iPhoneの文字入力で「かぎ括弧」を簡単に表示させる方法【iPhone Tips05】

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneの文字入力で「かぎ括弧」を簡単に表示させる方法【iPhone Tips05】

会話部分を囲ったり、本や映画のタイトル表記のときに使ったりと、
メールやSNS投稿で入力頻度が高い、かぎ括弧。
みなさんはどうやって入力していますか?

私は今まで“かっこ”と、ひらがなで直接入力してから変換して表示していました・・・。
この方法、とっても面倒くさいです!

しかしこの括弧入力、ひらがなの“や”を左右フリックして表示することができるのです!
知っていましたか?

では、このとても便利な入力方法をお伝えします。

ひらがなの“や”を長押し、もしくはそのままフリックで簡単入力!

や行のフリック入力で括弧を表示するには、大きく分けて2つの方法があります。
長押しから入力する場合と、そのまま左右にフリックして表示する方法です。

<長押しから入力>

“や”を長押しすると、左右にかっこが表示される

“や”を長押しすると、左右にかっこが表示される

“や”を長押しすると、左右にかっこが表示される

「(括弧ひらき)を入力したいなら、そのまま左へフリック。

」(括弧とじ)を入力したいなら、右へフリックすると本文に表示されます。

<フリック入力>

長押しはせず、そのまま“や”から左にフリックすると、括弧ひらきが表示

長押しはせず、そのまま“や”から左にフリックすると、括弧ひらきが表示

長押しはせず、そのまま“や”から左にフリックすると、括弧ひらきが表示

長押しないで、“や”から右にフリックすると、括弧とじが表示

長押しないで、“や”から右にフリックすると、括弧とじが表示

長押しないで、“や”から右にフリックすると、括弧とじが表示
いろんな種類の括弧変換も出てくる!
いろんな種類の括弧変換も出てくる!

括弧にも、いろいろな種類のものがあり使い分けて入力したいときもありますよね。
そんなときはフリックと同時に画面にあらわれる予測変換から選ぶことができます。
今日からさっそく活用してみましょう!

※こちらのページではiPhone6を使用し、検証をしております。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2019年もあっという間に6月ですね。7月、8月の夏本番に向けて予定を立て始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 スマホ業界も次々と新作が登場する熱い時期。夏の思い出を美しく残すために、高性能カメラのスマートフォンに新調するのも良いですね!