OPPO A73レビュー! 4眼カメラ搭載で薄くて軽いeSIM対応のハイコスパモデル

書いた人: REV

カテゴリ: OPPO

OPPO A73 レビュー

2020年11月10日にオウガ・ジャパンが発表、11月20日から順次発売が開始された4G対応のSIMフリースマートフォン「OPPO A73(オッポ エーナナサン)」。

3万800円(税込)とリーズナブルな価格ながら、大画面の有機ELディスプレイと4眼カメラを搭載し、物理的なSIMとeSIMをの両方をサポートしたコストパフォーマンス抜群の個性的な端末です。

この記事では、OPPO A73のディスプレイ・デザイン・バッテリー・スペック性能・カメラ性能・価格、様々な観点から実際に使って分かったOPPO A73の良いところやイマイチなところを詳しくレビューしていきます。

端末セット購入で
最大20,000円相当ポイント還元中!

OPPO
A73

端末のご購入はこちら

音声通話SIM特典で
1年間3GB/770円~!

目次:

OPPO A73の外観デザイン:レザーのような質感で高級感抜群の背面

デザイン正面
6.44インチの美しい有機ELディスプレイ

OPPO A73は6.44インチの有機ELディスプレイを搭載し、本体の大きさは約72.9 × 159.8 × 7.45mm。大画面ながら本重量は約162gと、このサイズのスマートフォンにしては軽量です。また、ディスプレイ上に指紋認証を内蔵しています。

しずく型のノッチ
インカメラ部分はしずく型のノッチ

ノッチデザインは極小のしずく型を採用。インカメラは1600万画素(F値:2.2)で、AIビューティー機能やナイトモードに対応しています。

デザイン背面背面アップ
背面はレザー調のデザインが特徴的

背面はシボ加工が施され、指紋汚れが目立ちにくマットな質感のレザー調(本革ではなく樹脂製)デザイン。

4眼カメラのデザイン
アウトカメラは4眼(クアッド)仕様

アウトカメラはメイン 1600万画素(F値:2.2)、超広角 800万画素(F値:2.2)、モノクロ 200万画素(F値:2.4)、ポートレート 200万画素(F値:2.4)の4眼仕様。

カメラ部分の出っ張りは小さめです。OPPO製スマホではおなじみの「AIダズルカラーモード」や、AIによるシーン識別機能・色補正にも対応しています。

本体上側面のデザイン本体下側面のデザイン
本体上側面・下側面のデザイン

下側面にはUSB-C端子、スピーカー、イヤホン端子を配置。イヤホン端子はハイレゾ音源に対応しています。

本体右側面のデザイン本体左側面のデザイン
本体右側面・左側面のデザイン

右側面に電源ボタン、SIMスロット。左側面に音量ボタン(上下)を配置。

SIMスロット
SIMスロットはnanoSIM + MicroSDという構成
eSIMもサポートしている

OPPO A73は、デュアルSIM(nanoSIM + eSIM)・DSDVをサポートし、外部メモリはmicroSDXC 最大256GBまで対応。物理的なSIMとeSIM両方をサポートしているのが本機の大きな特徴。

大画面なのに持ちやすい本体端末の薄さと軽さ
大画面でも軽くて、薄くて、持ちやすいスマートフォン

本体サイズが大きいので片手操作は厳しいですが、重量が軽いので、長時間使っていても手首が疲れにくい印象です。薄くて軽い大画面スマホをお探しの方にはピッタリな一台。

カラーバリエーション
カラーバリエーションは2色

本体のカラーバリエーションは、「ネービー ブルー」、「ダイナミック オレンジ」の2色。今回のレビューで使用しているのは「ネービー ブルー」になります。

OPPO A73のスペック:ミドルクラスながらそれなりに満足のいく仕上がり

OPPO A73のスペック
OPPO A73のスペックを確認

OPPO A73のスペック・性能(参照:製品ページ

OS Android 10(ColorOS 7.2)
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約72.9 × 159.8 × 7.45mm
重さ 約162g
ディスプレイ 6.44インチ 有機EL
ディスプレイ解像度 2400 × 1080(20:9)
アウトカメラ(4眼) メイン 1600万画素(F値:2.2)
超広角 800万画素(F値:2.2)
モノクロ 200万画素(F値:2.4)
ポートレート 200万画素(F値:2.4)
インカメラ 1600万画素(F値:2.2)
バッテリー 4000mAh
プロセッサ Qualcomm® Snapdragon™ 662
4×2.0GHz + 4×1.8GHz(オクタコア)
ROM 64GB
RAM 4GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB)
Bluetooth 5.0
無線LAN(Wi-Fih 802.11a/b/g/n/ac
SIM nanoSIM+eSIM
対応バンド GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28
TD-LTE: Bands 38/41
生体認証 画面内指紋認証
顔認証
イヤホン端子
FMラジオ ○(※ 有線イヤホン装着時)
USB形状 Type-C
カラー ネービー ブルー
ダイナミック オレンジ

OSはAndroid 10ベースの「ColorOS 7.2」、プロセッサ(CPU)は、クアルコム「Snapdragon™ 662(オクタコア)」を採用。

ROM 64GB、RAM 4GBとどちらも少なめですが、有機ELディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー、eSIM対応など、(一般ユーザーとしては)必要十分な機能を搭載。低価格のミドルクラス端末として、まずまずの仕上がりとなっています。

また、最近のスマートフォンとしては珍しく、イヤホン端子を搭載している点も見逃せません。

ベンチマークスコアを計測

ベンチマーク結果ベンチマーク結果
左:「AnTuTu Benchmark」右:「Geekbench」のスコア

ベンチマークテストの結果、Antutu Benchmarkのスコアは「182303」、Geekbenchのスコアは「313/1307」でした。

この数値なら、電話やメール、ブラウジング、LINE、SNSなど、一般的な使い方であれば快適に使用することが出来そうです。

ゲーミング性能を検証

ゲーミング性能
3Dの重いゲームには向いていないので注意

ゲーム中心での利用にはあまり向いていない印象です。「Call of Duty®: Mobile」や「PUBGモバイル」など、重い3Dゲームをプレイすること自体は出来ますが、グラフィックの品質やフレームレートの設定を抑えめにしないと、動作が重くなったり発熱が気になるシーンがありました。

バッテリー性能を検証

バッテリー持ち検証
OPPO A73はバッテリー持ちがいい

バッテリーは4000mAhと大容量。また、Qualcomm®Quick Charge™ 3.0(18W)の高速充電に対応しているので、約125分でフル充電することが出来ます。

SNSやLINE、ブラウジングがメインな筆者の場合、省エネモード・超省エネモードを切り替えながら運用すれば、平均して1日以上バッテリーが持つ結果となりました。

ついつい充電を忘れてしまった翌日もバッテリーがしっかりと残っているので、安心感があります。

OPPO A73のディスプレイ:大画面の有機EL液晶が美しい

ディスプレイ性能
画面占有率90.7 %の美しい大型有機ELディスプレイ

ディスプレイの大きさはは6.44インチ。くっきり・キレイな画面表示が特長の有機ELディスプレイを採用しています。解像度は2400 × 1080(408 PPI)、縦横比20:9のフルHD+に対応。有機ELディスプレイの発色は美しく、動画を観るには最適です。

ノッチとベゼル
画面占有率は90.7 %

また、強い日差しの下で輝度を自動調整してくれる「サンライトスクリーン」、就寝前にディスプレイの明るさを調整する「ムーンライトスクリーン」など、日常の様々なシーンで使いやすい機能が盛り込まれています。

OPPO A73のカメラ:価格以上に満足できるクオリティ

カメラ性能
OPPO A73のカメラ性能を検証

OPPO A73はミドルクラスながら、4眼カメラを搭載しています。風景やグループ撮影に便利な超広角カメラ、背景をぼかすことが出来るポートレートモードなど、シーンに合わせた写真撮影が可能。

さらに、動画撮影時の手ブレを補正してくれる「EIS電子手ブレ補正機能」も搭載しているので、ブレの少ないキレイな動画を撮影することも出来ます。

筆者が撮影した写真(作例)を感想と共に、それぞれ詳しく見ていきましょう。

※初期設定のままオートで撮影。
※作例はクリック・タップで拡大表示することができます。

歪みの少ない便利な超広角レンズ

風景の写真風景の写真
風景を撮影

風景などその場の全体像や雰囲気を記録したい時に超広角レンズがあると便利です。特に感動するような高画質で撮影出来る訳ではありませんが、そこそこの画質で撮ることは出来ました。

標準レンズとの画質の差があまりないので、撮影したいモノや場所によってレンズをうまく使い分けましょう。

夜景は無難だが目立って綺麗に撮れるわけではない

夜の風景写真夜の風景写真
夜景モードON・OFF画質の違い

夜景モードON・OFFの画質の比較です。夜景モードONの状態で撮影すると、全体的に明るく撮影出来ますが、補正が効きすぎて、やや不自然な色味になりました。また、日中に撮影した写真と比べると、ノイズが目立つ仕上がりになります。

オートでも美味しそうに撮れる料理写真

料理の写真料理の写真
料理写真はオートでOK

料理の写真は店内の照明色に左右されることなく、目視に近い自然な発色で撮影することが出来ました。難しい設定をしなくても、オートで美味しそうに撮影できるのは素晴らしいです。

手軽に背景ボケを楽しめるポートレートモード

ポートレートモード
背景をボカした撮影が可能なポートレートモード

一眼レフで撮影したような自然な背景ボケ写真を撮影することが出来る、ポートレートモード。上手に背景をボカすために、撮影者からの背景・被写体の距離感を掴むまでにやや苦労しましたが、一度距離感を掴んでしまえば、簡単に撮影することが出来ます。

かなり寄れる接写モード

接写作例
小さなものでも被写体を大きく撮影できる接写モード

小物を撮影する時に重要なのがどこまで寄れるかです。OPPO A73の接写モードは上の作例の様に、トリミングなしでここまで花を大きく撮影することが出来ました。

レビューまとめ:OPPO A73のおすすめポイント / 良かった点

実際にOPPO A73を使ってみて感じた「おすすめポイント / 良かった点」を、3つの項目に分けて詳しく解説します。

OPPO製端末として国内初のeSIM対応機種

eSIM対応
物理的なSIM、eSIMの両方に対応したリーズナブルなスマートフォン

OPPO A73は、OPPO製の端末として国内初のeSIM(nanoSIM+eSIM / DSDV対応)に対応した機種。 eSIMは物理的にSIMを交換せず、通信事業者を切り替えることが出来るので便利です。

ケースに充電器も!充実の付属品

専用のクリアケース高速充電に対応したACアダプター
専用クリアケースや高速充電に対応したACアダプターなど充実の付属品

急速充電に対応したACアダプター、専用のクリアケース、イヤホン、USB Type-C データケーブルなど、付属品が充実しているので、購入後そのまま何も買い足さず使用することが出来ます。本体の液晶には保護フィルムが貼付け済みです。

イヤホンをつなげばFMラジオが聞ける!

FMラジオ搭載
いざという時に便利なFMラジオ機能

本体にFMラジオチューナーが内蔵されているので、アンテナ代わりに有線イヤホンを接続するとラジオを視聴することが出来ます。災害時など、インターネットに接続出来ない環境で役立ちますし、ネットラジオと違って通信料が発生しないのがいいところです。

レビューまとめ:OPPO A73のイマイチなポイント / 注意点

実際にOPPO A73を使ってみて感じた「イマイチなポイント / 注意点」を、3つの項目に分けて詳しく解説します。

おサイフケータイ・FeliCaに非対応

NFC非搭載
「おサイフケータイ」「FeliCa」には対応していない

OPPO A73はNFC非搭載です。したがって、おサイフケータイやFeliCaを利用することが出来ません。マイナンバー申し込みなど、今後需要が高まっていくことが予想されるので、NFCが必要な方は同社のReno Aシリーズを選びましょう。

防塵・防水どちらも非対応なので注意

防水防塵には非対応
残念ながら防水・防塵には非対応

防水・防塵非対応なので、天候の悪い屋外で使用する際は気を使います。せめて、防水だけは対応してくれていればよかったのですが残念です。

スピーカーは価格なりの音質

スピーカー部分
スピーカーの音質は価格なり

スピーカーは価格なりの音質で、ステレオ感に乏しいです。イヤホン出力はハイレゾに対応していますが、映画などスピーカーで音を流して聞きたい場合、別途Bluetoothスピーカーなど接続することをおすすめします。

端末セット購入で
最大20,000円相当ポイント還元中!

OPPO
A73

端末のご購入はこちら

音声通話SIM特典で
1年間3GB/770円~!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

REV

REV

ポータブルオーディオ&ガジェットブロガー

プロフィール

ポータブルオーディオを中心に、カメラやガジェット系商品をレビューするブログ「REV69.COM」を運営。
モバレコでは主にレビュー系やガイド系カテゴリを担当。2019年に独立し、モバレコ以外のメディアでのライティング、スチールや映像撮影、動画編集などを手掛けています。

得意カテゴリー

ポータブルオーディオ・ガジェット・スマホ・Apple製品・カメラ・文房具

ブログ・SNS

ブログ
https://rev69.com
Twitter(@forREV)
https://twitter.com/forREV
Instagram(revojisan)
https://www.instagram.com/revojisan/?hl=ja

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン