iPhoneのデータ悪用を防ぐ!パスコード10回エラーでデータを完全消去【iPhone Tips04】

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneのデータ悪用を防ぐ!パスコード10回エラーでデータを完全消去【iPhone Tips04】

iPhoneの中には電話帳や仕事のメールなど、大切な個人情報がたくさん保存されていると思います。

もし紛失したとき、誰かがそのデータを悪用してしまったら・・・。
たくさんの人に迷惑がかかったり、大きな仕事の損害にもつながってしまうかもれません。
悪用防止のため4桁のパスコードロックをかけていたとしても、何度も入力されているうちに解除される可能性もあります。

そんな不安を解消するために、10回パスコードエラーでiPhone内のデータ完全消去する設定があるのでご紹介いたします!

まずパスコード設定が前提!念のためデータのバックアップも!

この10回エラー設定をするにはまず「パスコードをオンにする」を有効にしておくのが必須。
「設定」アプリから、「Touch IDとパスコード」→「パスコードをオンにする」をタップして設定しましょう。

「設定」アプリ→「Touch IDとパスコード」→「パスコードをオンにする」をタップしてON設定

「設定」アプリ→「Touch IDとパスコード」→「パスコードをオンにする」をタップしてON設定

「設定」アプリ→「Touch IDとパスコード」→「パスコードをオンにする」をタップしてON設定

自分自身も4桁のパスコードを忘れてしまって、10回エラーをするとデータも消えてしまいます。
きちんと自身でパスコード管理をしましょう。
悪用防止のためにデータがすべて消えたとしてもPCやiCloud経由でバックアップをとっておけば、データの復旧ができるのでこまめにバックアップしておくのをおすすめします。

「パスコード10回エラーで全データ消去」の設定

1.「設定」→「Touch IDとパスコード」をタップ

2.自分のパスコード4桁数字を入力

1.「設定」→「Touch IDとパスコード」をタップ/2.自分のパスコード4桁数字を入力

3.下方へスワイプ

4.「データを消去」をONにしたら完了!

3.下方へスワイプ/4.「データを消去」をONにしたら完了!

※こちらのページではiPhone6を使用し、検証をしております。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2019年もあっという間に6月ですね。7月、8月の夏本番に向けて予定を立て始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 スマホ業界も次々と新作が登場する熱い時期。夏の思い出を美しく残すために、高性能カメラのスマートフォンに新調するのも良いですね!