一人暮らし インターネット

一人暮らしにおすすめのインターネットは?工事・料金・速度の観点から徹底比較!

一人暮らしで生活をする人にとっては、インターネットをどのように契約すればいいのか悩むこともあるかもしれません。この記事では一人暮らしでインターネットを使う4つの方法を紹介しています。それぞれ以下のようなメリット・注意点があります。

【インターネットの利用法別の比較表】

※横にスクロールできます。

利用法 月額料金 速度 工事の有無 持ち運び 最大接続台数
光回線 約5,000円 あり × 無制限
ホームルーター 約4.000円 なし 約40台
ポケット型WiFi 約3,000円 なし 約10台
テザリング 無料
※一部のプランでは有料
× なし 約1台

また、この記事でおすすめの光回線・ホームルーター・ポケット型WiFiの契約窓口を紹介しています。テザリングの設定手順も紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

\ 当サイト経由限定 /

最大2万円キャッシュバック

 ・月額料金2,167円から使える置き型WiFi
 ・ソフトバンク、Y!mobileスマホセット割

■モバレコ限定 キャンペーン

・最大2万円の高額キャッシュバック
U‐NEXT 6ヶ月無料トライアル実施中

※キャンペーン併用可能

一人暮らしでインターネットを使う4つの方法

インターネットイメージ
一人暮らしでインターネットを使う4つの方法

一人暮らしでインターネット回線を使う方法には、「光回線」「ホームルーター」「ポケット型WiFi」「テザリング」の4つがあります。これから導入を検討されている方は、回線ごとにどのような特徴があるのか確認しておきましょう。

【インターネットの利用法別の比較表】

※横にスクロールできます。

利用法 月額料金 速度 工事の有無 持ち運び 最大接続台数
光回線 約5,000円 あり × 無制限
ホームルーター 約4.000円 なし 約40台
ポケット型WiFi 約3,000円 なし 約10台
テザリング 無料
※一部のプランでは有料
× なし 約1台

このように料金や通信速度など、回線ごとに一長一短があることがわかりますね。それでは回線ごとの特徴を深掘りしていきましょう。

光回線

光回線はインターネット回線の中で、最も通信速度が速く安定しています。しかしその分、利用するために開通工事が必要で、手間や費用がかかってしまうというデメリットがあります。

とはいえ、光回線では高額キャッシュバックなど実施されているお得なキャンペーンが豊富なので、うまく活用すれば費用面についてはそれほど問題にはならないはずです。

光回線のメリット

  • 通信速度が速く安定している
  • 速度制限がなく無制限で使える
  • キャッシュバックやセット割などキャンペーンが豊富

光回線の注意点

  • 月額料金が高め
  • 工事の必要があり開通までに時間がかかる
  • 引っ越しがしづらい

これらのメリット・注意点から、光回線は以下のような方におすすめのインターネット回線といえます。

光回線をおすすめできる人の特徴

  • 開通工事ができる物件にお住まいの人
  • 高画質動画やオンラインゲームなど高速で大容量の通信が必要な人
  • 短期間で引っ越しをする予定がない人

光回線は完全無制限で使える唯一のインターネット回線です。高画質動画やオンラインゲームなどを思う存分楽しみたい方には最適ですよ。

ホームルーター

ホームルーターは、工事不要で利用できるお手軽さが魅力の自宅専用のインターネット回線です。ホームルーターはモバイル回線を利用してインターネットに接続するため、光回線より速度がやや遅く安定感に欠けるというデメリットがあります。

しかしホームルーターは光回線より引っ越しがしやすい点は見逃せないポイントです。簡単な手続きのみで引っ越しができ、端末をそのまま引っ越し先でも使用できます。

ホームルーターのメリット

  • モバイル回線としては速度が速く安定している
  • 工事の必要がないため端末到着後すぐに使える
  • 光回線より引っ越しがしやすい
  • 接続可能台数がポケット型WiFiより多い

ホームルーターの注意点

  • 光回線よりは速度が遅く不安定
  • 基本的に持ち運びはできない
  • ほとんどの窓口で速度制限が設定されている

これらのメリット・注意点から、ホームルーターは以下のような方におすすめのインターネット回線といえます。

ホームルーターをおすすめできる人の特徴

  • 光回線の工事ができないもしくはしたくない人
  • 自宅専用のインターネット回線を検討している人
  • お手軽さと速度の速さの両方を求めている人

工事ができない物件で、快適にインターネットを利用したい方はホームルーターを選ぶといいでしょう。

ポケット型WiFi

ポケット型WiFiは、自宅だけでなく外出先でもWiFi接続が可能になるインターネット回線です。端末が手に収まるサイズなので、持ち運びしやすいのも魅力の1つ。豊富なデータ容量から最適プランを選べば、通信費を最小限に抑えられます。

ただし光回線やホームルーターと比較すると、通信速度がやや遅く不安定な点は理解しておかなければなりません。

ポケット型WiFiのメリット

  • 月額料金が安い
  • 工事不要で使える
  • 外出先でもWiFi接続ができる
  • 豊富なデータ容量から最適プランを選べる

ポケット型WiFiの注意点

  • データ容量の上限がありプランが多い
  • ホームルーターや光回線に比べて不安定
  • 同時接続台数が少ない

これらのメリット・注意点から、ポケット型WiFiは以下のような方におすすめのインターネット回線といえます。

ポケット型WiFiをおすすめできる人の特徴

  • 光回線の工事ができない、もしくはしたくない人
  • 外出先でもWiFi接続が必要な人
  • 豊富なデータ容量から最適プランを選びたい人

外出先でも自宅でもインターネットに接続したい場合はポケット型WiFi一択です。

テザリング

テザリングとはスマホをモバイルルーター化し、パソコンやタブレットをインターネットに接続できる機能のことです。スマホを契約していれば、別回線に申し込みする必要がないため出費がかさむことはありません。(※有料のプランもあり)

ただし、ほかの接続方法より速度が遅く不安定な点は理解しておいてください。またテザリング機能を使えば使うほど、スマホの通信量やバッテリーを消費してしまうことも忘れてはいけないポイントです。

テザリングのメリット

  • パソコンなどを手軽にインターネット接続できる
  • 外出先でもインターネットを利用できる
  • スマホがあれば別端末なしで利用できる

テザリングの注意点

  • 通信速度が遅く不安定
  • スマホのデータ容量を消費してしまう
  • スマホのバッテリーの消費が早くなる

これらのメリット・注意点から、テザリングは以下のような方におすすめのインターネット回線といえます。

テザリングをおすすめできる人の特徴

  • 光回線の工事ができないもしくはしたくない人
  • 別途回線の契約なしでWiFi接続したい人
  • 緊急時にインターネット接続できる手段を確保したい人

お手軽さが魅力のテザリングですが、速度が遅かったりスマホのバッテリーを消費したりとデメリットが目立ちます。基本的に日常使いを避け、緊急時に使う程度の接続方法だと思っていたほうがいいでしょう。

一人暮らしにおすすめの光回線まとめ

光回線イメージ
一人暮らしにおすすめの光回線まとめ

光回線は工事ができる物件にお住まいで、インターネットの利用を検討している方におすすめの回線です。高速かつ大容量の通信が可能なので、高画質動画の視聴やオンラインゲームを頻繁にプレイされる方には特に向いています。

光回線を検討する際は、利用中のスマホのキャリアベースでセット割に対応しているところを選ぶようにしましょう。各キャリアのユーザー向けにおすすめの光回線をご紹介していきます。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」がおすすめ

ドコモ光
引用元:ドコモ[1]

ドコモユーザーの方はドコモスマホとのセット割に対応している「ドコモ光」がおすすめです。ドコモ光はドコモスマホとのセット割が適用できる唯一の光回線なので、ドコモユーザーは優先的に検討しましょう。

【ドコモ光の概要表】を見る
タイプ 戸建て マンション
エリア 全国(フレッツ光回線エリア)
契約期間 2年
実測値 下り平均速度:270.97Mbps
上り平均速度:207.57Mbps
セット割 ドコモ・ドコモ光セット割・1回線あたり最大1,100円
初期費用 ・事務手数料:3,300円
・工事費:19,800円
・事務手数料:3,300円
・工事費:16,500円
月額料金 5,720円 4,400円
キャンペーン ・新規工事費無料
・ドコモ光セット割
・光★複数割
・dポイント2,000ポイントプレゼント
・ドコモ光引越し特典
・20,000円キャッシュバック(代理店限定)
・工事完了までモバイルルーターを無料レンタル(代理店限定)
・解約違約金20,000円還元
・v6プラス対応高性能WiFiルーター無料レンタル
・訪問サポート無料
・セキュリティソフトの利用料が1年間無料

※価格はすべて税込
※2022年1月13日時点のみんなのネット回線速度のデータを引用

ドコモ光は最新の通信方式「v6プラス」に対応しています。そのため時間帯を問わず快適な速度でインターネットを利用できます。またドコモ光では、ドコモスマホとのセット割だけでなく、さまざまなキャンペーンを適用できるのも特徴的です。

代理店ネットナビのサイトから申し込みしプロバイダをGMOとくとくBBに指定すれば、20,000円のキャッシュバックがもらえます。

オプション加入なし!
15,000円キャッシュバック実施中

auユーザーなら「auひかり」がおすすめ

auひかり
引用元:auひかり[2]

▼auひかり(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 下記の地域以外
静岡・愛知
岐阜・三重
大阪・京都
兵庫・和歌山
奈良・滋賀・沖縄
申し込み窓口 フルコミット
プラン ずっとギガ得プラン
契約期間 3年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 上り 434.08Mbps
下り 486.53Mbps
月額料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 41,250円
解約費用 違約金 15,000円
工事費(撤去) 31,680円
実質月額料金(契約期間) 4,197円※1
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※戸建てで提供されているすべてのプランを含めた4月~6月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])
※1. ひかり電話の適用なしのとき

▼6月に実施しているキャンペーン

  • 50,000円キャッシュバック(オプションなし)
  • 63,000円キャッシュバック(オプションあり)
  • 55,000円の他社違約金補填
  • 工事費実質無料

▼au ひかり(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口 フルコミット
プラン マンション タイプV 16
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 100Mbps
平均実測値※ 上り 181.92Mbps
下り 259.08Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 33,000円
解約費用 違約金 9,500円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 2,883円※1
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※マンションで提供されているすべてのプランを含めた4月~6月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])
※1. ひかり電話の適用なしのとき

▼6月に実施しているキャンペーン

  • 50,000円キャッシュバック(オプションなし)
  • 63,000円キャッシュバック(オプションあり)
  • 55,000円の他社違約金補填
  • 工事費実質無料

auひかりはキャッシュバックなどのキャンペーンが充実している点とauスマートバリューが適応できることが特徴の光回線です。auスマホと一緒に使えば、最大1,100円引きになります。

auひかりは独自回線を使用しているため、混雑しやすい時間帯でも比較的スムーズに通信できます。ただし、auひかりの戸建てプランは一部エリアが提供外となっているため、検討する前にエリア確認をしておきましょう。

また、auひかりを代理店フルコミットから申込むと、ネット+電話の申込で最大65,000円・ネットのみでも最大55,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。auひかりは他社に比べ割引・キャッシュバックのキャンペーン額が高額である点も魅力です。

auひかりのおすすめポイント

  • auスマホとセット割が組める
  • 光回線の中でも特に速度が速い
  • 解約違約金を還元してもらえる
  • 実質料金が他社より安め

オプションなしでも5万円
最大6,3万円キャッシュバック実施中

 auひかりがエリア外のauユーザーは「So-net光プラス」

auひかり
引用元:So-net光プラス[3]

auひかりがエリア外だったauユーザーは、フレッツ光回線で全国的に幅広いエリアで利用できる「So-net光プラス」がおすすめです。

【So-net光プラスの概要表】を見る
タイプ 戸建て マンション
エリア 全国(フレッツ光回線エリア)
契約期間 3年
実測値 下り平均速度:306.54Mbps
上り平均速度:223.3Mbps
セット割 ・au・auスマートバリュー・1回線あたり最大1,100円・UQモバイル・UQモバイル自宅セット割・1回線あたり最大858円
初期費用 ・事務手数料:3,300円
・工事費:26,400円
月額料金 1ヶ月目:0円
2ヶ月目以降:6,138円
1ヶ月目:0円
2ヶ月目以降:4,928円
キャンペーン ・60,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・v6プラス対応ルーター無料レンタル
・開通までモバイルルーター無料レンタル
・設定サポート1回無料
・セキュリティソフト無料

※価格はすべて税込
※2022年1月13日時点のみんなのネット回線速度のデータを引用

So-net光プラスでもauひかり同様、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用できます。v6プラス対応かつ専用の高性能ルーターを無料でレンタルできるのもうれしいポイント。混みやすい時間帯でも快適な速度でインターネットを利用できます。

So-net光プラスは「So-net光公式」から申し込みすることで、戸建て・マンションともに60,000円のキャッシュバックがもらえます。

ソフトバンクユーザーなら「NURO 光」がおすすめ

NURO 光
引用元:NURO 光[4]

ソフトバンクユーザーなら、ソフトバンクスマホとのセット割に対応していて実測値が速い「NURO 光」がおすすめです。

【NURO 光の概要表】を見る
タイプ 戸建て マンション
エリア 北海道・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・広島県・岡山県・福岡県・佐賀県
契約期間 3年間
実測値 下り平均速度:506.42Mbps
上り平均速度:448.15Mbps
セット割 ソフトバンク・おうち割 光セット・1回線あたり最大1,100円
初期費用 ・事務手数料:3,300円
・工事費:44,000円
月額料金 5,200円 ・2,750円(6人以下)
・2,090円(10人以上)
キャンペーン ・45,000円キャッシュバック(公式特設サイト限定)
・1年間月額980円
・2年間月額3,590円
・最大3ヶ月お試し特典
・ひかりTVセット割
・工事費実質無料
・NUROでんき1年間基本料金0円
・お引越しサポート
・NURO 光のりかえ特典

※価格はすべて税込
※2022年1月13日時点のみんなのネット回線速度のデータを引用

「NURO 光」の最大速度は下り上りともに2Gbpsと、一般的な光回線と比較して、スペック上でおよそ2倍の速度でインターネットを利用できます。加えて独自回線を利用しており、速度が低下しづらく安定した通信が可能です。

ただし、NURO 光は提供エリアが限定的なので、全国すべての方が利用できるわけではない点は理解しておいてくださいね。

NURO 光は「NURO 光公式特設サイト」から申し込みすれば、オプション加入なしで45,000円のキャッシュバックが受けられます。

 NURO 光がエリア外のソフトバンクユーザーは「ソフトバンク光」

ソフトバンク光
引用元:ソフトバンク[5]

NURO 光がエリア外だった場合は、フレッツ光回線で提供エリアが広く、全国的に使える「ソフトバンク光」がおすすめです。

▼ソフトバンク光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン 戸建て
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 上り 212.3Mbps
下り 320.2Mbps
月額料金 5,720円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金 10,450円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 4,316円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円
キャンペーン ・工事費実質無料
・最大10万円の他社違約金補填
・選べる特典
①37,000円キャッシュバック
②Nintendo Switchプレゼント

※戸建てで提供されているすべてのプランを含めた2月~4月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])


▼ソフトバンク光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン マンションタイブ
契約期間 2年
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 上り 215.33Mbps
下り 316.01Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金 10,450円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 2,776円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円
キャンペーン ・工事費実質無料
・最大10万円の他社違約金補填
・選べる特典
①37,000円キャッシュバック
②Nintendo Switchプレゼント

※マンションで提供されているすべてのプランを含めた2月~4月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])

ソフトバンク光でもソフトバンクとのセット割「おうち割 光セット」が適用できます。ソフトバンク光なら、NURO 光では割引の対象外だったワイモバイルもセット割が適用可能です。

またソフトバンク光では「あんしん乗り換えキャンペーン」で、他社からの乗り換え時の費用を最大10万円まで還元してもらえますよ。

ソフトバンク光は「STORY」から申し込みすることで、37,000円のキャッシュバック還元を受けること可能です。

今ならU-NEXT無料トライアル
さらに
現金37,000円キャッシュバック!

一人暮らしにおすすめのホームルーターまとめ

ホームルーター
一人暮らしにおすすめのホームルーターまとめ

ホームルーターはインターネットの導入を自宅にて検討中で、光回線の工事ができない物件にお住まいの方におすすめの回線です。速度面で光回線に劣りますが、ポケット型WiFiよりは速度が速く安定しています。比較的安定した速度のインターネットをお手軽に導入したい方にホームルーターは最適といえるでしょう。

ここではおすすめのホームルーター窓口を3つほどピックアップしてご紹介します。

安さを重視するなら「モバレコエアー」がおすすめ

ホームルーターをできる限りお得に利用したい方には「モバレコエアー」がおすすめです。

モバレコAir
モバレコエアー

【モバレコエアーの概要表】

月額料金 初月〜1ヶ月目:2,167円
2〜23ヶ月目:3,679円
24ヶ月目以降:5,368円
実質料金(3年) 3,694円
実測値 下り平均速度:51.67Mbps
上り平均速度:6.6Mbps
セット割 ソフトバンク
・おうち割 光セット
・1回線あたり最大1,100円
エリア ・ソフトバンク4Gエリア(AXGPエリア)
・ソフトバンク5Gエリア
契約年数 なし
速度制限 無制限
キャンペーン ・20,000円の独自キャッシュバック
・独自の月額割引
・他社違約金を満額還元
・Uー25限定ソフトバンクエアー割引

※価格はすべて税込
※2022年1月13日時点のみんなのネット回線速度のデータを引用

モバレコエアーなら、20,000円のキャッシュバックが受けられます。さらにモバレコエアー独自の月額割引も併用できるので、ホームルーター全体で見ても格安料金で利用できるのです。モバレコエアーは、データ容量無制限で利用できる貴重なホームルーターであることも見逃せないポイントです。

   

Broad WiMAX

   

手厚いサポートと多様なキャンペーンが魅力

   

今なら他社から乗り換えで
最大40,000円キャッシュバック!

指定メディア限定の新プラン登場
最大40,000円キャッシュバック

回線速度を重視するなら「Broad WiMAX」がおすすめ

Broad WiMAX
Broad WiMAX

ホームルーターを速度重視で快適に利用したい方には「Broad WiMAX」がおすすめです。

【Broad WiMAXの概要表】

月額料金 初月〜2ヶ月目:2,090円
3〜36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目~:4,708円
実質料金 4,368円
実測値 下り平均速度:52.32Mbps
上り平均速度:11.92Mbps
セット割 au・auスマートバリュー・1回線あたり最大1,100円
UQモバイル・UQ mobile 自宅セット割・1回線で最大858円
エリア ・WiMAX 2+エリア
・au 4G LTEエリア
・au 5Gエリア
契約年数 3年
速度制限 3日間で15GB以上の利用で最大1Mbpsに制限
キャンペーン ・モバレコ限定キャッシュバック
・初期費用20,743円割引
・合計最大35,530円分の月額割引
・他社違約金を最大19,000円分キャッシュバック
・プラスエリアモードが無料
・いつでも解約サポート

※価格はすべて税込
※2022年1月13日時点のみんなのネット回線速度のデータを引用

Broad WiMAXでは、他社からの乗り換え時にかかる違約金を最大19,000円まで補填してもらえます。またauスマホとのセット割「auスマートバリュー」とUQモバイルとのセット割「UQ mobile 自宅セット割」に対応しています。

   

Broad WiMAX

   

手厚いサポートと多様なキャンペーンが魅力

   

今なら他社から乗り換えで
最大40,000円キャッシュバック!

指定メディア限定の新プラン登場
最大40,000円キャッシュバック

端末の性能で選ぶなら「ドコモ home 5G」がおすすめ

ドコモ home 5G
ドコモ home 5G

下り最大速度4.2Gbpsを誇る、5G対応の高性能ホームルーターを利用したい方には「ドコモ home 5G」がおすすめです。

【ドコモ home 5Gの概要表】

月額料金 4,950円
実質料金(3年) 4,542円
実測値 下り平均速度:194.66Mbps
上り平均速度:22.14Mbps
セット割 ドコモ・home 5G セット割・最大1,100円
エリア ドコモ5G回線エリア
ドコモ 4G LTEエリア
Premium 4G回線エリア
契約年数 なし
速度制限 3日間のデータ使用量によっては制限がかかる可能性あり
キャンペーン ・Amazonギフト券18,000円プレゼント

※価格はすべて税込
※2022年1月13日時点のみんなのネット回線速度のデータを引用

ご覧のとおり、ドコモ home 5Gの端末は最大速度だけでなく実測値でも光回線に対抗できる速さが期待できます。ドコモスマホとのセット割「home 5G セット割」を適用すれば最大1,100円の割引を20回線まで適用することが可能です。

ドコモ home 5Gは「アイ・ティー・エックス」から申し込みすることで、キャッシュバック15,000円が受けられます。

ドコモ home 5G

ドコモから高性能なホームルーターが登場

端末代金実質無料!
18,000円分のAmazonギフト券

GMOとくとくBBからの申し込みで
Amazonギフト券1.8万円プレゼント

一人暮らしにおすすめのポケット型WiFiまとめ

ポケット型WiFi
一人暮らしにおすすめのポケット型WiFiまとめ

ポケット型WiFiはパソコンやタブレットなどを、外出先でWiFi接続したい方におすすめのインターネット回線です。提供エリア内であればどこでも利用できるので、仕事で出張をする機会が多い方などに向いていますよ。

また、さまざまなデータ容量プランが提供されていることから、最適料金で費用を抑えやすいのも魅力の1つ。ここからはデータ容量を軸に、おすすめのポケット型WiFi窓口を解説していきます。

実質無制限の大容量で使うなら「Broad WiMAX」がおすすめ

Broad WiMAX
Broad WiMAX

ポケット型WiFiを実質無制限の大容量で使うなら、月間で実質150GBまで使える「Broad WiMAX」がおすすめです。

【Broad WiMAXの概要表】を見る
プラン ギガ放題プラスDX
契約期間 3年
月額料金 初月〜2ヶ月目:2,090円
3〜36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目~:4,708円
実質料金 4,490円
初期費用 ・事務手数料:3,300円
・端末代:21,780円
データ容量 150GB
キャンペーン ・初期費用20,743円割引
・合計最大35,530円分の月額割引
・他社違約金を最大19,000円分キャッシュバック
・プラスエリアモードが無料
・いつでも解約サポート

※価格はすべて税込

ポケット型WiFiタイプのBroad WiMAXでも、他社解約時の違約金を最大19,000円まで補填してもらえます。端末代はかかってしまいますが、「いつでも解約サポート」を適用すれば、サービス内容に不満があった場合でも指定の回線に無料で乗り換えることが可能です。

   

Broad WiMAX

   

手厚いサポートと多様なキャンペーンが魅力

   

今なら他社から乗り換えで
最大40,000円キャッシュバック!

指定メディア限定の新プラン登場
最大40,000円キャッシュバック

月ごとにデータ量が異なるなら「THE WiFi」がおすすめ

THE WiFi
THE WiFi

毎月のデータ使用量にバラつきがある方は、使った容量に応じて5段階の料金プランが自動適用されるTHE WiFiの「THE WiFi FiTプラン」がおすすめです。

【THE WiFiの概要表】を見る
プラン THE WiFi FiTプラン
契約期間 2年
月額料金 1GBまで:1,298円
5GBまで:1,628円
20GBまで:2,068円
40GBまで:2,596円
100GBまで:3,960円
実質料金 1GBまで:1,435円
5GBまで:1,765円
20GBまで:2,205円
40GBまで:2,733円
100GBまで:4,097円
初期費用 3,300円
データ容量 1GB・5GB・20GB・40GB・100GB
キャンペーン ・30日間お試し体験

※価格はすべて税込

THE WiFiのサービス内容に不安がある方は、30日間無料でお試し利用できるキャンペーンを活用しましょう。ただし、公式サイトで大々的に記載されている「4ヶ月間月額0円キャンペーン」は、THE WiFi FiTプランでは適用できないので注意してください。

THE WiFiは5GBまでなら毎月2,000円以内で利用できます。インターネットの使用頻度が低い方には特におすすめです。

   

THE WiFi

   

30日間無料お試し体験+
4ヶ月間0円キャンペーン中!

月額料金の安さを重視するなら「MUGEN WiFi」がおすすめ

Mugen WiFi
Mugen WiFi

ポケット型WiFiに月額料金の安さを期待する方には、データ容量100GBがお得な「MUGEN WiFi」がおすすめです。

【MUGEN WiFiの概要表】を見る
プラン 通常プラン
契約期間 2年
月額料金 3,718円
実質料金 3,438円
初期費用 3,300円
データ容量 100GB
キャンペーン ・最大10,000円キャッシュバック
・30日間のお試し体験

※価格はすべて税込

MUGEN WiFiでは月額660円を支払うことで、契約期間の縛りがないプランに変更することが可能です。MUGEN WiFiでも30日間のお試し体験キャンペーンを実施しているので、気になる方は1ヶ月だけ利用してみるのもいいかもしれません。

大容量を最安で利用したいなら「AiR-Wifi」がおすすめ

Air-Wifi
引用元:AiR-WiFi[6]

大容量100GBのポケット型WiFiを最安級の料金で利用したい方は「AiR-Wifi」がおすすめです。

【AiR-Wifiの概要表】を見る
プラン サクッとプラン
契約期間 1年
月額料金 3,278円
実質料金 3,553円
初期費用 3,300円
データ容量 100GB
キャンペーン 30日間お試しモニター

※価格はすべて税込

契約期間が1年と短いため、期間内の総額では他社100GB帯のポケット型WiFiよりもお得に利用できます。またAiR-Wifiでも、ポケット型WiFiを30日間お試し利用することが可能です。

月額330円で契約期間なしに変更できたり、月額660円の安心オプションで端末の補償が受けられたりと、オプションも充実しています。

解約の違約金を安くしたいなら「BIGLOBE WiMAX」がおすすめ

BIGLOBE WiMAX +5G
BIGLOBE WiMAX +5G

解約する可能性を考慮して、違約金が安い窓口を探している方には「BIGLOBE WiMAX」がおすすめです。

【BIGLOBE WiMAXの概要表】を見る
プラン BIGLOBE WiMAX +5G
契約期間 1年
月額料金 初月:0円
1〜24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目以降:4,928円
実質料金 5,229円
初期費用 ・事務手数料:3,300円
・端末代:21,912円
違約金 ・1年未満:1,100円
・2年目以降:0円
データ容量 150GB
キャンペーン ・15,000円キャッシュバック
・24ヶ月間の月額料金の割引

※価格はすべて税込

BIGLOBE WiMAXなら、仮に1年以内に解約した場合でも違約金は1,100円です。2年目以降はいつ解約しても違約金が発生しないのでお手軽に利用できるポケット型WiFiといえます。

端末とセットで契約することで15,000円のキャッシュバックがもらえます。ほかのWiMAX窓口と比べて端末代がやや割高ですが、高額キャッシュバックがもらえるとなれば、それほど問題ないことだといえます。

楽天回線エリア内なら「楽天モバイル」がおすすめ

楽天モバイル
楽天モバイル

楽天回線エリア内なら、月額3,278円でデータ容量無制限で使える「楽天モバイル」もおすすめです。

【楽天モバイルの概要表】を見る
プラン Rakuten UN-LIMIT VI
契約期間 なし
月額料金 1GBまで:0円
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB以降:3,278円
実質料金 1GBまで:0円
3GBまで:808円
20GBまで:1,633円
20GB以降:2,458円
初期費用 0円
データ容量 無制限
キャンペーン ・Rakuten UN-LIMIT VIプラン料金3ヶ月無料キャンペーン
・iPhone乗り換え最大30,000ポイント還元
・手持ちのiPhoneでの乗り換えで最大20,000ポイント還元
・Androidとのセット契約で最大25,000円分をポイント還元
・楽天ポイント+1倍
・楽天ひかり1年無料

※価格はすべて税込

楽天モバイルでは「Rakuten UN-LIMIT VIプラン料金3ヶ月無料キャンペーン」で、月額料金を3ヶ月無料で利用できます。また楽天モバイル契約中は、楽天ポイントの還元率が常に+1倍アップします。楽天市場で買い物をする機会が多い方には特におすすめです。

ただし楽天回線エリアは限定的で全国的にすべての場所で利用できるわけではありません。データ容量無制限で使えるのか十分確認したうえで申し込みしてください。

6/30まで! 今なら申し込みだけで
8,000円分ポイント還元中

テザリングを行うための設定手順

スマホと女性
テザリングを行うための設定手順

スマホさえあればWiFi接続できる「テザリング」は、別回線の契約をしたくない人におすすめです。テザリングではスマホの通信量やバッテリーを消費するので、大容量のデータ通信を長時間利用しない方に向いていますよ。

注意点として、テザリングの設定手順は機種によって異なることは理解しておかなければなりません。ここではiPhoneでテザリングを行う際の設定手順についてご紹介します。

テザリングの設定手順

①設定アプリを開く
②「モバイルデータ通信」をタップ
③「インターネット共有」をタップ
④「インターネット共有」をオン(緑色)にする
⑤「Wi-FiとBluetoothテザリングをオンにする」をタップ
⑥「”Wi-Fi”のパスワード」をタップ
⑦「”Wi-Fi”のパスワード」をタップ

上記手順後、パソコンなどの接続機器側でWiFiの候補として「○○のiPhone」とユーザー名つきで表示されます。それをタップ後に上記手順で設定したパスワードを入力すればインターネットに接続できるはずです。

Android端末の場合は、機種によって設定方法が変わってきます。端末購入時のマニュアルやインターネットの情報から、テザリングの利用方法を探してみてくださいね。

一人暮らしでインターネット契約をするときの注意点

PCを操作する男性
一人暮らしでインターネット契約をするときの注意点

一人暮らしでインターネット契約をする際、いくつか注意していただきたいポイントがあります。ここでは3点ほど紹介するので、回線の申し込み前に確認しておきましょう。

賃貸物件にはインターネット「完備」物件とインターネット「対応」物件がある

賃貸物件の備え付けの回線を利用する場合、インターネット「完備」物件と「対応」物件という2つの種類があることを覚えておきましょう。

インターネット完備物件とはプロバイダ契約まで完了している建物のことを指しています。回線とプロバイダの契約が最初から済んでいる状態なので、入居後すぐにインターネットを利用できます。速度が遅く不安定な可能性がある分、利用料が無料である場合が多いです。

一方インターネット対応物件とは、建物の共用部分まで回線工事が完了している建物のことを指しています。インターネットを利用したい場合、回線を自室に引き込む工事が必要で、完備物件より利用開始までに時間がかかってしまいます。しかしプロバイダを自分で選べる点はメリットといえるでしょう。

【インターネットの完備物件と対応物件の違い】

完備物件 対応物件
特徴 ・プロバイダ契約まで完了
・入居したらすぐにインターネットが使える
・集合住宅の共用部分まで回線工事が完了
・プロバイダ契約を自分で行う必要がある
メリット ・回線とプロバイダ契約の手続きが不要
・工事やプロバイダ契約の初期費用を抑えられる
・インターネットの利用料が無料
・回線に応じたプロバイダを自分で選べる
・建物内で共用していない場合は速度低下のリスクが低い
デメリット ・入居後すぐに使える・プロバイダを自分で選べない
・通信速度が遅く不安定な可能性が高くなる
・入居後すぐに使えない可能性がある
・プロバイダ契約の手間や初期費用がかかる

備えつきのインターネットを利用する場合は、建物全体で1つの回線を共有しているため、ほかの部屋の住人が同じ時間にアクセスすると速度が遅くなる可能性が高いです。

できる限り費用を抑えたい人はインターネット「完備」物件を、プロバイダを自分で選びたい人はインターネット「対応」物件を契約するといいでしょう。

引越し先で契約が継続できない場合がある

利用中の回線が引っ越し先で提供エリア外の場合は、契約が継続できません。回線契約を継続したい場合は、引っ越し先を決める際にエリアをカバーしているか確認するようにしましょう。

また引っ越し先の物件によっては利用可能な光回線が決まっており、契約を継続できない可能性があります。その際は、現在の回線を解約してから、物件対応の回線を新規契約しなければなりません。

このように引っ越しでは契約を継続できないケースがいくつかあります。そのため頻繁に引っ越しをする予定がある方は、手続きが簡単もしくは不要なモバイル回線に申し込んだほうが賢明かもしれませんね。

解約時の違約金も考慮して契約する

インターネット回線では、契約期間内の解約で違約金が発生します。違約金は窓口によって金額が異なり、数千円〜数万円と振れ幅が大きいです。契約期間内に解約する可能性がある方は、申し込み前に必ず確認しておきましょう。

また「解約するかどうか今はわからない」という方は、契約期間が短い回線を選んでみてください。契約期間が短ければ、違約金が高額な場合でも、その契約期間さえ終われば無料で解約できます。

まとめ

今回は一人暮らしをはじめる際、インターネット回線の導入を検討している方に向けて、おすすめの光回線やホームルーター、ポケット型WiFiなどを詳しく解説してきました。

結論を申し上げると、各インターネット回線は以下の特徴をもつ方におすすめといえます。

【各インターネット回線をおすすめできる人の特徴】

回線名 おすすめできる人の特徴
光回線 ・開通工事ができる物件にお住まいの人
・高画質動画やオンラインゲームなど高速で大容量の通信が必要な人
・短期間で引っ越しをする予定がない人
ホームルーター ・光回線の工事ができない、もしくはしたくない人
・自宅専用のインターネット回線を検討している人
・お手軽さと速度の速さの両方を求めている人
ポケット型WiFi ・光回線の工事ができない、もしくはしたくない人
・外出先でもWiFi接続が必要な人
・豊富なデータ容量から最適プランを選びたい人
テザリング ・光回線の工事ができない、もしくはしたくない人
・別途回線の契約なしでWiFi接続したい人
・緊急時にインターネット接続できる手段を確保したい人

自分に光回線が合っていると感じた方は、利用中のスマホのキャリアベースで申し込み先を判断しましょう。工事ができない方やしたくない方は、コンセントに挿すだけで使えるホームルーターを目的別に選びましょう。外出先でもWiFiに接続したいという方には、自分のデータ使用量に合わせてポケット型WiFiを契約しましょう。

一人暮らしでインターネットの導入を検討されている方は、今回の記事で各回線の特徴を十分理解したうえで、最適の窓口から申し込みしてみてください。

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン