Xperia Z4を購入したら設定したい11の機能

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Xperia Z4を購入したら設定したい11の機能

「Xperia Z4」を最初に買って、そのまま使ってももちろん良いのですが、知っておくと便利な機能や設定がたくさんあるので、より快適に使うためにぜひ設定をしておきましょう。

1)データ通信を使い過ぎないように設定する

1)データ通信を使い過ぎないように設定する

1)データ通信を使い過ぎないように設定する

まずは、気になる通信制限です。各キャリアともに「1ヶ月7GB制限」というがあるのと同時に、短期間で多く通信すると制限がかかる場合もあります。(例:auでは3日で3GB制限)

何気なく使っていて制限がかかると困りものなので、使いすぎた場合でもわかりやすく設定しておきましょう。
設定画面から「データ使用」を開きます。
データ使用周期をわかりやすく1日に設定しておいて、その下に表示されるグラフ内の黒い色のバーを上下に動かして、データ使用量が決めた数値に達してしまった場合に警告してくれるようにしておきます。

1)データ通信を使い過ぎないように設定する

1)データ通信を使い過ぎないように設定する

さらに気になる場合は、モバイルデータの上限を設定をタップして、今度はグラフ内に赤い色のバーが出てくるので、上限を決めておけば、モバイルデータの通信量が達するとモバイルデータ通信が無効になります。

1)データ通信を使い過ぎないように設定する

1)データ通信を使い過ぎないように設定する

アプリごとに節約する機能もあります。「データ使用」の下にあるアプリの使用状況をみて、あまり使っていないアプリが通信量を使っているようであれば、アプリのバックグラウンドデータを制限を設定しておくと、モバイルネットワークしか使わない場合に、通信を制限する事もできます。

2)ホーム画面を好みに変更する

2)ホーム画面を好みに変更する

2)ホーム画面を好みに変更する

キャリアモデルを購入すると、例えばdocomoの場合であれば「docomo LIVE UX」、auであれば「auベーシックホーム」が優先されます。好みですが、本来のXperiaの使い方にしたい場合は、「Xperiaホーム」に変更する事をオススメします。

2)ホーム画面を好みに変更する

設定画面から「ホーム設定」をタップして、「Xperiaホーム」を選ぶだけでOKです。

2)ホーム画面を好みに変更する

2)ホーム画面を好みに変更する

また、スマートフォンの使い方が苦手という人には、「シンプルホーム」を選ぶと、画面を大きい四角いタイル状のアイコンとなって、迷うことなく扱いやすい画面になります。「Xperia Z4」からは時計の文字が大きくなったり、文字サイズを変更できたり、背景の壁紙に家族やペットの写真を設定したり、シンプルながらも少しイジれるようになっているのも良ポイントです。

3)好みの画質に調整する

3)好みの画質に調整する

3)好みの画質に調整する

「Xperia Z4」では、画質も好みで設定できます。設定の「画面設定」に入り、ホワイトバランスをタップすると、ディスプレイの色味を調整できる機能があります。
ディスプレイ品質によっても、目に見える色の個人差によっても、色味が変わってみえる事がありますが、R・G・Bの3原色のバーを左右に変更することで、より自分が白に見えるように設定できます。

3)好みの画質に調整する

また、動画についても「高画質モード」から、よりクッキリ綺麗にみせる「X-Reality for Mobile」という機能や、さらにもう一段階、色を強調して鮮やかにする「ダイナミックモード」へと変える事ができます。ただし、「ダイナミックモード」は、かなり派手な色付けになるので、見るコンテンツによって切り替えてみるといいかもしれません。

4)ディスプレイがすぐに消灯しないようにする

4)ディスプレイがすぐに消灯しないようにする

4)ディスプレイがすぐに消灯しないようにする

「Xperia Z4」のディスプレイは、しばらく触らないでいると自動的に消灯するようになっていますが、初期設定では「30秒」となっているため、早すぎると感じる場合があります。
消灯するまでの長さを変更したい場合には、「画面設定」のスリープの設定から、15秒~30分までで、使いやすい時間を選ぶといいでしょう。ただし、長すぎる設定はバッテリー消費にもつながるので注意です。

4)ディスプレイがすぐに消灯しないようにする

4)ディスプレイがすぐに消灯しないようにする

また、Xperiaを手にもって、たとえば写真を見ているときは消えてほしくないという時は「スマートバックライト」機能をONにしておけば、画面をタッチしなくても消灯せずに使えます。
机に置いたりと、Xperiaを手からはなしているときはスリープ設定の時間通りに消灯します。

4)ディスプレイがすぐに消灯しないようにする

また、「タップして起動」をオンにしておけば、横の電源ボタンだけでなく、ディスプレイをトントンとダブルタップでもスリープから復帰させる事もできます。

5)画面が不用意に回転しないようにする

5)画面が不用意に回転しないようにする

5)画面が不用意に回転しないようにする

スマートフォンを使っていて、ソファで横になった時、縦画面のままで見たいのに、クルっと横画面に変更になってしまう事がよくあります。
縦画面のままで固定したい場合には、「画面設定」の画面回転から「画面の自動回転」をオフにすればOKです。
もしくはもう少し便利な使い方として、「スマート画面回転」をオンにすると、ゆっくりとソファに横になった時には画面が回転せず、素早く向きを変えたときのみ画面が回転するので、イライラが防げます。

6)好みの音質に調整して聴く

6)好みの音質に調整して聴く

6)好みの音質に調整して聴く

6)好みの音質に調整して聴く

「Xperia Z4」では、音楽を聴く時の音質も好みで変更することができる機能があります。設定の「音と通知」に入り、オーディオ設定から「サウンドエフェクト」を選びます。

6)好みの音質に調整して聴く

6)好みの音質に調整して聴く

イコライザーでは、高音から低音までを5段階に調整したり、ポップスやジャズといったジャンルからプリセットを選ぶ事もできます。ClearBASSを左右に動かしてより低音をきかせたり抑えたりもできます。

6)好みの音質に調整して聴く

サラウンド(VPT)設定では、スタジオやクラブ、コンサートホールの音響を再現するサラウンドを効かせることもできます。

6)好みの音質に調整して聴く

6)好みの音質に調整して聴く

S-Surround Front Surround」は、スピーカー専用の設定機能で、これをオンにしておくと、「Xperia Z4」のスピーカーから出てくる音が広がりをもった臨場感のある音声で再生することができます。
この辺りの設定がよくわからない、もしくはめんどくさい場合には、「Clear Audio+」をオンにするだけで、ソニー独自のオススメ設定に自動的にしてくれるので、簡単にイイ音で聴けるように、もなります。

7)ノイズキャンセリングヘッドホンを用意して周囲の雑音を消す

7)ノイズキャンセリングヘッドホンを用意して周囲の雑音を消す

7)ノイズキャンセリングヘッドホンを用意して周囲の雑音を消す

「Xperia Z4」便利なオーディオ機能として重宝するのが、デジタルノイズキャンセリング機能です。別途ノイズキャンセリングヘッドホンを用意して接続すると、そのイヤホンに付いているマイクで周囲の騒音を拾って、騒音を打ち消す逆位相の波を発生さることで騒音を約98.0%もカットしてくれます。

7)ノイズキャンセリングヘッドホンを用意して周囲の雑音を消す

設定から「音と通知」を開いて、アクセサリー設定を選択すると、「ノイズ環境設定」があります。「電車・バス」、「航空機」、「室内」と自分の使う環境を選ぶと、より効果的に、周囲のガヤガヤした音をカットしてくれるので、とても集中して音楽や動画を楽しめます。

7)ノイズキャンセリングヘッドホンを用意して周囲の雑音を消す

7)ノイズキャンセリングヘッドホンを用意して周囲の雑音を消す

また、手持ちのイヤホンでもイイ音で聞ける「ヘッドホンの音質補正」機能もあります。
準備としては、設定の「音と通知」のオーディオ設定から「サウンドエフェクト」にある「自動最適化」をオンにするだけです。
自分の手持ちのイヤホンを「Xperia Z4」につないで、しばらく音楽を聴いていると、自動的に自分の使っているヘッドホンの出力特性を補正してより良い音で聴けるようにしてくれる機能です。めんどくさい設定は苦手な人にはピッタリな機能です。

8)プライバシーを守るためにロックをかけておく

8)プライバシーを守るためにロックをかけておく

8)プライバシーを守るためにロックをかけておく

自分のスマートフォンの中身を他の人に見られないようにするためには、スリープから復帰する時にセキュリティロックをかける事をオススメします。
設定の「Z」をひらいて、画面のロックを選ぶと、セキュリティロックの方法を、スワイプ、パターン、PIN、パスワードから選ぶことができます。

8)プライバシーを守るためにロックをかけておく

8)プライバシーを守るためにロックをかけておく

スワイプは横にスライドするだけなので簡単にロック解除できてしまうので、パターンかもしくはパスワードがオススメです。

9)画面のロック解除を簡単にする

9)画面のロック解除を簡単にする

9)画面のロック解除を簡単にする

セキュリティロックをかけて、解除する際にパターンやパスワード設定しておきつつ、解除するときにとても楽な設定があります。例えば、BluetoothでつながるSmart Watch3や、Smart Band Talkなどをいつも身につけているとすると、ロック解除が一層簡単になります。

9)画面のロック解除を簡単にする

9)画面のロック解除を簡単にする

設定の「セキュリティ」からSmart Lockをタップします。次に「信頼できる端末」を選び、デバイスのタイプを選択で「Bluetooth」へと進みます。

9)画面のロック解除を簡単にする

9)画面のロック解除を簡単にする

そして、信頼できるデバイスを追加すると選ぶと、「信頼できる端末」にSmart Watch3が追加されます。

9)画面のロック解除を簡単にする

これで準備はOKです。普段Smart Watch3を身につけて、「Xperia Z4」を使っていたとすると、画面がスリープの状態から復帰する時に、Smart Watch3を検知して、パターンやパスワードの入力なしに画面が開いて使えるようになります。逆に、もしも「Xperia Z4」をどこかに忘れたとしても、離れていればSmart Watch3を検知できないので自動でロックは解除される事はありません。(自分が近くにいるといつでも開けてしまうので、そこは注意です)

10)クイック設定のアイコンを増やす、並び替える

10)クイック設定のアイコンを増やす、並び替える

10)クイック設定のアイコンを増やす、並び替える

ディスプレイの上から「通知パネル」を下げると、すぐに使いたい「クイック設定ツール」が現れてとても便利です。初期状態では、8つの設定がデフォルトで並んでいますが、もう少し増やしたり、もしくは並び替えたりすることもできます。

10)クイック設定のアイコンを増やす、並び替える

「通知パネル」を下まで下げきったところに編集アイコンが上に出てくるのででタップします。すると、「クイック設定ツール」の編集画面になるので、追加したいアイコンを指でたっちして移動する、もしくはアイコンの場所を動かすことで並び替えする事もできます。(ただし、Wi-Fiとbluetoothのアイコン位置は固定です。)これで、最大で11コのアイコンを置くことができます。

11)「STAMINAモード」機能を調整して効率よくバッテリーを節約する

11)「STAMINAモード」を調整して効率よくバッテリーを節約する

11)「STAMINAモード」を調整して効率よくバッテリーを節約する

「Xperia Z4」には、バッテリーを節約して駆動時間を延ばせる「STAMINAモード」があるので、積極的に使っていきましょう。
設定から「電源管理」を開きます。まず「STAMINAモード」を使うと、アプリごとにネットワーク通信やスリープ時の機能を制限して、待ち受け状態の電池の消費を抑えるというものです。

11)「STAMINAモード」を調整して効率よくバッテリーを節約する

11)「STAMINAモード」を調整して効率よくバッテリーを節約する

「画面スリープ中の制限」をオンにして、動作を制限するアプリを確認しましょう。追加したいアプリ一覧をみると、上から順にバッテリーの消費が激しいアプリから順に並んでいるので、待受時にあまり必要がないアプリがあればチェックを入れて追加しておきます。
もうひとつ、画面表示中でも、バッテリーの消費を防ぐために「画面の省電力設定」をオンにすると、画面のフレームレートを下げたり、高画質モードをオフにするなどして、省電力を優先した設定に調整してくれます。

11)「STAMINAモード」を調整して効率よくバッテリーを節約する

11)「STAMINAモード」を調整して効率よくバッテリーを節約する

次に、「低バッテリーモード」ですが、、例えば電池残量20%という条件にしていれば、バッテリーが減って20%を下回った時に電力消費の多い機能や設定をオフにするなどして、より消費電力を抑える設定が働きます。画面の明るさやスリープまでの時間など、細かく設定を変える事もできます。

11)「STAMINAモード」を調整して効率よくバッテリーを節約する

11)「STAMINAモード」を調整して効率よくバッテリーを節約する

最後の「緊急省電力モード」は、仮に災害などで充電する術がない緊急時に機能を制限して消費電力を抑えるモードです。有効にすると画面構成も変わって極限まで省電力になります。

まとめ

そのままでも充分に高機能ですが、こうした「Xperia Z4」に備わっている便利な設定を積極的に使っていくと、他の端末にはない便利な使い方が出来きて、さらに愛着がわいていくと思います。ぜひ参考にしていただいて、使っても良さそうかも!というところだけでも良いので活用してみてくださいね。

関連記事:

【Xperia Z5】 レビュー
【Xperia Z5】 設定の仕方
【Xperia Z5 Compact】レビュー
【Xperia Z5 Compact】設定の仕方
【Xperia Z5 Premium】 レビュー
【Xperia Z5 Premium】 設定の仕方

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

「ソニーが基本的に好き」と「ガンダムが基本的に好き」ってBlog書いてます。頭の中身がソニーとガンダムで埋まってます。「VAIOが基本的に好き」も立ち上げたほうがいいのか? ツイッターは刹那(・F・セイエイではない)に呟きまくりblogには情報のアーカイブとして。ほぼ毎週土曜日22時から、Ustream生配信してます。