アパート インターネット

アパートにおすすめなインターネットはこれだ!選び方・速度や安さの比較結果も紹介

アパートでインターネットを導入するには、ホームルーター・モバイルWiFiルーター・光回線の3タイプを選び契約する必要があります。

さらに物件によってインターネットの導入方法が異なるため、契約前にチェックしておきましょう。

今回は、アパートでインターネットを利用する際の注意点や、利用までの手順も解説しています。インターネット回線のおすすめの申込窓口もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

インターネットのタイプ別にみたおすすめの人
ホームルーター ・契約や引越しの手続きを簡単にしたい
・安定した高速通信を使いたい
・速度制限を気にせず使いたい
モバイルWiFiルーター ・外出先でもWiFiを使いたい
・とにかく安くネット回線を導入したい
光回線 ・物件に光回線の設備がある
・完全無制限を求めている
・ネット回線のなかで最も安定した高速通信を使いたい

※サービス名をクリックすると詳細解説までスクロールします

サービス タイプ 特徴
【1位】GMOとくとくBB WiMAX ・ホームルーター
・モバイルWiFiルーター
ホームルーターのなかで最安級で使える
【2位】home 5G ホームルーター 無制限かつ高速通信で人気
【3位】Broad WiMAX ・ホームルーター
・モバイルWiFiルーター
他社ネット回線の違約金を補填してくれる
【4位】ソフトバンクエアー ホームルーター レンタルできるキャリアのホームルーター
【5位】縛られないWiFi ・ホームルーター
・モバイルWiFiルーター
レンタルできるWiMAXのホームルーター
【6位】楽天ひかり ・ホームルーター
・モバイルWiFiルーター
楽天モバイルセットでネットが1年無料
【7位】excite MEC光 光回線(光コラボ) 安い・速い・縛りなしの光回線
【8位】ドコモ光 光回線(光コラボ) 工事費完全無料で使える光回線
【9位】So-net 光 minico 光回線(光コラボ) 一人暮らしにおすすめな光回線
【10位】hi-hoひかり with games 光回線(光コラボ) オンラインゲームや配信専用の光回線

おすすめホームルーターはこれだ!

高速通信 で選ぶなら /

home 5G

料金の安さ で選ぶなら /

モバレコエアー

目次:

【最優先】アパートにインターネット設備が導入されているか調べよう

アパート インターネット 導入方法
画像:フレッツ光東日本公式サイトより引用[10]

インターネットを選ぶ前に、アパートに光回線の設備があるか調べましょう。

光回線は開通工事・費用・管理人からの許可などがネックになりがちなので、賃貸・集合住宅・ひとり暮らしの方などは契約しづらいイメージがあるかもしれません。

しかしアパートやマンションといった集合住宅には、住居者みんなでシェアできる光回線の設備が導入されている場合も多いです。設備があれば、工事不要で安く光回線を契約することもできます

アパートで光回線を導入する流れ
①建物に回線の引き込み工事をする
②アパート内の共有スペースに回線の引き込み工事を実施する
③共有スペースから各部屋まで回線の引き込み工事を実施する
④モデム・WiFiルーターと接続する
⑤インターネットを使用したい機器と接続する

★すでに設備が導入されていたり、部屋まで回線が引き込まれているパターンあり!必須なのは④⑤だけ!

「インターネット完備」物件ならそのままネットが使える

インターネット完備物件とは、既に光回線の設備が取り付けられており、各部屋まで回線が引き込まれている状態の建物です。

回線に対応しているサービスの契約を希望すれば、モデム・WiFiルーターを導入するだけで高速通信が可能な光回線の使用を開始することができます。

インターネット回線の料金は管理費などに含まれている場合が多いため、契約手続きや支払い方法の登録など、導入に手間がかからないこともメリットです。

ただし、アパートで一括契約をしている光回線以外は利用できない場合が多いことに注意しましょう。

インターネット完備物件で利用できる回線
光回線 ・備え付けの光回線が使用可能
・管理人の許可があれば新規回線の契約も可能
ホームルーター ・管理人の許可なしでインターネット導入可能
・物件設備に関わらずインターネット導入可能
モバイルWiFiルーター ・管理人の許可なしでインターネット導入可能
・物件設備に関わらずインターネット導入可能

「インターネット対応」物件なら申し込みが必要

インターネット対応物件とは、光回線の設備が建物に導入されているものの、各部屋まで回線が引き込まれているわけではない状態の建物です。

そのため共有スペースまで引き込まれた回線を、自室まで繋げる工事を実施する必要があることを認識しておきましょう。

この場合、契約を申し込めば家賃にインターネット料金が含まれるか・個別での支払いになるかは物件の契約により変わるため、契約書面や管理人への確認を実施しておきましょう。

インターネット対応物件で利用できる回線
光回線 ・工事は必要だが備え付けの光回線が使用可能
・管理人の許可があれば新規回線の契約も可能
ホームルーター ・管理人の許可なしでインターネット導入可能
・物件設備に関わらずインターネット導入可能
モバイルWiFiルーター ・管理人の許可なしでインターネット導入可能
・物件設備に関わらずインターネット導入可能

「インターネット非対応」物件ならネット探しと申し込みが必要

インターネット非対応物件とは、光回線を利用するための設備が用意されていない状態の建物です。

インターネット非対応で固定回線を契約したい場合は、管理人や管理会社の許可が必須になります。

工事を実施する可能性が高いため、確認なく申し込むとトラブルに発展することもあるので注意しましょう。

固定回線の導入自体が難しい可能性もあるので、光回線とあわせてホームルーター・モバイルWiFiルーターの検討をおすすめします。

インターネット対応物件で利用できる回線
光回線 ・工事が必要な可能性大かつ管理人の許可が必須
ホームルーター ・管理人の許可なしでインターネット導入可能
・物件設備に関わらずインターネット導入可能
モバイルWiFiルーター ・管理人の許可なしでインターネット導入可能
・物件設備に関わらずインターネット導入可能

アパートで使えるインターネットと選び方

アパートで契約できるインターネットは大きくわけて3タイプあります。それぞれ違いとおすすめできるユーザーは以下の通りです。

  • ホームルーター
  • モバイルWiFiルーター
  • 光回線
ホームルーター
おすすめユーザー
  • 契約や引越しの手続きを簡単にしたい
  • 安定した高速通信を使いたい
  • 速度制限を気にせず使いたい
  • ひとり暮らし、ふたり暮らし
工事の有無 不要
最大速度の目安 500Mbps~4.2Gbps
持ち運びの可否 不可能

モバイルWiFiルーター
おすすめユーザー
  • 外出先でもWiFiを使いたい
  • とにかく安くネット回線を導入したい
  • 接続台数は1~2台
工事の有無 不要
最大速度の目安 150Mbps~4.2Gbps
持ち運びの可否 可能

光回線
おすすめユーザー
  • 物件に光回線の設備がある
  • 光回線OKの物件に住んでいる
  • 完全無制限を求めている
  • ネット回線のなかで最も安定した高速通信を使いたい
  • 大人数でお住まい
工事の有無 必要
最大速度の目安 1~10Gbps
持ち運びの可否 不可能

工事不要で安定したインターネット回線が使いたいなら「ホームルーター」

ホームルーターのメリット
  • 導入や引越しの手続きが簡単
  • ある程度の通信速度・データ通信量が担保されている
  • 光回線が引き込めない物件でもネットサービスの導入ができる
ホームルーターのデメリット
  • 完全に無制限なわけではない
  • 条件やプランによっては光回線と同じくらいの月額料金になる
ホームルーターがおすすめなのはこんな人!
  • 契約や引越しの手続きを簡単にしたい
  • 安定した高速通信を使いたい
  • 速度制限を気にせず使いたい
  • ひとり暮らし、ふたり暮らし

ホームルーターは、コンセントに差し込むだけで簡単にインターネット環境を構築できるタイプの回線です。

光回線に比べると安定感は劣りますが、自宅でインターネットを使用する頻度が高くなった近年の状況に伴い、原則無制限かつ高速通信を可能にしています。

※サービス名をクリックすると詳細解説までスクロールします

外出先でもインターネット回線が使いたいなら「モバイルWiFiルーター」

モバイルWiFiルーターのメリット
  • 国内外の外出先でもWiFiが使える
  • 安くネット環境を整えられる
  • 提供されているサービスが多様かつ豊富
モバイルWiFiルーターのデメリット
  • WiFiが使えない地域もある
  • 通信は不安定になりがち
  • データ通信量に制限があるサービスが多い
モバイルWiFiルーターがおすすめなのはこんな人!
  • 格安でインターネットを楽しみたい
  • インターネットの使用用途はある程度決まっている
  • 外出先ではスマホ以外の機器にWiFiを繋ぎたい

モバイルWiFiルーターは、自宅に加えて外出先でもインターネット環境を作ることができるタイプのインターネット回線です。

プランの種類が多く、月額料金、契約期間の有無、違約金の金額などサービスによってさまざまです。

通信速度や安定感といった点では他タイプに劣りますが、自分の重要視しているポイントを押さえて契約先を選べる点はメリットでしょう。さらにモバイルWiFiルーターは、他タイプと比べて月額料金が安く運用もしやすいのも特徴です。

注意点としては、モバイルWiFiルーターをスマホに接続して使用予定なら、まずスマホプランの見直しを実施したほうが料金・使用感ともにメリットが大きいことです。

スマホ以外の機器を外出先メインで使用する場合は、モバイルWiFiルーターの運用を検討しましょう。

※サービス名をクリックすると詳細解説までスクロールします

大容量&高速通信のインターネット回線が使いたいなら「光回線」

光回線のメリット
  • 通信速度が速く安定している
  • データ通信量は完全無制限
  • 光電話やTVサービスが契約できる
光回線のデメリット
  • 初期費用・運用コストが高め
  • 導入までに時間が必要になる
  • 必ず契約できるとは限らない
光回線がおすすめなのはこんな人!
  • 物件に光回線の設備がある
  • 光回線OKの物件に住んでいる
  • 完全無制限を求めている
  • ネット回線のなかで最も安定した高速通信を使いたい
  • 大人数でお住まい

光回線は、電柱からケーブルを引き込む工事をしてインターネットに接続するタイプの回線です。

電波の干渉を受けないため通信速度が速く、安定しやすいことがメリットではあるものの、利用するためには工事をしなければなりません。そのため、管理人や管理会社への許可が必要となります。

※サービス名をクリックすると詳細解説までスクロールします

アパートで使うインターネットのおすすめ契約先ランキング

光回線

アパートで使うおすすめ契約先をピックアップして紹介していきます!ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに「WiMAX」はホームルーターとモバイルWiFiルーターどちらも提供しているため、ランキングに多く入っています。

しかし、ホームルーターとモバイルWiFiルーターのプランや月額料金は同じです。対応する端末さえあれば、SIMを差し替えて使うこともできます。

ちなみにWiMAX 5Gプランは無制限で使うことができるので、速度制限もありません。

WiMAXのホームルーターは利用先住所などの登録が必要なく、エリア内でコンセントさえあればどこでもWiFiが使えます。

※サービス名をクリックすると詳細解説までスクロールします

サービス タイプ 特徴
【1位】GMOとくとくBB WiMAX ・ホームルーター
・モバイルWiFiルーター
ホームルーターのなかで最安級で使える
【2位】home 5G ホームルーター 無制限かつ高速通信で人気
【3位】Broad WiMAX ・ホームルーター
・モバイルWiFiルーター
他社ネット回線の違約金を補填してくれる
【4位】ソフトバンクエアー ホームルーター レンタルできるキャリアのホームルーター
【5位】縛られないWiFi ・ホームルーター
・モバイルWiFiルーター
レンタルできるWiMAXのホームルーター
【6位】楽天ひかり ・ホームルーター
・モバイルWiFiルーター
楽天モバイルセットでネットが1年無料
【7位】excite MEC光 光回線(光コラボ) 安い・速い・縛りなしの光回線
【8位】ドコモ光 光回線(光コラボ) 工事費完全無料で使える光回線
【9位】So-net 光 minico 光回線(光コラボ) 一人暮らしにおすすめな光回線
【10位】hi-hoひかり with games 光回線(光コラボ) オンラインゲームや配信専用の光回線

【1位】WiFiルーター最安級の「GMOとくとくBB WiMAX」

おすすめホームルーター「GMOとくとくBB WiMAX」
画像:GMOとくとくBB WiMAX公式サイトより引用[1]
GMOとくとくBB WiMAXのプラン詳細を開く
プラン ギガ放題プラス
契約期間 24ヶ月(自動更新なし)
最大速度 2.7Gbps
月額料金 ~2ヶ月:1,474円
~35ヶ月:3,784円
36ヶ月~:4,444円
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 21,780円
解約費用 違約金 1,100円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

■ キャンペーン情報

  • 23,000円キャッシュバック
  • 他社違約金を最大49,000円までキャッシュバック
キャッシュバックの受け取り方法
  1. GMOとくとくBBから「ご指定口座確認のご案内」メールを受け取る
  2. URLからキャッシュバックを受け取る口座情報を登録
  3. 返信の翌月末日(営業日)に指定の口座にお振り込まれる

※メールは端末発送月を含む11ヶ月目に届くので忘れないよう注意!

GMOとくとくBBは毎月、高額キャッシュバックなどのキャンペーンを実施しています。初期費用はかかりますが、キャッシュバックがもらえるので実質負担なしで契約することができます。

WiMAXのなかでも月額料金が安く設定されており、解約金も1,100円と縛りを感じにくいところもポイントです。

デメリットは、キャッシュバックの受け取りが最短12ヶ月後だということです。それまでに解約すると、キャッシュバックの受け取りができず、端末代金も全額負担となります。

また、キャッシュバックを受け取るには口座情報の登録が必須です。口座情報の登録ができるメールは端末発送月を含む11ヶ月目に届くので、忘れないよう注意しましょう。

WiMAXの速度や電波がちゃんと入るか心配なときは…

もしWiMAXの通信がうまく入らない、遅すぎて使えないなどのトラブルがあれば「初期契約解除制度」が使えます!

WiMAX端末が着荷した日・契約内容確認書面を受領した日の、どちらか遅い日から数えて8日以内に端末を返送すれば負担なしで解約できる制度です。

事務手数料3,300円のみ初期契約解除しても請求されますが、端末代金・違約金の支払いは不要となります。

詳しくは送付されている書面に記載されているので、端末を受け取ったら書面と通信状態の確認はできるだけ早めに行うようにしましょう。

メリット ・WiFiルーターのなかで最安級
・違約金が安く縛りが感じにくい
・全員対象キャッシュバックで端末代金も負担にならない
デメリット ・キャッシュバックの受取口座登録は必須
・キャッシュバックの受け取りが12ヶ月後

【2位】工事不要で無制限かつ高速通信できる「home 5G」

アパート インターネット おすすめ回線 home 5G
画像:home 5G(GMOとくとくBB)より引用[2]
ドコモ home 5Gのプラン詳細を開く

■ プラン内容

サービス・プラン名 home 5G
エリア 全国
契約期間 なし
費用 月額料金 4,950円
事務手数料 3,300円
端末代金 39,600円※

※ドコモ公式キャンペーンで実質無料

■ 実質料金

おすすめ申込窓口 GMOとくとくBB
実質月額料金 2年間 4,338円

■ 通信速度・通信制限

使用回線 ドコモ
データ使用量 無制限※
最大速度 上り 218Mbps
下り 4.2Gbps
平均実測値※ 下り 211.04Mbps
上り 19.61Mbps

※9月~11月の平均実測値(みんなのネット回線速度から引用)

■ 11月キャンペーン情報

公式 ・ドコモのスマホセット割あり
・端末代金が実質無料
代理店 ・Amazonギフト券18,000円プレゼント

「home 5G」は2021年8月にドコモから提供が開始されたホームルーターです。ドコモ回線を使って通信するので、全国の幅広いエリアで利用できます。

home 5Gの最大の魅力は、ドコモの5G回線を利用した圧倒的な通信速度の速さです。下り最大速度は4.2Gbpsで、平均実測値も光回線と遜色ない数値が出せています。

インターネット回線を契約しても、通信品質が悪ければ損をしてしまいます。特にテレワークやオンライン授業など、良い通信環境が必須のユーザーにおすすめのサービスです。

メリット ・通信速度がホームルーターのなかで最速級
・月額料金が永年変わらずシンプル
デメリット 月額料金が高い

ドコモ home 5G

ドコモから高性能なホームルーターが登場

端末代金実質無料!
18,000円分のAmazonギフト券

Amazonギフト券18,000円プレゼント

【3位】他社から乗り換えるなら「Broad WiMAX」

broad-wimax
Broad WiMAXの料金詳細
プラン ギガ放題バリュープラン ギガ放題フリープラン
契約期間 2年(自動更新なし) なし
月額料金 初月:1,397円
初月以降:3,883円
初月:1,397円
初月以降:4,070円
実質月額料金(3年) 3,013円 3,200円
事務手数料 3,300円
端末代金 21,780円
回線 WiMAX2+
au 4G LTE
au 5Gエリア
最大通信速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
違約金 0~24ヶ月目:3,883円
25ヶ月目以降:0円
なし
データ容量 実質無制限
通信速度の制限 一定期間内に大量のデータ通信をした場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合あり
キャンペーン 【当サイト限定】他社から乗り換えで最大57,000円キャッシュバック
海外使用 不可

■ 最新のキャンペーン

  • 【モバレコ限定】5,000円キャッシュバック
  • 他社から乗り換えで最大57,000円キャッシュバック

Broad WiMAXは、他社インターネットサービスの解約費用を負担するキャンペーンを実施しています。他社から乗り換えで最大57,000円のキャッシュバックがもらえます。

Broad WiMAXでは、契約期間で選べる2つの新プランの提供を開始しました。

従来プランでは、月額料金が契約経過月によって変動していましたが、今回新しく登場したプランは、月額料金が変動しない分かりやすいプランとなっています。

メリット ・他社違約金補填の額が大きい
・当サイト経由限定で5,000円キャッシュバック
・新プランの開始でネックだった解約のしづらさが解消
デメリット ・WiMAXのなかで最安ではない
・口座振替にするとキャンペーンを適用できない

契約の縛りがない新プラン登場!
最大57,000円キャッシュバック

【4位】レンタルできるキャリアホームルーター「モバレコエアー」

おすすめホームルーター「モバレコエアー」
画像:ソフトバンクエアー公式サイトより引用[3]
モバレコエアーのプラン詳細を開く
使用回線 ソフトバンク(4G)
機種名 Airターミナル4NEXT
データ容量 無制限
最短レンタル期間 1日(最低利用期間なし)
送料 無料(端末返送料は自己負担)
最短到着日 最短3日
受け取り方法 登録した住所に配送
返却方法 以下の返却先を伝票に記入し発送する
返却先 〒272-0001
千葉県市川市二俣678-55
ESR市川ディストリビューションセンター3階 北棟N8
「ソフトバンク返品センター」
利用料金(月額) 1〜2ヶ月目:2,706円
3〜24ヶ月目:4,218円
25ヶ月目〜:5,907円
その他の費用 事務手数料:3,300円

「モバレコエアー」は、ソフトバンクエアーのアライアンスモデルです。ソフトバンクエアーと全く同じ端末を、公式より安くレンタルできます。

モバレコエアーは契約期間の縛りがなく、いつ解約しても違約金が発生せず、端末代金も発生しません。さらに、レンタルだと割引対象外になることが多いですが、モバレコエアーは端末レンタルでも月額割引キャンペーンが適用されます。

なお、契約後にエリア外だったり、回線状況に不満があったりしても、利用開始から8日以内なら無料でキャンセルできます。

メリット ・全員対象の月額料金割引あり
・購入するなら20,000円のキャッシュバックあり
デメリット ・WiMAX購入とモバレコエアーレンタルを比較すると、モバレコエアーレンタルのほうが高額
・購入した場合、費用なしで解約できるのは2回目の更新月(4年後)

当サイトからの申し込み限定
現金23,000円キャッシュバック!

【5位】縛りなしWi-Fiルーターなら「カシモ WiMAX」

おすすめホームルーター「カシモ WiMAX」
画像:カシモ WiMAX公式サイトより引用[4]
カシモWiMAXの料金詳細
プラン ギガ放題プラス(2年)
契約期間 2年(自動更新)
月額料金 初月:1,408円
初月以降:4,378円
実質月額料金(3年) 4,547円
事務手数料 3,300円
端末代金 0円
回線 WiMAX2+
au 4G LTE
au 5Gエリア
最大通信速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
違約金 0円
データ容量 実質無制限
通信速度の制限 一定期間内に大量のデータ通信をした場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合あり
キャンペーン 分割払いで端末代金実質無料
海外使用 不可

■ 最新のキャンペーン

  • 解約時に端末を返却でamazonギフト券5,000円
  • 分割払いで端末代金実質無料

カシモ WiMAXはシンプルな月額料金やプラン内容が魅力です。分割割払いで端末代金実質無料になるキャンペーンもあり、初期費用でみるとWiMAXのなかでも最安級です。

カシモWiMAXは他社にくらべて大きなメリットもありませんが、デメリットもありません。

初期費用が安く、とにかくプランがシンプルで費用が把握しやすいWiFiルーターを探している方におすすめです。

最新端末の代金も無料

【6位】楽天モバイルセットでネットが1年無料「楽天ひかり」

楽天ひかり
画像:楽天ひかり公式サイトより引用[5]
楽天ひかり(マンション)のサービス詳細を開く
エリア 全国
申し込み窓口(代理店) 公式
プラン マンション
契約期間 36ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 ~12ヶ月:1,980円
24ヶ月~:4,180円
初期費用 事務手数料 880円
工事費(開通) 16,500円
解約費用 違約金 10,450円
工事費(撤去) なし
スマホセット割 楽天モバイルの割引額 楽天ひかり月額料金1年無料

楽天モバイルと 楽天ひかりをセットで契約すると、楽天ひかりの月額基本料が開通月から最大12ヶ月無料になります。

大人数でお住まいで、スマホを月額料金割引のあるキャリアでまとめられるのであればそちらの方が安くなるでしょう。

しかし、1〜2人など少人数でのお住まいだったり、キャリアをまとめるのが難しい場合は、楽天モバイルの月額基本料が最大12ヶ月無料の方がお得なのでおすすめです。

メリット ・スマホセット割で光回線の基本料金が12ヶ月タダ
・楽天ポイントが貯まる
デメリット ・開通工事のキャンペーンはない
・契約期間の縛りがある

楽天モバイルとセットで
ネット月額料金が1年タダ

【7位】安い・速い・縛りなしの光回線「excite MEC光」

excite MEC光
画像:excite MEC光公式サイトより引用[6]
excite MEC光(マンション)のサービス詳細を開く
プラン マンションタイプ
契約期間 なし
最大速度 1Gbps
月額料金 3,850 円
初期費用 開通手続き料 3,300 円
契約事務手数料 0円
解約費用 違約金 0円

excite MEC光はとにかくシンプルなプランで、安いことが魅力の光コラボ回線です。excite MEC光は契約期間がないため、違約金も発生しません。

縛りなし光回線は基本料金が高額なことが多いですが、excite MEC光は縛りなし光回線のなかでも基本料金が最安級で契約できます。

また、現在は本来かかる事務手数料2,200円もキャンペーンで無料です。

スマホセット割の適用なしで安く運用できるので、スマホキャリアに縛られたくない人、格安SIMユーザーにもおすすめです。

メリット ・とにかくシンプルで安い
・縛りなしの光回線
デメリット ・スマホセット割の適用はできない

開通工事費も完全無料
安い・速い・縛りなしの光回線

【8位】工事費完全無料で使える光回線「ドコモ光」

ドコモ光
画像:ドコモ光公式サイトより引用[7]
▼ドコモ光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) ネットナビ
プラン 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 262.67Mbps
上り 231.45Mbps
月額料金 4,463円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 16,500円
※完全無料キャンペーン中
解約費用 違約金 4,180円
実質月額料金(契約期間) 4,463円
スマホセット割 ドコモの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 15,000円キャッシュバック(オプションなし)
  • 20,000円キャッシュバック(オプションあり)
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

ドコモ光は公式サイトもわかりやすく、サポート面も他社に比べ良いため回線サービスの顧客満足度が高いところが魅力の光コラボ回線です。

通信品質面のトラブルも少なく、スマホキャリアもドコモユーザーが多いこともあり、セット割引が適用できる面でも根強い人気があります。

公式キャンペーンで工事費が完全無料なので、初期費用を抑えて光回線を契約できます。

光コラボなら工事なしでのりかえできるので、ドコモ光でいったん開通してしまえば、工事費に縛られず他社の光回線に簡単に乗り換えることができます。

メリット 工事費完全無料だから初期費用が安く光回線を導入できる
デメリット スマホセット割の適用がないと、他社のほうが月額料金が安め

オプションなしでも
現金15,000円キャッシュバック

【9位】一人暮らしにおすすめな光回線「So-net 光 minico」

So-net 光 minico
画像:So-net 光 minico公式サイトより引用[8]
So-net 光 minico(マンション)のサービス詳細を開く
エリア 全国
プラン マンションタイプ
契約期間 なし
最大速度 1Gbps
月額料金 3,400円
初期費用 事務手数料 3,500円
工事費(開通)※ 26,400円

※36ヶ月契約継続で実質無料

So-net光 minicoはキャッシュバックなどのキャンペーンを実施していないので、実質料金でみると最安ではありません。しかし、基本料金でみたときに月額料金の設定が光回線のなかでは安くなっています。

実質料金とはキャンペーン込みで算出した費用です。しかしキャッシュバックの受け取り損ねや、結局指定の期間契約を継続していないと受け取れなかったりします。

そんな面倒な縛りなく、So-net光 minicoは基本料金が安く設定されています。

基本料金が安い理由は、速度制限があるからです。ホームルーターのように、夜間などの混雑しやすい時間帯は速度が制限されることがあります。

しかしライブ配信を含む動画視聴、ネットやSNSを楽しむ、テレワークなどであれば速度制限を感じることなく楽しめるでしょう。

そのため、So-net光 minicoは、シンプルで縛りなしプランを検討している人のなかでも、大容量通信になりにくいひとり暮らしの方におすすめできます。

メリット ・実質料金ではなく基本料金が安い
・ひとり暮らしの方にもぴったりなプラン内容
デメリット 完全無制限ではない(ホームルーターと同じく原則無制限)

縛りなしだから解約金も0円
賃貸・単身者におすすめの光回線

【10位】オンラインゲームや配信をしたいなら「hi-hoひかり with games」

hi-hoひかり with games
画像:hi-hoひかり with games公式サイトより引用[9]
hi-hoひかり with game(マンション)のサービス詳細を開く
エリア 全国
プラン マンションタイプ 回線セット
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 4,840円
初期費用 事務手数料 3,300円
解約費用 違約金 4,400円

※36ヶ月契約継続で実質無料

2022年8月から提供が開始された新しい光回線です。hi-hoひかり with gamesはゲームプレイ・ライブ配信などに特化しています。

有線接続をしていなくても高速通信ができるため、ラグや速度によるストレスなくネットを楽しむことができます。

費用は高めでスマホセット割もありませんが、コラボ光でも快適にゲームプレイをしたい!という方には特におすすめできる光回線です。

メリット ・ゲーム専用回線だけど光コラボだから契約しやすい
・オンラインゲームや配信専用の回線
・WiFi接続でも安定している
デメリット ・月額料金の費用が高め
・新しい光回線サービスだから口コミが少なめ

ゲーム・配信者向け光回線
最大31日間お試しキャンペーン実施中

アパートで使うインターネットを契約するときの注意点

悩む人
インターネット契約の注意点

アパートでインターネットを契約する場合、管理人や管理会社の許可を得なければならない場合があります。アパートでネット回線の契約を希望している場合は、以下のポイントに注意しましょう。

①アパートではインターネット速度が遅くなりやすい

アパートのインターネット回線は、共有部分まで引き込んだ1本の光ファイバーを、住人全員でシェアします。

そのため、インターネット利用者が多い時間帯(夕方6時以降)になると、速度が遅くなりやすい点に注意が必要です。

②物件によっては光回線の工事ができない

物件の設備によっては、光回線の引き込みができない場合があります。光回線を利用できるアパートに引越しをしたいのであれば、「インターネット完備」または「インターネット対応」のアパートを選びましょう。

③賃貸なら光回線の工事をしていいか管理会社に確認しよう

光回線の工事には、壁に穴を開ける作業が必要なこともあり、管理人に認めてもらえない可能性があります。

勝手に工事をすると大きなトラブルになるので、光回線の申し込み前に必ず管理人・管理会社へ「光回線の工事をしてもいいか」と確認しましょう。

NGだった場合は、工事不要のホームルーター、またはモバイルWiFiルーターの契約を検討する必要があります。

④プロバイダは別途契約する必要がない場合も多い

光回線はプロバイダとサービスがセットになっているケースがほとんどなので、インターネット契約時にプロバイダを別途契約する必要がありません。

光回線の場合、プロバイダはどこを選んでも大差ありませんので、プロバイダを自由に選択できなくても問題ないでしょう。

アパートでインターネットを申し込む手順

アパート インターネット 申し込み方法

インターネットを利用できるアパートへ住んでいる方向けに、建物のタイプ部別でインターネットの申込み手順を解説します。

ただし、工事の許可が下りなかった場合は新規でインターネットを契約できません。その場合は、アパートでインターネットを申し込む手順【モバイル回線】を参考にしてください。

アパートでインターネットを申し込む手順【インターネット完備】

インターネット完備のアパートへお住いの方は、下記手順でインターネットを申し込み、利用を開始してください。

 インターネット利用を申し込む

備え付けのインターネットをアパートの契約書で確認し、利用したいことを管理人や管理会社に伝えましょう。

備え付けの回線がフレッツ光や光コラボ(ドコモ光やソフトバンク光など)だった場合、許可が下りれば別の光コラボ回線への転用も可能です。

 必要に応じて機器を設置する

インターネットを無線で利用したい人は、WiFiルーターを準備し、部屋に繋がっているLANケーブルとWiFiルーターを接続しましょう。

 接続設定をして利用開始する

パソコンやスマホなどの設定画面から接続設定を行うと、アパートでインターネットを利用開始できます。

アパートでインターネットを申し込む手順【インターネット対応】

インターネット対応のアパートへお住いの方は、下記手順でインターネットを申し込み、利用を開始してください。

 インターネット利用を申し込む

備え付けのインターネットをアパートの契約書で確認し、お好きな窓口から同じサービスを申し込みましょう。

インターネットを申し込む際は、身分証明書(免許証やマイナンバーカードなど)や支払先口座の情報がわかるもの(キャッシュカードや通帳)が必要です。

ちなみに、備え付けの回線がフレッツ光や光コラボ(ドコモ光やソフトバンク光など)だった場合、許可が下りれば別の光コラボ回線へ転用もできます。

 配線の状況、配線方式確認する

インターネット対応アパートでは、共有部分まで引き込まれた光ファイバーを各部屋まで引き込む配線方式が決まっています。

インターネットの種類によっては配線方式ごとに申し込めるプランが決まっている場合もありますので、管理会社や大家さんにあらかじめ確認しておきましょう。

 引き込み工事をしてもらう

インターネットを申し込んだあとは、後日、共有部分から室内まで配線を引き込む工事が行われます。

当日は立ち会いが必要になるため、工事日は時間が取れる日を指定しましょう。

 接続設定をして利用開始

ケーブルをWiFiルーターに接続したり、パソコンやスマホなどで接続設定を行うと、アパートでインターネットを利用開始できます。

アパートでインターネットを申し込む手順【インターネット非対応・記載なし】

インターネットの設備が一切入っていないアパートにお住いの方は、管理人や管理会社から開通工事の許可を得られた場合のみ、下記手順でインターネットを利用できます。

 光回線の工事ができるか確認する

管理人や管理会社へ、光回線(インターネット)の工事ができるか確認してみましょう。

光回線をアパートに新規導入する場合、アパートの外壁やフロア、各室内などで大がかりな工事が行われます。

許可がないまま工事を開始してしまうと思わぬトラブルに発展することもあるので、必ず確認は必要です。

 光回線を申し込む

光回線の工事許可が下りた場合は、アパートのエリア内で利用できる光回線を選択し、申し込みます。

光回線を申し込む際は、本人確認書類(免許証やパスポートなど)や支払先口座の情報がわかるもの(通帳やキャッシュカード)が必要です。

 開通工事をしてもらう

光回線の申込みが完了すると、後日、開通工事が行われます。開通工事には申込者の立ち会いが必要なので、時間のある日を指定しましょう。

 接続設定をして利用開始

ケーブルをWiFiルーターに接続したり、パソコンやスマホなどで接続設定を行うと、アパートでインターネットを利用開始できます。

アパートでインターネットを申し込む手順【モバイル回線】

アパートでインターネットの開通許可が得られなかった場合は、工事不要でインターネットを利用できる、「モバイルWiFiルーター」や「ホームルーター」を検討しましょう。

モバイルWiFiルーターおよびホームルーターの申込みから利用開始までの手順は、以下のとおりです。

 ホームルーターまたはモバイルWiFiルーターを申し込む

ご自身の契約したいサービスを選び、申し込み手続きを進めましょう。

モバイルWiFiルーターやホームルーターを申し込む際は、身分証明書(免許証やパスポートなど)と支払先口座の情報(キャッシュカードや通帳)が必要です。

 ルーターが自宅に届く

後日、モバイルWiFiルーターやホームルーターの端末が自宅に届くので、受け取りましょう。

 接続設定をして利用開始

端末の電源を入れると、すぐにインターネットが使えるようになります。付属の説明書に沿ってスマホやパソコンなどの接続設定を行い、インターネットの利用を開始してください。

まとめ

本記事ではアパートでインターネットを導入するための方法とおすすめ回線について紹介しました。アパートでインターネットを利用する場合、物件によって対応状況が以下の3パターンに分かれます。

インターネット完備 すぐにインターネットが使える
インターネット対応 インターネット設備があり、申し込むと使える
インターネット非対応 インターネット設備がなく、工事不要の回線を申し込む必要がある

非対応の場合、管理人から工事の許可が下りれば光回線を利用できます。まずは工事の可否を調べてから、利用できるインターネット回線をみつけましょう。

インターネットは、サービスによって速度や料金の安さ、キャンペーンの充実度が変わってきます。ご自身のライフスタイルに合った回線を選び、インターネットを思う存分楽しみましょう!

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン