カテゴリ: PC

大学生におすすめのパソコンの選び方を解説!用途別・価格別のおすすめを紹介

レポートやプレゼンなど、大学生活で使用する機会の多いパソコン。

メーカーサイトやオンラインストアなどを見ても種類が多く、どれがいいのかわからなくなってしまいますよね。

そこで今回は、大学生向けのパソコンの選び方、おすすめのパソコンを徹底解説します。

▼大学生におすすめのパソコン7選

  • 安さ重視!最低限の機能で選ぶなら…HP「15s-eq1000」
  • 何かあった時のサポート重視なら…NEC「LAVIE Direct N15(A)」
  • 薄さ軽さ重視!持ち歩くなら…Lenovo「ThinkBook 14 Gen 4」
  • コスパ重視なら…mouse「X4-i5」
  • 重い処理が多いなら…DELL「New Inspiron 14 Intel」
  • デザイン重視!おしゃれなPCなら…Apple「MacBook Air」
  • スペック重視!最新ゲームもやるなら…HP「OMEN 16」

持ち運びや価格の面から、本記事では主にノートパソコンをご紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

■ この記事で分かること

  • 大学生向けパソコンを選ぶ際に見るポイント
  • 大学生におすすめのパソコンメーカー
  • 大学生におすすめのパソコンランキング

- 安心の大手メーカー -

hp

HP

hpおすすめポイントはここ!

  • 世界的な大手ブランドの安心感
  • ノートPCからゲーミングPCまで販売製品の幅が広い
  • カスタマーサポートセンターでの充実したサポート体制
  • 正午までの注文で当日出荷の即納モデルあり
  • 毎週金曜~日曜にお得な「週末限定セール」開催中
  • 最大36回まで分割手数料無料&下取りも可能

対象モデルのパソコン購入で
amazonギフト券最大10,000円分プレゼントキャンペーン開催中!

大学生向けパソコンを選ぶ際に見るポイント

大学生向けパソコンを選ぶ際に見るポイント
キャプション

パソコンを購入しようと思いメーカーサイトなどを見てみると、様々なメーカーのパソコンが販売されていることが分かります。

また価格も幅広く、「費用は抑えたいけど低すぎるスペックだと心配…」と悩む方も少なくありません。

そこで、まずはパソコン選びに重要な、見るべきポイントを解説します。

パソコンを選ぶ際に気を付けたいポイントは以下の通りです。

■ 大学生向けパソコンを選ぶ際に見るポイント

  • OS
  • CPU
  • ストレージ
  • メモリ
  • サイズ・重さ
  • Microsoft Officeの有無

OS

OS
引用元:図解テック[1]

OSは「オペレーティング・システム(Operating System)」の略称で、パソコンを操作するための基本となるソフトウェアの事。

ほとんどのパソコンはMicrosoftが提供する「Windows OS」搭載ですが、Apple製品の「Mac OS」などいくつか種類があります。

iPhoneユーザーを筆頭に同じApple社製のMacを購入する方も増えていますが、企業で導入されているシステムはMac OS非対応のものが多い状況です。

大学生のうちに購入したパソコンを卒業後も使うのであれば、Windowsの方がおすすめです。

CPU

CPU
引用元:図解テック[1]

CPUは「Central Processing Unit(セントラル・プロセッシング・ユニット)」の略で、別名プロセッサーとも呼ばれます。

システムがプログラムを実行したり、WEBページを読み込んだり、ファイルをダウンロードする際に制御・演算の役割を担うのがCPU。

処理速度はCPUの性能にある程度左右されるので、パソコンの性能や価格に大きく関わってくる要素になります。

CPUは「Intel」と「AMD」のRyzenが有名で、Intel Core i5などは見たことがある方も多いでしょう。

ただしIntelのCPUは数字が大きいほど性能が良いのですが、種類ごとに世代があります。

例えば、「Core i7 第11世代よりもCore i5 第12世代の方が性能がいい」ということになる点はご注意ください。

▼性能順(例)

  • Core i7 第12世代
  • Core i5 第12世代
  • Core i7 第11世代
  • Core i5 第11世代

ストレージ

ストレージは文書、写真、音楽、プログラムなどのデータを保存する場所です。

ファイルを作成、読込み、保存した場合データはストレージに保存されます。

パソコンの仕様部分には「HDD」または「SSD」と記載される事もありますが、読み込みの速いSSDが主流。

後述のメモリと混同するかもしれませんが、メモリは”本など(データ)を広げて実際に作業する作業机”、ストレージは”本など(データ)をしまっておく棚や引き出し”とイメージするといいでしょう。

数値が大きいほど多くのファイルを保存できるので、動画や写真、音楽をたくさん保存するなら256〜512GBがおすすめです。

一方、講義で使う資料を保存する程度なら128GBでも問題ありません。

メモリ

メモリ
引用元:図解テック[1]

PCのメモリーは「RAM(ランダム・アクセス・メモリー)」とも呼ばれ、データなどを一時的に保存しておく役割があります。

前述の通り、メモリは”本など(データ)を広げて実際に作業する作業机”とイメージしてください。

作業机ですので、4GBよりも8GBといったように広い(多い)ほど作業がはかどります。

メモリの容量が大きいと複数のソフトを立ち上げても素早く動かせますし、大容量のデータも素早く開くことができます。

WEBサイトの閲覧や資料作成がメインの文系学生の場合は4〜8GBあれば十分といえます。

理系学生は講義でプログラミングや計算処理が必要なことも少なくありませんので、12〜16GBあるパソコンがおすすめです。

サイズと重さ

OSやCPU、ストレージ、メモリといったパソコンを構成する代表的な要素がある程度決まったら、サイズと重さも気になる所です。

画面サイズが大きいと必然的に全体のサイズ感も大きくなり、重くなっていきます。

パソコンを持参して講義を受けるなど持ち出して使う場面が多いなら、画面は13インチ前後、重さは1,000g(1kg)に近い軽いものを選びましょう。

Microsoft Officeの有無

価格に関係する要素として、Microsoft Officeの有無があります。

プレゼンで使用するPowerPointや表作成で使用するExcelは、Microsoft Officeのアプリケーションセットに含まれており、パソコンに必ず入っているわけではありません

Microsoft Officeのアプリケーションセットは買い切り版で3〜4万円するので、パソコンの購入費用が大きく変わるポイントといえます。

また、アプリケーションセットはPowerPoint無しの「Office Personal 2021」と、PowerPointありの「Office Home & Business 2021」があり、これによっても価格が変わります。

大学生に最低限必要なパソコンのスペック

学部の違いなどによってパソコンでの作業内容も異なりますが、大学生には最低限、以下のスペックがおすすめです。

▼最低限大学生に必要なスペック

  • CPU…Intel Core i5以上
  • ストレージ…128GB以上
  • メモリ…4GB以上

上記はあくまでも最低限ですので、パソコンを使う趣味を持っていたり、卒業後も使うならメモリは8GBあったほうがいいでしょう。

大学生におすすめのパソコンメーカー

メモリ大学生のおすすめのパソコンメーカ

パソコンを選ぶ際の要素を確認したら、次はどんなメーカーがいいのかも気になると思います。

大学生におすすめのPCメーカーと特徴を以下にまとめました。

▼大学生におすすめのPCメーカー

Microsoft Microsoft社のパソコンは「Surface」。
Microsoft Officeを提供している会社でもあるので、同アプリケーションセットが標準で搭載されている。
DELL 初心者向け〜ハイスペックまで幅広い取り扱い。
価格の安さが特徴で初心者向け。安くて使い勝手の良いパソコンが多い。
超ハイスペックのゲーミングモデルもある。
HP 初心者向け〜ハイスペックまで幅広い取り扱い。
国内シェア率3位。「使い方サポート」などのサポートオプションが充実しているので初心者にも安心。
NEC 初心者向け〜ハイスペックまで幅広い取り扱い。
「LAVIE」シリーズが有名。国内製品で高品質ながら価格は抑えめのモデルもある。初心者にも選びやすい。
Lenovo 初心者向け〜ハイスペックまで幅広い取り扱い。
ビジネス向けの「ThinkPad」が有名だが、一般向けの「IdeaPad」「Yoga」がコストパフォーマンス◎。
VAIO SONYからパソコン事業を引き継いだ会社。
スタイリッシュなデザインで品質が高い国内製品のため、価格は高め。
Apple iPhoneでもお馴染みの会社。パソコンは「Mac」。
パソコン以外のApple製品と連携して使えるのが魅力だが、他社製品と比べて価格が高め。

VAIOや富士通、NECといった国内製品は品質が良くサポートがしっかりしている分、価格は高めです。

一方海外メーカーのDELL、HP、Lenovoなどは低価格からハイスペックなものまで幅広く、コストパフォーマンスに優れているパソコンが多い印象です。

大学生におすすめのパソコンランキング7選

それでは、大学生におすすめのパソコンを利用シーンごとに価格順でご紹介します。

なお、価格はOSやメモリ容量などのカスタマイズ可能な部分を除いた最安値を記載しています。

▼大学生におすすめのパソコン7選

  • 安さ重視!最低限の機能で選ぶなら…HP「15s-eq1000」
  • 何かあった時のサポート重視なら…NEC「LAVIE Direct N15(A)」
  • 薄さ軽さ重視!持ち歩くなら…Lenovo「ThinkBook 14 Gen 4」
  • コスパ重視なら…mouse「X4-i5」
  • 重い処理が多いなら…DELL「New Inspiron 14 Intel」
  • デザイン重視!おしゃれなPCなら…Apple「MacBook Air」
  • スペック重視!最新ゲームもやるなら…HP「OMEN 16」

安さ重視!最低限の機能で選ぶなら | HP「15s-eq1000」

HP「15s-eq1000」
15s-eq1000(引用元:HP公式サイト[2]

とにかく安いパソコンが欲しい!という方にはHPの「15s-eq1000」がおすすめです。

Microsoft Office無しでの価格ですので、大学でMicrosoft Officeを提供されている場合などは4万円ほどの価格で購入できます。

ただし、メモリ4GBに128GBのストレージですのでマルチタスクや重い作業にはあまり向きません。

レポートや資料作成などの軽い処理がメインの、文系学生のエントリーモデルとしておすすめです。

OS Windows 10
※「Windows 11へ無料でアップグレード」対象製品
CPU AMD 3020e モバイル・プロセッサー+ Radeon™ グラフィックス
ストレージ 128GB SSD
メモリ 4GB
画面サイズ 15.6インチ
全体サイズ 358×242×17.9mm
重さ 約1.6kg
バッテリー駆動時間 最大9.5時間
Microsoft Office なし
価格 38,280円

何かあった時のサポート重視なら | NEC「LAVIE Direct N15(A)」

NEC「LAVIE Direct N15(A)」
LAVIE Direct N15(A)(引用元:NEC LAVIE公式サイト[3]

パソコンを購入するのが初めてで、何かあった時のサポートがしっかりしていたほうが良いという方にはNECの「LAVIE Direct N15(A)」がおすすめです。

性能に対して価格は少し高めですが、「メーカー/あんしん保証サービスパック」「デジタルライフレスキュー」といったサポートオプションが豊富に用意されています。

特に「デジタルライフレスキュー」はNECパソコン以外のデジタル機器(スマホやプリンタなど)を含む「わからない」をサポートしてもらえますので、不慣れな方に安心です。

OS Windows 11
CPU インテル Celeron 6305
ストレージ 256GB SSD
メモリ 4GB
画面サイズ 15.6インチ
全体サイズ 362.4×253.8×22.7mm
重さ 約2.2kg
バッテリー駆動時間 最大7.5時間
Microsoft Office Microsoft Office Home & Business 2021
価格 66,880円

薄さ軽さ重視!持ち歩くなら | Lenovo「ThinkBook 14 Gen 4」

Lenovo「ThinkBook 14 Gen 4」
ThinkBook 14 Gen 4(引用元:Lenovo公式サイト[4]

持ち歩くことが多く、薄くて軽いパソコンを探しているならLenovoの「ThinkBook 14s Gen 4」がおすすめです。

約1.4kg、薄さ17.9mmと持ち運びしやすいサイズであり、外出先で作業をするのに適した1台といえます。

メモリとストレージ容量も十分なものが搭載されており、軽いマルチタスクなら問題ない性能です。

OS インテルCore i3-1215U/インテルCore i5-1235U/インテルCore i7-1225U
CPU Windows 11
ストレージ 256GB/512GB/1TB SSD SSD
メモリ 8GB
画面サイズ 14インチ
全体サイズ 323x218x17.9mm
重さ 約1.4kg
バッテリー駆動時間 最大11.9時間
Microsoft Office なし
価格 94,930円~

コスパ重視なら | mouse「X4-i5」

mouse「X4-i5」
X4-i5(引用元:mouse公式サイト[5]

価格は高すぎず、かといって性能は妥協しないコスパのいいパソコンがいいならmouseの「X4-i5」がおすすめです。

CPU、ストレージ、メモリ容量やバッテリー駆動時間など、全体的なスペックのバランスに対して価格は89,800円〜とコストパフォーマンスに優れています。

価格に関しては、Microsoft Office込みなのもポイント。

PowerPointが入っている「Microsoft Office Home and Business 2021」へのアップグレードも+5,500円という低価格で可能です。

OS Windows 11
CPU インテルCore i5-10210U
ストレージ 256GB SSD
メモリ 8GB
画面サイズ 14インチ
全体サイズ 320.2×214.5×17.5mm
重さ 約1.13kg
バッテリー駆動時間 約12時間
Microsoft Office Microsoft Office Personal 2021
価格 89,800円

重い処理が多いなら | DELL「New Inspiron 14 Intel」

DELL「New Inspiron 14 Intel」
New Inspiron 14 Intel(引用元:DELL公式サイト[6]

演算処理、動画・画像編集などの重い処理を行うならDELLの「New Inspiron 14 Intel」がおすすめです。

本機は講義内容にプログラミングや演算処理が関わることの多い理系学生におすすめです。

第12世代のインテルCore i5プロセッサーに16GBメモリ搭載で、重い作業でも問題なく行えるスペックです。

OS Windows 11
CPU インテルCore i5-1235U
ストレージ 512GB SSD
メモリ 16GB
画面サイズ 14インチ
全体サイズ 314×227.5×15.7mm
重さ 約1.54kg
バッテリー駆動時間
Microsoft Office Microsoft Office Home & Business 2021
価格 93,479円

デザイン重視!おしゃれなPCなら | Apple「MacBook Air」

Apple「MacBook Air」
MacBook Air(引用元:Apple公式サイト[7]

デザイン重視のおしゃれなパソコンが欲しい方はAppleの「MacBook Air」がおすすめです。

Appleのパソコンはデザイン性に優れており、同社製品のiPhoneなどと互換性があるのもポイントです。

感覚的に操作できるため初めてパソコンを持つ方にも使いやすいでしょう。

AppleではMac用のMicrosoft Officeの別途販売も行っていますので、必要なタイミングで後から購入することも可能です。

OS macOS
CPU Apple M1
ストレージ 256GB SSD
メモリ 8GB
画面サイズ 13.3インチ
全体サイズ 304.1×212.4×16.1mm
重さ 1.29kg
バッテリー駆動時間 最大18時間
Microsoft Office なし
価格 134,800円

スペック重視!最新ゲームもやるなら | HP「OMEN 16」

HP「OMEN 16」
OMEN 16(引用元:HP公式サイト[8]

最新尾オンラインゲームもプレイできるハイスペックなパソコンが欲しい方にはHPの「OMEN 16」がおすすめです。

HP社のOMENはゲーミングPCとして人気のシリーズです。

オンラインゲームの自然な画像や映像を楽しめるディスプレイや、ブルーライトカット機能搭載。

バッテリー駆動時間は控えめなので、基本的に自宅で使用する想定がいいでしょう。

OS Windows 11
CPU インテルCore i5-11400H
ストレージ 512GB SSD
メモリ 8GB
画面サイズ 16.1インチ
全体サイズ 369.2×248×23mm
重さ 約2.31kg
バッテリー駆動時間 最大5.5時間
Microsoft Office Office Home & Business 2019
価格 154,800円

大学生におすすめのパソコン ~文系編~

大学生におすすめのパソコン ~文系編~

今回ご紹介した中で、文系の学生さんにおすすめなパソコンは以下の通りです。

▼文系学生におすすめのパソコン

  • HP「15s-eq1000」
  • NEC「LAVIE Direct N15(A)」
  • Lenovo「ThinkBook 14 Gen 4」
  • mouse「X4-i5」

文系でも学部によっては重めの表計算を行うこともあるので、履修登録が終わってパソコンの用途がわかってから購入するのが確実です。

大学生におすすめのパソコン ~理系編~

大学生におすすめのパソコン ~理系編~

今回ご紹介した中で、理系の学生さんにおすすめなパソコンは以下の通りです。

▼理系学生におすすめのパソコン

  • Lenovo「ThinkBook 14 Gen 4」
  • mouse「X4-i5」
  • DELL「New Inspiron 14 Intel」
  • HP「OMEN 16」

文系学生同様、ハイスペックなパソコンを購入するならなおさら、履修登録が終わってパソコンの用途がわかってから購入することをおすすめします。

理系だからといって、必ずしもハイスペックなパソコンを買わないといけないわけではありません。

とはいえ理系の学部ではプログラミングが必修科目に入ることが多いので、文系学生よりもメモリの容量が大きいものがおすすめです。

まとめ

ここまで大学生におすすめのパソコンを解説、ご紹介してきました。

大学でもパソコンを持つことを推奨されていますが、いざ購入しようと思うと数が多くて迷ってしまいますよね。

大学生におすすめのパソコンは以下の通りです。

▼大学生におすすめのパソコン7選

  • 安さ重視!最低限の機能で選ぶなら…HP「15s-eq1000」
  • 何かあった時のサポート重視なら…NEC「LAVIE Direct N15(A)」
  • 薄さ軽さ重視!持ち歩くなら…Lenovo「ThinkBook 14 Gen 4」
  • コスパ重視なら…mouse「X4-i5」
  • 重い処理が多いなら…DELL「New Inspiron 14 Intel」
  • デザイン重視!おしゃれなPCなら…Apple「MacBook Air」
  • スペック重視!最新ゲームもやるなら…HP「OMEN 16」

学部によっては文系理系関係なくパソコンでがっつり処理を行うこともありますので、どんな用途でパソコンが必要なのかをはっきりさせた上でスペックや価格を見てください。

ぜひ本記事を参考に、自分に合ったパソコンを選んでくださいね。

知識・知見のある方大歓迎

モバレコ ライター募集中!

モバレコ ライター募集

モバレコでスマホ・PCガジェットの
記事を執筆してみませんか?

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン