GALAXY S5 SC-04FとARROWS NX F-02Gのスペック比較!選ぶのはどっち?

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: スマホ

GALAXY S5 SC-04FとARROWS NX F-02Gのスペック比較!選ぶのはどっち?

NTTドコモで展開されているフラッグシップ機を出すメーカーとしてSAMSUNGとFUJITSUがあり、春に発売された「GALAXY S5 SC-04F」(冬モデルとして防塵モデルのSC-02Gが発売)や「ARROWS NX F-02G」は両社の高スペック機として展開されています。

すでに発売されている両機種ですが、実際に両機種を所有している立場から使い勝手の比較などをしてみたいと思います。

スペック比較

GALAXY S5とARROWS NX

春のフラッグシップ機であったGALAXY S5 SC-04F、この冬最高の液晶性能を誇るARROWS NX F-02Gはともに使用して満足度の高いスマホです。ここで一通りの仕様を比較してみましょう。

GALAXY S5 SC-04F ARROWS NX F-02G
メーカー サムスン電子株式会社 富士通株式会社
OS Android 4.4 Android 4.4
価格
(ドコモオンラインショップの「支払総額」)
89,856円 93,312円
ディスプレイサイズ 約 5.1インチ 約 5.2インチ
ディスプレイ解像度 1,920×1,080(FHD:432dpi) 1,440×2,560(WQHD:564dpi)
カメラ メイン:約1,600万画素
サブ:約210万画素
メイン:約2,070万画素
サブ:約240万画素
動画撮影 最大3,840×2,160 最大2,560×1,440
CPU MSM8974AC・2.5GHz・クアッドコア MSM8974AB・2.3GHz・クアッドコア
メモリ(RAM) 2GB 3GB
ストレージ(ROM) 32GB + microSDXC(最大128GB) 32GB + microSDXC(最大128GB)
サイズ 約73 × 142 × 8.3 mm 約74 × 144 × 9.4 mm
重量 約147g 約166g
バッテリー 2,800mAh 3,500mAh
防水・防塵 IPX5/IPX7・IP6X IPX5/IPX8・IP5X
おサイフケータイ
ワンセグ・フルセグ
(ワンセグのみ対応)
VoLTE
ハイレゾ音源対応 ×
テザリング

GALAXY S5 SC-04F

GALAXY S5

2014年の春モデルとして発売されたSC-04Fは高速フォーカスと有機ELのフルハイビジョン液晶が自慢のスマホです。フラッグシップらしく、その直後からNTTドコモで採用された新技術「VoLTE」にもソフトウェアアップデートで即座に対応しました。

関連記事:

ドコモが実現した新しい通話サービス「VoLTE(ボルテ)」について

ARROWS NX F-02G

ARROWS NX

2014年の冬モデルとして発売されたF-02Gは1,440×2,560ピクセルの高精細液晶と大容量バッテリーが他を圧倒するスマホです。コンテンツを鑑賞するために作られたといっても過言ではないスペックのまとまりがあります。

関連記事:

ドコモより冬春モデル2機種が11月19日より順次発売。「超高精細ディスプレイ」に「イルミネーションスマホ」

両機種の特徴

実際に両機種を使ってみて感じていることをお伝えします。

バッテリーの持ちが良いF-02G

バッテリー

発売が半年ずれていることもあって、スペック面では若干F-02Gが上回っています。ただしライトユーザー・ミドルユーザーにおいては両機種のパフォーマンスに差は感じないでしょう。
実際利用していてもっとも差を感じるのはバッテリーでした。バッテリー容量としては25%の増量となっているのですが、丸一日利用した帰り道に残量があるかないかという時間帯で差が出てくるため、F-02Gは外出時の安心感が増します。

SC-04Fはモバイルバッテリーをもって外出することが必須という印象がありますが、F-02Gはモバイルバッテリーをもっていかなかったとしても、多少電源を節約できるように使用していれば問題ないだろうと思えました。

なお、F-02Gはバッテリー交換ができないタイプです。長い期間使ってバッテリーがヘタった際には本体をドコモショップに預ける必要が出てきます。
SC-04Fはバッテリー交換ができるタイプなので、ヘタってもバッテリーのみの購入で済みます。

それぞれの操作性は?

GALAXY S5とARROWS NX

画面内の操作性は、カスタマイズ性の高いAndroid機ですからそれほど変わりません。設定をいじってしまえばそれぞれ利用者の手にフィットしたアプリの配置であったり、操作体系であったり、そういったものを作れるでしょう。

大きく異なるハードウェアのボタン回りですが、まず液晶下にあるソフトキーが、F-02GよりSC-04Fの方が下にあるため、親指での操作はF-02Gの方がしやすくなっています。右手操作なら左下のソフトキー、左手操作なら右下のソフトキーに親指が届きやすいため、戻るボタンなどのタップのしやすさが異なってきます。

音量ボタンは、SC-04Fは左側面、F-02Gは液晶の右側面にあります。それぞれ左手で持った時に親指、薬指が当たる位置にあります。右手で持つ人は、F-02Gの音量ボタンは若干使いにくいでしょう。

カメラ機能を比較してみた!

GALAXY S5とARROWS NX
GALAXY S5 SC-04F と ARROWS NX F-02G

高速フォーカスの売り込みで発売されたSC-04Fと、2,000万を超える画素数・大型センターを売りにしているF-02G。スペックはそれぞれですが、カメラについてはどのような撮影性能の違いがあるでしょうか。

メインカメラ・サブカメラとも十分な画素数を持っていることもあり、静止画の画素で大きな差がつくことは無いでしょう。動画に関してはSC-04Fは最近話題の4K解像度を誇っているのに対し、F-02Gは下回っています。

両機種の標準カメラアプリで撮影したものを以下に並べてみます。比べてみてください。
それぞれ1枚目がGALAXY S5 SC-04F2枚目がARROWS NX F-02Gです。標準のカメラアプリで撮影し、画像サイズは16:9の比率の中で最も高い解像度のものに設定してあります。そのほかは何の設定もせず、フォーカスだけは同じ被写体にあてた上でシャッターボタンを押すだけという撮影を行いました。
カメラに詳しくない方が普通に撮ったとき、というイメージの撮影です。

▼肉巻きのおにぎりの写真です。F-02Gの方が肉の味わいが想像できそうです。

GALAXY S5で撮った肉巻きおにぎり
GALAXY S5 SC-04F
ARROWS NXで撮った肉巻きおにぎり
ARROWS NX F-02G

▼お酒の看板です。記憶に近い色はF-02Gです。SC-04Fは青味が強いですね。

GALAXY S5で撮ったハイボール
GALAXY S5 SC-04F
ARROWS NXで撮ったハイボール
ARROWS NX F-02G

▼正月の飾りの写真です。SC-04Fはこれも青みが強いように感じました。記憶した色に近いのはF-02Gです。

GALAXY S5で撮った正月の飾り
GALAXY S5 SC-04F
ARROWS NXで撮った正月の飾り
ARROWS NX F-02G

▼街の映画館の看板です。「鈴なり」の文字はもっとビビッドな赤なのですが、両方のスマホとも赤を抑えめに表現していました。F-02Gはスミア(白飛び)のような現象が強すぎますね。
映像素子がCMOSの本機ではスミアが出るとも考えにくいのですが・・・、仮にスミアとしておきます。

GALAXY S5で撮った夜の町の看板
GALAXY S5 SC-04F
ARROWS NXで撮った夜の町の看板
ARROWS NX F-02G

▼ビルの間の奥にある飲食店の赤い扉です。F-02Gは前の写真と同様にスミアが強いですね。

GALAXY S5で撮った飲食店の赤い扉
GALAXY S5 SC-04F
ARROWS NXで撮った飲食店の赤い扉
ARROWS NX F-02G

SC-04Fは全体に青味・緑味が強い画像が多かった印象があります。
F-02Gは食べ物をおいしそうに撮影してくれるのは得意なようですが、夜景、とりわけ暗い中の光源を美しく撮るのが苦手なイメージが出来ました。

最後の一枚だけですが、iPhone 6 Plusで撮影した写真が最もきれい再現できているような気がしました。

iPhone6 Plusで撮った飲食店の赤い扉
iPhone6 Plusで撮影した場合

4K表示のできる機材を所有している利用者にとってはSC-04Fの動画に軍配が上がるかもしれません(今回検証は行っておりません)。

ARROWS NX F-02Gの液晶の美しさは群を抜いている!

ARROWS NX F-02Gの液晶画面

SC-04Fでも現行製品で十分なフルHD液晶を誇っており、購入当初は十分だと思っていました。
しかしフルHDを約1.8倍上回る画素数のF-02Gの高精細な液晶を見てしまうと、きめ細かさの上には上がいるのだということを思い知らされた気がします。

液晶に表示されている曲線のギザギザ感は完全になく、もはや肉眼で認識できる範囲を超えているのではないか、そう思わせるきめ細やかさがF-02Gにはあります。まったくSC-04Fが悪いわけではありませんが、F-02Gの液晶の美しさが群を抜いていると言って良いでしょう。

まとめ

スマホで写真を鑑賞することが多い利用者であれば、間違いなくF-02Gの高精細液晶が生きると思います。やはり、人物や動物の毛並感、質感をより精細に表現することができるのはF-02Gです。
この高精細液晶があるため、フルセグのテレビ視聴が美しく、縦画面で見たとしてもハイビジョンらしい映像のこまやかさを確認することが出来ます。

一方SC-04Fは性能的に優れているのは動画撮影です。4K動画をスマホで撮影したいのであればSC-04Fはいまだ有力な選択肢であり、2014年春モデルのフラッグシップ機として堂々のスペックを持っています。

半年の発売時期のずれから、SC-04Fの価格下落が先に来るだろうと思われますが、価格差が出たときにはSC-04Fのコストパフォーマンスの高さが見えてくるのではないでしょうか。この性能のスマホを、格安SIMとバンドルで購入することはなかなかできません。

少しでもスペックの良さを求める利用者、液晶の良さを意識する利用者はF-02Gがお勧めです。
筆者はスペック重視派ですので、F-02Gをメイン機に据えています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

奥野大児

奥野大児

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。




特集コンテンツ

Y!mobile

d-card

Y!mobile

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン