格安SIMで電子書籍、マンガアプリが快適に読めるか検証してみた!

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: 格安SIM

格安SIMで電子書籍、マンガアプリが快適に読めるか検証してみた!

最近のスマホは液晶サイズが大きくなってきています。
手の小さい方にとっての使い勝手のような話題もありますが、せっかく大きな端末を使うのでしたら、その大画面はどのような使い方をしたら楽しめるか、を考えても良いですよね。

大画面が有効な利用方法の一つとしては、電子書籍・マンガを読むことが挙げられるのではないでしょうか。画面が大きくなって文字やコマが鑑賞できるレベルになり、疲れも大きくなくなりました。電車でつり革や手すりにつかまりながらページをめくる作業は、紙の本より電子書籍の方がやりやすくもあります。

電子書籍が格安SIMで利用できるのであれば、それに越したことはありません。今回、どのような利用感か、ためしてみました。

テスト条件

テストは以下の条件化で行いました。

  • 計測は平日の午前中、東京都世田谷区の住宅街
  • 利用端末はNTTドコモ版のiPhone 6 Plus、そこに格安SIM「IIJmio」を挿入
  • データ通信が高速の状態でWi-Fiテストを実施
  • スピードテストアプリで計測した、単純なダウンロード・アップロードは以下の画像の通り
OOKLA SPEEDTEST

以上の条件で各種アプリを試しました。
遅くとも11Mbps、早いと20Mbpsを超えているため、ばらつきはあるものの概ね速度の出る状況であったと言えるでしょう。

Kindleを試してみた~書籍・マンガ~

Kindle

Amazonで購読できる電子書籍プラットフォームといえばKindleです。このiPhone版で電子書籍データをダウンロードして起動するところを試しました。

「Kindle」のアプリをダウンロード

appStoreでダウンロード

googlePlayで手に入れる

書籍の場合

ネット選挙とデジタル・デモクラシー [Kindle版]

まずは図画のほとんど入っていない、普通の書籍です。

ネット選挙とデジタル・デモクラシー [Kindle版] 西田 亮介 著

をダウンロードしてみました。

書籍のデータ通信量

データ容量は約4MB、ダウンロード時間は30秒程度でした。数MBのデータであることを考えると純粋にダウンロードがこの時間になるとは思えないので、ダウンロードしながらデータの編集や登録のような内部処理があるのかもしれません。

東京の地下鉄などでは携帯の電波も入るためダウンロード中に電車に乗るようなことがあっても問題はありませんが、まだトンネルや電波の悪い地域もあるため、電波の良い所でダウンロードをしておくのが良いと思いました。

マンガの場合

マンガでわかる!タスクシュート時間術〈超入門〉 [Kindle版]

続いてマンガは、

マンガでわかる!タスクシュート時間術〈超入門〉 [Kindle版] 岡野 純、佐々木 正吾 著

をダウンロード。

マンガのデータ通信量

73MB程度のデータで、ダウンロード時間は1分40秒程度でした。これも「データ量の割には遅い」というイメージで、やはり内部的な何かの処理があるのではないかと推測しています。

マンガはWi-Fiでのダウンロードがオススメ

一般的に文字だけのデータ(画像は数枚の挿絵程度)である書籍と画像の多いマンガとでは、マンガの方が遥かにデータが大きくなります。
比較的条件の良い場所でマンガのダウンロードに1分40秒かかったことを考えると、「ちょっとした空き時間」にダウンロードするのはおすすめできません。時間のあるとき、より高速なWi-Fiのある場所でダウンロードは済ましておくのが得策と考えられます。

また、今回2冊のダウンロードをしただけで80MBのダウンロードをしていたことを考えると、IIJmioの900円のプランの総容量である2GBは、これを25回行うと使い切ることになってしまいます。

Kindle用の電子書籍はしばしばセールをしていますが、まとめ買いをした際などにうっかりLTEでダウンロードし続けて高速データ通信を使い切ることのないよう注意が必要です。

コミックアプリを試してみた~comico・マンガボックス~

アプリ
左から)『ハナムラ さんじゅっさい』、comico、マンガボックス

次に、汎用的な電子書籍ではなく、コミック専用のアプリをいくつか試してみました。

『ハナムラ さんじゅっさい』

マンガ家の自叙伝的マンガです。バンドルマンガもあります。
本体に加え、巻ごとのダウンロードがあります。

データ通信容量

AppStoreにおける本体のダウンロードは約10MB、約20秒でした。
また、1巻(およそ130ページ)のダウンロードは約19MB、30秒程度でした。

アプリをダウンロード

appStoreでダウンロード

コミコ

NHNが運営している、新作マンガが読めるアプリです。
アプリのダウンロードは約10MB、25秒程度でした。

データ通信容量

コミコの中で一冊マンガを開いてみたのですが、約1.2MBのマンガデータを3秒程度で読み込めており、1話を読むことにストレスは感じなさそうでした。

アプリをダウンロード

appStoreでダウンロード

googlePlayで手に入れる

マンガボックス

人気作家のマンガが無料で読める、マンガボックスをダウンロードしてみました。
AppStoreからのダウンロードは約18MBで25秒程度

データ通信容量

マンガを一冊開いてみたのですがとりわけダウンロードをするような画面が出てこなかったものの、データ通信量は10MB程度になっていました。この間、体感で待たされた時間はありませんでした。

アプリをダウンロード

appStoreでダウンロード

googlePlayで手に入れる

まとめ

文字中心の電子書籍に関してはもろもろ意識することが少なそうです。LTE通信であれば待ち時間・データ通信量ともにそれほど気にせずに利用できるかと思いました。

1巻単位で読み込むマンガに関してはデータ量が大きくなることから、高速データ通信量が少な目の料金プランでは頻繁に行わない方がよさそうです。Wi-Fi環境を利用するのがベターでしょう。

1話ごとに読み込むタイプのマンガは読み込み時間も大きくなく、データ通信として気になることは特になさそうです。細切れ時間をうまく利用するような使用方法であれば、外出先でも十分に活用できるものと思いました。

製品情報:

iPhone 6 Plus|docomo
IIJmio高速モバイル/Dサービス データ通信専用SIM(ナノSIM)

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

奥野大児

奥野大児

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。




特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン