UQ mobile の速度・評判・特徴は? 安くて速い!高い通信品質を誇るMVNO

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: まとめ

タグ:

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
UQ mobile の速度・評判・特徴は? 安くて速い!高い通信品質を誇るMVNO

今やスマホは、docomo、au、SoftBankだけじゃない。MVNOと呼ばれる携帯電話会社が毎月の携帯料金を抑えることができると話題で、2016年も大きく契約者数を伸ばしました。

MVNOは多くありますが、中でも「安くて速い!」高い通信品質を誇ると言われているのが、UQ mobile(UQ モバイル)。最近はピンクのガチャピン、青のムック、三姉妹のCMでも話題になり、2016年10月以降急速に新規契約者数を伸ばし、MVNO市場の30%獲得が見えてきています。

顧客満足度88%

新規獲得をするだけではなく、お客様満足度は88%。辛口批評誌「家電批評」の格安SIM部門でも「ベストバイ・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞した、今、最も勢いのあるMVNOです。

今回はそのUQ mobileに焦点をあててUQ mobileの速度・評判・特徴を徹底的に紹介します。

公式サイトはこちら:UQ mobile

目次:

UQ mobile とは

「UQ mobile」はKDDIグループのUQコミュニケーションズがサービスを提供するMVNOです。UQ(ユーキュー)という単語のつくサービスとしてより有名なのはモバイルWi-FiサービスのUQ WiMAXが挙げられますが、こちらも同じくUQコミュニケーションズが提供するサービスとなります。

UQ mobileでは、サービス提供にあたってはau(KDDI)の回線設備を利用しており、基本的にはSIMカードも主にau系スマートフォンでの使用により適した内容になっています。

ただし最近ではSIMフリースマートフォンの中にも「auVoLTE」に対応したモデルが登場してきており、多くのスマートフォンで使用することも可能になってきました。通信速度、月額料金も評価が高く注目の通信会社のひとつです!

UQ mobile

UQ mobile の実際の通信速度は?

UQ mobileの最大の魅力が「通信品質」です。docomo、au、SoftBankなどの大手携帯会社から乗り換える際にどうしても気になってしまうのが「速度」。毎月の携帯料金が安くなっても通信速度が遅いのは嫌だという人も多いのではないでしょうか?

格安SIMの多くは通信トラフィックが集中しがちな朝(通勤・通学の時間帯)、昼(昼休みの時間帯)、夜(22時以降)に通信速度が落ちる傾向にあります。
UQ mobileもこの傾向はあるのですが、他の格安SIMと比べると、混雑する時間帯においてもストレス無く使用できる通信速度が出ることが多いです。

実際にモバレコで毎週行っている「通信速度の定点観測」でもUQ mobileの通信速度は主要のMVNOと比べてもダントツで速い数値を記録しています。朝、昼、夜を通じて安定しており、安心のできる品質といえます。

[下り(朝・昼・夜)測定の平均速度]

UQ mobile OCN IIJ 楽天 mineo A
11月第1週 37.65 1.88 2.63 1.76 8.19
11月第2週 21.68 2.16 4.16 2.26 8.33
11月第3週 21.29 4.55 5.11 2.87 15.61
11月第4週 23.76 2.38 5.82 6.62 7.27
11月第5週 22.07 4.35 3.86 5.56 13.64
12月第2週 19.42 2.72 3.56 5.27 10.04
12月第3週 22.45 2.76 4.71 4.89 12.19

[上り(朝・昼・夜)測定の平均速度]

UQ mobile OCN IIJ 楽天 mineo A
11月第1週 5.40 1.07 2.37 3.74 4.62
11月第2週 6.81 2.94 3.85 3.59 4.44
11月第3週 4.66 2.11 2.29 2.46 4.53
11月第4週 4.05 2.81 3.50 2.57 6.93
11月第5週 6.57 3.13 4.77 1.83 6.14
12月第2週 5.89 3.10 4.27 4.43 5.35
12月第3週 6.19 2.47 3.53 2.36 4.27

MVNOの通信速度は契約者数や設備投資によっても変わってきますが、2016年から2017年を見る限り「一番速いMVNO」と言ったら、間違いなくUQ mobileなのではないでしょうか? 速度で選ぶならUQ mobileがオススメです!

モバレコ速度比較の推移

モバレコの速度比較2016年11月から12月下り総合。他を寄せ付けない速さを記録

モバレコ内の格安SIMの通販サイト「モバレコ バリューストア」ではおすすめのUQ mobileのSIMを今なら初期費用53%OFFで購入することができます。SIMの契約時にかかる初期費用を抑えて、お得にUQ mobileのSIMを手に入れましょう。

「モバレコバリューストア」でUQ mobileの格安SIMを見てみる
(モバレコ バリューストア特別価格 初期費用:3,000円 → 1,400円

UQ mobile の料金プランをチェック

2017年1月現在においてUQ mobileが提供する料金プランは

  • 「データ通信専用プラン」
  • 「データ通信+音声通話プラン」
  • 「データ通信+音声通話(無料通話付き)」

の3種類に分類できます。

データ通信専用プラン

データ通信専用プランには、3GBまでの高速データ通信容量が設定された「データ高速プラン」とデータ通信容量に制限のない「データ無制限プラン」が用意されています。それぞれの月額基本料金は次のとおりです。

データ高速プラン データ無制限プラン
月額基本料金(税抜) 980円 1,980円
通信速度(受信) 150Mbps 500Kbps
通信速度(送信) 25Mbps 500Kbps
月間高速データ通信容量 3GB 無制限
最低利用期間 なし

データ高速プラン」の通信速度は受信最大150Mbps(送信最大25Mbps)。月間の高速データ通信容量が3GBを超えると、送受信ともに最大200Kbpsとなる速度規制が設けられています。

高速データ通信容量に関しては、「ターボ機能」を活用すれば任意でオン・オフを切り替えることが可能。前月に余った高速データ通信容量は翌月末までくりこすこともできます。また月半ばで高速データ通信容量を使い切ってしまったという場合は100MBまたは500MB単位でのチャージにも対応しているので、状況に応じたやりくりが出来ます。

一方、「データ無制限」プランの通信速度は送受信とも最大500Kbps。こちらは月間でのデータ通信容量は無制限となっています。無制限プランは500Kbpsと通信速度は落ちますが、データ容量を気にすることなく使えるので動画の視聴や大きなデータのダウンロードが多い人にオススメです。

データ無制限プランも高速データ通信容量が必要であれば購入(チャージ)が可能。またチャージした分についてはターボ機能でオン・オフを手動切り替えられるので、どうしても高速通信が使いたいときに使えます。

「データ高速プラン」「データ無制限プラン」のいずれにおいても、0~24時までを1日として、当日を含む直近3日間の総データ通信容量が6GB以上となる場合には別途通信速度が制限される場合があります。

データ通信専用プランには最低利用期間は定められておらず、最短1ヶ月からの契約・利用が可能なので、お試し購入してもいいですね。

■ データ専用プランのお申込みはこちら
(モバレコ バリューストア特別価格 初期費用:3,000円 → 1,400円
データ高速プラン 月額¥980(税抜)[モバレコ バリューストア]
データ無制限プラン 月額¥1,980(税抜)[モバレコ バリューストア]

データ通信+音声通話プラン

データ通信に音声通話がついたプランも、3GBまでの「データ高速+音声通話プラン」と無制限の「データ無制限+音声通話プラン」が用意されています。それぞれの月額基本料金は次のとおりです。

データ高速+
音声通話プラン
データ無制限+
音声通話プラン
月額基本料金(税抜) 1,680円 2,680円
通信速度(受信) 150Mbps 500Kbps
通信速度(送信) 25Mbps 500Kbps
月間高速データ通信容量 3GB 無制限
国内通話料 20円(税抜)/30秒
最低利用期間 12ヶ月間

データ通信に関するルールは前述のデータ通信専用プラン同様です。データ高速+音声通話プランの通信速度は受信最大150Mbps(送信最大25Mbps)。月間の高速データ通信容量が3GBを超えると、送受信ともに最大200Kbpsとなる速度規制がかかります。データ無制限+音声通話プランの通信速度は送受信とも最大500Kbps、月間でのデータ通信容量は無制限です。

音声通話は国内通話料は20円(税抜)/30秒となっています(国際通話料は発信先により異なります。詳細はUQ mobileの公式サイトでご確認下さい)。

UQ mobile 通話料金について

データ通信+音声通話プランは、デー専用プランと違い、最低利用期間が利用開始日から12ヶ月間となり、この期間内に解約(MNP転出含む)する場合は、契約解除料として9,500円(税抜)がかかるので注意です。

■ データ専用+音声通話プランのお申込みはこちら
(モバレコ バリューストア特別価格 初期費用:3,000円 → 1,400円
データ高速+音声通話プラン 月額¥1,680(税抜)[モバレコ バリューストア]
データ無制限+音声通話プラン 月額¥2,680(税抜)[モバレコ バリューストア]

データ通信+音声通話(無料通話付き)

データ通信+音声通話プランに無料通話が付いたプランには「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」の2つがあります。

現在はお得なキャンペーン中で無料通話も通信容量も増量、「ぴったりプラン」は90分相当の無料通話2GBの高速データ通信容量を組み合わせで「よく電話をする人」でも十分と使えるプランになっています。それでも足りない長電話を良くする方なら「たっぷりプラン」はなんと180分の無料通話6GBの通信容量でその名のとおりたっぷりと使うことができます。

それぞれの月額基本料金は次のとおりです。

ぴったりプラン たっぷりプラン
月額基本料金(税抜) 1,980円 2,980円
無料通話 90分相当* 180分相当*
通信速度(受信) 150Mbps 150Mbps
通信速度(送信) 25Mbps 25Mbps
月間高速データ通信容量 2GB* 6GB*

※2016年10月25日から2017年2月21日までに、新規でぴったりプランもしくはたっぷりプランへご契約いただいたお客さまに限り、2016年11月から2017年2月のご利用分まで、無料通話料がぴったりプランで3,600円、たっぷりプランで7,200円となります。なお2017年3月以降は、月次単位の無料通話料は終了となり、1回あたり5分以内の国内通話が無料となるおしゃべりプランS/Mに移行となります。

au及びau系MVNOからの転入時はこの料金は適用されないのと、14ヶ月目からはぴったりプランは2,980円、たっぷりプランは3,980円になるので注意が必要です。

■ ぴったりプラン・たっぷりプランのお申込みはこちら
(モバレコ バリューストア特別価格 初期費用:3,000円 → 1,400円
ぴったりプラン 月額¥1,680(税抜)[モバレコ バリューストア]
たっぷりプラン 月額¥2,680(税抜)[モバレコ バリューストア]

UQ mobileの料金プランにはその時によって様々なキャンペーンがあります。キャンペーンによってはかなりお得に購入できる場合もあるので、チェックしておきましょう。

ぴったりプランの最低利用期間は利用開始日を含む月を1ヶ月目として25ヶ月目の月末まで(約2年)となります。この期間内に解約(MNP転出含む)する場合は、契約解除料として9,500円(税抜)がかかります。

契約更新月を過ぎると自動更新されるので要注意

契約更新月を過ぎると自動更新されるので要注意

更新月となる26ヶ月目であれば契約解除料はかかりませんが、ここを逃すと再び24ヶ月間の契約として自動更新が行われる点は注意が必要です。

UQ mobile

UQ mobile のデータ通信 便利な4つの機能

ここまで紹介したデータ通信専用プラン、データ通信+音声通話プラン、データ通信+音声通話プラン(無料通話付)全てに共通することとして、UQ mobileではデータ通信に関する便利な機能を4つ用意しています。

ここでは個別にその内容を見ていきましょう。

ターボ機能

1つめは「ターボ機能」

高速と低速で通信速度を制御できる「ターボ機能」

高速と低速で通信速度を制御できる「ターボ機能」

他の格安SIMと比べた際、UQ mobileでは高速データ通信容量の選択肢がかなり絞り込まれています。データ通信専用プランであれば「3GB」と「無制限」の2種類のみです。

この容量で実際に1ヶ月持つのかが心配になるかもしれませんが、そういった方の頼れる見方として高速データ通信のオン・オフを手動で切り替えて使うことが可能です。

高速データ通信をオフにした際の通信速度は送受信最大200Kbps(ぴったりプランの場合のみ300Kbps)となりますが、メールを読む、SNSをチェックするといった程度であれば十分。

動画を見るなどどうしても通信速度を確保したいときのみ高速データ通信をオンにするといった使い方を意識することで、結果的に毎月の携帯料金を安く収めることもしやすい設計です。

データ容量くりこし

2つめは「データ容量くりこし」

余った高速データ通信容量は翌月末までくりこし可能

余った高速データ通信容量は翌月末までくりこし可能

これはそのままですが、当月分として余ってしまった高速データ通信容量を翌月末までくりこすことが可能です。

前述のターボ機能を活用して節約すれば、その分、翌月は少し余裕を持って高速データ通信を利用する、といったことも可能になります。

なお前月からのくりこしがある場合、使用される順序は前月分からくりこした高速データ通信容量→当月分の高速データ通信容量→追加購入したデータ通信容量となるため、基本的に使用を焦る必要もないでしょう。

データチャージ

3つめは「データチャージ」

万が一の場合はチャージ(追加購入)もできる

万が一の場合はチャージ(追加購入)もできる

月半ばにしてどうしても高速データ通信容量がなくなってしまった。あるいはデータ無制限プランを契約しているが、高速データ通信も使いたい。そんな場合に高速データ通信容量が追加購入できるしくみです。

購入単位は「100MB」または「500MB」となっており、価格などは次のとおりです。

【100MB】
・料金:200円(税抜)
【500MB】
・料金:500円(税抜)

なおぴったりプランにおいては、新規およびMNP転入(auおよびau系MVNOからのMNP転入を除く)で契約したユーザーに対しては、課金開始日を含む月を1ヶ月目として最大25ヶ月間、以下のデータチャージ分が割引(無料)となります。

【ぴったりプラン】
・最大税抜1,000円分(500MBx2回=1GB相当分)を割引
【たっぷりプラン】
・最大税抜3,000円分(500MBx6回=3GB相当分)を割引

チャージした高速データ通信容量の有効期限は90日間となっており、前回チャージした分がまだ残っている状態で追加購入した場合は、すべてのチャージ分の有効期限が最終購入日より90日後に上書き更新されます。

UQ mobile ポータルアプリ

最後は「UQ mobileポータルアプリ」

公式アプリ「UQ mobileポータルアプリ」

多機能で便利な公式アプリ「UQ mobileポータルアプリ」

こちらはUQ mobileが公式アプリとして提供しているもので、現在の高速データ通信容量の利用状況、ターボ機能のオン・オフ、データチャージ(追加購入)や残量確認を簡単に行なえるようになっています。

アプリ自体はAndroid/iOSの両主要OS向けに提供されており、それぞれの公式アプリストア(Google Play/App Store)からダウンロード・インストールが可能です。

UQ mobile

UQ mobile の気になる口コミや評判

UQ mobileに関しての口コミや評判をインターネットを中心にチェックしてみると、他の格安SIMで特に聞かれることの多い「通信速度」に関する不満がまずほとんど聞かれません

他の格安SIMと比較すると、どの時間帯においても通信速度はよくでている傾向にあり、速度面でよりストレスフリーに使える格安SIMを探している場合には希望にマッチする可能性が高いといえるでしょう。

またユーザー向けのサポートについても、よくある質問をまとめた専用ページの他、専用メールフォームからの問い合わせ、電話での問い合わせに対応しています。

特に電話での問い合わせに関しては、対応窓口となるUQお客様サポートセンターの受付時間が9:00~18:00(”年中無休“)となっており、平日は忙しくて電話できないといった方でも利用しやすくなっています。

通話料はスマートフォン、携帯電話、PHS、一般電話いずれからの発信でも無料となっている点もうれしいところです。

こういった細かいサービスも不満な話を多く聞かない理由のひとつとなっているのかもしれませんね。

UQ mobile

UQ mobile のメリットやデメリット

ここまで紹介してきた料金プランや通信速度以外で挙げられる、UQ mobileのメリット・デメリットも3つほど紹介していきます。

メリット①:Try UQ mobileで契約前のお試しが可能

現在日本国内で格安SIM(MVNO)サービスを展開する事業者の数はかなり増えつつアリますが、その中でも2017年1月時点においてUQ mobileだけが唯一提供する最大のメリットとなるのがSIMカードやスマホのお試しレンタルサービス「Try UQ mobile」でしょう。

SIMカードやスマホのお試しレンタルサービス「Try UQ mobile」

SIMカードやスマホのお試しレンタルサービス「Try UQ mobile

キャリアなどから格安SIMへののりかえを検討する場合、もっとも不安になることのひとつといえば「利用可能エリアや通信速度など、実際に使う場所で本当に使うことができるのか?」ということ。データではエリア対応も通信速度も問題ないはずなのに、実際に自分の家で使ってみたら、何故か電波がつかめないということも起こりえます。

他社からのりかえる際には契約期間もあり不安も多い

他社からのりかえる際には契約期間もあり不安も多い

特に音声通話付きプランは最低利用期間が短いところでも1年以上としているところが多く、契約して使ってみたら理想と大きくかけ離れていたというケースは誰しも恐れるところです。

ですがUQ mobileの「Try UQ mobile」を利用すると、UQ mobileのSIMカード、あるいはSIMカードとスマホをセットでレンタルし、実際に使う場所で動作を確認することが可能です。

SIMカード単体、あるいはスマホとのセットでレンタルできる

SIMカード単体、あるいはスマホとのセットでレンタルできる

レンタル期間は15日間で、この中には貸出機器の発送~返却日も含まれるため、実質使って試すことができる期間は10日前後でしょう。とはいえ、日常の行動エリアでの使い勝手を確認するには十分な日数です。他の格安SIMにはない「Try UQ mobile」は大きなメリットです。

UQ mobile のSIMを購入する

メリット②:SMS/テザリング/音声通話プラン専用オプションが無料

UQ mobileならではのメリットといえる2つ目のポイントはSMSやテザリング利用、音声通話プラン専用の通話転送サービスといったオプション機能が無料で利用できること。

SMS機能に関しては、多くの格安SIMで有料オプションとして提供されていますが、UQ mobileの場合はデータ通信専用プランであっても、無料でSMS機能が付いてきます(※SMS送信料は別途発生します)。

テザリングに関しては一部機種によって(ハード的に)利用できないケースもありますが、そういった対応状況は動作確認端末一覧でしっかり確認が可能。

動作確認端末一覧|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

今やタブレットにパソコン、ゲーム機といったようにインターネットに接続して楽しむ機器も多く、活用する場面も多い「テザリング」。当然データ通信容量は気にする必要がありますが、この「テザリング機能」自体が無料で使える点は魅力的です。

UQ mobile のSIMを購入する

メリット③:お店でもネットでも即日開通が可能

メリットの3つ目は、実店舗で契約した場合でも、インターネットから申込んだ場合でも、回線の即日開通に対応していること。新規契約はもちろん、MNP転入を利用した他社からののりかえでもOKです。

店舗でもネットでも即日開通可能

店舗でもネットでも即日開通可能

例えばインターネットから申し込みをした場合。新しいSIMカードが手元に届いたら、そこから回線の切り替え手続きをネット上で申請すると、即日新しいSIMカードが使用できるようになります(手続きをしない場合はSIMカード発送の7日後に自動的に回線切替が行われるので要注意)。

最近では家電量販店内に専用カウンターを設置し、店舗で手続きを行なえば即日回線の切り替え・開通ができる事業者も増えてきました。ですが必ずしもそういった店舗が近所にあるとは限りません。

そういった意味では契約する人それぞれの状況を選ばず便利に手続きが完了できる点もUQ mobileの強みのひとつです。

デメリット:機種選びがやや複雑

ここまで紹介してきたメリットはどれも魅力的なものでしたが、ではデメリットがないかいえばそんなわけでもありません。

UQ mobileを利用する上で最もわかりにくいことが「使用できる機種の選択」です。

格安SIMの半数以上を占めるNTTドコモの設備を利用してサービス提供とは異なり、UQ mobileはauの設備を利用しています。そのため通信方式もauと同様

auが運用している3Gの通信方式はNTTドコモやソフトバンクのものと規格が異なるため、量販店などで購入できるSIMフリースマートフォンでUQ mobile自体が使用できないケースがあります。

最近ではauのLTEやVoLTEに対応する機種が増えつつあり、問題点は少しずつ解消にも向かっていますが、まだまだ機種選びを気をつける必要があることには変わりありません。

「じゃあauのスマホなら問題なく使えるよね?」と思いたいところですが、これもそうとはいえません。SIMロックを解除しないと使えない場合もありますので、購入前にしっかりと確認しましょう。

ではどうやって機種選びをすればよいのか迷ったら、モバレコの専用ページで詳しく書いてありますのでこちらを確認して下さい。

UQ mobile

UQ mobile の取扱い機種をチェック

UQ mobileではSIMカード単体だけでなく、スマートフォンをセットで購入することも可能です。特に前述の「機種選び」に不安を持っている場合は、UQ mobileが販売する(=きちんと使える保証がある)機種から選ぶことはとても安心できると思います。

■ UQ mobileの格安SIMを端末とセットで購入するなら「UQ mobile モバレコ店

UQ mobileモバレコ店

モバレコでは通常 UQ mobileでスマホを買うと発生する3,000円のSIMパッケージ料金がなんと無料になる「UQ mobile モバレコ店」を運営しています。UQ mobileのスマホが公式よりも3,000円安く購入できるチャンス! UQ mobileのスマホを買うならモバレコ店でどうぞ!

2017年1月現在において取扱い中および今後取扱い予定として発表済みの機種からオススメの端末をいくつかピックアップして特徴を紹介します。

ZenFone 3

ZenFone 3

2.0GHz/オクタコアのCPU、3G RAM、指紋認証にハイレゾ再生とASUSの大本命といえるメインモデル。

SIMフリースマホの中でも人気のあったZenFone 2 Laserから高級感溢れるガラスボディに変わり、要望の高かった指紋認証にも対応したZenFoneシリーズの最新作。

P9 lite PREMIUM

P9 lite PREMIUM

人気のSIMフリースマホ「Huawei P9 lite」がバージョンアップ「Huawei P9 lite PREMIUM」として、UQ mobileで登場。

オクタコアCPU、3G RAMとミドルスペックの中ではかなりの上位スペック。高速の指紋認証やスッキリとした高級感のあるデザインでさらにWiMAX2+に対応して通信も快適。

arrows M03

arrows M03

お手ごろで使いやすく人気機種だったarrows M02の後継機。なんと言ってもお勧めのポイントは国産メーカーならではの使い勝手の良い機能性。

防水防塵はもちろん、ワンセグやおサイフケータイに対応してるのがポイント。扱いやすい5.0インチのディスプレイでおススメのミドルスペックスマホ。

これらの端末以外にも魅力的な端末を随時追加販売しています。詳しくはUQ mobile端末特集を確認してください。

UQ mobile

UQ mobile はiPhone 7/7 Plusでも使用できる?

UQ mobileでSIMカードとセットでスマホを購入するのがもっとも間違いないといえますが、やはり最新のiPhoneで使いたい!という人もいますよね。

2017年1月時点でUQ mobileの動作確認端末リストを確認してみると、最新モデルiPhone 7/7 Plusを含むiPhoneシリーズ全般が記載されていません。

ただしUQお客様サポートセンターに電話で確認してみると、「ホームページ上に記載はありませんが、SIMフリーモデルのiPhone 7/7 Plusでも動作確認は取れている」とのことでした。

iPhone 7/7 Plus

実際にSIMフリーモデルのiPhone 7/7 PlusをUQ mobileのSIMカードで使用するにあたり主に注意したいことは次の2点です。

  • SIMカードの種類はマルチSIM(VoLTE対応)を選ぶ
  • テザリングは使用できない
  • プロファイルの設定にはWi-Fi環境が必要

テザリング使用不可については、2016年10月時点においてはUQ mobileに限らず、au系のMVNOすべてで使用不可となっています。この点だけは現時点では諦めるしか方法はないでしょう。

またSIMカードでモバイルデータ通信を行なうために必要なプロファイルの設定に関しては、UQ mobileのSIMカードを挿した後、UQ mobile公式サイト内のiOS端末の設定方法のページからプロファイルをダウンロード・インストールすることになります。

この際、設定前のタイミングではSIMカード自体で通信ができない=プロファイルがダウンロードできない状況になるので、利用に当たっての初期設定時にはWi-Fi環境が必要です。

UQ mobile

まとめ:気に入る機種が使えるならストレスない通信品質はかなり魅力的

最後にUQ mobileの特徴を、あらためてまとめておきます。

  • 通信品質・速度は数多いMVNOの中でもトップクラス
  • 限られたデータ通信を賢く使うための機能が揃っている
  • 高速データ通信容量(プラン)の種類は多くはないがわかりやすい
  • 機種選びは動作確認端末一覧などでしっかり確認が必要

料金プランなどの特徴から評判、メリット・デメリット、取扱機種などひととおり見てきましたが、やはりUQ mobileの最大の特徴といえるのは格安SIM界においても屈指といえる通信品質の高さでしょう。

使用するスマートフォンを選ぶ際には動作する・しないの相性をより気をつけて確認する必要がありますが、気に入った機種が使えるのであれば、通信速度はストレスフリーで使える内容だと思います。

auVoLTEに対応するSIMフリースマートフォンが増えてきており、UQ mobileは今オススメの格安SIMです。

公式サイトはこちら:UQ mobile

格安SIMを購入するなら「モバレコ バリューストア」がお得です。公式よりも安い初期費用で格安SIMを購入できるので是非チェックしてみよう。

●UQ-mobile|モバレコ バリューストア
(モバレコ バリューストア価格 初期費用:3,000円 → 1,400円

UQ mobile

UQ mobile 格安SIM 人気ランキング

通信品質・通信速度に定評のある、UQ mobileの格安SIM。オススメの第1位は「データ高速プラン」。月額980円とリーズナブルな値段が魅力。通話を重視しない人であれば、LINE無料通話などの通話アプリで十分。サブスマホにもオススメ!
第2位は「データ高速+音声通話プラン」。キャリアのスマホから乗り換える人にもオススメの音声通話付きのプラン。速度の速いUQ mobileなら、ほとんど違和感なく使えるのではないでしょうか。

データ高速プラン

UQ mobile

安く・速くスマホ使いたい人にオススメ!

月額料金 980円/通信速度:受信最大 150Mbps/データ量:3GB/月

>UQ mobileサイトで購入する

>モバレコ バリューストアで購入する(初期費用1,600円引きキャンペーン実施中)

データ高速+音声通話プラン

UQ mobile

メインスマホを安く乗り換えたい人にオススメ

月額料金 1,680円/通信速度:受信最大 150Mbps/データ量:3GB/月

>UQ mobileサイトで購入する

>モバレコ バリューストアで購入する(初期費用1,600円引きキャンペーン実施中)

データ無制限プラン

UQ mobile

動画やネットをたっぷり見たい人にオススメ

月額料金 1,980円/通信速度:受信最大 500Kbps/データ量:無制限

>UQ mobileサイトで購入する

>モバレコ バリューストアで購入する(初期費用1,600円引きキャンペーン実施中)

UQ mobile スマホ 人気ランキング

UQ mobileはau系の格安SIMで、docomo系に比べ、対応しているスマホが少ないという印象がありますが、最近ではかなりの端末が対応をしています。その中からオススメ第1位は「ZenFone 3 Laser」。リーズナブルでコスパの高いSIMフリースマホで間違い無し!オススメ第2位は「HUAWEI P9 lite PREMIUM」。人気のHUAWEIから出ているリーズナブルなP9 liteのUQ mobileに対応版と位置づけらるPREMIUMですが、実は中のCPUなども結構変わったお買い得なスマホです。

ZenFone 3 Laser

ZenFone 3 Laser

安くて安定した人気のあるスマホを探している人にオススメ

月額 2,480円~

>UQ mobileサイトで購入する

>UQ mobile モバレコ店で購入する(SIMパッケージ料金 3,000円OFF!)

P9 lite PREMIUM

P9 lite PREMIUM

安いだけじゃないプレミア感を求める人にオススメ

月額 1,980円~

>UQ mobileサイトで購入する

>UQ mobile モバレコ店で購入する(SIMパッケージ料金 3,000円OFF!)

ZenFone 3

ZenFone 3

ミドルスペックで安い、バランス重視の人にオススメ

月額 2,980円~

>UQ mobileサイトで購入する

>UQ mobile モバレコ店で購入する(SIMパッケージ料金 3,000円OFF!)

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

鬼ゲラウッ福カモンッの季節になりましたね。今年のエホー巻きはホクホクセイッを向いて食べるそうですよ。ちなみに「節分」を英語にすると、ただの"Setsubun"かと思いきや、"the last day of winter"というかっこいい名前がついていました。