:ホームルーター 固定回線

ホームルーターと固定回線の違いはどこ?比較して分かる特徴と選ぶべきタイプを紹介

一見違いがないようにみえるホームルーターと固定回線は、速度や相場料金において異なる点があることはご存じでしょうか。

先に結論を述べると、固定回線は高速で安定した通信を求める人におすすめです。一方、ホームルーターは工事不要で、手軽にネットを利用したい人におすすめの回線といえます。

ホームルーターと固定回線がおすすめなのは、それぞれ以下のような人です。

ホームルーターがおすすめの人
  • 早く簡単にインターネットの環境を整えたい
  • インターネットの使用場所が変わる可能性がある
  • ある程度の通信速度は確保しておきたい
  • 契約先への縛りはできるだけなくしたい
  • WiFiへの接続端末が少ない
固定回線がおすすめの人
  • インターネットを完全無制限で使用したい
  • 通信は最速レベルで行いたい
  • 固定回線を契約できる物件に住んでいる
  • 転居の予定はない

今回は、ホームルーターと固定回線の違いを比較したうえで、メリットや注意点、おすすめの人を解説していきます!

そのほかおすすめの窓口まで紹介しているので、申し込みまで検討している人もぜひ参考にしてみてください。

※記事中に記載の価格は特筆ない限り全て税込表記としています。
※実際の通信速度を測定した実測値はみんなのネット回線速度の1月データを引用しています。

おすすめホームルーターはこれだ!

高速通信 で選ぶなら /

home 5G

料金の安さ で選ぶなら /

モバレコエアー

ホームルーターと固定回線の違いを比較

ノートPCを片手で操作するビジネスマン
ホームルーターと固定回線の比較

ホームルーターと固定回線には、どのような違いがあるのでしょうか。どちらを選べばよいか悩んでいる場合は、2つのインターネット回線の違いを知ることで、どちらが自分に合っているかがわかるかもしれません。

ホームルーターと固定回線の違いは、以下のとおりです。

▼ホームルーターと固定回線の違い

※横にスクロールできます。

タイプ ホームルーター 固定回線
通信速度 固定回線より劣る 速い
月額料金 4,000円台~5,000円台 4,000円台~6,000円台
利用開始までの時間 申し込みから数日後に利用開始できる 工事があるため、1~2ヶ月かかる場合もある
設定方法 簡単 簡単
端末の大きさ 高さは10~20cm程度 高さは15~20cm程度

ホームルーターの通信速度はそれほど速くありませんが、手軽に導入でき、月額料金が比較的安いインターネット回線といえます。

一方、固定回線は月額料金が高いぶん、データ容量が無制限であり通信速度は速めです。

では、ここからはいくつかの項目に分けてホームルーターと固定回線を比較していきます。

▼比較する項目

速度

▼ホームルーターと固定回線の違い

ホームルーター
・自宅まで無線通信でつながっているため、固定回線よりは速度が落ちる
固定回線
・自宅まで有線通信でつながっているため、通信速度が速く安定している
・プロバイダによってはより速度が安定する通信方法(v6プラスなど)が選べる

▼平均ダウンロード速度の実測値を比較

ホームルーター
ドコモ home 5G 199.54Mbps
ソフトバンクエアー(Airターミナル5) 75.35Mbps
WiMAX(HOME 5G L12) 45.33Mbps
WiMAX(HOME 5G L11) 55.0Mbps
固定回線
ドコモ光 269.42Mbps
auひかり 429.64Mbps
ソフトバンク光 315.5Mbps
So-net光プラス 305.34Mbps

固定回線のほうが通信速度は速いため、速度を求めるのであれば固定回線がおすすめです。

比較表を見てみると、ホームルーターのドコモ home 5Gでは200Mbps近い速度が出ていることが分かります。

しかし、そのドコモ home 5Gでも、今回比較した固定回線の中では速度が遅い結果になったドコモ光に届いていません。

このように、基地局の電場をつかんで使用するWiFiより、回線を直接引き込んでいる固定回線の方が高速通信ができる事が分かります。

とはいえ「ホームルーターは速度が遅い」ということはありません。

例えばオンラインゲームをラグなく楽しむには大体100Mbps程度あれば問題ありませんが、ホームルーターでも近い速度が出ています。

特に最近はhome 5GやWiMAXのHOME L12といった新しいプランや機器も登場しているので、より快適な通信を行えるようになっています。

料金相場

▼ホームルーターと固定回線の違い

※横にスクロールできます。

ホームルーター
サービス名 docomo home 5g モバレコAir Broad WiMAX
詳細

Amazonギフト券18,000円プレゼント

当サイトからの申し込み限定
現金23,000円キャッシュバック!

契約の縛りがない新プラン登場!
最大57,000円キャッシュバック

事務手数料 3,300円 3,300円 3,300円
月額料金 4,950円 ~23ヶ月:4,180円
24ヶ月~:5,368円
~24ヶ月:4,268円
25ヶ月~:4,818円
端末代金・工事費 39,600円
※割引適用で実質無料
71,280円
※割引適用で実質無料
21,780円
※プロバイダによって無料
固定回線
サービス名 ドコモ光 ソフトバンク光 auひかり GMO
詳細

オプションなしでも
現金15,000円キャッシュバック

U-NEXT無料トライアル付き
現金37,000円キャッシュバック

WiFiルーターも無料!
最大77,000円キャッシュバック

事務手数料 3,300円 3,300円 3,300円
月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
戸建て:5,720円
マンション:4,180円
戸建て:5,610円~
マンション:4,180円
端末代金・工事費 戸建て:19,800円
マンション:16,500円
※キャンペーンで完全無料
26,400円
※他社から乗り換えで実質無料
戸建て:41,250円
マンション:33,000円
※割引適用で実質無料

ホームルーターと固定回線の料金を比較してみると、ホームルーターの方が安い料金設定であることが分かりました。

ただし、固定回線のマンションタイプと比べると、月額料金の差は少なくなります。そのため、インターネットの使用予定場所が集合住宅で、契約先を迷っている方は、料金だけでなく他要素も含めて判断が必要でしょう。

ホームルーターの端末代金・固定回線の工事費は、契約期間内に解約しなければ実質無料になるところが多く、窓口によってはそもそも無料になることもあります。

ちなみに実質無料とは、工事費を分割払いにすると毎月同額の割引が毎月入り、料金が相殺されるというものです。そのため、条件としては一定期間の契約継続が必要となります。

ホームルーターも固定回線も、申込窓口を選べばキャッシュバックキャンペーンを利用できるので、お得な窓口を探してみましょう。

利用開始までの時期

▼ホームルーターと固定回線の違い

ホームルーター
申し込みから数日後に端末が届き、すぐに利用開始できる
固定回線
工事予約までに1~2ヶ月程度かかる場合もある
※工事不要の場合は申し込みから数日で使用開始が可能

すぐにインターネットを利用したい人は、申し込みから数日後に端末が届き、すぐに使いはじめられるホームルーターがおすすめです。もし配達も待てない場合は、家電量販店やショップで購入することもできます。

一方、固定回線は工事が必要であるため、タイミングによっては使用開始までに数ヶ月かかることもあります。すぐに使いはじめたい人には不向きだといえるでしょう。

ただし、もし過去に固定回線の引き込み工事を実施したことがあれば、工事不要でモデムとルーターだけの発送だけとなります。ホームルーターと変わらない期間でインターネットの使用が開始できます。

集合住宅の場合は過去の居住者が回線工事を行っていることもあるので、もし気になる回線があれば窓口に問い合わせてみましょう。

▼ホームルーターがおすすめの人

  • なるべく早めに安定したインターネット環境を構築したい人

▼固定回線がおすすめの人

  • 利用開始までに多少時間がかかってもよい人
  • もともと使っていたインターネット回線を使い続けられる人
  • 一時的に使えるネット環境を用意できる人

設定方法

▼ホームルーターと固定回線の違い

ホームルーター
1.SIMカードを挿入
2.コンセントに繋ぎ電源ON
3.繋ぎたい機器のネットワーク設定でSSIDとパスワードを入力
固定回線
1.モデムと無線LANルーターを接続する
2.電源ON
3.繋ぎたい機器のネットワーク設定でSSIDとパスワードを入力

設定方法に関しては、固定回線と比べるとホームルーターの方が簡単です。コードをいくつも繋ぐ必要がなく、コンセントにさしこむだけで手間なくインターネットが使えるようになります。

対して固定回線は複数の機器をケーブルで接続する作業があるため、少し複雑に感じるかもしれません。

そのため、プロバイダなどによってはサポートオプションを実施していることもあります。有料になってしまうことが多いですが、プロが対応してくれるので安心してインターネットが使い始められます。

▼ホームルーターがおすすめの人

  • 難しい設定はできるだけ避けたい人
  • ルーターの場所を移動することがある人
    (戸建てであれば1階・2階で移動するなど)

▼固定回線がおすすめの人

  • 説明書などを読みながら設定ができる人
  • サポートオプションなどの利用に抵抗がない人

端末の大きさ

ホームルーター
WiMAX:HOME 5G L12 約179(H)×111(W)×99(D)mm
ソフトバンクエアー:Airターミナル5 約225(H)x103(W)x103(D)mm
固定回線
auひかり: BL1000HW 約219(H)×34(W)×205(D)mm
ドコモ光:ドコモ光ルーター 01 約146(H)×33(W)×97(D)mm

ホームルーターはひとつの機器のみで使うことが通常であるのに対し、固定回線はモデムと無線LANルーターなど、利用機器が増えるケースもあります。

イメージとしては、ホームルーターは牛乳パックくらいの大きさ、固定回線は雑誌程度の広さと文庫本程度の高さを想像してもらえると分かりやすいかと思います。

▼ホームルーターがおすすめの人

  • ネット機器をすっきり収納したい人

▼固定回線がおすすめの人

  • いくつかの機器を置くスペースがある人

ホームルーターと固定回線のメリット・注意点を押さえよう!

スマホを操作する女性
ホームルーターと固定回線のメリット・注意点

ここでは、ホームルーターと固定回線のメリットと注意点についてご紹介します。

【ホームルーターと固定回線のメリット / 注意点】

ホームルーター
メリット ・工事不要で難しい設定も不要
・転居があった場合でも手続きが簡単
・通信速度が高速
・違約金・契約期間なしプランの提供あり
注意点 ・外出先での使用ができない
・完全無制限プランはない
固定回線
メリット ・完全無制限で使用できる
・他タイプに比べると通信速度は最速
注意点 ・他タイプに比べると初期費用、月額料金が高い
・使用開始までの期間が長い
・物件の構造上申し込みが出来ない場合がある

ホームルーターがおすすめなユーザー

▼ホームルーターがおすすめなユーザー

  • 早く簡単にインターネットの環境を整えたい
  • インターネットの使用場所が変わる可能性がある
  • ある程度の通信速度は確保しておきたい
  • 契約先への縛りはできるだけなくしたい
  • WiFiへの接続端末が少ない

ホームルーターはコンセントにさすだけのタイプなので、引越しがある場合の手続きも住所変更のみと手間がいりません。

サービスによっては住所指定がなく、コンセントさえあればどこでもWiFiが使えるものもあります。

ポケット型WiFiのように持ち運びはできませんが、工事の必要がない上に、固定回線なみの高速通信を楽しめるようになりました。

さらにスマホのキャリアからもホームルータープランが登場しているので、スマホとのセット割を適用することも可能です。

もし速度やサービスに満足できない場合でも、ホームルーターでは違約金や契約期間がないプランも登場しています。

固定回線がおすすめなユーザー

▼固定回線の契約がおすすめなユーザー

  • インターネットを完全無制限で使用したい
  • 通信は最速レベルで行いたい
  • 固定回線を契約できる物件に住んでいる
  • 転居の予定はない

固定回線とは、自宅に回線を直接引き込んで、屋内で利用するWiFi環境を指します。

固定回線は通信速度の速さ、安定感、無制限利用が最大のメリットです。自宅に直接回線を引いているので、他の通信サービスと比べても通信クオリティは確かなもの。

さらに、完全無制限でWiFiが利用できるので、動画やSNSも通信量を気にせず使えるのも魅力です。スマホとのセット割引も適用できるので、通信費を安く抑えることもできます。

一方で、費用の高さや工事費の負担、導入まで時間がかかるのがデメリットです。

工事日までWiFiルーターをレンタルしてくれるプロバイダもありますが、レンタル端末の申し込みや返送なども必要なので手間は発生するでしょう。

ホームルーターのおすすめ窓口

スマホを見ながらキーボードを打つ様子
ホームルーターのおすすめ窓口

ここでは、ホームルーターと固定回線のおすすめ窓口をご紹介します。

ホームルーターでおすすめとなるのは以下3つです。

それぞれのサービスにメリットや注意ポイントがあるので、ご自身の重要だと思うポイントを明確にして選ぶとぴったりの契約先が見つかりやすくなります。

▼おすすめホームルーター

  • 高速通信に定評あり「home 5G」
  • 使い放題・ソフトバンクの割引あり「モバレコエアー」
  • コスパが最強の「WiMAX」

高速通信に定評あり「home 5G」

ドコモ home 5G
ドコモ home 5Gのプラン詳細を開く

■ プラン内容

サービス・プラン名 home 5G
エリア 全国
契約期間 なし
費用 月額料金 4,950円
事務手数料 3,300円
端末代金 39,600円※

※ドコモ公式キャンペーンで実質無料

■ 実質料金

おすすめ申込窓口 GMOとくとくBB
実質月額料金 2年間 4,338円

■ 通信速度・通信制限

使用回線 ドコモ
データ使用量 無制限※
最大速度 上り 218Mbps
下り 4.2Gbps
平均実測値※ 下り 211.04Mbps
上り 19.61Mbps

※9月~11月の平均実測値(みんなのネット回線速度から引用)

■ 11月キャンペーン情報

公式 ・ドコモのスマホセット割あり
・端末代金が実質無料
代理店 ・Amazonギフト券18,000円プレゼント

ドコモのスマホユーザーには「home 5G」がおすすめです。ドコモスマホとのセット割が適用でき、スマホ料金が大幅に割引されます。

home 5Gは機器のスペックの高さも特徴で、最大ダウンロード速度は4.2Gbpsと固定回線と同等の速度です。

実測値もホームルーターの中では最速レベルなので、高速通信を求めているけど固定回線には手が出ない方には最もおすすめできるプランです。

高画質動画を長時間視聴する、ゲームのダウンロードなど大容量の通信を頻繁に行う人にも十分対応できます。

ドコモ home 5G

ドコモから高性能なホームルーターが登場

端末代金実質無料!
18,000円分のAmazonギフト券

Amazonギフト券18,000円プレゼント

使い放題・ソフトバンクの割引あり「モバレコエアー」

モバレコAir
モバレコエアーのプラン詳細を開く

■ プラン内容

※横にスクロールできます。

サービス・プラン名 モバレコエアー 5Gプラン
エリア 全国
契約期間 2年
費用 月額料金 ~2ヶ月:2,167円
~24ヶ月:3,679円
25ヶ月~:5,368円
事務手数料 3,300円
端末代金※ 71,280円

※ソフトバンク公式キャンペーンで実質無料

■ 実質料金

※横にスクロールできます。

おすすめ申込窓口 モバレコエアー
実質月額料金 24ヶ月 2,732円

■ 通信速度・通信制限

※横にスクロールできます。

使用回線 ソフトバンク
データ使用量 原則無制限
最大速度 下り 2.1Gbps
上り
平均実測値※ 下り 63.6Mbps
上り 7.58Mbps

※9月~11月の平均実測値(みんなのネット回線速度から引用)

■ 11月キャンペーン情報

公式 ・月月割で端末代金無料
・最大10万円の他社違約金補填
・ソフトバンク&ワイモバイルのスマホセット割あり
当サイト経由限定 ・2年間の月額料金割引
・現金17,000円キャッシュバック

\ モバレコサイト経由の申込限定 /
キャッシュバック最大23,000円に増額中

モバレコエアーはソフトバンクの代理店である株式会社グッド・ラックが提供しているホームルーターで、料金以外のサービス内容はソフトバンクエアーと全く変わりがありません。

代理店経由でソフトバンクエアーを申し込むことで、代理店独自のキャンペーンがプラスで適用となるため最も安い価格でソフトバンクエアーを使用することが出来ます。

スマホとのセット割も対象で、スマホ料金に毎月高額な割引が受けられます。

なお、スマホとのセット割はソフトバンクエアーの公式キャンペーンですが、同じく公式キャンペーンの乗り換え違約金負担も対象です。

固定回線を含む他社回線からモバレコエアーに乗り換える場合、最大10万円まで解約費用を負担してもらえます。

そのため、乗り換えでホームルーターを契約したい人にもおすすめです。

当サイトからの申し込み限定
現金23,000円キャッシュバック!

コスパが最強の「WiMAX」

速度重視でホームルーターを選びたい場合は「WiMAX」がおすすめです。5G回線に対応した端末の提供も開始され、次世代回線での高速通信でインターネットを楽しめます。

なお、WiMAXは申し込むプロバイダによって月額料金や契約期間、キャンペーン内容も変わります。プロバイダで速度など回線品質が変わることはないため、自分に合ったプロバイダを選ぶよう、申し込み時にはよく比較しましょう。

当サイトがおすすめするWiMAXのプロバイダは以下の3社です。

Broad WiMAX

Broad WiMAXの料金詳細
プラン ギガ放題バリュープラン ギガ放題フリープラン
契約期間 2年(自動更新なし) なし
月額料金 初月:1,397円
初月以降:3,883円
初月:1,397円
初月以降:4,070円
実質月額料金(3年) 3,013円 3,200円
事務手数料 3,300円
端末代金 21,780円
回線 WiMAX2+
au 4G LTE
au 5Gエリア
最大通信速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
違約金 0~24ヶ月目:3,883円
25ヶ月目以降:0円
なし
データ容量 実質無制限
通信速度の制限 一定期間内に大量のデータ通信をした場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合あり
キャンペーン 【当サイト限定】他社から乗り換えで最大57,000円キャッシュバック
海外使用 不可

■ 最新のキャンペーン

  • 【モバレコ限定】5,000円キャッシュバック
  • 他社から乗り換えで最大57,000円キャッシュバック

Broad WiMAXは、他社インターネットサービスの解約費用を負担するキャンペーンを実施しています。最大52,000円まで負担されるため、他社からの乗り換えがしやすいです。

GMOとくとくBBの方がキャッシュバックをいれた実質月額料金は安くなりますが、キャッシュバックの受け取り忘れるとBroad WiMAXの方が安く利用できます。そのためトータルバランスを考えるとBroad WiMAXが1番おすすめできます。

   

Broad WiMAX

   

月額1,397円~ 5G対応WiMAX
契約期間で選べる2つの新プラン登場!

   

今なら他社から乗り換えで
最大57,000円キャッシュバック!

契約の縛りがない新プラン登場!
最大57,000円キャッシュバック

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXの料金詳細
プラン ギガ放題プラス
契約期間 なし
月額料金 初月:0円
1ヶ月目:1,160円
2~24ヶ月目:3,355円
25ヶ月目以降:4,928円
実質月額料金(3年) 5,549円
事務手数料 3,300円
端末代金 21,912円
回線 WiMAX2+
au 4G LTE
au 5Gエリア
最大通信速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
違約金 なし
データ容量 実質無制限
通信速度の制限 一定期間内に大量のデータ通信をした場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合あり
キャンペーン ・分割払いで端末代金実質無料
・初月の月額料金0円
海外使用 不可

■ 最新のキャンペーン

  • 分割払いで端末代金実質無料
  • 初月の月額料金0円

BIGLOBE WiMAXは契約期間・違約金の設定がないプロパイダです。

いつ解約しても違約金は0円のため、契約期間の見通しをたてるのが難しい方、初めてWiMAXを契約するが通信が不安、といった方はBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX

GMO とくとく BB WiMAXの料金詳細
プラン ギガ放題プラス
契約期間 2年(自動更新なし)
月額料金 1~2ヶ月目:1,474円
3~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月以降:4,444円
実質月額料金(3年) 3,010円
事務手数料 3,300円
端末代金 21780円
回線 WiMAX2+
au 4G LTE
au 5Gエリア
最大通信速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
違約金 1~24ヶ月目:1,100円
25ヶ月目以降:0円
データ容量 実質無制限
通信速度の制限 一定期間内に大量のデータ通信をした場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合あり
キャンペーン 【期間限定】他社から乗り換えで最大49,000円キャッシュバック
海外使用 不可

■ 最新のキャンペーン

  • 23,000円キャッシュバック
  • 他社から乗り換えで最大49,000円

GMOとくとくBB WiMAX+5Gは、月額料金の割引、キャッシュバックの豊富なキャンペーンで実質月額最安級で利用できるWiMAXのサービスです。

キャッシュバックの受け取りは約1年後となっているため、キャッシュバック受け取りが心配な方はBroad WiMAXがおすすめです。

固定回線のおすすめ窓口

WiFi端末
固定回線のおすすめ窓口

ここからは、固定回線のおすすめ窓口を3社ご紹介します。

固定回線を選ぶ際の基準は「どのキャリアのスマホを利用しているか」です。お使いのスマホとのセット割が適用できれば、スマホに適用される料金割引により通信費が大幅に安くなります。

▼おすすめ固定回線

  • ドコモユーザーなら「ドコモ光」
  • ソフトバンクユーザーは「ソフトバンク光」
  • auユーザーなら「auひかり」

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

docomo光

▼ドコモ光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) ネットナビ
プラン 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 277.53Mbps
上り 231.03Mbps
月額料金 5,783円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 19,800円
※完全無料キャンペーン中
解約費用 違約金 5,500円
実質月額料金(契約期間) 5,783円
スマホセット割 ドコモの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 15,000円キャッシュバック(オプションなし)
  • 20,000円キャッシュバック(オプションあり)
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

▼ドコモ光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) ネットナビ
プラン 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 262.67Mbps
上り 231.45Mbps
月額料金 4,463円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 16,500円
※完全無料キャンペーン中
解約費用 違約金 4,180円
実質月額料金(契約期間) 4,463円
スマホセット割 ドコモの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 15,000円キャッシュバック(オプションなし)
  • 20,000円キャッシュバック(オプションあり)
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

ドコモスマホとのセット割が適用できる固定回線は「ドコモ光」だけです。

ドコモ光は現在、開通工事費無料になるキャンペーンを実施しています。実質無料とは異なり、完全に無料になるため、早期解約でも分割残債は請求されません。

オプションなしでも
現金15,000円キャッシュバック

ソフトバンクユーザーは「ソフトバンク光」

ソフトバンク光

▼ソフトバンク光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン 戸建て
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 316.32Mbps
上り 227.16Mbps
月額料金 5,720円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金(2年プラン) 5,720円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 4,316円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 工事費実質無料
  • 最大10万円の他社違約金補填
  • 37,000円キャッシュバック
  • U-NEXT無料トライアル

▼ソフトバンク光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン マンションタイブ
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 317.89Mbps
上り 245.24Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金(2年プラン) 4,180円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 2,776円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円
キャンペーン ・工事費実質無料
・最大10万円の他社違約金補填
・37,000円キャッシュバック
・U-NEXT無料トライアル

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 工事費実質無料
  • 最大10万円の他社違約金補填
  • 37,000円キャッシュバック
  • U-NEXT無料トライアル

ソフトバンク光は他社回線からの乗り換えであると、工事費実質無料、解約費用最大10万円負担のキャンペーンが適用されます。

そのため、乗り換えに高額な違約金がかかる方であれば、ソフトバンク・ワイモバイルユーザー以外でもおすすめです。

U-NEXT無料トライアル付き
現金37,000円キャッシュバック

auユーザーなら「auひかり」

auひかり(gmo)
画像:auひかり(GMOとくとくBB)サイトより引用

▼au ひかり(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン ずっとギガ得プラン
契約期間 36ヶ月(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 740.68Mbps
上り 687.03Mbps
月額料金 ~12ヶ月:5,610円
~24ヶ月:5,500円
25ヶ月~:5,390円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 41,250円
解約費用 違約金 4,730円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 高性能のWiFiルータープレゼント
  • auひかり電話の基本料金が3年無料
  • 他社違約金を最大30,000円補填
  • 開通工事費が実質無料

▼au ひかり(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン マンション タイプV 16
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 100Mbps
平均実測値※ 下り 392.31Mbps
上り 391.57Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 33,000円
解約費用 違約金 2,730円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 高性能のWiFiルータープレゼント
  • auひかり電話の基本料金が3年無料
  • 他社違約金を最大30,000円補填
  • 開通工事費が実質無料

メリット
  • 独自回線だから通信速度がトップクラス
  • 独自回線なのに提供エリアが広い
  • auスマートバリュー適用でレンタル必須の機器代金がタダ
デメリット
  • auとUQモバイルユーザーにとって最安の光回線ではない
  • マンションプランは最大速度が100Mbpsの可能性
  • キャンペーンの手続きは忘れず行う必要あり

auひかりは高速通信で評判の高い光回線です。WiFiでも高速通信をしたい方や、ストレスなくオンラインゲームや配信を楽しみたい方に人気です。

基本料金は最安級とはいきませんが、au・UQモバイルユーザーなら安く高速通信できる光回線が契約できるため特におすすめできます。

また、auひかりのネックだった違約金は2,730円~4,730円に減額され、回線撤去工事も任意になりました。解約時の高額請求の心配もなくなったことで、契約しやすくなっています。

キャンペーン
プロバイダ
  • ネットだけで最大67,000円キャッシュバック
  • ネット+電話で最大77,000円キャッシュバック
  • ひかり電話の基本料金が最大36ヶ月無料
  • 高性能Wi-Fiルーター無料プレゼント
公式
  • 開通工事費が実質無料
  • 他社違約金を30,000円まで補填
  • auとUQモバイルのスマホセット割

WiFiルーターも無料!
最大77,000円キャッシュバック

ホームルーターと固定回線に関するよくある質問

PCを見る女性の画像
ホームルーターと固定回線に関するよくある質問

ここからは、ホームルーターと固定回線に関して、次のよくある疑問をご紹介します。

▼ホームルーターと固定回線に関するよくある質問

  • ホームルーターがおすすめの人は?
  • 固定回線がおすすめの人は?
  • ホームルーターと固定回線の比較するポイントは?

ホームルーターがおすすめの人は?

A.下記に当てはまる人におすすめです。

▼ホームルーターがおすすめの人

  • 早く簡単にインターネットの環境を整えたい
  • インターネットの使用場所が変わる可能性がある
  • ある程度の通信速度は確保しておきたい
  • 契約先への縛りはできるだけなくしたい
  • WiFiへの接続端末が少ない

ホームルーターは契約から利用開始までの「手軽さ」が魅力です。

固定回線がおすすめの人は?

A.下記に当てはまる人におすすめです。

▼固定回線がおすすめの人

  • インターネットを完全無制限で使用したい
  • 通信は最速レベルで行いたい
  • 固定回線を契約できる物件に住んでいる
  • 転居の予定はない

固定回線は「大容量通信かつ高速通信」が魅力です。

ホームルーターと固定回線の比較するポイントは?

A.導入のしやすさ、性能、料金の安さです。

ホームルーターは導入するの工事が発生するので、最短でも1か月ほどかかってしまいます。対して、ホームルーターは最短翌日から利用開始できます。

また速度や通信の安定性など、どこまで求めているかも比較するポイントになってきます。

まとめ

本記事ではホームルーターと固定回線の違いについて解説しました。

ホームルーターはなんといっても「手軽さ」が魅力です。

▼ホームルーターがおすすめなユーザー

  • 早く簡単にインターネットの環境を整えたい
  • インターネットの使用場所が変わる可能性がある
  • ある程度の通信速度は確保しておきたい
  • 契約先への縛りはできるだけなくしたい
  • WiFiへの接続端末が少ない

集合住宅や引越しする可能性のある方などは、工事不要で転居手続きも簡単である点は大きなメリットになるでしょう。

また、ホームルーターのプランは実質無制限かつスムーズな通信が可能なので、在宅ワークやオンライン授業などの使用メインの方でも満足できる使用感となっています。

対して固定回線は「大容量通信かつ高速通信」が魅力です。

▼固定回線の契約がおすすめなユーザー

  • インターネットを完全無制限で使用したい
  • 通信は最速レベルで行いたい
  • 固定回線を契約できる物件に住んでいる
  • 転居の予定はない

固定回線の導入は期間やお金もかかりますが、これらがネックにならないのであれば固定回線はインターネットを使う上で最も快適に使用することができます。

特にオンラインゲームのためにインターネットを使う予定の方や、家族と一緒にWiFiを繋いで使用する予定の方におすすめです。

ぜひ本記事で解説したホームルーターと固定回線の違いから、契約先選びの参考になれば幸いです。



※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン