カテゴリ: ホームルーター

WiMAX ホームルーター

WiMAXのホームルーターの評判は? メリット・注意点やおすすめ窓口などを紹介

WiMAXのホームルーターを自宅で利用しても問題がないのか気になる人は多いでしょう。結論からいうと、WiMAXのホームルーターは家で使用するWi-Fi機器として専用設計されているので、問題なく利用できます。

▼ WiMAXホームルーターの8つのメリット

  • ① 工事不要&コンセントに挿すだけで利用できる
  • ② 通信速度がポケット型WiFiよりも速い
  • ③ ネット接続が安定している
  • ④ ギガ放題なら実質無制限で利用できる
  • ⑤ 速度制限の条件が変更され、以前よりも緩和された
  • ⑥ 自宅以外でもコンセントがあればそのまま利用できる
  • ⑦ 同時接続台数多い
  • ⑧ 配線などが少ないのですっきり置ける

今回は、WiMAXのホームルーターについて徹底解説します。おすすめの窓口や申し込む手順なども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

▼ WiMAXホームルーターのおすすめ申し込み窓口

※クリックで詳細記載箇所までスクロールします。

\ 当サイト経由限定 /

最大2万円キャッシュバック

 ・月額料金2,167円から使える置き型WiFi
 ・ソフトバンク、Y!mobileスマホセット割

■モバレコ限定 キャンペーン

・最大2万円の高額キャッシュバック
U‐NEXT 6ヶ月無料トライアル実施中

※キャンペーン併用可能

目次:

WiMAXのホームルーターはどんなもの?

WiMAXのホームルーターはどんなもの?
WiMAXのホームルーターはどんなもの?
(引用元:Broad WiMAX公式サイト[1]

WiMAXのホームルーターは、WiMAXが提供している自宅に置くタイプのルーター端末です。無線でホームルーターとインターネットの基地局がつながっているため、ホームルーターをコンセントに挿すだけでインターネットが使えます

ポケット型WiFiや光回線との違い

WiMAXホームルーターはコンセントに挿して利用するため、ポケット型WiFiのように室外で利用できません。しかし、通信速度はポケット型WiFより安定的で速いので、速度を重視するならWiMAXホームルーターのほうが優位です。

また、コンセントに接続するだけでインターネットが使えるようになるため、光回線のように利用開始前に大掛かりな工事を行う必要がありません。そのため、工事ができない物件にお住いの方におすすめです。

ただし、通信速度や安定度は光回線のほうが上なので、より安定した高速通信を必要とするなら光回線を選びましょう。

他社ホームルーターとの違い

ホームルーターはWiMAXからだけでなく、ソフトバンクやドコモなどのキャリアからも提供されていますが、登録住所外で利用できるのは、WiMAXホームルーターのみです。

他社ホームルーターは、登録住所外だと利用できなかったり、利用停止といった厳しい制限をかけられたります。この点を考えると、出張先や旅行先などへ自由に持ち歩けるWiMAXホームルーターは、他社より利便性がよいですね。

ただし、実質料金の安さや実測値の速さは他社ホームルーターのほうが優位ですので、ホームルーターの契約先で悩んでいる人は、何を重視したいかを明確にしておきましょう。

WiMAXのホームルーターを利用するメリットとは

WiMAXホームルーター利用イメージ

WiMAXのホームルーターを使うメリットは、以下のとおりです。

▼ WiMAXホームルーターの8つのメリット

  • ① 工事不要&コンセントに挿すだけで利用できる
  • ② 通信速度がポケット型WiFiよりも速い
  • ③ ネット接続が安定している
  • ④ ギガ放題なら実質無制限で利用できる
  • ⑤ 速度制限の条件が変更され、以前よりも緩和された
  • ⑥ 自宅以外でもコンセントがあればそのまま利用できる
  • ⑦ 同時接続台数多い
  • ⑧ 配線などが少ないのですっきり置ける

① 工事不要&コンセントに挿すだけで利用できる

もっとも大きなメリットとして、工事不要でコンセントに挿すだけで手軽に使えるという点が挙げられます。光回線のように工事をすることなく利用開始できるので、工事の日程を待つ必要がありません。

また、申し込んでからすぐに届くので、早くインターネットを使い始めたい場合にも適しています。

光回線は、新学期前や長期休みなどの繁忙期に申し込むと、こちらのツイートにもあるとおり、開通まで時間がかかります。しかし、ホームルーターなら端末が届き次第コンセントに挿すだけでネット環境が整いますので、急いでいる方におすすめです。

② 通信速度がポケット型WiFiよりも速い

WiMAXホームルーターは、ポケット型WiFiより速いスピードでインターネットを利用できます。「みんなのネット回線速度(以降、みんそく)」でそれぞれの平均速度を調べてみました。

【WiMAXホームルーターとポケット型WiFiの速度比較】

サービス名 WiMAXホームルーター ポケット型WiFi(WIMAX)
機種名 Speed Wi-Fi HOME 5G L12 Speed WiFi 5G X11 Speed WiFi NEXT WX06
下り平均速度 43.25Mbps 40.4Mbps 33.08Mbps
上り平均速度 7.08Mbps 12.09Mbps 7.04Mbps

※みんなのネット回線速度の2022年2月時点のデータより

この表を見ると、ホームルーターのほうがポケット型WiFiより約3~10Mbps速いことがわかりますね。速度が速いほど、Web検索やYouTubeなどを快適に利用できますので、より快適にネットを使いたいのであれば、WiMAXホームルーターがおすすめです。

こちらの方は、WiMAXホームルーターの実測値を計測したところ140Mbpsと非常に速い速度が出たとツイートされています。WiMAXホームルーターは最新機種だと5Gに接続できますので、速度重視なら最新機種を選びましょう。

③ ネット接続が安定している

WiMAXのホームルーターは、自宅で使用するWi-Fi機器として設計されています。

たとえば、Speed Wi-Fi HOME L02は、「Wi-Fi TXビームフォーミング機能」に対応しています。この機能は、スマホなどの機器の位置を検知して狙って電波を出す機能で、L02の機種ではこの機能の安定性と通信速度が20%も向上しています。

また、最新のモバイル回線5Gに対応した「HOME 5G L12」は、最大速度が下り2.7Gbps、上り183Mbpsと高スペックです。

こちらの方は、WiMAXの最新ホームルーターのL12を使い、1日3回速度計測をした結果、平均700~850Mbpsも速度が出たとツイートされていますね。

実測値が700~850Mbpsもあれば、Web検索や動画視聴はもちろん、オンラインゲームも快適に楽しめるため、自宅で使用するWi-Fi機器として十分な役目を果たせるでしょう。

④ ギガ放題なら実質無制限で利用できる

WiMAXには「ギガ放題」という実質無制限で利用できるプランがあります。

中でも、「ギガ放題プラス」(※プロバイダによって名称は異なります)は、5G回線を無制限利用できますので、動画を観たりゲームをしたりと、大容量のデータを高速通信で楽しみたい人におすすめです。

⑤ 速度制限の条件が変更され、以前よりも緩和された

WiMAXホームルーターの「ギガ放題プラスプラン」は、これまで直近3日間で15GBを消費すると、翌日から夜間のみ最大1Mbpsの軽い速度制限にかかる仕組みでした。しかし、2022年2月より、「一定時間で大容量通信があった場合のみ混雑する時間帯に制限する」という内容に緩和されたため、以前よりさらに使いやすくなっていますよ。

これまでの「ギガ放題プラスプラン」は、1日に60GBも使った時点で、翌日から直近3日間の消費ギガ数が15GBを下回るまで速度制限にかかっていました。

しかし、現在は一定期間内に大量のデータ通信を行わない限り速度制限にかからないので、この方は混雑しやすい時間帯でも153Mbpsという高速を維持できています。

⑥ 自宅以外でもコンセントがあればそのまま利用できる

WiMAXのホームルーターは、自宅以外に持ち込んで利用することも可能です。

ただ、ソフトバンクエアーのホームルーターは、契約した住所以外での利用ができない規約になっています。そのため、契約した住所以外で使うと、通信ができなくなってしまいます。

一方、WiMAXは、自宅外で利用をしても問題ありません。コンセントに挿し込む必要はありますが、家でも外でも利用できます。

ただし、WiMAXホームルーターを利用している人も、引越しをした場合は住所変更が必要になりますので覚えておきましょう。

⑦ 同時接続台数が多い

WiMAXのホームルーターは同時接続台数が多く、家族みんなで使ったり、複数の機器を接続したりできます。

WiMAXのホームルーターの接続台数は以下のとおりです。

【WiMAXホームルーターの同時接続台数】

Speed Wi-Fi HOME 5G L11 32台(うちLANポート2台)
Speed Wi-Fi HOME 5G L12 40代(うちLANポート2台)

持ち運び可能なポケット型WiFiの場合、接続台数が最大16台と、ホームルーターと比べて少ないです。接続台数が多いホームルーターを使うことで、自宅で複数の機器による接続がしやすいでしょう。

⑧ 配線などが少ないのですっきり置ける

配線の多い光回線と比べて、ホームルーターには配線の少なさというメリットがあります。

光回線では、「ONU」(光回線終端装置)と無線LANルーターが必要な場合があり、配線が複雑になりやすいです。

機器や配線がごちゃごちゃすることで、埃がたまりやすくなったり、スペースが狭くなったりしてしまいます。配線の少ないWiMAXのホームルーターだと、配線に対して煩わしさを覚えることはほとんどありません。

ホームルーターのサイズや重量は以下のとおりです。

【WiMAXホームルーターのサイズ表】

製品名 Speed Wi-Fi HOME 5G L11 Speed Wi-Fi HOME 5G L12
サイズ 約70×182×124mm 約101×179×99mm
重量 約599g 約446g

ツイートからわかるように、ホームルーターを導入したあとの写真では、配線設備の少なさが際立っています。ごちゃごちゃしたルーターや配線などがなくなり、ホームルーターが一つだけですっきりしています。

WiMAXホームルーターの注意点とは

PC利用イメージ

WiMAXのホームルーターについてのメリットを紹介してきましたが、もちろん、注意しなければいけないこともあります。

以下が、WiMAXホームルーターの注意点です。

▼ WiMAXホームルーターの注意点一覧

  • 速度制限にかかる条件がプランによって異なる
  • 光回線ほどの速度は出ない
  • どこでも利用できるが持ち運びには不便
  • 解約違約金が高いプロバイダが多い
  • 5Gプランが申し込める窓口数は限られている

ここでは、注意点について詳しく説明します。

速度制限にかかる条件がプランによって異なる

WiMAXは、契約するプランによって速度制限の条件が異なります。

もっともデータ量の少ないライトプランはひと月7GBまで、使い放題のギガ放題プランは3日で10GB、5G対応のギガ放題プラスは2022年2月より、「一定時間で大容量通信があった場合のみ混雑する時間帯に制限する」という内容に緩和されました。

【WiMAXの速度制限】

契約プラン ライトプラン ギガ放題 ギガ放題プラス(5G対応プラン)
制限がかかるデータ量 1ヶ月で7GB 3日間で10GB 一定時間で大容量通信があった場合
制限される時間帯 制限量を超えたタイミングからその月の末日まで 制限量を超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)。制限時間帯を過ぎると解除される。 混雑する時間帯に制限する
制限時の最大速度 128kbps おおむね1Mbps

1ヶ月で7GBは、あまりインターネットを利用しない人でもすぐに超えてしまう容量です。

制限中の速度128kbpsも大変低速なため、自宅内で利用するホームルーターでの7GBプラン契約はあまりおすすめではありません。

なお、ギガ放題の速度制限条件には3日間で5GBの差があるため、より多くのデータを使用する人はギガ放題プラスがおすすめです。

ギガ放題の制限時の速度は1Mbpsとそこまで遅い速度ではありません。ネット記事の閲覧やLINEなどは問題なくできます。ただ、高画質な動画の視聴などは難しいでしょう。

では、3日間で10GBとは、具体的にどれくらいの量なのでしょうか?

【10GBでできることの目安】

Webページの閲覧 約66,000ページ
メールの送受信 約20,000通
LINE音声通話 約400時間
LINEビデオ通話 約30時間
高画質のYoutube視聴 約15時間
音楽再生(1曲5MBの場合) 約180時間
(5分程度の曲が約2,000曲)

このように、通信制限にかかった10GBでも様々なことが可能です。画質の調整をすれば動画視聴なども十分可能です。

光回線ほどの速度は出ない

先述したとおり、WiMAXホームルーターの速度はポケット型WiFiより速いです。しかし、以下の表に示したように、光回線ほどの速度は出せません。

【WiMAXホームルーターと光回線の実測値比較】

  WiMAXホームルーター
(Speed Wi-Fi HOME 5G L12)
光回線
(ドコモ光)
下り速度 43.25Mbps 269.46Mbps
上り速度 7.08Mbps 206.6Mbps

※「みんなの回線速度」2022年2月時点

ただし、インターネットの速度は20Mbps前後出て入れば問題ありません。そのため、光回線ほどの速度が出なくても、WiMAXホームルーターなら普段使いに支障はないでしょう。

どこでも利用できるが持ち運びには不便

WiMAXのホームルーターは、メリットでも述べたとおり、自宅から持ち出して利用することも可能です。しかし、自宅用の大きめのサイズなので持ち運びは不便です。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は重さが約446gとサッカーボールよりも少し軽い程度の重さ、ティッシュ箱より小さいくらいの大きさです。そのため、カバンに入れて持ち運ぶのは少し難しいです。もちろんコンセントに挿す必要もあるので、持ち運びには適していません。

解約違約金が高いプロバイダが多い

WiMAXには、解約違約金が高いというデメリットがあります。主なWiMAX窓口の違約金を以下の表で比較しました。

【主なWiMAX窓口の違約金比較表(ギガ放題)】

窓口名 違約金
Vision WiMAX 1年未満:28,050円
2年未満:21,450円
2年~:14,300円
DTI WiMAX 10,450円
Broad WiMAX 1年未満:20,900円
2年未満:15,400円
2年~:10,450円
So-net モバイル WiMAX 10,450円
BIGLOBE WiMAX 1年未満:1,100円
エディオンネット 10,450円
UQ WiMAX 1,100円

※価格はすべて税込

ただし、BIGLOBE WiMAXやUQ WiMAXは解約違約金が1,100円に設定されているため、契約後すぐに解約してもそこまで負担はかかりません。(BIGLOBE WiMAXは2年目以降いつでも無料解約可)

また、Broad WiMAXやVision WiMAXは指定回線への乗り換えであれば、いつ解約をしても違約金はかかりません。指定回線は光回線やポケット型WiFiなど多岐に渡りますので、ホームルーター解約後もインターネットを使い続けるのであれば、ほぼ全員が無料解約可能です。

このように、ホームルーターはサービスによって解約違約金に大きな差があるため、契約先を決めるときは解約時のことも考えて選びましょう。

5Gプランが申し込める窓口数は限られている

最大速度がより速く、速度制限の条件も撤廃された5Gプラン「ギガ放題プラス」ですが、取り扱い窓口がまだ少なくすべての窓口で申し込めるわけではありません。

2022年2月現在、5Gプランを契約できるWiMAX窓口は以下17社に限定されています。

▼ WiMAX5Gプラン提供窓口

  • GMOとくとくBB WiMAX
  • Vision WiMAX
  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • Ex WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • So-net モバイル WiMAX
  • DTI WiMAX
  • ヨドバシWiMAX
  • hi-ho WiMAX
  • Yamada air mobile
  • エディオンネット
  • カシモWiMAX
  • KT WiMAX
  • DTS mobile WiMAX
  • BIC WiMAX
  • au WiMAX

現在契約しているWiMAXプロバイダ内で5Gプランに変更しようとしても、取り扱いのないプロバイダからだと一旦解約し、乗り換えるしか方法がありません。そのため、契約したいプランを扱っているかは事前に確認しておきましょう。

WiMAXのホームルーターはこんな人におすすめ!

PC利用イメージ2

メリットや注意点について解説してきた結果、WiMAXのホームルーターがおすすめなのは以下のような人だとわかります。

▼ WiMAXのホームルーターがおすすめの人

  • ポケット型WiFiの速度では物足りなさを感じる人
  • 無制限感覚で使いたい人
  • たくさんの人や機器で回線をシェアしたい人
  • 自宅で光回線工事ができない人
  • 引っ越しが決まっている、引っ越しの機会が多い人

それぞれ解説していきますので、今の状況に当てはまる部分があるか、確認してみてください。

ポケット型WiFiの速度では物足りなさを感じる人

「通信速度がポケット型WiFiよりも速い」で比較したとおり、WiMAXホームルーターはポケット型WiFiよりも速い速度を出せます。

そのため、ポケット型WiFiの速度では物足りなさを感じている人は、WiMAXホームルーターへの乗り換えがおすすめです。

無制限感覚で使いたい人

WiMAXホームルーターは、5Gに対応した「ギガ放題プラス」を契約すると、月間データ容量無制限で利用できます。

2022年1月末までは「直近3日で15GBまで」という制限がありましたが、2022年2月より制限が撤廃されたため、WiMAXホームルーターなら光回線のように実質無制限で使えます

たくさんの人や機器で回線をシェアしたい人

WiMAXホームルーターは自宅で利用する据え置き型ルーターとして開発されていますので、多くの端末を同時に接続できます。

最新の「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」だと、同時に40台の端末を接続できます。

そのため、スマホやパソコンだけでなく、ゲーム機や家電なども同時に接続したい人、家族などたくさんの人で回線をシェアしたい人にもWiMAXホームルーターはおすすめです。

自宅で光回線工事ができない人

WiMAXホームルーターは、端末をコンセントに接続するだけでインターネット環境が整います。

光回線同様、室内でしか利用できないインターネットサービスですが、光回線のように開通工事をする必要がありませんので、集合住宅や社宅など、自宅で開通工事ができない人にもおすすめです。

引っ越しが決まっている、引っ越しの機会が多い人

WiMAXホームルーターは、住所変更をすれば引っ越し先でも同じようにコンセントに接続するだけで、インターネットを利用可能です。

光回線を契約している場合、引っ越し時に高額な撤去工事が必要になったり、新居で新たに開通工事が必要になったりするため、費用も時間もかかります。

その点、WiMAXホームルーターならコンセントの抜き差しだけで高額な費用もかかりませんので、引っ越しが決まっている人や、引っ越しの機会が多い人にとって使いやすいサービスといえるでしょう。

WiMAXのホームルーターを申し込む手順

PC利用イメージ3
WiMAXのホームルーターを申し込む手順

WiMAXのホームルーターを申し込む際の手順について説明します。

1.申込窓口のサイトから申し込む
申込窓口のサイトから申し込みをします。Web申込は手軽で便利ですし、店舗や電話で申し込むよりお得なキャンペーンを利用できることもあります。そのため、Web申込をおすすめします。
2.ホームルーターが自宅に届く
申し込み後数日でホームルーターが自宅に届きます。届いたらすぐに中身を確認しましょう。
3.ホームルーターを起動して利用開始
ホームルーターをコンセントに挿し起動します。パソコンやタブレット、スマホのネットワーク設定をすれば、インターネットを利用できます。

【全17社比較】WiMAXホームルーターのおすすめ窓口を紹介!

インターネット利用イメージ
WiMAXホームルーターのおすすめ窓口を紹介!

WiMAXのホームルーターを使う場合、どの窓口を選べばよいのでしょうか?

全17社の窓口を比較したので、窓口選びの参考にしてください。

ギガ放題の料金比較表

【WiMAX窓口比較表(ギガ放題)】

※横にスクロールできます。

窓口名 3年間実質月額料金 キャンペーン 契約期間 違約金
Broad WiMAX 3,876円
  • 初期費用20,742円割引
  • 他社違約金補填最大19,000円
  • モバレコからの申込で5,000円キャッシュバック
3年 1年目未満:31,350円
2年目未満:25,850円
2年目~:10,450円
DTI WiMAX 3,967円 3年 1年目未満:20,900円
2年目未満:15,400円
2年目~:10,450円
EX WiMAX 4,010円
  • 他社違約金を最大20,000円キャッシュバック
  • 初期費用19,250円無料
  • 月額料金割引
3年 1年目未満:29,000円
2年目未満:24,000円
2年目~:9,500円
縛られないWiFi 4,379円 5,500円
エディオンネット 4,803円 3年 10,450円
UQ WiMAX 4,803円 2年 1,100円
DIS mobile WiMAX 4,803円 3年 10,450円
KT WiMAX 4,803円 3年 10,450円
au WiMAX 5,256円 2年 1,100円

※価格はすべて税込

ギガ放題プラスの料金比較表

【WiMAX窓口比較表(ギガ放題プラス)】

※横にスクロールできます。

窓口名 3年間実質月額料金 キャンペーン 契約期間 違約金
Broad WiMAX 3,928円
  • 初期費用20,742円割引
  • 【モバレコ限定】最大19,000円キャッシュバック
3年 1年目未満:20,900円
2年目未満:15,400円
2年目~:10,450円
Vision WiMAX 4,457円
  • 【モバレコ限定】初期費用、初月料金無料
  • 【モバレコ限定】限定最大10,000円キャッシュバック
3年 1年目未満:28,050円
2年目未満:21,450円
2年目~:14,300円
GMO とくとくBB WiMAX 3,940円 キャッシュバック13,000円(乗り換えユーザーは最大20,000円の違約金負担も選択可) 3年 1年目未満:20,900円
2年目未満:15,400円
2年目~:10,450円
カシモWiMAX 4,300円 3年 1年目未満:20,900円
2年目未満:15,400円
2年目~:10,450円
Ex WiMAX 4,698円 初期費用21,780円無料 3年 1年目未満:42,500円
2年目未満:29,300円
2年目~:9,500円
BIGLOBE WiMAX 4,714円 データ端末同時申込でキャッシュバック15,000円 1年 1年未満:1,100円
UQ WiMAX 4,719円 オンラインショップから端末同時申し込で15,000円キャッシュバック 2年 1,100円
So-net モバイル WiMAX 5,002円 月額料金割引(1年間) 3年 10,450円
DTI WiMAX 4,926円 3年 10,450円
ヨドバシWiMAX 4,946円 3年 21,780円
hi-ho WiMAX 4,996円 3年 1年目未満:30,000円
2年目未満~:25,000円
2年目~:19,500円
KT WiMAX 5,124円 3年 10,450円
YAMADA air mobile 5,124円 3年 10,450円
エディオンネット 5,124円 3年 10,450円
DIS mobile WiMAX 5,124円 3年 10,450円
BIC WiMAX 5,124円 3年 10,450円
au WiMAX 5,577円 2年 1,100円

※価格はすべて税込

上記の表で窓口の実質料金やキャンペーンを比較した結果、以下の3社をおすすめします。

▼ WiMAXホームルーターのおすすめ申し込み窓口

※クリックで詳細記載箇所までスクロールします。

自動で料金割引&キャンペーンが豊富な「Broad WiMAX」

Broad WiMAX
自動で料金割引&キャンペーンが豊富な「Broad WiMAX」
(引用元:Broad WiMAX公式サイト[1]

Broad WiMAXは、月額料金割引などのキャンペーンが豊富な窓口で、実質料金も安く、断然おすすめです。

Broad WiMAXの概要

【Broad WiMAXの概要】

ギガ放題 ギガ放題プラスDX
対応エリア 日本全国
使用回線 WiMAX 2+ WiMAX 2+ / 4G/5G
スマホセット割 auスマートバリューmineでauスマホが毎月最大1,100円割引 auスマートバリューでauスマホが毎月最大1,100円割引
最大速度 下り最大1.2Gbps 下り最大2.7Gbps
データ容量 無制限(10GB/3日) 無制限
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円 21,780円
月額料金 1〜2ヶ月目:2,999円
3~24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目~:4,413円
1~2ヶ月目:2,090円
3~36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
3年間実質料金合計 143,424円 145,351円
3年間実質月額料金 3,876円 3,928円
契約期間 3年 3年
キャンペーン内容
  • 月額料金割引
  • 初期費用最大20,742円割引
  • 他社違約金補填最大19,000円
  • 【モバレコ限定】キャッシュバック5,000円(ギガ放題)
  • 【モバレコ限定】キャッシュバック19,000円(ギガ放題プラスDX)

※価格はすべて税込

Broad WiMAXには、月額料金割引や他社違約金の補填などのキャンペーンがとても豊富です。特に、他社回線を解約した際に発生する違約金を最大19,000円まで補填してもらえるキャンペーンがあるので、回線を乗り換える人におすすめです。

Broad WiMAXのキャンペーンは、キャッシュバックではなく月額料金から自動で割引されるスタイルです。そのため、キャンペーンを申し込む必要がなく申し込み忘れも防げます。

▼ Broad WiMAXのおすすめポイント

  • 月額料金から自動で割引されるので申し込み忘れがない
  • 他社違約金を最大19,000円補填してもらえるので乗り換える人におすすめ
  • 初期費用20,742円割引
  • モバレコ限定キャッシュバック
   

Broad WiMAX

   

月額1,397円~ 5G対応WiMAX
契約期間で選べる2つの新プラン登場!

   

今なら他社から乗り換えで
最大57,000円キャッシュバック!

契約の縛りがない新プラン登場!
最大57,000円キャッシュバック

初期費用の安さで選ぶなら「Vision WiMAX」

Vision WiMAX
初期費用の安さで選ぶなら「Vision WiMAX」(引用元:Vision WiMAX公式サイト[2]

Vision WiMAXは、初期費用を最も抑えて使えるプロバイダです。契約手数料や端末代金などの影響で初月の料金はあがってしまいがちですが、気にせず契約をはじめられるのが特徴です。

Vision WiMAXの概要

【Vision WiMAXの概要】

ギガ放題5Gプラン(1年契約) ギガ放題5Gプラン(3年契約)
対応エリア 日本全国
使用回線 WiMAX 2+ /4G/ 5G
最大速度 下り最大2.7Gbps
データ容量 無制限
初期費用 事務手数料 無料
端末代金 無料
月額料金 1~12ヶ月:5,973円
13~24ヶ月:5,478円
1~2ヶ月:4,400円
3~24ヶ月:4,950円
3年間実質料金合計 201,168円 164,900円
3年間実質月額料金 5,588円 4,457円
契約期間 1年 3年
キャンペーン内容
  • 月額料金割引
  • 初期費用、端末代金無料
  • 【モバレコ限定】キャッシュバック15,000円(ギガ放題5Gプラン(3年))

※価格はすべて税込

Vision WiMAXは、端末代金・初期契約費用が0円ではじめられます。また、速度不満などによって解約する際もVision WiMAXが推奨する回線への乗り換えで解約金もかかりません。

解約時に不要になった端末の下取りサービスもあり、解約金から割引されるといった他にはないサービスも提供しています。

▼ Vision WiMAXのおすすめポイント

  • 端末代金・初期契約費用が0円
  • 端末の下取りサービスがある
  • 【モバレコ限定】キャッシュバック最大15,000円

契約期間が短く、違約金が安い「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAXの説明画像
契約期間が短く、違約金が安い「BIGLOBE WiMAX」
(引用元:BIGLOBE WiMAX公式サイト[3]

BIGLOBE WiMAXは、短い契約期間で契約できる窓口です。解約時に高額な違約金を支払いたくない人におすすめです。

BIGLOBE WiMAXの概要

【BIGLOBE WiMAXの概要】

  

ギガ放題プラス
対応エリア 日本全国
使用回線 WiMAX 2+ / 4G/5G
スマホセット割 auスマートバリューでauスマホが毎月最大1,100円割引
最大速度 下り最大2.7Gbps
データ容量 無制限
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 21,912円
月額料金 1~24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目~:4,928円
3年間実質料金合計 174,420円
3年間実質月額料金 4,714円
契約期間 1年
キャンペーン内容 データ端末同時申込でキャッシュバック最大15,000円

※価格はすべて税込

BIGLOBE WiMAXの魅力は、最短1年という短い契約期間です。違約金が1,100円と他社と比べて安く設定されているため、乗り換えしやすい点も特徴です。

また、データ端末を同時購入すると15,000円のキャッシュバックをもらえ、端末代金が相殺されて安く購入できます。

▼ BIGLOBE WiMAXのおすすめポイント

  • 契約期間が1年と短く解約金が安い
  • データ端末同時申込でキャッシュバックを最大15,000円もらえる

WiMAX以外のホームルーターなら「モバレコエアー」「home 5G」がおすすめ!

モバレコエアーとhome 5Gもおすすめのホームルーターです。モバレコエアーは、ソフトバンクやワイモバイルユーザーならスマホのセット割が適用され、home 5Gはドコモセット割が適用されるのでドコモユーザーには特におすすめです。

価格重視なら「モバレコエアー」

モバレコエアー
価格重視なら「モバレコエアー」
(引用元:モバレコエアー公式サイト[4]
モバレコエアーのプラン詳細を開く

■ プラン内容

サービス・プラン名 モバレコエアー 5Gプラン
エリア 全国
契約期間 2年
費用 月額料金 ~2ヶ月:2,167円
~24ヶ月:3,679円
25ヶ月~:5,368円
事務手数料 3,300円
端末代金 71,280円※

※ソフトバンクエアー公式キャンペーンで実質無料

■ 実質料金

おすすめ申込窓口 モバレコエアー
実質月額料金 24ヶ月 2,857円

■ 通信速度・通信制限

使用回線 ソフトバンク
データ使用量 原則無制限
最大速度 上り
下り 2.1Gbps
平均実測値 上り 6.91Mbps
下り 62.56Mbps

※5月~7月の平均実測値(みんなのネット回線速度から引用[0])

■ 8月キャンペーン情報

公式 ・月月割で端末代金無料
・最大10万円の他社違約金補填
・ソフトバンク&ワイモバイルのスマホセット割あり
代理店 ・キャッシュバック17,000円から最大20,000円に増額
・U-NEXTの6ヶ月無料特典

モバレコエアーでは、ソフトバンクエアーと同じ端末を利用でき、最大速度が2.4Gbpsと高スペックなのでおすすめです。また、WiMAXホームルーター同様、月間データ容量無制限で利用できるため、速度制限を気にせずインターネットを楽しみたい人にもピッタリなホームルーターとなっています。

さらに、モバレコエアーは月額料金割引の割引額が大きく、実質料金が安いというメリットもあります。

▼ モバレコエアーのおすすめポイント

  • ソフトバンクエアーと同じ高スペック端末を利用できる
  • WiMAXホームルーター同様、速度制限がない
  • 実質料金が安い
  • 当サイト経由限定!キャッシュバック増額中
   

モバレコAir

工事不要で使えるホームルーター!
月額2,167円~(2ヶ月間)

   

当サイト限定!
最大20,000円キャッシュバック!

当サイトからの申し込みなら
最大20,000円キャッシュバック!

高速5G利用なら「home 5G」

高速5G利用なら「home 5G」
高速5G利用なら「home 5G」(引用元:ドコモ公式サイト[5]
ドコモ home 5Gのプラン詳細を開く

■ プラン内容

サービス・プラン名 home 5G
エリア 全国
契約期間 なし
費用 月額料金 4,950円
事務手数料 3,300円
端末代金 39,600円※

※ドコモ公式キャンペーンで実質無料

■ 実質料金

おすすめ申込窓口 GMOとくとくBB
実質月額料金 2年間 4,338円

■ 通信速度・通信制限

使用回線 ドコモ
データ使用量 無制限※
最大速度 上り 218Mbps
下り 4.2Gbps
平均実測値 上り 20.12Mbps
下り 226.52Mbps

※5月~7月の平均実測値(みんなのネット回線速度から引用[0])

■ 8月キャンペーン情報

公式 ・ドコモのスマホセット割あり
・端末代金が実質無料
代理店 ・Amazonギフト券18,000円プレゼント

home 5Gは、ドコモの回線を利用しており全国のドコモ通信可能エリアで接続可能です。月間データ量が無制限で使用でき、安定した通信環境が整えられるので自宅でのテレワーク利用には嬉しいですね。

また、ドコモスマホとのセット割「home 5G セット割」が適用でき、ドコモのギガプランが毎月永年最大1,100円割引が適応できます。ドコモユーザーの方はお得に使用できるのでおすすめです。

▼ home 5Gのおすすめポイント

  • データ無制限で5G回線が使用可能
  • ドコモ回線を使用しているので全国で利用可能
  • ドコモスマホとのセット割が適用できる
  • 端末代金が実質無料

GMOとくとくBBからの申し込みで
Amazonギフト券1.8万円プレゼント

WiMAXのホームルーターまとめ

ホームルーター

この記事では、WiMAXのホームルーターのメリットと注意点についてまとめました。WiMAXのホームルーターがおすすめなのは、次のような人です。

▼ WiMAXホームルーターがおすすめの人

  • ポケット型WiFiの速度では物足りなさを感じる人
  • 無制限感覚で使いたい人
  • たくさんの人や機器で回線をシェアしたい人
  • 自宅で光回線工事ができない人
  • 引っ越しが決まっている、引っ越しの機会が多い人

WiMAXの窓口を比較した結果、安さやキャンペーンの豊富さ、契約期間の観点からおすすめなのは以下の窓口です。

※クリックで詳細記載箇所までスクロールします。

WiMAXのホームルーターの契約を考えている人は、この記事を読んでもっともお得な窓口を選んで契約してください。

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン