iPhoneのタッチパネルが反応しないときの対処法

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneのタッチパネルが反応しないときの対処法

「あれ?iPhoneのタッチパネルが反応しない・・・?」

iPhoneのタッチパネルはディスプレイの汚れや落下・水没などによって引き侵される故障によって反応は鈍くなったり、まったく反応しなくなったりすることがあります。ここでは、そんなときの対処法と予防策を紹介していきます。

目次:

表面の汚れが原因。まずはディスプレイの手入れをしてみよう

毎日触るタッチパネルは、こまめに手入れをしないと汚れで反応が鈍ってきてしまいます。 タッチパネルの反応に違和感を感じたら、まずはディスプレイをクリーニングしてみるといいでしょう。

ディスプレイにフィルムを貼っている場合は剥がさずに、糸くずのない柔らかな布を湿らせてきれいに拭いてみましょう。

湿らせた柔らかな布でiPhoneの画面を吹き、その後乾拭きします
湿らせた柔らかな布でiPhoneの画面を吹き、その後乾拭きします

その後、ホームボタンと電源ボタンを長押ししてiPhoneを再起動し、タッチパネルの反応が改善されたか確認します。

ホームボタンと電源ボタンを長押ししてiPhoneを再起動させます
ホームボタンと電源ボタンを長押ししてiPhoneを再起動させます

もし、改善されない場合は、ディスプレイのフィルムを剥がして再度画面を拭いて同じ動作を試してみましょう。

ディスプレイクリーニング時には市販の専用ウェットティッシュを使うのもオススメです。

それでも治らない場合は修理に出しましょう。修理前には必ずバックアップを。

画面の汚れを拭き取って再起動してもタッチパネルの反応が改善されない場合は、デバイスが故障している可能性がありますので業者に依頼して修理する必要があります。
修理にあたり、データを失ってしまう可能性もありますので、修理に出す前には必ずバックアップを取っておきましょう。

iPhoneには、iCloudを使ってバックアップを取る方法がありますが、タッチパネルが反応しないとiCloudの設定を変更できない場合があります。そんなときは、iPhoneをパソコンに接続してiTunes上でバックアップを取りましょう。バックアップを取る手順は、こちらの記事を参考にしてください。

参考:

iPhoneのバックアップ方法

バックアップが取れたことを確認できたら、Genius Bar(アップルストア)へ

アップルストア

バックアップが取れたことが確認できたら、iPhoneをアップルストアのサポートカウンター「Genius Bar(ジーニアスバー)」へ持って行きましょう。Genius BarはApple 製品ユーザーで連日混雑しているので、Webで事前に予約を行い、その際にiPhoneの症状などを伝えておくと修理対応をスムーズに進めることができます。

Genius Bar の予約はこちら

予約が完了したら、あとはiPhoneを持ってアップルストアへ行けばOKです。
なお、Genius Barの予約は「Apple Store」アプリからも行うことができます。

アップルストアが近くにない場合は配送で修理を依頼することも可能

近所にアップルストアがない場合や、Genius Barへ直接出向く時間がない場合は、配送で修理を依頼することも可能です。Genius Barを予約する際と同様の手順で専用ウェブサイトにアクセスし、サポート方法の選択画面まで進んで「配送修理」を選択しましょう。あとは、iPhoneのシリアル番号を入力して、集荷希望住所や希望時間などの必要事項を入力すれば、アップル専用業者が集荷に来てくれます。

サポート方法の選択画面で「配送修理」を選択しましょう
サポート方法の選択画面で「配送修理」を選択しましょう

気になる修理費用は?

タッチパネルの修理ですが、原因次第で費用は違ってきます。iPhoneが保証期間内である場合、およびAppleCareに加入している場合は、無償で修理を受けることができます。

ただし、落下や水漏れなど、ユーザーの過失による損傷が発見された場合は別途修理代金が発生するので注意しましょう。

また、無償修理の保証対象外であった場合でも、「Apple Care+ for iPhone」に加入していれば2回までは7,800円の一律料金で修理を受けられます。自分が「Apple Care+ for iPhone」に加入しているかどうかが分からない場合は、アップルのサポートページでiPhoneのシリアル番号を入力して確認しましょう。シリアル番号は、iPhoneの「設定」で「一般」を開き、「情報」の項目に進むと確認できます。

サービスとサポート期間を確認する | アップル

まとめ

iPhoneのディスプレイはとてもデリケートなため、汚れや水濡れで反応は鈍ってしまうことが多々あります。普段から保護フィルムなどで防護することはもちろん、こまめにクリーニングするよう心がけましょう。

また、文字入力の反応が鈍い場合などには、iPhone自体の動作が重くなっていることも原因として考えられます。そんなときには、こちらの記事を参考に、Safariやキーボードをクリーンナップしてみるといいでしょう。

参考:

iPhoneの動作が遅い!そんなときの4つの対処法

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2019年もあっという間に6月ですね。7月、8月の夏本番に向けて予定を立て始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 スマホ業界も次々と新作が登場する熱い時期。夏の思い出を美しく残すために、高性能カメラのスマートフォンに新調するのも良いですね!