソフトバンク(4G)
機種名 Airターミナル4NEXT
データ容量 無制限
最短レンタル期間 1日(最低利用期間なし)
送料 無料(端末返送料は自己負担)
最短到着日 最短3日
受け取り方法 登録した住所に配送
返却方法 以下の返却先を伝票に記入し発送する
返却先 〒272-0001
千葉県市川市二俣678-55
ESR市川ディストリビューションセンター3階 北棟N8
「ソフトバンク返品センター」
利用料金(月額) 1〜2ヶ月目:2,706円
3〜24ヶ月目:4,218円
25ヶ月目〜:5,907円
その他の費用 事務手数料:3,300円
モバレコエアーのプラン詳細を開く

■ プラン内容

※横にスクロールできます。

サービス・プラン名 モバレコエアー 5Gプラン
エリア 全国
契約期間 2年
費用 月額料金 ~2ヶ月:2,167円
~24ヶ月:3,679円
25ヶ月~:5,368円
事務手数料 3,300円
端末代金※ 71,280円

※ソフトバンク公式キャンペーンで実質無料

■ 実質料金

※横にスクロールできます。

おすすめ申込窓口 モバレコエアー
実質月額料金 24ヶ月 2,732円

■ 通信速度・通信制限

※横にスクロールできます。

使用回線 ソフトバンク
データ使用量 原則無制限
最大速度 下り 2.1Gbps
上り
平均実測値※ 下り 78.14Mbps
上り 8.27Mbps

※11月~2023年1月の平均実測値(みんなのネット回線速度から引用)

■ 1月キャンペーン情報

公式 ・月月割で端末代金無料
・最大10万円の他社違約金補填
・ソフトバンク&ワイモバイルのスマホセット割あり
「SoftBank Air 新生活を快適に︕2万円キャッシュバック」
当サイト経由限定 ・2年間の月額料金割引
・現金23,000円キャッシュバック

\ モバレコサイト経由の申込限定 /
キャッシュバック最大43,000円に増額中

「モバレコエアー」は、ソフトバンクエアーのアライアンスモデルです。購入する窓口が違うだけで、エリア・端末・基本料金など、まったく変わりはありません。

違うポイントはソフトバンク公式キャンペーンと併用できる、独自キャンペーンが適用できるところです。そのためソフトバンクエアーより安い月額料金で使えます。

レンタルだと割引対象外になることが多いですが、モバレコエアーは端末レンタルでも月額割引キャンペーンが自動適用されます。

特別な手続きなしで、1〜2ヶ月目は2,706円、24ヶ月目までなら4,218円で利用できるため、割安にホームルーターを使うことが可能です。

なお、契約後にエリア外だったり、回線状況に不満があったりしても、利用開始から8日以内なら無料でキャンセルできます。

メリット ・全員対象の月額料金割引あり
・[端末購入した場合]20,000円のキャッシュバックあり
デメリット ・モバレコエアーの購入とレンタルを比較するとレンタルのほうが高額
・[端末購入した場合]費用なしで解約できるのは2回目の更新月(4年後)

当サイトからの申し込み限定
キャッシュバック最大43,000円増額中!

速度が欲しいなら5G回線の「home 5G」

一人暮らしホームルーターにおすすめなhome 5G
画像:home 5G(GMOとくとくBB)より引用[6]
ドコモ home 5Gのプラン詳細を開く

■ プラン内容

サービス・プラン名 home 5G
エリア 全国
契約期間 なし
費用 月額料金 4,950円
事務手数料 3,300円
端末代金 39,600円※

※ドコモ公式キャンペーンで実質無料

■ 実質料金

おすすめ申込窓口 GMOとくとくBB
実質月額料金 2年間 4,338円

■ 通信速度・通信制限

使用回線 ドコモ
データ使用量 無制限※
最大速度 上り 218Mbps
下り 4.2Gbps
平均実測値※ 下り 228.82Mbps
上り 21.07Mbps

※11月~2023年1月の平均実測値(みんなのネット回線速度から引用)

■ 1月キャンペーン情報

公式 ・ドコモのスマホセット割あり
・端末代金が実質無料
代理店 ・Amazonギフト券18,000円プレゼント

ドコモのホームルーター「home 5G」は通信速度が高速なことで人気のサービスです。さらに最新のWi-Fi規格「Wi-Fi 6対応」や、同時接続数が65台と申し分ないスペックです。

データ通信量に上限がないため通信制限もなく、契約期間もありません。月額料金は4,950円から変わらないシンプルなプランとなっています。

また、ドコモのギガプランを契約していると「home 5G セット割」が適用され、最大1,100円の割引が永年入ります。

ドコモのホームルーター専用端末の「home 5G HR01」は、36ヶ月の分割で支払いすることで割引が適応されます。分割の支払いと同額の割引が毎月入り、実質無料で購入できます。

home 5Gのおすすめポイント

  • ドコモスマホとのセット割が適用できる
  • ホームルーターのなかでも通信速度が最速級
  • 月額料金が変わらず、契約期間なしのシンプルプラン

ドコモ home 5G

ドコモから高性能なホームルーターが登場

端末代金実質無料!
18,000円分のAmazonギフト券

Amazonギフト券18,000円プレゼント

▲目次に戻る

繋がりやすさを求めるなら「WiMAX」のホームルーター

一人暮らしホームルーターにおすすめなWiMAX
画像:Broad WiMAXより引用[1]

WiMAXのホームルーターは、ポケット型WiFi同様、月間データ量無制限で利用できるだけでなく、人口カバー率90%以上なので、つながりやすさに定評があります。さらに、使用機種もスペックが高いので、実測値も出やすいといった嬉しい特徴があります。

前述のように、WiMAXは多くのプロバイダがサービスを展開していますが、どこから申し込んでもスペックは変わりません。ただし、料金やキャンペーンなどはプロバイダによって変わってきます。

ホームルーターもポケット型WiFi同様、Broad WiMAX・カシモWiMAXがおすすめできます。

家でも外でも使うならポケット型WiFi×ホームルーターの「革命セット」

革命セット
革命セット公式サイト[8]

自宅でも外出先でも快適なネット環境を構築したいならモバレコAir × ONE MOBILEのセット契約の「革命セット」もおすすめです。

2台セットでの契約でもWiFiの契約1台分の価格で利用することができます

革命セットのプラン詳細を開く

■ プラン内容

※横にスクロールできます。

回線タイプ ホームルーター ポケット型WiFi
端末名 ソフトバンクエアー ONE MOBILE
エリア 全国
契約期間 24ヶ月 なし(最長24ヶ月間提供)
費用 月額料金 1ヶ月:1,067円
2ヶ月:1,980円
3ヶ月~:2,579円
25ヶ月~:5,368円
1,100円
端末代金 71,280円 0円(レンタル)
事務手数料 3,300円
実質月額料金 24ヶ月 3,312円

■ 通信速度・通信制限

※横にスクロールできます。

使用回線 ソフトバンク ソフトバンク
回線タイプ ホームルーター ポケット型WiFi
端末名 ソフトバンクエアー ONE MOBILE
データ使用量 原則無制限 月間100GB
最大速度 上り
下り 2.1Gbps 150Mbps
平均実測値※ 下り 78.14Mbps 9.49Mbps
上り 8.27Mbps 20.61Mbps

※11月~2023年1月の平均実測値(みんなのネット回線速度から引用)

■ 1月キャンペーン情報

公式 ・月月割で端末代金無料
・ソフトバンク&ワイモバイルのスマホセット割あり
当サイト経由限定 ・キャッシュバック10,000円

モバレコAirは月間のデータ量が無制限、ONE MOBILEが100GBとたっぷり2台で利用できます。万が一ONE MOBILEが月100GBの通信を越してしまっても、モバレコAirがあるので安心して大容量の通信ができます。

10,000円 キャッシュバック!

▲目次に戻る

一人暮らしにおすすめの光回線

一人暮らし WiFi 光回線 おすすめ
一人暮らしにおすすめの光回線

光回線のおすすめユーザー

  • 通信速度は最速レベルを求めている
  • データ通信量は気にしたくない
  • 家族(複数端末)も一緒に使いたい
  • とにかく快適なインターネット環境を整えたい

一人暮らしにおすすめな光回線

※クリックで詳細までスクロールします。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら「ソフトバンク光」

一人暮らし光回線におすすめなソフトバンク光
画像:ソフトバンク光(STORY)より引用[12]

▼ソフトバンク光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン 戸建て
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 316.32Mbps
上り 227.16Mbps
月額料金 5,720円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金(2年プラン) 5,720円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 4,316円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 工事費実質無料
  • 最大10万円の他社違約金補填
  • 37,000円キャッシュバック
  • U-NEXT無料トライアル

▼ソフトバンク光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン マンションタイブ
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 317.89Mbps
上り 245.24Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金(2年プラン) 4,180円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 2,776円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円
キャンペーン ・工事費実質無料
・最大10万円の他社違約金補填
・37,000円キャッシュバック
・U-NEXT無料トライアル

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 工事費実質無料
  • 最大10万円の他社違約金補填
  • 37,000円キャッシュバック
  • U-NEXT無料トライアル

ソフトバンク光は、ソフトバンクが提供している光回線サービスです。最大1Gbpsの通信速度に加えて、キャンペーンやセット割が充実しているので、お得に始められるのも魅力となっています。

ソフトバンク光は他社からの乗り換えキャンペーンを実施しています。違約金を満額負担してくれたり、37,000円のキャッシュバックを行ったりと、嬉しい特典がもらえます。

そして、ソフトバンクスマホとのセット割も用意。ソフトバンクのスマホセットで対象のスマホ通信料から永年毎月1,100円割引がされるので、よりお得に光回線が利用可能です。

すでにソフトバンクのスマホプランを使っている方も対象なのも嬉しい部分となっています。ソフトバンク光は通信クオリティやキャンペーンの充実度が優れた光回線です。

▲目次に戻る

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

一人暮らし光回線におすすめなドコモ光
画像:ドコモ光(ネットナビ)より引用[10]

▼ドコモ光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) ネットナビ
プラン 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 277.53Mbps
上り 231.03Mbps
月額料金 5,783円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 19,800円
※完全無料キャンペーン中
解約費用 違約金 5,500円
実質月額料金(契約期間) 5,783円
スマホセット割 ドコモの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 15,000円キャッシュバック(オプションなし)
  • 20,000円キャッシュバック(オプションあり)
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

▼ドコモ光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) ネットナビ
プラン 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 262.67Mbps
上り 231.45Mbps
月額料金 4,463円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 16,500円
※完全無料キャンペーン中
解約費用 違約金 4,180円
実質月額料金(契約期間) 4,463円
スマホセット割 ドコモの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 15,000円キャッシュバック(オプションなし)
  • 20,000円キャッシュバック(オプションあり)
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

「ドコモ光」はドコモスマホとのセット割が唯一適用できる光回線です。そのため、ドコモユーザーへのおすすめ光回線はドコモ光一択となります。

一人暮らしのおすすめポイントとしては、工事費が完全無料であるということです。

他社では工事費を分割払いにすることで同額の割引を適用し、実質無料であるところがほとんどなので、解約したとき工事費の残債があれば支払う必要があります。

工事費が完全無料で光回線の高速通信が使えるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

▲目次に戻る

auユーザーなら「auひかり」

auhikari_NEXT
画像:auひかり(NEXT)より引用

▼au ひかり(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン ずっとギガ得プラン
契約期間 36ヶ月(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 740.68Mbps
上り 687.03Mbps
月額料金 ~12ヶ月:5,610円
~24ヶ月:5,500円
25ヶ月~:5,390円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 41,250円
解約費用 違約金 4,730円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 高性能のWiFiルータープレゼント
  • auひかり電話の基本料金が3年無料
  • 他社違約金を最大30,000円補填
  • 開通工事費が実質無料

▼au ひかり(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン マンション タイプV 16
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 100Mbps
平均実測値※ 下り 392.31Mbps
上り 391.57Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 33,000円
解約費用 違約金 2,730円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 高性能のWiFiルータープレゼント
  • auひかり電話の基本料金が3年無料
  • 他社違約金を最大30,000円補填
  • 開通工事費が実質無料

メリット
  • 独自回線だから通信速度がトップクラス
  • 独自回線なのに提供エリアが広い
  • auスマートバリュー適用でレンタル必須の機器代金がタダ
デメリット
  • auとUQモバイルユーザーにとって最安の光回線ではない
  • マンションプランは最大速度が100Mbpsの可能性
  • キャンペーンの手続きは忘れず行う必要あり

auひかりは高速通信できると評判の高い光回線です。WiFiでも高速通信をしたい方や、ストレスなくオンラインゲームや配信を楽しみたい方に人気です。

特にau・UQモバイルユーザーはスマホセット割引が適用できるため、光回線の中でも最安級で通信することができます。

auひかりのネックだった違約金は2,730円~4,730円に減額され、回線撤去工事も任意になりました。解約時の高額請求の心配もなくなったことで、申し込みやすくなっています。

■ キャッシュバックの受け取り方法

  1. 代理店NEXT担当者より申込内容の確認電話をもらう
  2. あわせて振込口座情報がヒアリングされるので答える
  3. 代理店キャッシュバック手続き完了!開通翌月末日に振込確認
  4. [開通4ヶ月後]プロバイダのキャッシュバック専用WEBページを開く
  5. [振込口座情報を登録する
  6. プロバイダキャッシュバック手続き完了!1ヶ月以内に振込確認

▲目次に戻る

超高速回線を求めるなら「NURO光」

NURO光

▼NURO 光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(代理店) NURO 光公式
プラン 戸建てプラン(G2T)
契約期間 24ヶ月
最大速度 2Gbps
平均実測値※ 下り 479.73Mbps
上り 455.62Mbps
月額料金 5,200円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 44,000円
解約費用 違約金 3,850円
実質月額料金(契約期間) 3,463円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 45,000円キャッシュバック
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

▼NURO 光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(代理店) NURO 光公式
プラン G2T
契約期間 36ヶ月
最大速度 2Gbps
平均実測値※ 下り 545.31Mbps
上り 488.35Mbps
月額料金 2,090円~2,750円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 44,000円
解約費用 違約金 3,850円
実質月額料金(契約期間) 2,037円~2,697円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,100円

エリア検索ページを開く

■ 最新キャンペーン情報

  • 45,000円キャッシュバック
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

NURO光は超高速回線を手軽な料金で利用できるのが魅力の光回線サービスです。

NURO光は下り最大速度が2Gbpsの超高速回線を実現しています。他社の光回線サービスでは、基本的に1Gbpsが多い中、その倍を可能にしている通信クオリティは大きな魅力。

さらに、今では45,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。工事費用も実質無料という特典も付いているので、格安で超高速回線を利用可能です。

ただし、利用できるエリアは限られています。主に首都圏で利用でき、地方は利用できないエリアも多いのがデメリット。NURO光を利用するなら、まずは利用エリア内か確認をしましょう。

最大45,000円キャッシュバック

▲目次に戻る

楽天モバイルユーザーなら「楽天ひかり」

楽天ひかり
▼楽天ひかりのサービス詳細

※横にスクロールできます。

タイプ 戸建て マンション
提供エリア 全国
最大速度 1Gbps
契約期間 3年
セット割
工事費 19,800円 16,500円
手数料 880円
月額料金 0~12ヶ月目:3,080円
13ヶ月目~:5,280円
0~12ヶ月目:1,980円
13ヶ月目~:4,180円
キャンペーン ・1年間月額料金が無料(楽天モバイルユーザー限定)
・1年間月額2,200円割引(楽天モバイルユーザー以外)
・楽天市場でのお買い物が+1倍

楽天モバイル利用者なら、楽天ひかりの月額料金が1年間無料になるキャンペーンを実施しています。キャッシュバックのキャンペーンとは違い、もらい忘れなく特典を受けられることがポイントです。

マンションタイプなら4,180円×12ヶ月=50,160円、戸建てタイプなら5,280円×12ヶ月=63,630円もお得にはじめられます。

楽天モバイルとセットで
ネット月額料金が1年タダ

▲目次に戻る

安価な光回線を求めるなら「So-net 光 minico」

So-net 光 minico
▼So-net 光 minicoのサービス詳細

※横にスクロールできます。

タイプ 戸建て マンション
対応エリア 日本全国
契約期間 なし
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費用 26,400円
月額料金 4,500円 3,400円
契約期間中の総額 ※ 165,300円 125,700円
契約期間中の実質月額料金(2年) 4,592円 3,492円
違約金 なし
キャンペーン内容
  • 工事費用相当の割引
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター永年無料

※契約期間はないため、3年で算出

So-net 光 minicoはSo-netから提供されている新サービスです。特徴は、混雑時は回線速度が低下するかわりに月額料金が安いことです。

混雑する時間帯にサクサク利用したい場合は、1回200円のさくさくスイッチ(ワンデー)で翌日に広帯域のネットワークで利用することもできます。

戸建て、マンションタイプどちらも月額料金が他社と比べて、500円程安くなっているため、とにかく安く光回線を使いたい人におすすめです。

また、光回線では珍しく、契約期間の縛りや解約金がかからないこともポイントです。

縛りなしだから解約金も0円
賃貸・単身者におすすめの光回線

▲目次に戻る

そもそも一人暮らしでWiFi環境は必要か?

スマホの画面を見る女性の画像

これから一人暮らしを始める方は「本当にWiFiは契約する必要はあるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。結論、一人暮らしでもWiFiの契約はしておくことをおすすめします

WiFiが必要な例
  • オンラインでのやりとりをする
  • スマホ以外の機器でネットを使う

テレワーク・オンライン授業やオンラインゲームなど、リアルタイムでのやりとりをする場合は、特に安定した通信環境が必要になってくるのでWiFiは契約すべきでしょう。

パソコン・WiFiモデルのタブレットなど、WiFiがなくてはインターネットを使えないモデルの機器で通信したい場合も必須です。

WiFiが不要な例
(注意点あり)
  • そもそもネットを使わない
  • 基本自宅でネットを使い、建物に無料WiFiの設備がある
  • ネットはスマホでしか使わず、契約しているプランのデータ通信量で満足している

現在では月間データ通信量が大容量なスマホ・タブレットプランがあり、それで満足しているのであれば無理にWiFi契約をする必要はないでしょう。

ただし、スマホ・タブレットのプランを契約しているキャリアで通信障害が起こったとき、インターネットを使う手段がなくなってしまいます。

複数のキャリアでスマホ・タブレットのプランを契約しておくか、WiFi契約をしておくことをおすすめします。

▲目次に戻る

一人暮らしでのWiFiの契約方法

机の資料を読む男性の画像

一人暮らしでWiFiの契約手順がわからないという方は、こちらで紹介していくので参考にしてください。各WiFiごとに契約手順を紹介していきます。

光回線の契約手順

光回線の契約はホームルーターやポケット型WiFiよりも工事が発生する関係で時間がかかってしまいます。

申し込みをしてから2週間〜3ヵ月ほど開通までにかかる場合があるので、余裕をもって申し込みを行いましょう。

 光回線の申し込みの手順(例:ドコモ光)

1.賃貸の場合は、工事をしてもいいかオーナーに確認する
光回線は壁に穴を開ける必要があります。そのため、契約前にオーナーに許可を取っておきましょう。
2.利用エリアの確認をする
ドコモ光の提供エリアは、NTT東日本・NTT西日本の検索ページにアクセスして確認できます。
3.サイトで申し込み
サイトにアクセスし、申し込みを行います。
4.契約プランを選択する
光回線はマンションプラン、戸建てプランに分かれます。お住まいの住居に合わせて選択しましょう。
5.支払い方法、個人情報を入力する
支払い方法や必要事項を登録しましょう。
6.申し込み完了
申し込みを完了させましょう。
7.工事日を調整する
サイト上で手続きが完了したら、「ドコモ光サービスセンター」から工事日程の電話がきます。工事が立ち合いが必須なので、在宅する日を選択しましょう。
8.開通工事を行い、利用開始
開通工事を終えたら、すぐに利用開始できます。WiFi情報を共有されるので、繋がるか確認しましょう。

▲目次に戻る

ホームルーターの契約手順

自分にあったホームルーターを見つけたら、お得な申し込み先から申し込みましょう。

公式サイトよりも代理店経由で申し込みをしたほうが、独自キャンペーンなどでお得になる可能性が高いです。

 ホームルーターの申し込みの手順(例:home 5G)

1.利用エリアの確認をする
自分の住んでいるエリアで契約したいホームルーターが使えるか、公式サイトで確認しましょう。
2.サイトにアクセス
サイトで申し込みを行います。
3.契約したいプランを選択する
自分にあったプランを選択しましょう。事前にプランの相談をしたい場合は、予約フォームやサイト上のチャットから相談できます。
4.支払い方法、個人情報を入力する
支払い方法や必要事項を登録しましょう。
5.申し込み完了
申し込みが完了すると、確認メールが届きます。何か不備があった場合は電話にて知らせてくれるので、安心です。
6.商品が発送される
申し込みが完了したら端末が発送されます。(送料無料)
平日13時までの申し込みで当日発送してもらえます。
7.端末を受け取る
端末を確実に受け取るために、日時指定がおすすめです。
8.初期設定し、利用開始
端末が届いたら初期設定を行いましょう。同梱されている説明書に従って、設定を行うと利用が開始できます。

▲目次に戻る

ポケット型WiFiの契約手順

ポケット型WiFiの契約手順もホームルーターと同じになります。自分にあったホームルーターを見つけ申し込みましょう。

 ポケット型WiFiの申し込みの手順(例:Broad WiMAX)

1.利用エリアの確認をする
自分の住んでいるエリアでWiMAXが使えるか、公式サイトで確認しましょう。
2.サイトにアクセス
サイトで申し込みを行います。
3.契約したいプランを選択する
自分にあったプランを選択しましょう。事前にプランの相談をしたい場合は、予約フォームやサイト上のチャットから相談できます。
4.支払い方法、個人情報を入力する
支払い方法や必要事項を登録しましょう。
5.申し込み完了
申し込みが完了すると、確認メールが届きます。何か不備があった場合は電話にて知らせてくれるので、安心です。
6.商品が発送される
申し込みが完了したら端末が発送されます。(送料無料)
平日13時までの申し込みで当日発送してもらえます。
7.端末を受け取る
端末を確実に受け取るために、日時指定がおすすめです。
8.初期設定し、利用開始
端末が届いたら初期設定を行いましょう。同梱されている説明書に従って、設定を行うと利用が開始できます。

▲目次に戻る

一人暮らしの方必見! ネット料金節約術

一人暮らし ネット料金節約
ネット料金を節約しよう!

一人暮らしには何かとお金がかかります。少しでも通信費を安く抑えたいかも多いでしょう。そこで、最後にネット料金節約術を紹介します。今回取り上げるネット料金節約術は次の通りです。

■ネット料金節約術

・WiFiの使い方・使用頻度を明確にする
・スマホとネットのセット割を活用する
・格安SIMを契約する

次の項目で詳しく解説するので、参考にしてください。

WiFiの使い方・使用頻度を明確にする

ネット料金を節約するには、まずWiFiの使い方・使用頻度を明確にするのが大事です。使用頻度がわかれば、適切なプランを選ぶことができ、無駄に高いネット料金を支払わなくて済みます。

例えば、あまりネットを使わない、たまに動画を観る程度ならわざわざ高い光回線を使わなくても、ホームルーターやポケット型WiFiでも十分です。逆にガッツリゲームをしたい方は、光回線サービスを使って速度制限なくネットを使うのがおすすめです。

自分の利用状況を確認したいなら、契約している通信会社のマイページから確認。それを参考に適切なWiFi環境やプランを選択して、無駄なお金を使うのを防ぎましょう。

スマホとネットのセット割を活用する

スマホとネットのセット割りを活用するのもおすすめです。ソフトバンク光やUQ WiMAXなど、セット割を展開しているサービスもあります。活用するだけで月々1,000円程度料金が安くなる場合も。

数千円もするネット料金をこれだけ安くできるのは非常に大きいです。少しでも安くネットを使いたいなら、セット割りを活用してみましょう。

格安SIMを契約する

ネット料金を節約するなら、携帯料金の見直しから始めることをおすすめします。使い方次第では、WiFiを契約しなくとも、スマホの大容量プランを契約するだけで十分なケースもあります。

携帯料金を節約するには、格安SIMを契約するのがおすすめです。大手キャリアと格安SIMの料金を比較したので、ご確認ください。

■大手キャリアと格安SIMの料金比較

UQ モバイル ドコモ
月額料金 月1,628円 月4,378円
2年間の合計 39,072円 105,072円

※UQ モバイル(音声通話SIM3GB / 2年契約なし / 各種オプションなし)
※ドコモ(ギガライト~3GB / 2年契約なし / 各種オプションなし)

2年間で66,000円も差が出るのがわかります。加えて、UQモバイルなどセット割の対象になっている格安SIMでもあるので、安さを考えるなら格安SIMは欠かせません。

WiFiを選ぶついでに、スマホ契約を見直してみてはいかがでしょう。

▲目次に戻る

一人暮らしのWiFiに関するよくある質問

Q&Aの文字の画像

一人暮らしのWiFi利用に関するよくある質問や疑問点をいくつかまとめました。

それぞれ下記にて解説していきます。

一人暮らしのWiFi料金はいくらなの?

A.利用するWiFi環境やプランによって異なる

ポケット型WiFiと光回線、さらにプランによっても料金は異なってくるので一概にいくらとは言い難いです。

しかし、相場を下記表にまとめたので参考にしてみてください。

【料金の相場】

商材 月額料金
ポケット型Wi-Fi 約3,000円~4,000円
ホームルーター 約3,000円~4,000円
光回線 約4,000円~5,000円

通信量の目安は?

A.1ヵ月の平均データ通信量は「8.72GB」

使い方によって差は個人差はありますが、メールや電話、SNSの利用など一般的な利用で1日あたり8.72GBが平均値と言われています。

ポケット型WiFiでオンラインゲームは可能か?

A.可能ではあるが、タイムラグが発生する可能性がある

ポケット型WiFiでは、接続が不安定でタイムラグや読み込みができなくなる可能性があります。

かなり不便に感じてしまうと思うので、頻繁にオンラインゲームをする人は光回線がおすすめです。

▲目次に戻る

まとめ

本記事では一人暮らしにおすすめのWiFiについて紹介しました。

全部で3つある回線タイプの特徴をみて、最も魅力を感じる回線と契約をしましょう。また、それぞれのWiFiにはおすすめのサービスがあります。

ぜひ本記事を参考に、一人暮らしで使うWiFiをさがしてみてください。

光回線

ポイント ・通信速度が速く安定している
・データ通信量は完全無制限
・光電話やTVサービスが契約できる
おすすめサービス スマホセット割を適用できるもの

ホームルーター

ポイント ・導入や引越しの手続きが簡単
・ある程度の通信速度・データ通信量が担保されている
・光回線が引き込めない物件でもネットサービスの導入ができる
おすすめサービス ・速度を求めるなら「home 5G」
・とにかく安さなら「モバレコエアー」
・端末を持ち運んで使いたいなら「WiMAX」

ポケット型WiFi

ポイント ・国内外の外出先でもWiFiが使える
・安くネット環境を整えられる
・提供されているサービスが多様かつ豊富
おすすめサービス ポケット型WiFiにはない原則無制限プランのあるWiMAXシリーズ



※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

がねりん

がねりん

体張るライター

プロフィール

2016年からライターとして独立。現在は格安SIM関係を始め、ガジェット体験などを毎月発信しています。

たまに自分のサイトで体を張ったネタ記事も作成。1ヵ月間キャットフードだけで生活したり、自転車で400km以上旅するなど、ユーザーに楽しんでもらえる記事も執筆しています。

モバレコでは、ガイド系、比較、まとめなどを担当。読者が理解しやすいコンテンツを心がけています。

得意カテゴリー

WiFi・スマホ・格安SIM・ガジェット

ブログ・SNS

がねりん★ファンタスティック!
http://yougaku24.net/
Twitter(@arcticmonckys)
https://twitter.com/arcticmonckys

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン