カテゴリ: WiFi(その他)

WiMAXの5Gプランの評判は?おすすめプロバイダやプラン内容を大公開!

WiMAXでもついに5G対応がはじまりました。5G対応により、従来プランより大幅な速度アップが見込めます。現在5Gサービス提供エリアは限定的ですが、順次拡大し、今後は5Gが主流になっていきます。ゆくゆくは5Gプランへの切り替えを念頭においておきましょう。

今回は、WiMAXの5Gプランのメリットや注意点をユーザーの評判を交えて解説します。また、これから5Gプランの申し込みを検討されている方へ向けて、5G対応WiMAXのおすすめプロバイダもご紹介します。

ぜひこの記事を参考に、ご自身がこれから5G対応WiMAXを申し込むべきなのか、どのプロバイダが一番合っているのかを確かめてみてください。

※この記事はすべて税込表記です

\ 当サイト経由限定 /

キャッシュバック最大3万円に増額中

 ・月額料金2,167円から使える置き型WiFi
 ・ソフトバンク、Y!mobileスマホセット割

■モバレコ限定 キャンペーン

・最大3万円の高額キャッシュバック
U‐NEXT 6ヶ月無料トライアル実施中

※キャンペーン併用可能

まずはWiMAXの5G対応プランの内容を解説

まずはWiMAXの5G対応プランの内容を解説
まずはWiMAXの5G対応プランの内容を解説

WiMAXでは2021年春から、5G対応プランが開始されました。5Gエリア内で対応端末を使用すれば、従来プランより大幅な速度アップが期待できます。

まずは5Gプランの概要をつかんでおきましょう。

▼5Gプランの概要表

エリア WiMAX 2+・au 4G LTE・au 5Gエリア
使用回線 WiMAX 2+・au 4G LTE・au 5G
最大速度 下り最大速度:2.7Gbps
上り最大速度:183Mbps
速度制限の条件 なし(一定期間内に大容量通信を行った場合、混雑する時間帯に通信速度制限の場合あり)
制限時速度 概ね1Mbps

5G対応WiMAXでは、下り最速2.7Gbpsという超高速通信が可能です。光回線でも最大速度1Gbpsの場合がほとんどなので、どれだけ速いのかがわかってもらえるのではないでしょうか。

以前までは、3日間で15GB以上(5G回線)のデータ通信をおこなうと、翌日から夜間のみ軽い速度制限がかかりました。2022年2月からは、「ギガ放題プラス」の通信制限の条件が緩和され、通信速度を一律に制限されていた条件がなくなっています。

大容量通信がどれくらいなのかは明記されていませんが、1日動画視聴をしていたり、SNSなどのインターネット通信を楽しむといった程度の通電であれば問題ありません。

ここからはWiMAXの5G対応プランのメリットについてより詳しく紹介します。

   

Broad WiMAX

   

指定メディア限定の新プラン登場!
ずっと4,367円で使える5G対応WIMAX

   

今なら10,000円キャッシュバック!

指定メディア限定の新プラン登場
今ならキャッシュバック10,000円

5Gプランを提供しているWiMAXプロバイダ一覧

5G通信のイメージ画像
5Gプランを提供しているWiMAXプロバイダ一覧

WiMAXを提供しているプロバイダのうち、5Gプランに対応しているのは16社あります。以下でそれぞれの概要を比較してみました。

▼5Gプランの主要WiMAXプロバイダ

※横にスクロールできます。

GMOとくとくBB WiMAX Broad WiMAX カシモWiMAX Vision WiMAX EXWiMAX BIGLOBE WiMAX UQ WiMAX
実質月額 3,991円 4,368円 4,547円 4,503円 3,997円 4,845円 5,148円
3年間の総額 143,684円 157,261円 163,680円 162,100円 143,880円 174,420円 185,328円
契約期間 3年 3年 3年 3年 3年 1年 2年
月額料金 0〜2ヶ月目:2,079円
3〜36ヶ月目:4,389円
37ヶ月目以降:4,444円
0〜2ヶ月目:2,090円
3〜36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
0ヶ月目:1,408円
1ヶ月目以降:4,455円
0ヶ月目:0円
1〜2ヶ月目:4,400円
3ヶ月目以降:4,950円
0~12ヶ月目:3,850円
13ヶ月目以降:4,950円
0ヶ月目:0円
1〜24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目以降:4,928円
0~24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円
端末代 0円 21,780円 0円 0円 0円 21,912円 21,780円
事務手数料 3,300円 3,300円 3,300円 0円 3,300円 3,300円 3,300円
キャッシュバック 13,000円 5,000円 0円 10,000円 0円 15,000円 15,000円
違約金 1年未満:20,900円
2年未満:15,400円
3年目以降:10,450円
1年未満:20,900円
2年未満:15,400円
3年目以降:10,450円
1年未満:20,900円
2年未満:15,400円
3年目以降:10,450円
1年未満:28,050円
2年未満:21,450円
3年目以降:14,300円
1年未満:42,500円
2年未満:29,300円
3年目以降:9,500円
1年未満:1,100円
2年目以降:0円
1,100円

上記表のとおり、5Gプランを提供するプロバイダは月額料金をはじめ端末代の有無、キャッシュバックの金額などがぞれぞれ異なります。しかし、どのプロバイダから申し込みをしても提供される端末や使用する回線は同じであるため、もっとも自身に合ったキャンペーンを実施しているプロバイダを選びましょう。

なお、当サイトがおすすめするプロバイダは【5G対応のおすすめWiMAXプロバイダ】で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

WiMAXの5Gプランのメリットと良い評判

WiMAXの5Gプランのメリットと良い評判
WiMAXの5Gプランのメリットと良い評判

WiMAXの5Gプランに移行することで、どのようなメリットが得られるかすぐにイメージできますでしょうか?実際に利用しているユーザーの口コミとともに詳しく解説していきます。

5G対応の新型高性能ルーターが使える

WiMAXの5Gプランでは、5G対応の新型高性能ルーターが使えます。2021年7月現在販売されている5G対応のWiMAXルーターは、ポケット型WiFiとホームルーターでそれぞれ以下の2種類ずつです。

▼WiMAXの5G対応ルーター

  • ポケット型WiFi:Speed Wi-Fi 5G X11
  • ポケット型WiFi:Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
  • ホームルーター:Speed WiFi HOME 5G L12
  • ホームルーター:Speed WiFi HOME 5G L11

どのような端末なのか気になる人も多いと思うので、それぞれのスペックと特徴をご紹介します。

ポケット型WiFi:Speed Wi-Fi 5G X11

Speed Wi-Fi 5G X11の説明画像
ポケット型WiFi:Speed Wi-Fi 5G X11
(引用元:au公式サイト[1]

「Speed Wi-Fi 5G X11」は5G対応WiMAXポケット型WiFiの最新機種で、下り最大速度が2.7Gbpsと光回線の2倍以上である点が特徴です。

▼Speed Wi-Fi 5G X11のスペック表を見る
タイプ ポケット型WiFi
サイズ 約W136×H68×D14.8mm
重量 約174g
最大速度 下り最大速度:2.7Gbps
上り最大速度:183Mbps
対応ネットワーク WiMAX2+・au 4G LTE・au 5G
連続通信時間 約490分
連続待受時間 約400時間
バッテリー容量 4,000mAh
画面サイズ 約2.4インチ
最大接続台数 無線LAN:16台
有線LAN:1台
かんたん接続 WPS・QR Code

最新のWi-Fii規格「Wi-Fi6」にも対応しており、接続するスマホやパソコンがWi-Fi6に対応していればこれまでのWi-Fi5から約1.4倍での通信が可能になります。

また別売りのクレードル※1により通信環境をより向上することができます。

※1 ポケット型WiFiに装着する台座型の機器。アンテナが内蔵されているため、装着することでより速度が速く安定します。

ポケット型WiFi:Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01の画像
ポケット型WiFi:Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
(引用元:au公式サイト[2]

Speed Wi-Fi 5G X11よりも先に発売されたWiMAX初の5G対応ポケット型WiFiが「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01」です。スマホのような大画面を搭載し、縦でも横でも操作することが可能です。

▼Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01のスペック表を見る
タイプ ポケット型WiFi
サイズ 約W147×H76×D10.9mm
重量 約203g
最大速度 下り最大速度:2.2Gbps
上り最大速度:183Mbps
対応ネットワーク WiMAX2+・au 4G LTE・au 5G
連続通信時間 約1,000分
連続待受時間 約790時間
バッテリー容量 5,000mAh
画面サイズ 約5.3インチ
最大接続台数 無線LAN:10台
有線LAN:1台
かんたん接続 WPS・QR Code

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01は、下り最大速度2.2Gbpsと高速です。「Speed Wi-Fi 5G X11」にはやや劣るスペックですが、ユーザーからの評判は申し分ないコメントが多々見受けられます。

この方の場合は下りで42Mbpsほど出ています。ポケット型WiFiでオンラインゲームのプレイはこれまでは速度面で厳しいところがありましたが、Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01であれば問題ないようです。

また、Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01のバッテリーは5,000mAhと大容量。Speed Wi-Fi 5G X11が4,000mAhで連続通信時間が490分であることを考えると、電池持ちが重要な方にもおすすめできます。

ホームルーター:Speed WiFi HOME 5G L12/L11

Speed WiFi HOME 5G L12/L11の説明画像
ホームルーター:Speed WiFi HOME 5G L12/L11(引用元:au公式サイト[3]

続いては、5G対応WiMAXのホームルーターの2機種について解説します。

新たに「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」が発売され、Speed WiFi HOME 5Gは2種類になりました。どちらもホームルーター型なので、持ち運びはできませんが充電の必要がないため自宅利用がメインの方におすすめです。

▼Speed WiFi HOME 5G L12/L11のスペック表

Speed WiFi HOME 5G L12 Speed WiFi HOME 5G L11
タイプ ホームルーター
サイズ 約W101×H179×D99mm 約W70×H182×D124mm
重量 約446g 約599g
最大速度 下り最大速度:2.7Gbps
上り最大速度:183Mbps
対応ネットワーク WiMAX2+・au 4G LTE・au 5G
電源 ACアダプタのみ
最大接続台数 無線LAN:40台
有線LAN:2台
無線LAN:30台
有線LAN:2台
かんたん接続 WPS・QR Code

Speed WiFi HOME 5G L12/L11の2機種はスペック上あまり大きな差はありません。

ですが、Speed WiFi HOME 5G L12のほうが最大接続台数が10台増えています。自宅でたくさんのWiFi機器を利用する方、家族で利用する方はSpeed WiFi HOME 5G L12を選んだほうが安定して利用できそうです。

速度については、どちらも最大速度2.7Gbpsと高速通信が可能です。光回線では、最大速度1Gbpsである場合が多いことを考慮すると、自宅のWiFi環境を見直す必要があるかもしれません。

この方はご自身で計測されていますが、実測値で260Mbps出ているので、光回線のかわりに使用することも十分可能である速度です。

ホームルータータイプの場合、専用アプリ「ZTELink JP」を使用すると通信量や電波状態の確認、ルーターの設定をスマホから簡単に操作できます。ポケット型WiFiのように画面操作はできませんが、アプリを使えば設定の変更もスムーズです。

5G接続時は速度の大幅アップが期待できる

5G対応WiMAXルーターの最大速度は2.7Gbpsです。光回線の最大速度はほとんど1Gbpsなので、それを上回るほどの性能であることがわかります。

この方はVDSLマンション(各戸まで電話回線を使っている配線方式)でWiMAX+5Gを実際に利用し速度の速さを体感しています。上り速度はやや出にくい傾向にありますが、下り速度については光回線以上の速度を期待してもよいでしょう。

従来のWiMAX 2+の最大速度は1.2Gbpsです。つまりWiMAX +5Gはその約2倍以上の速度が出る可能性があるといえます。とはいえ、最大速度はあくまで理論値です。そのまま表記通りの速度が出るわけではありません。しかし、最大速度にこれほどの差があると実測値でも大幅な速度アップが期待できるでしょう。

速度制限が「3日間で10GB」→「無制限」に緩和される

これまでのWiMAX 2+「ギガ放題」では、直近3日間のデータ容量が10GBを超えると翌日夜間に最大1Mbpsの速度制限がかかっていました。しかしWiMAX +5Gの「ギガ放題プラス」では3日間で15GBに変更され、5GB増量されています。

さらに、2022年2月からは3日15GBからデータ通信量が無制限に緩和されたため、より使用しやすくなっています。

ただし、一定時間内に大量のデータ通信が行われた場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する可能性があるともしているので、注意しましょう。とはいえ原則無制限で使用でき、動画視聴やオンラインゲームを1日やる程度の通信量では問題ないでしょう。

au回線の容量が無制限になり、速度制限もゆるくなる

WiMAXの5G対応プランでは、初期設定時のスタンダードモードでも月間データ容量上限なしでau回線が利用できるようになりました。

こちらの方は、スタンダードモードでau 4G LTE回線を利用しています。従来プランで容量無制限で使おうとするとWiMAX2+回線しか利用できませんでした。そのことを考慮すると、5Gプランに乗り換える価値を感じるのではないでしょうか。

また、WiMAXの5G対応プランにはより広いエリアで高速通信ができるようになる「プラスエリアモード」があり、つながりにくい環境に移動したときにも快適に利用できます。

5G対応プランと従来プランのモード別にデータ容量、速度制限条件を比較した表を下記にまとめました。

▼モード別データ容量の比較表

※横にスクロールできます。

プラン モード 対応ネットワーク 月間データ容量 制限時速度
5G対応プラン スタンダードモード
(標準モード)
WiMAX 2+au 4G LTEau 5G 原則無制限 最大1Mbps
プラスエリアモード WiMAX 2+au 4G LTEau 5G 月間15GB 最大128kbps
(標準モードは制限外)
従来プラン ハイスピードモード
(標準モード)
WiMAX 2+ 上限なし
(10GB/3日間)
最大1Mbps
ハイスピードプラスエリアモード WiMAX 2+au 4G LTE 月間7GB 最大128kbps
(標準モードも制限)

スタンダードモードでは、WiMAX 2+に加え、au 4G LTE・au 5Gの3回線を月間無制限で利用できます。

また、プラスエリアモード(ハイスピードエリアモード)で速度制限になった場合の標準モードの速度についても注目です。従来プランではハイスピードプラスエリアモードで速度制限になってしまうと標準モードでもそのまま128kbpsの厳しい速度制限になってしまいますが、5G対応プランだと標準プランは通常通り使えます。

つまり5G対応プランはプラスエリアモードの速度制限が月間データ容量が増える以上にゆるくなっているのです。

WiMAXの5Gプランの注意点とよくない評判

WiMAXの5Gプランの注意点とよくない評判
WiMAXの5Gプランの注意点とよくない評判

WiMAXの5Gプランの契約を検討する際は、メリットだけではなく注意点も把握しておいたほうがよいでしょう。ここでは3つの注意点を、ユーザーの口コミとともに解説していきます。

5Gの対応エリアはまだ限定的

2022年2月時点では、WiMAX +5G対応エリアはまだ限定的で、全国すべての場所で利用できるわけではありません。現状5Gが対応しているのは、東京や大阪など都心部の一部だけなので、地方だとほとんど利用できないと考えたほうがよいでしょう。

この方は大都市圏、東京の5Gエリア内で実際に利用しています。たとえ大都市圏の5Gエリア内であっても、つながらない可能性は十分考えられます。

現在の対応エリア状況を考慮すると、5G対応のWiMAXを購入しても性能を十分活かしきれない可能性が高いです。しかし5Gエリアは今後さらに拡大していく予定なので期待して待ちましょう。

5G対応の料金プランは従来プランよりも高め

WiMAXの5Gプランは従来のWiMAX 2+回線のプランより、月額料金が高めに設定されています。5G対応プランは、WiMAX 2+とau 4G LTEの回線も利用できるため、月額料金が高くなってしまうことは仕方ない部分ともいえるでしょう。

5Gプランと4Gプランの月額料金の違いを把握しやすいように、それぞれ比較し表にまとめました。

▼プラン別の月額料金比較表

プラン 対応ネットワーク 月額料金
ギガ放題プラス WiMAX 2+au 4G LTEau 5G 4,750円
ギガ放題 WiMAX 2+au 4G LTE 3,971円
ライトプラン WiMAX 2+au 4G LTE 3,289円

この表からわかるように、「WiMAX+5G ギガ放題プラス」はほか2つのプランと比較すると月額料金が高いです。

この方は5Gプランの月額料金の高さを嘆いていますね。5G対応プランのギガ放題プラスは「ギガ放題」より約800円高いので、それほどの価値があるか確認したうえで契約しましょう。

とはいえ、使用できる回線の種類が多かったり、速度制限の条件がゆるかったりとメリットも多いので、料金と便利さのどちらを重視するかが重要です。

他社5G端末より若干スペックは低め

5G対応のWiMAXポケット型WiFi「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 」は、ほかの5Gポケット型WiFiよりスペックが低めです。どのような点でスペックが低いといわれているのか気になる方も多いでしょう。

スペックの差がわかりやすいように、ドコモ・au・ソフトバンクの5G対応ポケット型WiFiと比較したので、まずはこちらをご覧ください。

▼キャリア別5G対応WiFiの比較表

端末名 タイプ 最大速度 端末価格
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi WiMAX 下り最大速度:2.2Gbps
上り最大速度:183Mbps
21,780円
WiFi STATION SH-52A ドコモ 下り最大速度:4.2Gbps
上り最大速度:480Mbps
68,904円
Speed WiFi 5G X01 au 下り最大速度:4.1Gbps
上り最大速度:481Mbps
71,500円
Pocket WiFi 5G A004ZT ソフトバンク 下り最大速度:3.0Gbps
上り最大速度:298Mbps
69,840円

このように、下り上りともに各キャリアの5G対応ポケット型WiFiの速度のほうが速いことがわかります。しかしGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの下り最大速度2.2Gbpsは、ほとんどの光回線より十分速い速度です。そのため、実際に利用する際に困ることは少ないですよ。

キャリア端末と比較した場合、スペックが低いと感じてしまうのは仕方ないところです。しかしこの方の場合でも、40Mbpsほどは出ているので十分快適に利用できるでしょう。

スペックはやや低いですが、Galaxy 5G Mobile Wi-Fi の端末価格が圧倒的に安いことも比較表からわかります。他社は倍以上の端末価格であることを考慮すると、ある程度のスペック差は仕方ないともいえますね。

5G対応端末に「機種変更」すると契約期間がリセットされる

現在WiMAXの従来プランを利用している方が同じプロバイダで5G対応プランに「機種変更」することは基本的にはおすすめできません。

機種変更をすると、その時点で契約期間がリセットされ、新たに最長3年の長い縛りがスタートしてしまいます。

なお、長期契約が問題ない場合でも、新規契約が条件となる割引やキャッシュバックなどのキャンペーンも対象外となってしまいます。より安く5G対応プランを利用したいのであれば、違約金のかからない更新月まで待って他社プロバイダに乗り換えることをおすすめします。

更新月まで待つことが難しいのであれば、最大19,000円までの違約金負担があるBroad WiMAXに乗り換えれば負担額を抑えられますよ。

   

Broad WiMAX

   

指定メディア限定の新プラン登場!
ずっと4,367円で使える5G対応WIMAX

   

今なら10,000円キャッシュバック!

指定メディア限定の新プラン登場
今ならキャッシュバック10,000円

WiMAXの5Gプランをおすすめできる人

WiMAXの5Gプランをおすすめできる人
WiMAXの5Gプランをおすすめできる人

今利用している端末を解約してまですぐに乗り換える必要はありませんが、これからは5Gが主流になっていくので、事前に5G端末を購入したり5Gプランの契約がおすすめです。

ここでは5Gプランの契約が特におすすめなユーザーについて紹介していきます。

これからWiMAXを新しく申し込む予定の人

これからWiMAXを新しく申し込む予定の人は、この機会に5Gプランに加入しておくのがおすすめです。現状5Gに対応していなくても、速度制限が3日間15GBと緩くなっていたり、au回線のデータ容量が無制限になったりするので十分メリットがあります。

4G回線を利用する「ギガ放題プラン・ライトプラン」の申し込みも、4G専用端末の在庫が無くなり次第終了するプロパイダもあります。

都心部に生活圏がある人

先述したとおり2022年2月現在、5Gが対応しているのは東京や大阪などの大都市圏だけです。5G対応エリアは限定的ですが、現在でも都心部であれば5G回線の恩恵を受けられる可能性がありますので、検討の余地は十分あるでしょう。

最新の端末を使いたい人

WiMAXの最新端末を使いたい人にも、WiMAXの5Gプランはおすすめです。WiMAXの最新端末を使い最大限の性能を活かすには、5Gプランに加入する必要があります。

▼WiMAXの5G対応ルーター

  • ポケット型WiFi:Speed Wi-Fi 5G X11
  • ポケット型WiFi:Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
  • ホームルーター:Speed WiFi HOME 5G L12
  • ホームルーター:Speed WiFi HOME 5G L11

スペックは【5G対応の新型高性能ルーターが使える】で詳しく記載しているので、5G対応WiMAXの最新端末に興味がある方はぜひご覧ください。

au回線もたくさん使いたい人

先述したとおり、WiMAXの5G対応プランでは、au回線のデータ容量が無制限になりました。これまでの容量無制限のハイスピードモードではWiMAX2+回線しか利用できません。しかし5G対応のスタンダードモードでは、au回線も無制限の対象になったのです。

このような特性から、WiMAXの5GプランはWiMAX回線だけではなく、au回線もたくさん使いたい人におすすめといえますね。

au回線もたくさん使いたい人は、【au回線の容量が無制限になる】でより詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。

5G対応のおすすめWiMAXプロバイダ

5G対応のおすすめWiMAXプロバイダ
5G対応のおすすめWiMAXプロバイダ

では実際に5G対応WiMAXを契約しようと考えた場合、どのプロバイダから申し込めばよいのでしょうか。なにを重視するかによっておすすめのプロバイダは変わってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

乗り換えや解約のサポートがある「Broad WiMAX」

サポートが充実していて、実質月額料金が安いプロバイダがいいという方には「Broad WiMAX」がおすすめです。月額割引キャンペーンとキャッシュバックでギガ放題プラスを最安値で使用できます。

▼Broad WiMAXの概要表

使用回線 WiMAX 2+・au 4G LTE・au 5G
契約期間 3年
セット割(キャリア・割引額) UQモバイル・858円
初期費用(手数料・端末代) 3,300円・21,780円
月額料金 0〜2ヶ月目:2,090円
3〜36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
契約期間中の総額 143,261円
契約期間中の実質月額 3,979円
代表的キャンペーン ・19,000円キャッシュバック
・初期費用割引
・最大19,000円違約金負担
・プラスエリアモードが0円
・いつでも解約サポート

Broad WiMAXは料金が安いだけでなく、その他のキャンペーンも充実しています。他社からの乗り換えの場合に最大19,000円まで違約金が負担してもらえるほか、「いつでも解約サポート」を利用すれば、契約後の接続状況に不満があった場合でも違約金0円で、指定の回線に気軽に乗り換えられます。

5G対応WiMAXプロバイダの中で、月額料金が安くてサポートが充実しているところを求めている人には「Broad WiMAX」がおすすめです。

なお、Broad WiMAXは月々の料金を口座振替で支払える数少ないプロバイダです。クレジットカード払いと比べ毎月220円の手数料がかかってしまいますが、その手数料を含めても安くWiMAXを利用できます。

指定メディア限定の新プラン登場
今ならキャッシュバック10,000円

月額料金がシンプルで安い「カシモWiMAX」

WiMAX5G対応プランを安くシンプルに使いたい人には、「カシモWiMAX」をおすすめします。

カシモWiMAXは、月額料金の設定がシンプルで安いことが特徴です。複雑なキャンペーンを避けたいなら、カシモWiMAXを検討してみましょう。

▼カシモWiMAXの概要表

使用回線 WiMAX 2+・au 4G LTE・au 5G
契約期間 3年
セット割(キャリア・割引額) UQモバイル・最大858円割引/月
初期費用(手数料・端末代) 3,300円・0円
月額料金 0ヶ月目:1,408円
1ヶ月目以降:4,455円
契約期間中の総額 163,680円
契約期間中の実質月額 4,547円
代表的キャンペーン ・プラスエリアモードが0円
・送料0円
・端末代金0円
・初月0円

カシモWiMAXでは、キャンペーンによってポケット型WiFi・ホームルーターともに端末代が0円で手に入ります。さらに初月料金が0円、以降は4,455円とシンプルで、3年間の総額でみると5G対応WiMAXプロバイダの中で最安級となっています。

そのためカシモWiMAXは、「とにかく5G WiMAXを安くシンプルに利用したい」という人に、もっともおすすめのプロバイダといえるでしょう。

最新端末の代金も無料

1年契約・自動更新なしの「BIGLOBE WiMAX +5G」

5Gプラン対応のWiMAXを契約期間短く使いたい人には「BIGLOBE WiMAX +5G」がおすすめです。

▼BIGLOBE WiMAX +5Gの概要表

使用回線 WiMAX 2+・au 4G LTE・au 5G
契約期間 1年
セット割(キャリア・割引額) UQモバイル・858円
初期費用(手数料・端末代) 3,300円・21,912円
月額料金 0ヶ月目:0円
1~24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目~:4,928円
契約期間中の総額 62,748円
契約期間中の実質月額 5,229円
代表的キャンペーン ・15,000円キャッシュバック
・初月無料

BIGLOBE WiMAX +5Gは、3年契約のプロバイダが多いなか、1年契約・自動契約がないプロバイダになります。途中解約してしまったとしても、他社では2万程かかる違約金が1,100円と格安なのも嬉しいポイントです。

5G対応WiMAXの申し込み方法

5G対応のおすすめWiMAXプロバイダ
5G対応のおすすめWiMAXプロバイダ

WiMAXの5G対応プランを利用するまでの流れを簡単ににご紹介します。

①申し込みをする
申し込みをするプロパイダの公式サイトにアクセスして、5G対応の料金プラン「ギガ放題プラス」を選択後、必要事項を入力して申し込みましょう。その際、支払方法や加入するオプションも選択します。
②ルーターを購入する
5G対応WiMAXルーターを購入します。ポケット型WiFiかホームルーターのいずれか適したほうを選びましょう。基本的に購入するルーターは申し込み時に併せて行うことができます。
③利用を開始する
申込内容に不備がなければ、2〜3日後にWiMAXルーターとUIMカードが到着します。そのUIMカードをルーターに挿入し、初期設定を済ませれば利用開始です。

WiMAXとUQモバイルの契約でスマホ代もお得に!

UQ 自宅セット割
UQモバイル公式サイト[4]

UQモバイルでは、今回ご紹介したWiMAXはもちろん、対象のでんき、インターネット回線をセットでの契約でスマホの月額料金が990円〜とお得になる「自宅セット割」を展開中です。

自宅セット割を適用すると、UQモバイルの基本プランであるくりこしプランS/M +5G月額638円割引くりこしプランL +5G月額858円割引となります。

適用後の月額料金と、対象サービス、適用条件は以下の通りです。

■自宅セット割適用後の料金

※横にスクロールできます。

くりこしプランS +5G くりこしプランM +5G くりこしプランL +5G
月間データ量 3GB 15GB 25GB
通常料金 1,628円 2,728円 3,828円
割引額 -638円 -638円 -858円
割引後月額料金 990円 2,090円 2,970円

※価格はすべて税込

■インターネットコース対象サービス
WiMAX ・UQ WiMAX
・YAMADA air mobile WiMAX
・BIC WiMAX
・ワイヤレスゲートWiMAX+5G
・EDiON
・PC DEPOT
・KT WiMAX
・とくとくBB
・Broad WiMAX
・カシモWiMAX
・Vision WiMAX
・EX WiMAX
・hi-ho
・泉佐野 WiMAX
・J:COM
・DIS mobile
・So-net
・BIGLOBE WiMAX
・へーベル5G

■自宅セット割の適用条件

  • ①対象サービス(電気やネット契約)を新規で契約、または契約中であること
  • ②UQモバイルで対象料金プランに新規で加入、または加入中であること
  • ③自宅セット割に申し込むこと
  • ④対象サービス(電気やネット契約)の契約者と同一姓・同一住所の家族であること(家族の場合)

自宅セット割のインターネットコースはWiMAX以外にも光サービスやホームルーター等が対象となります。

WiMAXであれば、上記の対象サービスを新規契約、また既に利用中の方が自宅セット割への申し込みが可能です。自宅セット割は契約者とその家族にも永年適用することができるので、世帯単位で月々のスマホ代の負担を減らすことができます。

WiMAXを新規契約・または乗り換えるタイミングに併せて、スマホもUQモバイルの利用がおすすめです。

5/31まで!
学生も家族もおトクな「UQ応援割」受付中!

まとめ

今回は、WiMAXの5Gプランの申し込みを検討している人に向けて、メリットや注意点を、ユーザーの評判を交えて詳しく解説してきました。

現在発売されている5G対応WiMAXルーターは、ポケット型WiFiタイプとホームルータータイプそれぞれ2種類あります。

▼WiMAXの5G対応ルーター

  • ポケット型WiFi:Speed Wi-Fi 5G X11
  • ポケット型WiFi:Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
  • ホームルーター:Speed WiFi HOME 5G L12
  • ホームルーター:Speed WiFi HOME 5G L11

WiMAXの5G対応プランには、それぞれメリット・デメリットがあります。

▼WiMAXの5G対応プランのメリット / デメリット

メリット ・5G対応の新型高性能ルーターが使える
・5G接続時は速度の大幅アップが期待できる
・速度制限が「3日間で10GB」→「3日間で15GB」に緩和される
・au回線の容量が無制限になり、速度制限もゆるくなる
デメリット ・5G対応エリアはまだ限定的
・5G対応の料金プランは従来プランよりも高め
・他社モデルより若干スペックは低め
・5G対応端末に「機種変更」すると契約期間がリセットされる

WiMAX5G対応プランに加入する場合は、メリットだけではなく以下の注意点にも目を通しておきましょう。

上記のメリット・注意点からWiMAX5G対応プランは、以下のような人におすすめです。

▼WiMAXの5G対応プランをおすすめできる人

  • これからWiMAXを新しく申し込む予定の人
  • 生活圏が都心部の人
  • 最新の端末を使いたい人
  • au回線もたくさん使いたい人

WiMAXの5G対応プランに申し込むか迷っている方は、ぜひ本記事を参考にして手続きを行ってみてください。

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン