iPhoneに「高温注意」と表示された時の対処方法 暑い夏には要注意!

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneに「高温注意」と表示された時の対処方法 暑い夏には要注意!

日差しの強い屋外や、直射日光が当たる場所でiPhoneを使っていると、ときどき画面に表示される「高温注意」のアラート。ほぼすべての操作が不能になってしまうため、「故障したのでは?」とパニックになる人もいるでしょう。

その際に本体を涼しい場所に置いて様子をみることが大切です。ただし急激に冷やすなど対処を間違えるとバッテリーの劣化などiPhoneにダメージを与えてしまうこともあります。

ここでは、「高温注意」のアラートが表示されたときの対処法や予防策を紹介していきます。慌てずに対応することが、iPhoneを長く安全に使うことにつながります。

販売サイトはこちら

目次:

「高熱注意」が表示される原因は?

アップルが公表しているiPhoneの適正環境温度は0~35℃とされており、極端な高温下(低温下)で使用するとデバイスが正常に動作しなくなる場合があります。特に日差しが強く、高温となる夏場には、iPhoneの動作温度範囲を超えてしまい、ディスプレイに「高温注意」のアラートが出ることもあるでしょう。

極端な高温下だと「高温注意」の表示がiPhoneのディスプレイに表示される
極端な高温下だと「高温注意」の表示がiPhoneのディスプレイに表示される

上限温度を超えてしまったiPhoneには、次のような不具合が出る可能性があるので普段から気に留めておきましょう。

・デバイスの充電が停止する
・ディスプレイが暗くなる、またはディスプレイに何も表示されなくなる
・iPhoneのディスプレイに「温度:iPhone を冷やす必要があります」という警告が表示されたのち、ディスプレイがオフになる
・音声による経路案内は継続するものの、曲がり角に近づくとターンの合図としてディスプレイが発光する
・モバイルデータ通信が低電力モードとなり、電波が弱くなる
・カメラのフラッシュが一時的に無効になる

※緊急電話は発信できる可能性があり

これらの不具合は、デバイスを直射日光にさらしたり、夏場の車内に放置した場合に発生することが多いですが、グラフィックを多用するゲームを長時間にわたってプレイするなど、iPhoneに負担のかかる操作をする場合にも注意が必要です。

「高温注意」が表示されたときの対処法

もし車内に放置したり長時間外にしてiPhoneに「高温注意」状態になってしまったときには、焦らずに電源を切り、本体を涼しい場所に置いて様子を見ましょう。
その際、iPhoneは非常に高温になっているので、素手で触ると軽い火傷をしてしまう可能性もあります。十分に注意が必要です。

また、いくらiPhoneが熱くなっているからといって、冷蔵庫や冷凍庫などに入れて急激に冷やすのは厳禁です。急激な冷却はバッテリー寿命を縮めてしまう要因にもなるので、絶対にやめましょう。

熱くなってるなら冷やそう!と思って冷蔵庫などで急激に冷やすのはバッテリーの寿命を縮める要因になります
熱くなってるなら冷やそう!と思って冷蔵庫などで急激に冷やすのはバッテリーの寿命を縮める要因になります

「高温注意」を避けるための予防策

「高温注意」状態になってしまうような環境でiPhoneを使用し続ければ、故障のリスクが高まることは明白です。普段から予防策を心得ておくべきでしょう。

たとえば、夏場に屋外でiPhoneを使用する場合、黒色や濃いグレーのケースを装着していると熱を集めやすく、デバイスに負担をかけてしまいます。レザーなどの熱がこもる材質ではなく、プラスチック製のケースを使うように心がけ、色も熱を集めにくい白系のものを選ぶといいでしょう。

白いメッシュのiPhoneケース
Amazon引用:熱がこもりにくいメッシュのiPhoneケース

また、最近ではiPhoneの熱暴走を防ぐ専用ケースや車載ホルダーも販売されています。iPhoneをカーナビとして使う場合、ダッシュボードに設置すると直射日光を受けてデバイスに負担をかけてしまうので、このような専用ケースを使うのもおすすめです。

クーラーの送風口に装着するホルダー
Amazon引用:クーラーの送風口に装着するタイプのホルダー

暑い場所でiPhoneを使用しなければならない場合は、これらのグッズを使ってみるのもひとつの手です。

まとめ:機種変更も検討してみるべし

まとめ:機種変更も検討してみるべし

上記対策を実施しても改善しないなど、機種自体が故障している可能性がある場合はいっそ新機種への機種変更を検討してみると良いでしょう。

補償サービスに加入していない場合はなおさらです。故障内容によっては同じ機種の新品交換だけでも、3万円近い修理料金が発生する場合があります。

スマホはどんどん新作が誕生してくるので、もし故障したスマホが長らく利用してきたスマホであればなおさら、これを機に機種変更をすべきです。

販売サイトはこちら

機種の買い替えならドコモがおすすめ

機種変更をするならドコモがおすすめです。おすすめをする理由は以下の通り。

・安心安定の通信速度、サポート力
・最新機種のラインナップが最も豊富
・「ギガホ」「ギガライト」プランが他社と比較しても自分の用途に合わせて選びやすい
・dカードゴールドの加入で、最新機種がお得に購入でき、他社からの乗り換えによる違約金負担あり。ドコモ利用料金10%ポイント還元で年会費の元もとりやすい。

手堅いサポートやプランの選びやすさ、機種の豊富さは3大キャリアを含めてもトップで幅広い世代からの支持を獲得しているドコモ。

ドコモユーザーではない方でも、しっかり料金を見直すことで安くできる可能性も十分にあります。また、オンラインショップ経由での機種変更であれば、契約事務手数料、端末頭金は全て無料です。オンラインショップ限定のお得なキャンペーンも不定期で実施中。

料金シュミレーションや最新機種のチェックは下記のリンクからドコモ公式オンラインショップにて。

→ ドコモ公式オンラインショップはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp