格安スマホのメリット、デメリットを解説

書いた人: Yusuke Sakakura

カテゴリ: まとめ, 格安スマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
格安スマホのメリット、デメリットを解説

ここ数年は小幅な進化に留まるスマートフォンですが、現在注目されているのが「格安スマホ」です。

ドコモ・au・ソフトバンクなどキャリアが販売するスマートフォンの販売価格はおおよそ5万円~10万円と手が届きにくい一方で、「格安スマホ」は1万円から購入することが可能です。それだけでなく、毎月支払う料金も数千円安くすることができます。

機能面では3万円台のスマートフォンでも指紋認証に対応している機種も多く、安かろう悪かろうではありません。といってもキャリアと同じサービスを受けられるわけではなく、当然デメリットも存在します。

そこで今回は格安スマホのメリット・デメリットを詳しく解説します。格安スマホを検討している方は当記事を参考にして、自分が格安スマホに合っているのかどうか判断してみてください。

関連記事:

格安スマホを徹底解説

目次:

格安スマホのメリットについて

ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアのスマートフォンに比べ、格安スマホの魅力は毎月の料金が安いこと。ですが、その他にも多くのメリットが存在します。今回は5つのメリットについて解説します。

メリット1. データ通信料が節約できる

格安スマホが安い理由は「データ通信量」がキャリアよりも格段に安いところにあります。

キャリアと比べて一体どれぐらい安いのか、代表的な5GBプランにおいて4つの格安スマホと比較してみると、1ヶ月で約3,500円〜3,900円安く設定されていることがわかりました。年間にすると40,000円以上の節約効果です。

なお、同じ5,000円を支払う場合、格安スマホであれば3倍の15GBプランでも700円のお釣りが返ってきます。

●キャリアと格安スマホのデータ通信(5GBプラン)の料金を比較

キャリア 格安スマホ
IIJmio mineo DMM mobile OCNモバイルONE
データ通信量 5,000円 2,220円 2,280円 1,910円 2,150円
インターネット接続料 300円 0円
合計 5,800円 2,220円 2,280円 1,910円 2,150円

※表中の料金は税抜
※格安スマホのデータ通信量は通話ありプラン
※IIJmioは6GBプラン

メリット2. シンプルな料金体系、豊富なプラン

キャリアの料金プランは「基本プラン」「データプラン」「音声通話料」「インターネット接続料」「オプション」「キャンペーン」「月々サポート」など多くの要素が複雑に絡み合っています。
それに対して、格安スマホは非常にシンプル。「基本プラン(データ通信)」「音声通話料」「オプション」など少ない要素を足していくだけで毎月の料金が決まるので、とてもわかりやすい料金体系になっています。

特にキャンペーンにおいて、購入端末や加入プランなど複雑な条件を満たして初めて適用されるキャリアのキャンペーンに対して、格安スマホは最初の数ヶ月など単純な条件であることがほとんどです。

料金体系はシンプルですが、用意されているプランは豊富です。例えばデータプランの場合、ドコモが一人向けのプランとして用意しているのは2/5/8GBの3プラン。格安スマホを提供する「DMM mobile」の場合は、1/2/3/5/7/8/10/15/20GBと9つものプランを選ぶことができます。

●キャリアと格安スマホのデータ通信プランの例

データ通信量 ドコモ(キャリア) DMM mobile(格安スマホ)
1GB
2GB
3GB
5GB
7GB
8GB
10GB
15GB
20GB

※2016年8月時点のプラン

基本プランでは「音声あり」「データ通信専用」「データ+SMS」の3種類が主に用意されているため、通話はほとんどしない、LINEの無料通話で充分という場合はより安いプランを選択することも可能です。

メリット3. 契約の「しばり」が無い、もしくは短い

キャリアのプランでは、2年間契約する代わりに毎月の料金を安くして、契約期間中に解約すると違約金を求められる、いわゆる「2年しばり」のプランがメインとなっています。
「通信速度が遅い」「サポートが悪い」など今のキャリアに不満があったとしても、2年しばりのせいで他のキャリアに変えることが難しくなります。誰もが一度は経験しているのではないでしょうか。

一方、多くの格安スマホには「しばり」が存在しません。音声通話付きプランにおいて12ヶ月以内に解約すると違約金を取る場合もありますが、キャリアと違って期間が短く、違約金も固定額ではなく、利用月数に応じて違約金が下がっていくので負担も大きくありません。

なお、キャリアの2年しばりプランを契約期間中に解約すると約10,000円が請求されます。そこから格安スマホにMNPする場合は、MNP転出料として別途2,000円〜3,000円、格安スマホの新規手数料として別途3,000円の合計15,000円ほど支払う必要があります。ですが、前述したとおり格安スマホのデータプランは1ヶ月で数千円もおトクになるので数ヶ月で元を取ることができます。

●キャリアから格安スマホへ乗り換えるには

  • 契約期間中の解約(キャリア):約10,000円
  • MNP転出料(キャリア):2,000~3,000円
  • 新規手数料(格安スマホ):3,000円
  • 合計:約15,000円

メリット4. スマートフォンを安く購入できる

月々の料金が安いだけでなく、機種そのものも安く手に入ります。

キャリアが販売するスマートフォンは高性能な機種が9万円前後、少し性能の劣る機種でも6万円前後で販売されているのに対し、格安スマホは1万円から販売、高性能なモデルでも5万円〜6万円で購入することができます。

なお、キャリアから移行する場合、現在利用しているスマートフォンをそのまま利用できることもあります。例えば、ドコモで購入した端末をドコモの回線で利用できる格安スマホにMNPする場合は端末をそのまま利用することが可能です。

関連記事:

おすすめSIMフリースマホ総まとめ

メリット5. プリインストールアプリが少ない

キャリアが販売するほとんどのAndroidスマートフォンには、キャリアが提供するサービスのアプリがインストールされています。中には削除できないアプリもあって、ホームやアプリ一覧画面が見づらくなったり、必要のないアプリにスマートフォンのストレージ容量を圧迫されるため、カタログ表記よりも実際に使える容量が少ないことがあります。

その点、格安スマホではプリインストールアプリが比較的少なく、それによりストレージ容量が圧迫されるなどの心配が少ないのです。

格安スマホのデメリットについて

格安スマホのメリットを一通り紹介したところで、次はデメリットを紹介します。

よくある質問としては、「通話し放題プランはあるの?」「いまのメールアドレスはどうなるの?」「LINEはきちんと使えるの?」など。冒頭でも述べたとおりキャリアと同じサービスを受けられるわけではないため、普段使っているサービスがそのまま使えるか心配な方が多いようです。

それぞれについて見てみましょう。

デメリット1. 通話料が高くなる場合がある

キャリアに比べてデータ通信量は安くなりますが、逆に料金が高くなる可能性があるのが通話料です。

キャリアは通話し放題プランを提供しているのに対し、格安スマホは20円/30秒の従量制がほとんど。少数ながら10円/30秒の通話サービスを提供するところがあるといった状況です。

定額オプションを提供しているところもありますが、1回毎の通話時間・全体の通話時間等に制限がほとんどでキャリアのような完全定額はありません。
一部、NifMoが「NifMoでんわ」を月額1,300円で提供していますが、品質の劣るIP電話サービスとなっています。

キャリアが提供する音声通話を頻繁に利用する場合は格安スマホにすることで通話料が跳ね上がる可能性もあるので気をつけましょう。

●主な格安スマホの通話に関する料金

IIJmio mineo DMM mobile OCNモバイルONE
従量通話 通話料 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒
独自通話サービス 10円/30秒 × 10円/30秒 ×
家族通話 8円/30秒 × × ×
準定額通話オプション ×
留守番電話 300円/月 300円/月 300円/月
割り込み電話 200円/月 200円/月 200円/月
転送電話

※追加予定

デメリット2. キャリア決済などサービス・コンテンツが使えない

格安SIMではキャリアが提供するサービスやコンテンツを利用することができません。

最も影響があるのは、毎月の携帯電話料金とまとめて支払う「キャリア決済」が利用できないことです。App StoreやiTunes StoreあるいはGoogle Playなどで購入したアプリ、ゲームアプリ内のアイテム、音楽などをキャリア決済で購入している人も多くいると思いますが、格安SIMではクレジットカードか、あるいはコンビニ等で販売されているiTunesカードやGoogle Playギフトカードなどのプリペイドカードを利用する必要があります。

またキャリアでは、支払った料金に応じてdポイント、au WALLETポイント、Tポイントなどのポイントサービスを、貯めたり支払いなどに利用することができます。しかし、格安SIMでは一部を除いてポイントサービスを利用できないことがほとんどです。

キャリアが提供するコンテンツには動画見放題・雑誌読み放題・音楽聴き放題といったコンテンツがありますが、こちらも格安SIMでは利用することができません。

例外として、格安SIMでも利用できるコンテンツにドコモの「dビデオ」「dマガジン」などがあります。

デメリット3. メールアドレスがもらえない

格安SIMでは「@docomo.ne.jp」などキャリアのメールアドレスがもらえません。もちろん、キャリアから移行する場合には引き継ぐこともできません。

LINE、Twitter、Facebookなどをコミュニケーションツールとして利用する人も多いため、大きな支障はあまりないと思いますが、現在も利用している人は注意が必要です。

なお、楽天モバイルでは無料で利用できる「@rakuten.jp」、UQmobileでは月額200円で利用できる「@uqmobile.jp」をオプションとして利用することもできます。

デメリット4. LINEのID検索ができない

年齢認証ができない

LINEは青少年保護のため、2012年より年齢確認サービスを導入しました。年齢確認ができない場合はID検索を利用することができず、他の友だちがIDを検索しても見つからないようになっています。

年齢確認サービスはドコモ、au、ソフトバンクの回線契約が必要になるため、結果的に格安スマホではLINEのID検索を利用することができません。

関連記事:

格安SIMでLINEを使うために!知っておきたい7つの注意点や対処法

デメリット5. クレカ払いがほとんど

料金の支払いですが、キャリアではクレジットカードの他に口座振替、請求書支払いなどが利用できますが、格安スマホではクレジットカード払いに限定されているサービスがほとんどです。

一部、デビッドカードが利用できるサービスも存在しています。以下のエントリーを参考にしてください。

関連記事:

クレカ不要で契約できる!デビットカードで支払いできる格安SIMまとめ【音声通話・データ専用】

デメリット6. テザリングができない場合も

テザリングができない

ドコモ回線を利用したプランにおいて、ドコモで購入したスマートフォンではテザリングが利用できない場合があります。

また、au回線を利用したプランでは、auで購入したiPhoneではテザリングを利用できません。

詳しくは以下のエントリを参考にしてください。

関連記事:

MVNO(格安SIM)でテザリングするために知っておきたいことまとめ – モバレコ

デメリット7. 実店舗が少なく、サポートに難あり

実店舗が少ない

格安スマホが安い理由の一つとして、ドコモ、au、ソフトバンクのようにショップ(実店舗)を持たないことにあります。

格安スマホでサポート受ける場合は、電話での問い合わせ(要オプション契約)、メール、問い合わせフォームが中心。楽天モバイルなど独自にキャリアショップを展開している一部のサービスでは実店舗でサポートを受けることができます。

格安スマホで失敗しないために良いところ、悪いところを理解しましょう

ということで格安スマホのメリット・デメリットを紹介しました。

格安スマホには通話し放題プランがありませんが、スマートフォンで通話する機会が少ない、LINEなどで無料通話機能を使っているのであれば格安スマホに移行することで月に数千円おトクになります。

一方、サポート面ではキャリアよりも劣ってしまうので、頻繁にキャリアショップを利用する人、近くに格安スマホが展開するショップがない人など、ショップでのサポートがないと困る方には強くオススメできません。

格安スマホの良いところ、悪いところを理解して格安スマホへの移行を検討してみてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!