Google Pixel 5 レビュー!待望の超広角カメラと大幅改善したバッテリー持ち魅力!

書いた人: ちえほん

カテゴリ: Pixel

Google Pixel 5 レビュー

2020年10月15日に発売されたGoogle最新フラッグシップモデル「Pixel 5」。Pixelシリーズ初となる”5G”対応スマホです。

超広角レンズ搭載で幅広いシーンで使いやすくなったカメラ、日常使いには不満のない動作レスポンスや長持ちバッテリー、安心のIP68防水防塵やおサイフケータイなど、欲しい機能も備わっている一台となっています。

国内では、auとソフトバンク、Google Storeにて販売が行われています。本体価格は、74,800円(税込)から購入可能です。

今回は、そんなPixel 5を「デザイン」「スペック」「ディスプレイ」「カメラ」などの様々な視点からレビュー・評価していきます

目次:

Google Pixe 5の外観デザイン:使いやすいサイズ感と軽さが魅力

Google Pixe 5
6.0インチディスプレイ

Pixel 5は、6.0インチのディスプレイを搭載。左上にパンチホール型のインカメラを採用、ディスプレイ上に物理ボタンはなく、画面を広く使うことができるので、ウェブ検索や動画鑑賞などにも最適です。

Pixel 5の背面デザイン
Pixel 5の背面デザイン

背面左上にスクエア型の「デュアルカメラ」、中央付近に「指紋認証センサー」、下部に「G」とロゴが刻まれています。

背面ロゴ
背面素材はアルミニウム

背面素材には、アルミニウム素材を使用。Pixel 4aとはまた違った仕上げになっていて、高級感があります。ザラザラとしたさわり心地で、指紋もつきにくいのが嬉しいポイントです。

右側面
右側面に、電源ボタン、音量ボタン
左側面
左側面、SIMスロット
下部側面
下部側面にマイク、Type-Cポート、スピーカー
側面上部
側面上部にマイク

黒基調の締まったPixel 5のカラーに、品の良いメタリックの電源ボタンを採用。デザインの美しさをより際立たせています。Pixel 4から引き続き、イヤホンジャックは非搭載です。

Pixel 5とiPhone 12
左がPixel 5、右がiPhone 12

Pixel 5の本体サイズは、約144.7mm(縦)x約70.4mm(横幅)x約8.0mm(厚さ)、重さは約151g。iPhone 12とサイズ感は似ていますが、重さは162gなのでPixel 5の方がより軽くなっています。

前後
ちょうど良い見やすさと軽さが魅力

見やすい”画面サイズ”と手にとった瞬間に感じることのできる”軽さ”はPixel 5の魅力。背面がラウンド形状で、手に馴染みやすく、フィット感もあります。

カラー展開
カラー展開は2色展開。左がJust Black、右がSorta Sage。

カラーラインナップは、Just BlackとSorta Sageの2色展開。今回レビューしているのは、Just Blackです。黒基調で落ち着いたシンプルデザインとなっています。

Google Pixe 5のスペック:日常的に使う上で不満のない動作レスポンス

Google Pixe 5のスペック
Google Pixe 5のスペック性能

Pixe 5とPixe 4のスペック・性能(参照:Google Store公式ページ

機種名 Pixel 5 Pixel 4
本体サイズ(縦×幅×厚さ) 約144×70.4×8.0mm 約147.1×68.8×8.2mm
重量 約151g 約162g
ディスプレイ 約6.0インチ
FHD+(有機EL)
解像度(1080×2340)
リフレッシュレート90Hz
約5.7インチ
FHD+(有機EL)
解像度(1080×2280)
リフレッシュレート90Hz
OS Android 11(初期搭載OS) Android 10(初期搭載OS)
CPU(SoC) Snapdragon 765G Snapdragon 855
メモリ(RAM) 8GB 6GB
内蔵ストレージ(ROM) 128GB 64/128GB
外部ストレージ 非対応 非対応
メインカメラ デュアルカメラ
約1,220万画素(標準)
約1,600万画素(超広角)
デュアルカメラ
約1,220万画素(標準)
約1,600万画素(望遠)
サブカメラ シングルカメラ
約800万画素
シングルカメラ
約800万画素
バッテリー 4,080mAh(バッテリー取り外し不可) 2,800mAh(バッテリー取り外し不可)
充電端子 USB Type-C USB Type-C
防水防塵 IP68 IP68
おサイフケータイ
指紋認証 ×
顔認証 ×
SIMカード Nano SIM Nano SIM
Wi-Fi(対応通信規格)

2.4GHz+5GHz
802.11 a/b/g/n/ac
2.4GHz+5GHz
802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
本体カラー Just Black
Sorta Sage
Just Black
Clearly White
Oh So Orange
その他 Qi認証ワイヤレス充電対応
リバースワイヤレス充電対応
18W急速充電対応
最低3年間のOS&セキュリティアップデート保証
Qi認証ワイヤレス充電対応
18W急速充電対応
最低3年間のOS&セキュリティアップデート保証

Pixel 5はGoogleの最新フラッグシップモデルではありますが、ハイエンドモデルはありません。競合他社と同等以上のカメラ性能や日常的に使う上で不満のない動作レスポンスを実現しつつ、低価格で購入しやすいミドルレンジモデル仕様です。

Pixel 4の欠点でもあったバッテリー持ちの大幅改善や電子決済を利用できるおサイフケータイ、ミドルレンジながら安心安全のIP68防水防塵など欲しい機能もすべて揃っています。
参考までにベンチマークテストの「Antutu Benchmark」の測定結果を下記に記載しておきます。

AnTuTu BenchmarkのスコアAnTuTu Benchmarkのスコア
左がPixel 5、右がPixel 4のAnTuTu Benchmarkのスコア

Pixel 4aのAntutu Benchmarkのスコアは「286,894点」で、Pixel 4のAntutu Benchmarkは「413,494点」でした。Pixel 4はハイエンド向けCPUである「Snapdragon 855」を搭載しており、単純にスコア比較するならPixel 5の点数はPixel 4に及びません。

PUBGモバイルプレイ画面
Pixel 5でPUBGモバイルを遊んでみた

とはいえ、一般的な電話やメール、WEBブラウジング、LINE、SNSなどは問題なく快適に利用できます。アプリの立ち上げ速度や動作のカクつきなどについても不満はなく、PUBGモバイルなどの重い3Dゲームも問題なく遊ぶことが可能でした。

気になるバッテリー持ちについては、朝10時から帰宅する夜21時まで、ウェブ検索や動画鑑賞、SNSなどを中心にしっかり使っても帰宅時には40%ほど残っていました。Pixel 4の時よりも格段にバッテリー持ちが改善しており、使い方を気にせずとも一日は十分耐えてくれる安心感があります。

Google Pixe 5のディスプレイ:ちょうど良い大画面が心地よい

Google Pixe 5のディスプレイ
Google Pixe 5のディスプレイ

Pixel 5は、大画面6.0インチのパンチホール型インカメラを備えたフルスクリーンディスプレイ(有機EL)採用。解像度は1,080×2,340(FHD+)となっています。

ディスプレイの発色は鮮やかで、見やすく、日常的に使う上で不満に感じることはないでしょう。また、物理ボタンはなく、Pixel 4よりも上下のベゼルが格段に狭くなっているので、画面をより広く使うことが可能です。

有機ELディスプレイを採用しているため、日中や逆光時には屋内利用に比べ多少の見づらさはありますが、使いにくさを感じることはありませんでした。十分、出先でも快適に使える範囲の明るさは確保されています。

Google Pixe 5のカメラ:待望の超広角レンズは使いやすさ抜群

Google Pixe 5のカメラ
Google Pixe 5のカメラ

Pixe 5は、シリーズ初の超広角レンズを含むデュアルカメラを搭載しています。カメラ構成は、約1,220万画素(F値1.7)の標準レンズ、約1,600万画素(F値2.2)の超広角レンズです。

超広角レンズを採用したことで、今までは撮ることができなかった広範囲を一度に撮影可能です。また、フラッシュを使わずに暗所や夜景、星空の撮影など、難しい設定をすることなく、シャッターを押すだけで撮れるカメラに仕上がっています。

Pixel 4で搭載された望遠レンズは非搭載ですが、デジタルズームによる劣化を抑えつつ撮影できる超解像ズーム(最大7倍)や「明るさ」と「暗さ」をそれぞれ別々に調節出来る「デュアル露出補正」は利用可能です。

それでは、Pixel 5で撮影した作例を確認していきましょう。

見たままを撮れる標準カメラ

標準カメラ標準カメラ
自然に明るく撮れる標準カメラ

シャッターを押すだけで、見た風景をそのまま自然に明るく綺麗に撮ることができます。
被写体を最大限に活かすことができる硬質さと柔らかさを備えたカメラです。

広範囲を一度に収めたい時に便利な超広角

超広角カメラ超広角カメラ
広範囲を一度に撮影できる超広角カメラ

広範囲を一度に撮影できる超広角カメラ。標準カメラのように鮮明な写真が撮れ、色味も遜色なく綺麗に撮影することができます。

思い通りに撮れる夜景・暗所

暗所撮影暗所撮影
暗所撮影に強いカメラ

Pixel 5のカメラは暗所でも狙った被写体を綺麗に撮影することができます。ただ明るくするだけではなく、見ている被写体の雰囲気や質感を壊さず、そのまま表現することが可能です。

ナイトモード撮影ナイトモード撮影
左は標準オート撮影、右はナイトモード撮影

もちろん、標準オート撮影でも十分綺麗に表現することが可能ですが、ナイトモード撮影では照明やライトなどの白飛びを抑え、文字や被写体をよりくっきり見やすくすることが可能です。

超広角夜間撮影超広角夜間撮影
超広角による夜間撮影

超広角による光量が足りない場所での撮影は、暗くて上手く撮影できないことも多いですが、Pixel 5の超広角は標準で撮った時と同じぐらい明るく実用的に使えます。

十分寄って楽しめる接写

接写接写
十分実用的な接写

接写に関しても盛りすぎることなく、被写体を自然に表現することが可能です。特筆して寄れるわけではありませんが、十分実用的に使える範囲だと思います。

正確かつ手軽に楽しめるポートレート撮影

ポートレート撮影
正確なポートレート撮影

圧倒的な強さを魅せるポートレート。拡大しても分かるとおり、背景との境目がきちんと判別できています。

被写体を魅力的に見せることができるのは、Pixel 5の大きな強みです。

Google Pixel 5のおすすめポイント / 良かった点

使い心地が最高!ちょうど良い5Gスマホ

Pixel 5使い心地
使い心地が最高!ちょうど良い5Gスマホ

Pixel 5最大の魅力は、無理をしない”ちょうど良さ“にあると感じました。

スマホは年々性能が向上しており、それに伴い価格も上昇傾向にあります。そんな中、Googleはあえて高価格なハイエンドではなく、低価格なミドルレンジを投入しました。

ミドルレンジ=安い”だけ”の時代は、完全に終わりました。Pixel 5は、日常的に使うスマホとして不満のない動作レスポンスを確保しつつ、見やすく使いやすい画面とサイズ感、軽さにこだわった一台です。

また、ハイエンドにも負けないカメラ性能や、日常的に使うものだからこそ必要不可欠な防水防塵、おサイフケータイ、ワイヤレス充電などにもしっかり対応しているのは、素晴らしいといえます。

今までよりも様々なシーンに対応できるカメラが便利

Pixel 5レンズ
今までよりも様々なシーンに対応できるカメラが便利

Pixel 5は、待望の超広角レンズを搭載。広大な風景を一枚の写真に収めたり、グループ撮影が容易になったり、今まで撮れなかった写真も撮れるカメラになりました。また、標準レンズはこれまでどおりシャッターを押すだけで、誰でも綺麗な写真を撮ることが可能です。

ハイエンドスマホではないものの、カメラ性能は間違いなくトップクラス。特にポートレートと夜景・星空撮影においては魅力的な写真が撮れる一台となっています。

一日しっかり使える安定したバッテリー持ちが魅力!

バッテリー持ち
一日しっかり使える安定したバッテリー持ちが魅力

Pixel 4から大きく変わった!と感じるのが、バッテリー持ちです。Pixel 5は、安心して一日しっかり使えるスマホになっています。

大容量4,080mAhバッテリーを搭載したことに加え、パワフルで高性能なハイエンド向けCPUではなく、省電力なミドルレンジ向けの「Snapdragon 765G」を採用したことで、格段にバッテリー持ちは良くなっています。

使いやすいサイズ感で、バッテリー持ちに不安がないスマホを選びたい人にとってはおすすめな一台です。

Google Pixel 5のイマイチなポイント / 注意点

次世代通信「5G」に対応!ただし、利用可能エリアには注意!

5G対応
次世代通信「5G」に対応

Pixel 5は、高速・大容量、多接続、低遅延の第5世代移動通信システム「5G」対応です。
5G対応エリア内であれば、今まで時間がかかっていた動画再生やダウンロードなどもより短時間で終えることができます。

ただし、日本国内で5G通信がどこでも利用できるわけではなく、まだまだ使えるエリアが狭いです。そのため、Pixel 5を「5G」目的で購入するのは現時点でおすすめしません。
もしも、「5G」目的で購入したい場合は、利用するエリアが5G通信可能エリアかどうかは事前にチェックしておきましょう。

夜景やポートレート撮影後の画像処理がPixel 4より若干遅い

背面画像
夜景やポートレート撮影後の画像処理がPixel 4より若干遅い

Pixel 5は、Pixel 4よりも夜景やポートレート撮影後の画像処理が若干遅いです。

特に、夜間・暗所撮影後の画像処理には時間がかかっている印象で、撮った写真をすぐに確認したい人にとっては不満に感じる場面があるかもしれません。

とはいえ、画像処理時間はわずか数秒のため待つのが気にならない人や撮影後すぐに写真を確認しない人にとってはあまり気にしすぎる必要はないです。

ステレオスピーカーの音質が物足りない!

Pixel 5のステレオスピーカー
ステレオスピーカーの音質が物足りない

Pixel 5を使って惜しいと感じたのはステレオスピーカーです。特に、上部画面内スピーカーの音が物足りない印象がありました。

Pixel 4では画面上にスピーカーがありましたが、Pixel 5では画面下に設置されています。そのため、どうしても音の質、聴こえ方が下部スピーカーに比べ悪い印象です。

画面で音が遮られる影響で、音に広がりがなく、こもる感じがありました。スピーカーで音を楽しみたい人にとっては注意すべきポイントです。

ゲームを中心に使いたい人にとっては不向き

Pixel 5 2
ゲームを中心に使いたい人にとっては不向き

Pixel 5はGoogleのフラッグシップモデルではあるものの、ハイエンドモデルではありません。用途によっては物足りないと感じる場面があります。

例えば、PUBGモバイルのような3Dゲームを中心に遊びたい人。0コンマ何秒の差で勝敗が決まるようなゲームには、正直Pixel 5は不向きです。

もちろん、勝敗に関わらず遊べれば問題ないという人にとっては、Pixel 5でも全く問題はありません。

結局のところ、どこまで求めるのかによって選ぶスマホは変わってきます。そのため、自分にとって必要な性能・仕様は何なのかを考慮しながらスマホ選びをしていきましょう。

Google
Pixel 5

端末のご購入はこちら

新型iPhoneも対象!
機種変更で5,500円キャッシュバック

新型iPhoneも対象!
他社からのりかえで21,600円割引

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ちえほん

ちえほん

ブロガー×ガジェットライター×YouTuber

プロフィール

現在は、ガジェットブログ「モバイルドットコム」やYouTubeチャンネル「モバイルドットコムTV」を運営、外部ライターとしても活動しています。

ワクワクするような新しいガジェットが好きで、口癖は”はあ〜また買っちゃった!”手にとって分かるリアルな体験を分かりやすく発信しています。

モバレコでは、「スマホ」のレビューや設定、比較記事を中心に執筆しております。読んで頂ける皆様に”読んで良かった”と思ってもらえるようなコンテンツ作りを目指しています。どうぞ、宜しくお願いします。

モバレコ以外のメディアでも、2019年〜現在まで執筆活動中です。

得意カテゴリー

スマホ・タブレット

ブログ・SNS

モバイルドットコム
https://www.mobile-com.net/
モバイルドットコムTV
https://www.youtube.com/channel/UC-gVzqx-OqiA7YMx4yRkY8g/
Twitter(@chehonz201)
https://twitter.com/chehonz201

メディア実績

【メディア】

  • Engadget 日本版(ベライゾンメディア・ジャパン株式会社)
  • WEBカーアンドレジャー(株)カーアンドレジャーニュース

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン