カテゴリ: ポケット型WiFi

WiMAX 機種

WiMAXのおすすめ機種はこれだ!後悔しない選び方、お得なプロバイダも紹介

WiMAXでは、持ち運び可能な「ポケット型WiFi」と、自宅のみで利用できる「ホームルーター」の2機種を複数販売しています。ただし、ポケット型WiFiもホームルーターも機種によってスペックが大きく異なるため、WiMAXをより快適に利用すしたいのであれば、どちらも最新機種を選ぶべきです。

現時点でのWiMAX最新機種は、それぞれ以下のようになっています。

▼ポケット型WiFi最新機種

・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
・Speed Wi-Fi 5G X11

▼ホームルーター最新機種

・Speed Wi-Fi HOME 5G L12
・HOME 5G L11

今回は、WiMAXのおすすめ最新機種や、おすすめ申込窓口まで詳しく解説します。ぜひこの記事を参考に、最新のWiMAX機種で快適なインターネット環境をつくりましょう。

指定メディア限定の新プラン登場!

broad-wimax

 
分かりやすい新料金プラン登場
月額料金の変動なし!
4,367円で使える5G対応WIMAX

10,000円キャッシュバック
キャンペーン実施中!

目次:

WiMAX 5Gの最新機種はこれ!

最新機種を総まとめ
WiMAX 5Gの最新機種はこれ!

WiMAXで販売されている5G対応機種のスペックをまとめました。ポケット型WiFi機種・ホームルーター機種それぞれを比較してみましょう。

▼ポケット型WiFi機種比較

※横にスクロールできます。

端末名 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi Speed Wi-Fi 5G X11
発売日 2021年4月8日 2021年10月15日
下り最大通信速度 2.2Gbps 2.7Gbps
平均実測値 63.4Mbps 48.34Mbps
5G対応
連続通信時間 約1,000分(初期設定時) 約490分(初期設定時)
対応通信技術 ・5G
・WiMAX 2+
・au 4G LTE
・5G
・WiMAX 2+
・au 4G LTE
サイズ 約147×76×10.9mm 約136×68×14.8mm
重量 約203g 約174g

※平均実測値:「みんなの回線速度」から2022年3月25日現在の情報を記載

▼ホームルーター機種比較

※横にスクロールできます。

端末名 Speed Wi-Fi HOME 5G L11 Speed Wi-Fi HOME 5G L12
発売日 2021年8月6日 2021年11月5日
下り最大通信速度 2.7Gbps 2.7Gbps
平均実測値 90.71Mbps 45.63Mbps
5G対応
対応通信技術 ・5G
・au 4G LTE
・WiMAX 2+
・5G
・au 4G LTE
・WiMAX 2+
サイズ 約70×182×124mm 約101×179×99mm
重量 約599g 約446g

※平均実測値:「みんなの回線速度」から2022年3月25日現在の情報を記載

ここからは、上記表でご紹介したもののなかでも、とくにおすすめの機種について詳しく解説します。

ポケット型WiFi「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
画像:Broad WiMAX公式サイトより引用
 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi スペック情報
発売日 2021年4月8日
製造元 Sumsung
下り最大通信速度 2.2Gbps
平均実測値 63.4Mbps
5G対応
連続通信時間 約1,000分(初期設定時)
対応通信技術 ・5G(sub6/<sub6・ミリ波>以外の周波数)
・4G LTE
・WiMAX 2+
同梱物 ・SIM取り出し用ピン(試供品)
・取扱説明書
UIMカードバージョン au Nano IC Card 04 LE U
OS Windows 8.1以降Mac OS X v10.9以降
WiFi規格 IEEE802.11a/n/ac(5GHz)
IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
Body-SAR値 0.417W/kg
サイズ 約147×76×10.9mm
重量 約203g
クレードル なし

※平均実測値:「みんなの回線速度」から2022年3月25日現在の情報を記載

「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」は、Galaxyブランド初の5G対応WiMAXポケット型WiFiです。

・5,000mAhの大容量バッテリー

外出先でも充電切れの心配が少なく、ストリーミングやゲームなどで高速通信を楽しめます。

ポケット型WiFiとして最大級サイズのディスプレイを搭載しており、スマホのような感覚で持ち歩いて操作できるのが魅力です。

・下り最大速度が2.2Gbpsと超高速

5Gエリア内で使用した場合の最大速度は、2.2Gbpsと非常に高速です。平均実測値も63.4Mbpsあるため、Web検索はもちろん、高画質動画やインスタ、TicTokなど画像の多いコンテンツもサクサク楽しめます。

・約5.3インチの大画面で操作しやすい

ポケット型WiFiとして最大級サイズのディスプレイを搭載しており、スマホのような感覚で持ち歩いて操作できるのが魅力です。

ポケット型WiFi「Speed Wi-Fi 5G X11」

Speed Wi-Fi 5G X11
画像:Broad WiMAX公式サイトより引用
 Speed Wi-Fi 5G X11 スペック情報
発売日 2021年10月15日
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
下り最大通信速度 2.7Gbps
平均実測値 48.34Mbps
5G対応
連続通信時間 約490分(初期設定時)
対応通信技術 ・5G(3.7GHz/700MHz)
・4G LTE
・WiMAX 2+
同梱物 ・ご利用にあたっての注意事項(保証書)
・つなぎかたガイド
UIMカードバージョン au Nano IC Card 04 LE U
OS Windows 11、10、8.1
Mac OS 12~10.9
WiFi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Body-SAR値 1.175W/kg
サイズ 約136×68×14.8mm
重量 約174g
クレードル 別売り

※平均実測値:「みんなの回線速度」から2022年3月25日現在の情報を記載

もうひとつの5G対応ポケット型WiFi最新機種、「Speed Wi-Fi 5G X11」のスペックと魅力を解説します。

・4,000mAhの大容量バッテリーで電池持ち抜群!

Speed Wi-Fi 5G X11は、4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、一度の充電で約8時間連続使用できます。

また、「ロングライフ充電・省電力モード」などバッテリー劣化や消費を抑える機能も搭載されていますので、長期間利用してもバッテリー持ちが悪くなりにくいです。

・最新のWiFi規格「Wi-Fi 6」対応

最新のWiFi規格である「Wi-Fi 6」に対応しているため、Wi-Fi 5しか利用できなかった旧機種よりも、WiFi接続時の速度が最大1.38倍速くなりました。

また、2.4GHzと5GHzを同時利用できるため、電波干渉を気にせず、さまざまな端末を同時に接続できます。

ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」

Speed Wi-Fi HOME 5G L12
画像:Broad WiMAX公式サイトより引用
 Speed Wi-Fi HOME 5G L12 スペック情報
発売日 2021年11月5日日
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
下り最大通信速度 2.7Gbps
平均実測値 45.63Mbps
5G対応
対応通信技術 ・5G(sub6/NR化)
・4G LTE
・WiMAX 2+
同梱物 ・ACアダプタ
・つなぎかたガイド(保証書)
UIMカードバージョン au Nano IC Card 04 LE U
OS Windows 10/8.1
MacOS 11.1~10.11
有線LAN規格 1000BASE-T/100BASE-TX 2ポート
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)
最大同時接続数 有線LAN:2台
無線LAN:30台
電源 電源はACアダプタのみ、バッテリー動作非対応
かんたん接続 WPS、QRコード
WiFi設定お引越し
サイズ 約101×179×99mm
重量 約446g

※平均実測値:「みんなの回線速度」から2022年3月25日現在の情報を記載

5G対応ホームルーターをお探しであれば、最新機種「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」をおすすめします。

・光回線の代わりとして十分使える

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の最大速度は2.7Gbpsと、光回線の平均最大速度(1Gbps)より倍以上速くなっています。また、平均実測値も45.63Mbpsあるため、光回線の代わりとして十分使用可能です。

光回線は開通前に導入工事が必要ですが、ホームルーターは自宅コンセントに端末を接続するだけで開通します。マンションやアパートなど、工事ができない物件でも光回線並のインターネット環境を整えたい方にピッタリです。

・最新の高速無線LAN規格WiFi 6に対応

より高速な無線通信に対応しており、ストレスなしのワイヤレス通信ができます。

WiMAX機種の比較でとくに注目したい7つのポイント

注目したいポイント
WiMAX機種の比較でとくに注目したい7つのポイント

快適に利用するためにも、WiMAXの端末を比較するときに注目したいポイントをおさえておきましょう。

大前提として、WiMAX端末は最新機種に近ければ近いほど性能がよいです。いくつかの機種で迷ったときは、発売日が最近のものを選べば失敗を防げます。

・種類(ポケット型WiFi・ホームルーター)
・5G対応
・通信速度
・連続通信時間(バッテリー持ち)
・対応している通信モード
・サイズ、重量
・操作性

種類(ポケット型WiFi・ホームルーター)

WiMAX端末には、外出先へ持ち運べるポケット型WiFiと、自宅のコンセントに挿して利用するホームルーターの2種類があります。WiMAXを申し込む際は、どちらが自分に合っているかを明確にしましょう。

こちらでは、ポケット型WiFiとホームルーターのメリットとデメリットを一覧表にしていますので、こちらを参考に、ご自身に合う端末を選んでみてください。

端末名 ポケット型WiFi ホームルーター
メリット ・コンパクト
・持ち運びが出来る
・画面つきで設定が簡単
・コンセントに挿すだけで使利用可能
・アンテナが強く、通信が安定する
・最大同時接続数が多い
デメリット ・外出先で充電が切れると使えなくなる
・ホームルーターより通信が不安定になりがち
・バッテリーを内蔵していないため、外出先へ持ち運んで使えない
おすすめできる人 ・外出先でもWiFiを利用したい人 ・利用場所は決まっているが固定回線は引けない人
・複数人で利用する人

上記表を参考に、どちらのタイプの端末が合っているか検討してみてくださいね。

5G対応

現在、WIMAXは5G対応端末がメイン機種となっているだけでなく、料金プランも5G対応プランがメインとなっています。そのため、これからWiMAXを契約するのであれば、5G対応機種を選ぶべきです。

また、最大速度も5G対応機種は2.7Gbpsであるのに対し、旧モデルの4G専用機種は1.2Gbpsが限界となっていることから、より快適にWIMAXを利用するためにも5G対応機種の選択が絶対であることがわかりますね。

通信速度

ルーターそれぞれのスペックとして「最大通信速度」が記載されていますが、実際にこの通信速度が出るわけではありません。最大通信速度の記載はあくまで参考程度にとどめ、実際の通信速度である「実測値」を見て判断することが重要です。

実測値は、「みんなのネット回線速度(みんそく)」などのサイトを使えばだれでも調べられます。上記サイトにアクセスし、調べたい回線や端末の名前を検索すると、実際の利用者による実測値データが表示されます。

今回はこちらを参照して、WiMAXのおすすめ端末の実測値を表にまとめました。

端末名 下り最大通信速度 上り最大通信速度
Galaxy 5G mobile Wi-Fi 63.4Mbps 13.17Mbps
Speed W-Fi 5G X11 48.34Mbps 8.15Mbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L11 90.71Gbps 14.12Mbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L12 45.63Mbps 9.17Mbps

※平均実測値:「みんなの回線速度」から2022年3月25日現在の情報を記載

連続通信時間(バッテリー持ち)

ポケット型WiFiを長時間外に持ち出すことを想定している方は、連続通信時間も重要です。本記事でご紹介した機種のなかで、バッテリーのもちがいい機種をまとめました。

端末名 連続通信時間
Galaxy 5G mobile Wi-Fi 約1,000分(初期設定時)
Speed Wi-Fi 5G X11 約490分(初期設定時)

中でも、「Galaxy 5G mobile Wi-Fi」は5G対応の最新機種となっていますので、長時間ポケット型WiFiを持ち歩きたい人におすすめです。

対応している通信モード

WiMAXで販売されているポケット型WiFiとホームルーターは、機種によって5G/4G回線の対応状況が異なります。もちろん、インターネットを高速利用できるのは5G回線に対応している下記の機種です。

ポケット型WiFi:Galaxy 5G mobile Wi-Fi
ポケット型WiFi:Speed Wi-Fi 5G X11
ホームルーター:Speed Wi-Fi HOME 5G L11
ホームルーター:Speed Wi-Fi HOME 5G L12

ただし、WiMAXの5G回線はエリア拡大中であるため、4Gの対応エリアより狭くなっています。お住まいの地域や端末を使用する場所が5G回線の対応エリア内なら問題ありませんが、エリア外の場合、5G対応機種を購入しても4G回線しか使用できませんので、ご注意ください。

サイズ・重量

ポケット型WiFiを選択する場合や、ホームルーターを設置できるスペースが限られている場合は、サイズと重量にも注目しなければなりません。手持ちのスマホなどの機器と比較し、具体的な大きさや重さを把握したうえで利用しやすそうな機種を選びましょう。

操作性

WiMAXの中でも持ち歩いて利用するポケット型WiFiは、操作性のよさも大事なチェックポイントです。

今回ご紹介した2機種だと、「Galaxy 5G mobile Wi-Fi」はWiFiルーター最大級の約5.3インチディスプレイを搭載しています。iPhone 13 miniとほぼ同じディスプレイサイズですので、操作性を重視するなら消費データ容量や電波強度などを把握しやすいGalaxy 5G mobile Wi-Fiがおすすめです。

WiMAXの機種についての注意点

注意点
WiMAXの機種についての注意点

つづいて、WiMAX端末の機種を決定する前に知っておきたい注意点を4つ解説します。

端末料金は申し込み先によって無料~2万円台のものまで

WiMAXを提供している多くの窓口では、端末代無料キャンペーンを実施しています。ですが端末の購入が必要、もしくはレンタル料がかかる窓口もあるので注意しましょう。申込窓口を検討する際は、端末代まで含めた実質料金をかならず比較しましょう。

例として、UQ wImaxとGMOとくとくBB WiMAXの端末代を比較してみましょう。

プロバイダ名 Galaxy 5G HOME 5G L11
UQ WiMAX 21,780円 21,780円
GMOとくとくBB WiMAX 0円 0円

※価格はすべて税込

このように、プロバイダが変わると端末代も大きく変わってきますので、申込窓口を検討する際は、端末代まで含めた実質料金をかならず比較しましょう。

選ぶ機種によってキャンペーン内容が変わる可能性がある

ホームルーター、ポケット型WiFiどちらを契約するかによってキャッシュバック金額が変わったり、端末代金無料キャンペーン適用可否などが変わってくることもあります。

【例:ヨドバシWIMAXの場合】

・Speed Wi-Fi HOME 5G L12を契約:20,000円キャッシュバック
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11を契約:10,000円キャッシュバック

ただし、キャンペーン対応機種を契約したとしても、条件を満たさなくてはキャンペーンが適用されません。プロバイダによってキャンペーン適用条件はさまざまですので、WiMAXをお得に利用したいのであれば、適用条件を細部まで確認しておきましょう。

4G端末は在庫限りで販売終了する可能性が高い

多くの通信事業者が5G対応プランの提供をはじめており、WiMAXにも5G対応の端末が登場しています。現在、各社で取り扱っている4G端末は在庫限りで販売終了となる可能性が高く、今後は5Gプランへの移行が増えていくため、これから新規契約をする方は5Gプランがおすすめです。

月額料金は4G対応端末より高くなりますが、その分快適な速度や容量も利用することが出来るので契約して損はないでしょう。

WiMAXの機種に関する評判・口コミ

口コミ
WiMAXの機種に関する評判・口コミ

WiMAXユーザーは、WiMAXのポケット型WiFiやホームルーターに対し、どのように感じているのでしょうか?ここでは、WIMAXユーザーが機種に対してツイートした良い口コミと悪い口コミを、いくつかご紹介していきます。

良い口コミ・評判

WiMAXのホームルーター(Speed Wi-Fi HOME 5G L11/Speed Wi-Fi HOME 5G L12)は、端末が到着したあと、コンセントに接続するだけですぐにインターネットが使えるようになる点が特徴です。

また、WiMAXホームルーターは住所変更をするだけで引っ越し先でも使えるようになるため、引っ越しが多い人も使いやすいです。

WiMAXの5G対応ルーターは、下り速度だけでなく、画像や動画アップロード時に使われる上り速度も旧モデル(4G専用機種)より約2倍も速くなっています。

SNSやYouTubeにデータをアップロードする際、最低でも10Mbpsの実測値は必要です。そのため、SNSやYouTubeに画像や動画を頻繁にアップロードするなら、WiMAX最新機種の5G対応端末がベストです。

WIMAX最新機種のGalaxy 5G mobile Wi-Fiの速度は、最大2.2Gbpsまで対応しています。一方、旧機種であるSpeed Wi-Fi NEXT WX06は、最大440Mbpsまでしか対応していません。

そのため、現在旧モデルのWiMAXルーターを使っている人は、最新機種に乗り換えるだけで実測値が大幅にアップします。実測値も旧機種と最新機種では約20Mbpsも違いますので、WiMAXルーターの速度が遅いと感じる場合は、最新の5G機種に変更してみましょう。

悪い口コミ・評判

続いて、WiMAXのポケット型WiFiやホームルーターに対して寄せられた、悪い口コミをご紹介していきましょう。

オンラインゲームを快適にプレイするには、100Mbps程度の実測値が必要です。Speed Wi-Fi HOME 5G L12の最大速度は2.7Gbpsですが、モバイルルーターは光回線にくらべると実測値の安定性に欠けます。

YouTubeや検索、SNSなどは問題なく楽しめますが、頻繁にデータ通信を繰り返すオンラインゲームには厳しめの速度です。オンラインゲームで快適に遊びたい人は、高速な速度を安定的に利用できる光回線の利用を検討してみましょう。

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの最大速度は2.2Gbpsですが、これは5Gエリア内で使用できた場合の最大速度です。もし利用場所が4Gエリア内だった場合、最大速度は110~440Mbpsに落ちますので、利用場所によってはWiMAXの最新機種に変えても速度が必ずアップするとは限りません。

こちらのツイートにもあるとおり、旧機種でもW06は4Gエリア内で最大1.2Gbpsを出せる端末ですので、Galaxy 5G mobile Wi-Fiの4Gエリア内速度と比べると、その差は歴然です。

WiMAX5G対応ルーターの実力を最大限活かしたいのであれば、利用エリアが5Gエリア内に入っていることを必ず確認しましょう。

Speed Wi-Fi 5G X11のバッテリ-は4,000mAhと大容量なので、検索やSNSなど通常利用の範囲内なら約490分は連続使用できます。

しかし、YouTubeを高画質で視聴したり、オンラインゲームを長時間利用したりするとバッテリ-の減りは早まることを覚えておきましょう。

YouTubeを長時間楽しんでもバッテリー残量を維持したいのであれば、画質を落としてみてください。そうすることで、高画質視聴時よりもバッテリー持ちはよくなります。

最新機種が使えるおすすめWiMAXプロバイダおすすめ3社

おすすめプロバイダ
おすすめプロバイダ

現在、WiMAXの最新機種を取り扱っているおすすめのプロバイダを3社ご紹介します。

おすすめのプロバイダを3社

乗り換えサポート充実&口座振替もできる「Broad WiMAX」
違約金・契約期間の縛りがゆるい「BIGLOBE WiMAX」
高額キャッシュバックなら「GMOとくとくBB WiMAX」
※クリックで詳細記載箇所までスクロールします。

乗り換えサポート充実&口座振替もできる「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

「Broad WiMAX」は、4G専用プランより高額な5G専用プランを初月から安く利用できるプロバイダです。申請不要で2年間の月額料金割引が続くため、キャッシュバックタイプのように、特典をもらい忘れて実質料金が高くなる心配もありません。

▼ギガ放題プラス(5G対応のプラン)の場合
契約期間 3年
セット割 ・auスマートバリュー:auのスマホ月額料金が最大1,100円/月割引
・自宅セット割:UQ mobileのスマホ月額料金が最大858円/月割引
初期費用 3,300円(契約事務手数料のみ)
月額料金 1~2ヶ月目:2,090円
3~36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目~:4,708円
3年間の実質総額料金 143,261円
3年間の実質月額料金 3,979円
代表的キャンペーン ・初期費用割引
・キャッシュバック19,000円 など

Broad WiMAXは、違約金負担・乗り換えサポートなど、契約者にやさしいキャンペーンを多く実施しているプロバイダです。

他社から乗り換え時に発生した違約金を19,000円まで負担してくれるほか、いつでも無料で他社に乗り換えられるサポートもあります。

また、WiMAXの中では珍しく口座振替にも対応していますので、クレジットカードをお持ちでない方も契約できる点が特徴です。

低料金と安心を両立しながら5Gプランを体験してみたい人は、ぜひBroad WiMAXを選んでみてください。

   

Broad WiMAX

   

指定メディア限定の新プラン登場!
ずっと4,367円で使える5G対応WIMAX

   

今なら10,000円キャッシュバック!

指定メディア限定の新プラン登場
今ならキャッシュバック10,000円

違約金・契約期間の縛りがゆるい「BIGLOBE WiMAX 2+」

BIGLOBE WiMAX +5G

「BIGLOBE WiMAX」は、WiMAXの縛りありプランとしてはめずらしい、1年契約・自動更新なしで気軽に利用できるプロバイダです。

▼BIGLOBE WiMAXのプラン概要
契約期間 1年
セット割 ・auスマートバリュー:auのスマホ月額料金が最大1,100円/月割引
・自宅セット割:UQ mobileのスマホ月額料金が最大858円/月割引
初期費用 端末代金:21,912円
契約事務手数料:3,300円
月額料金 1~24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目~:4,928円
1年間の実質総額料金 58,248円
1年間の実質月額料金 4,854円
代表的キャンペーン 19,500円キャッシュバック など

BIGLOBE WiMAXは最低利用期間1年となっているうえ、1年未満に解約したとしても違約金は1,100円しかかかりません。そのため、契約期間を気にせず気軽に利用できます。

また、端末代は21,912円ですが、契約時に端末を同時契約すれば19,500円のキャッシュバックがもらえるため、実質2,412円で最新端末が手に入ります。

高額キャッシュバックなら「GMOとくとくBB WiMAX」

GMOとくとくBB WiMAX ロゴ
画像:GMOとくとくBB WiMAX公式サイトより引用

「GMOとくとくBB WiMAX」は、契約機種の種類に関わらず、14,000円のキャッシュbバックがもらえるWiMAXプロバイダです。

キャッシュバックは最大20,000円の違約金負担特典に変更することも可能ですので、新規ユーザーだけでなく、乗り換えユーザーにもおすすめできます。

▼GMOとくとくBB WiMAXのプラン概要
契約期間 3年
セット割 ・auスマートバリュー:auのスマホ月額料金が最大1,100円/月割引
・自宅セット割:UQ mobileのスマホ月額料金が最大858円/月割引
初期費用 3,300円(契約事務手数料のみ)
月額料金 1~2ヶ月目:2,079円
3~36ヶ月目:4,389円
37ヶ月目~:4,444円
3年間の実質総額料金 142,684円
3年間の実質月額料金 3,963円
代表的キャンペーン ・月額料金割引
・最大20,000円キャッシュバック
・端末代無料 など

※価格はすべて税込

GMOとくとくBB WiMAXは、実質料金の安さを重視する方におすすめです。14,000円のキャッシュバックや端末代完全無料特典により、全プロバイダの中でWiMAXを最安料金で利用できます。

ただし、キャッシュバックは11ヶ月後に自己申請が必要なうえ、振り込みは12ヶ月後と遅めです。申請を忘れると一切キャッシュバックは受け取れませんので、GMOとくとくBBから申し込む際は、キャッシュバック申請日をカレンダーやスマホに記載しておきましょう。

WiMAXの申し込み方法

WiMAXの申し込み方法
WiMAXの申し込み方法

Broad WiMAXの流れを例に、WiMAXの新規契約申し込みの方法をかんたんに解説します。

①エリア確認をする

エリアを確認する
画像:Broad WiMAX公式サイトより引用

申し込みの前に、端末を利用したい場所がWiMAXの対応エリア内であるかどうかを、かならず確認しましょう。自宅はもちろん、外出先に持ち出す予定の方は日常の行動範囲までチェックしてくださいね。

まれにエリア内であっても、建物の状況などが原因で電波が入りにくい場合もあります。電波状況が心配な方は、「いつでも解約サポート」を利用し、他社への乗り換えも検討してみてください。

②WiMAXプロバイダのサイトから申し込む

サイトから申し込む
画像:Broad WiMAX公式サイトより引用

対応エリアのチェックができたら、プロバイダのWebサイトから新規契約申し込みを行います。手続きは必要情報を入力・送信するだけで完了です。

プランは「ギガ放題プラス」、端末は「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi / Speed Wi-Fi 5G X11 / Speed Wi-Fi HOME 5G L12」の中から選ぶのがおすすめです。

③端末が配送される

端末が配送される
端末が配送される

契約申し込みが完了したら、端末が出荷されるのを待ちます。自宅へ配送してもらうかたちのほか、プロバイダによっては最寄りの店舗で受け取りができる場合もあります。契約時の案内をチェックし、都合のよい受け取り方法を選択しましょう。

④初期設定をして利用開始する

初期設定をして利用開始する
初期設定をして利用開始する

端末を受け取ったあとは、以下の順で初期設定を行いましょう。

①電源を切ったままSIMカードを差し込む
②本機と電源コンセントをACアダプターで接続
③電源を入れ「言語 / 通信モード / パフォーマンスモード」を画面上で選択

これらを済ませると、すぐにインターネット回線が利用できます。ポケット型WiFiの場合は、端末を充電したあと外出先でも問題なく通信ができるかも確認しましょう。

機種以外に注目すべきWiMAXのポイント

注意すべきポイント
注意すべきポイント

WiMAXを契約する前は、機種選び以外に以下の4点に注目しましょう。実質料金や契約期間など、重視したいポイント別におすすめの窓口もご紹介します。

注目すべきWiMAXのポイント

①実質月額料金
②契約期間
③キャンペーン
④対応エリア

①実質月額料金

インターネット回線の利用料金は、基本料金ではなく実質料金で比較することが大切です。一見月額基本料金が高くても、キャンペーンによる割引や還元・キャッシュバックなどによって、最終的に支払う金額(=実質料金)が安くなる場合が多くあります。

WiMAXのおすすめプロバイダ「Broad WiMAX」では、3年契約の「ギガ放題プラス」および「ギガ放題プラスDX」が37ヶ月間自動的に割引きされるため、WiMAXを確実に安く利用できます。

②契約期間

長期間継続してWiMAXを利用するかわからない方にとっては、契約期間も注目したいポイントです。契約期間を満たさず、更新月以外の時期に解約手続きを行うと、解約違約金が発生してしまいます。いつでも違約金なしで解約ができる縛りなしプランを提供している窓口も多数ありますが、契約期間の定めがあるプランに比べて料金が高くなりがちでしょう。

WiMAXのおすすめ窓口「BIGLOBE WiMAX」は、契約期間が1年しかないため、契約期間を気にせず気軽にWiMAXを契約できます。万が一、1年以内に解約したくなっても違約金は1,100円とごく少額ですので、他社より負担額は大幅に安くできます。

③キャンペーン

各WiMAXプロバイダでは、キャッシュバックや月額料金割引など、独自のキャンペーンを行っています。キャンペーンを利用すればWiMAXの実質料金を大幅に安くできるため、WiMAXを申し込む際は、ご自身にとってもっともお得度の高いキャンペーンを実施しているプロバイダを選びましょう。

今回ご紹介した中だと、WiMAXのおすすめ窓口「GMOとくとくBB WiMAX」から申し込むことで、14,000円のキャッシュバックがもらえます。

④対応エリア

WiMAXの対応エリアは日本全国ですが、山間部や沿岸部など、場所によってはエリア外になっている場合もあります。また、5G回線は4G回線よりエリアが狭いため、WiMAXは申し込み前に必ずエリア確認が必要です。

自宅が対応エリア内であるかどうかはもちろん、ポケット型WiFiを選択する場合は、日常的に出かける場所のエリアチェックもかならず行いましょう。

WiMAXの機種に関するよくある質問

最後に、WiMAXに関して多くの人が気になる質問をまとめました。契約後に後悔しないよう、事前に疑問点は確認しておきましょう。

WiMAXのおすすめ機種はどれ?

WiMAXでは多数の機種が販売されていますが、これから契約するなら以下の機種がおすすめです。

WiMAXのおすすめ機種

・ポケット型WiFi「Speed Wi-Fi 5G X11」
・ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」

WIMAXは発売日が新しいほどスペックも高く、通信速度も速くなっています。各機種の詳細スペックは、「【2022年】WiMAX 5Gの最新機種を総まとめ!」でまとめていますので、参考にしてください。

WiMAXは最新の機種にしたほうが良い?

WIMAXは、最新機種になるほど最大速度やスペックが向上します。

「良い口コミ・評判」でもご紹介しましたが、旧機種と最新機種では下り速度も上り速度も倍以上違いますので、WiMAXを利用する際は最新機種を選びましょう。

WiMAXで機種変更はできる?

WIMAXプロバイダ内で機種変更をすることは可能です。しかし、WIMAXは同じプロバイダで長期利用すると月額料金が高くなりがちですので、端末を新しくしたいなら、別プロバイダへ乗り換えましょう。

別プロバイダへ乗り換えると、機種を新しくできるだけでなく、月額料金割引やキャッシュバックといった新規入会特典が適用されます。新規入会特典が適用されると実質料金も安くなりますので、これまでより安い料金で最新端末を利用できます。

まとめ

WiMAXについて、おすすめの最新端末機種のスペック情報と、契約に関するポイント・手順・注意点の解説を行いました。

WiMAXの端末は、基本的にもっとも発売が新しい機種を選べば性能面で後悔することはありません。現在は5G対応端末も発売され、本格的に5G通信への移行がはじまっています。すでにWiMAXを契約中の方は、あせらず4G対応のなかで新しい機種を選びましょう。これからWiMAX自体を新規契約する方は、5G対応の最新機種を選ぶのがおすすめです。

現在おすすめできるWiMAXプロバイダは、目的別に以下3社となります。

おすすめのプロバイダを3社

乗り換えサポート充実&口座振替もできる「Broad WiMAX」
違約金・契約期間の縛りがゆるい「BIGLOBE WiMAX」
高額キャッシュバックなら「GMOとくとくBB WiMAX」

本記事を参考に自分にぴったり合うWiMAX端末を見つけ、お得なプロバイダから申し込んでください。

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン