LINEのママ友にも教えてあげたい!忙しい毎日に役立つ主婦のためのLINE活用術

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: LINEの使い方, ライフハック ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEのママ友にも教えてあげたい!忙しい毎日に役立つ主婦のためのLINE活用術

無料で電話やメールが楽しめるLINE。先にお伝えしたビジネスマン幹事さんでなくとも、実は主婦層にも多く使われており、全体の約30%を占めています(出典元:マクロミル社・インターネット調査(2015年1月実施)。

そこで今回は、生活に役立つ主婦・ママのためのLINE活用術をお伝えしたいと思います。

ママ世代にも、LINEはこれだけ使われている

グラフ:利用しているアプリ(主婦の友しあわせ総研)

主婦の友しあわせ総研のアンケート調査によると、「すでにママ世代の77%超がコミュニケーションアプリを利用している」とのこと。そしてその中の67.4%がLINEを利用しているということなので、ママ世代の半分くらいはLINEを活用しているといっても過言ではないんです。

実際、マクロミル社のインターネット調査(2015年1月実施)でも、職業別利用者では「会社員」に次いで「主婦・パート・アルバイト」が多く、性別の区分でも男性より女性が多いという調査結果になっています。

それもそのはず、LINEの機能やアプリには、コミュニケーションを促進しやすいグループや、企業や近所のお店のお得なクーポンが発行されるなど、とても主婦や子育てをしている方に便利なものが多いのです。きちんと理解して賢く使えば生活に役立てることもできます。

今スマホを持っていて電話やメールでコミュニケーションを取っている人は「え?まだLINEやっていないの?」と言われることも多くなっているのではないでしょうか?

LINEを使えばお買い物がお得に

LINEを使えばお買い物がお得に

少し前の「クーポン」といえば、街で配られるティッシュペーパーだったり、新聞に挟まれている広告についていたり。ところがLINE時代の今は、企業と「友だち」になることで割引などのサービスを受けることもできます。

また、LINEのを活用したお買い物サービスも有効に活用したいところ。いつもよりお得にお買い物することができます。

それでは各サービス・機能を見ていきましょう。

公式アカウントの「友だち」追加でお得情報を手に入れよう

様々な企業がLINEの公式アカウントを持っています。その企業と「友だち」になることでお得な情報がもらえます。

企業公式アカウントは、[その他]→「公式アカウント」を選択することで一覧を見ることができますよ。

LINEのその他から公式アカウントをタップ公式アカウント一覧が見れる
LINEアプリのその他(・・・アイコン)から「公式アカウント」をタップします

有名企業の公式アカウントでしたらここから見つけやすいでしょう。

地元のお店の公式アカウントを確認してみる

自宅近くの地域密着タイプのようなお店も、ホームページや店内のチラシをみてLINEの公式アカウントを持っているかどうか確認してみるのもお勧めです。

例えば、茨城県潮来市にある「根本クリーニング」では友だち登録のためのQRコードが掲載されており、”友だち追加”でクリーニング代金を500円割引とうたっています。

スーパーチェーンの「ライフ」でも、LINEアカウントを友だち追加することでお得な情報が届くようになっています。

引用元:ライフLINE - ライフコーポレーション
引用元:ライフLINE – ライフコーポレーション

あなたの近所のお店のホームページや店頭をチェックして、LINEアカウントがあるかどうか探してみてはいかがでしょうか?

小さな企業などの場合は、公式アカウント」一覧ページにある検索ボックスに、店名や地域名を入力して検索したり、店頭やお店のWebサイトでLINEに関する情報を探したりして、友だち登録するのが便利です。

一週間限定のセールをチェック!LINEフラッシュセール

LINEフラッシュセールは、ファッション、食品、コスメなど曜日ごとにテーマを決めて一週間限定で販売するサービスです。取り扱うアイテムは一週間単位で切り替わりますので、お気に入りのカテゴリーは毎週チェックすると良いでしょう。

お支払いはクレジットカード・コンビニ払い・LINE Payなどが選べます。

LINEフラッシュセールは、LINEのその他画面の「LINE App」から起動することができます。

[LINE App]→[LINEフラッシュセール]と進む。画面にはセール終了までの日数も[LINE App]→[LINEフラッシュセール]と進む。画面にはセール終了までの日数も
[LINE App]→[LINEフラッシュセール]と進む。画面にはセール終了までの日数も

記事公開時点での曜日ごとテーマは

月曜日:メンズファッション
火曜日:レディースプチプラ
水曜日:ハイブランド
木曜日:レディースファッション
金曜日:食品&ドリンク
土曜日:ホーム&ファミリー
日曜日:大人ビューティー

となっています。

公式アカウント(@linesale)と友だちになっておけば、商品の販売開始前にプッシュでお知らせ。あなたはどのカテゴリーがお気に入りですか?

LINE MALLは手数料無料のフリマアプリ

LINE MALLを使えばスマホだけで簡単にフリマを楽しむことが出来ます。手持ちの不要な品を売ったり、また掘り出し物を探すために覗くのも楽しいでしょう。

オークションではなくフリマアプリですので、表示された価格でそのまま購入できるのも安心ですね。

[LINE App]→[LINEモール]を選択するアプリをダウンロードすると、様々なアイテムが並びます
[LINE App]→[LINEモール]を選択するとアプリをダウンロードでき、様々なアイテムが並びます

手数料が無料ですし、スマホだけで簡単に出品できますので、手軽に売ってみたい人はまずは試してみるといいかも。

LINEで料理も楽しくしよう

LINEがあれば晩ご飯のレシピだって困らない!
料理もちょっぴり楽しくなっちゃうLINEのクッキング活用術をお伝えします。

食材をつぶやけばレシピを教えてくれる、平野レミさんの公式アカウント

食材をつぶやけばレシピを教えてくれる、平野レミさんの公式アカウント

ユニークなレシピでおなじみの料理愛好家・平野レミさん。実はLINEの公式アカウントをお持ちです。

なんと食材名を送信するだけで、それを使ったレシピを教えてくれるんです!早速友だちに追加してみましょう。IDは@mrs.remyです。

友だちリストに追加しましょう
友だちリストに追加しましょう

一部、調理方法でもお勧めレシピが出てきます。ためしに「鍋」とやってみると・・・

鍋を使ったレシピを教えてくれた!
鍋を使ったレシピを教えてくれた!

でも「焼き肉」と話しかけてみても・・・

「焼き肉」については教えてくれず.....続きはWebで!
「焼き肉」については教えてくれず…..続きはWebで!

そして、あの伝説のレシピをご存知でしょうか?さあ、「ブロッコリー」と話しかけてみましょう!

朝の某番組でも話題になった、ブロッコロリン!
朝の某番組でも話題になった、ブロッコロリン!

…いろいろ食材を話しかけてみて、平野さんのお勧めレシピをゲットしちゃいましょう!

LINEキャラの「デコ弁」も話題だぞ!

引用元:クックパッド
引用元:クックパッド

LINEとレシピアプリ・サイトのクックパッドは、「LINE vs クックパッドのスイーツキッチンバトル!」といった対決などのコラボをしています。クックパッドのサイト内にも、LINEのキャラクターを利用した公式の「LINEレシピのキッチン」があります。

また、同じくクックパッドで「LINE」と検索すると、様々なデコ弁が出てきます。コニーやブラウンなどのおなじみのLINEキャラが美味しそうです。

お弁当ひとつとってみても、工夫次第で旦那さんやお子さんが喜びそうですね!

LINEを使う上で気をつけたいこと

生活に様々な彩りや「お得」をもたらしてくれるLINEですが、便利なツール故に気をつけなければならないこともあります。

なりすましに注意

最近では”なりすまし”による被害も耳にするようになりました。LINEの公式ブログでは以下のような注意喚起がなされています。

参照:

【注意喚起】 友人や知人になりすまして電話番号やSMS認証番号を聞き出すメッセージにご注意ください

上記の公式ブログにも書かれています通り、

家族や友だちなど親しい人から、個人情報や本人しか知らないはずの情報を教えてほしいと言われても、教えてはいけません。

電話番号やLINEから届く認証番号は、銀行口座や暗証番号、PCやメールのパスワードと同じくらい他人に教えてはいけない重要な情報です。

ということをよく守ってください。この記事には安全なパスワードのつけかたや、乗っ取られた場合の対処方法についての記事のリンクもあります。よく読まれると良いでしょう。

人付き合いも気をつけましょう

これはLINEが悪いということではありません。どの「場」でも同じことは起こりえます。

ただLINEでコミュニケーションすることが多くなってくると、グループ内でのトークに気を使うことも多くなってきます。

「既読スルー」「返信が遅い」など、些細なことがきっかけとなって人間関係が悪くなってしまった例もあるようです。

そのためにも、

  • トークがすぐ返ってこないからといって怒らない
  • 返事がしばらくできないようであれば「ちょっと離れます」などのメッセージを送ってみる
  • そろそろ会話が終わりそうといった空気を察知し、だらだらと会話しない

など、お互いに気持ちよくLINEが出来るような気づかいも大切です。なにもLINEに限ったことではなく、人付き合い全般に言えることですね。

面と向かって言えないようなことはLINEでも言わないことも大切です。LINEはあくまでもツールであって、その根底には人と人のコミュニケーションがあるのですから。

まとめ

生活に役立つ情報もとてもたくさんあることがわかったLINE。便利なところは使い倒し、気をつけるべきところは気をつけ、有効に活用したいものです。

ママ世代、主婦世代も、きちんとLINEを理解して賢く活用しましょう!

参照:

ママ世代の77.3%にLINE系アプリが浸透。特有の傾向とは? | 主婦の友しあわせ総研

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。