カテゴリ: ドコモ光

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換え手順を解説!メリット・注意点や違約金に関しても紹介

ソフトバンク光とは、NTT回線を利用してソフトバンクが提供する光回線です。一方で、ドコモ光は、NTT回線を利用してドコモが提供する光回線です。

ソフトバンク光を契約しているユーザーの中には、ドコモ光への乗り換えを検討している方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるメリットや注意点、具体的な乗り換え手順などを解説しています。

この記事を読めば、ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えが不安なく行えます。

▼この記事を読んでわかること

  • ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるメリット
  • ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える注意点
  • ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える手順

※記事中に記載の価格は特筆ない限り全て税込表記としています。

光回線のユーザー数No.1! 人気回線ドコモ光

ドコモ光

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える2つのメリット

メリットの文字画像
ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える2つのメリット

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えには、以下2つのメリットがあります。

▼ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えるメリット

  • ドコモユーザーならセット割が適用できる
  • dポイントのプレゼント特典を受け取れる

それぞれの内容を詳しく解説していきます。

➀ドコモユーザーならセット割が適用できる

ドコモユーザーは、ドコモ光と「ドコモ光セット割」が組めます。ドコモ光セット割の詳細は、以下のとおりです。

【ドコモ光セット割の詳細】

セット割対象の固定回線 フレッツ光回線やケーブルテレビの設備を利用して、ドコモが提供する光インターネットサービス
セット割対象プラン ・5Gギガホ プレミア
・5Gギガホ
・5Gギガライト
・ギガホ プレミア
・ギガホ
・ギガライト
携帯電話の月額割引料金 1,100円

例えば家族でスマホを3台契約していれば、携帯電話料金が毎月3,300円安くなります。ドコモユーザーはソフトバンク光からドコモ光への乗り換えを積極的に検討してみましょう。

➁dポイントのプレゼント特典を受け取れる

ドコモは「dポイントプレゼント特典」を開催しており、ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えると、dポイントが10,000または20,000ポイント受け取れます。

キャンペーンの詳細は、以下のとおりです。

【dポイントプレゼント特典の詳細】

特典内容 ドコモ光1ギガの新規契約・事業者変更:10,000ポイント
ドコモ光10ギガへの新規契約・事業者変更:20,000ポイント
※ドコモ光10ギガは12ヶ月間1,600ポイントの追加還元あり
適用条件 ・2年契約で申し込むこと
・7カ月以内に利用開始すること
・dポイントクラブ会員であること
注意点 ・ポイントの有効期限は進呈月含む6ヶ月間
・ポイント交換商品・携帯電話料金の支払い・データ量の追加には利用できない

ドコモ光1ギガの契約で10,000ポイント、ドコモ光10ギガの契約で20,000ポイントが還元されるほか、ドコモ光10ギガは毎月12ヶ月間1,600ポイントが追加で還元されます。

適用条件もドコモ光への通常の乗り換え+dポイント会員の登録のみで可能です。

受け取ったdポイントは、オンラインや街での実際の買い物、dマーケットなどに、1ポイント1円で利用できます。

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えるだけで、10,000~30,000円前後の買い物が無料になるのは嬉しい特典です。

オプションなしでも
現金15,000円キャッシュバック

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える手順

ドコモ光に乗り換える手順のイメージ画像
ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える手順(引用元:ドコモ公式サイト[1]

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えは、事業者変更という手続きで行えます。事業者変更とは、NTTの光回線を利用した「光コラボレーションモデル」間の乗り換えのことです。

事業者変更による乗り換えには、切り替え工事が発生しません。そのため、工事費や立ち合いなしで、気軽に乗り換えられます。

ただし、引越しと同時の事業者変更は、ドコモ光では行えません。引越しを控えている方は、事業者変更を行ってから引越すか、ソフトバンク光を解約して引越し先でドコモ光を新たに申し込みましょう。

ソフトバンク光からドコモ光への事業者変更は、以下の手順で行えます。

➀ソフトバンク光で事業者変更承諾番号を発行する
➁ドコモ光で申し込む
➂自動的に切り替わる
➃ドコモ光の機器設定を行う
➄ソフトバンク光のレンタル機器を郵送する

それぞれの手順の内容・注意点を詳しく解説していきます。

➀ソフトバンク光で事業者変更承諾番号を発行する

まずはソフトバンク光から、事業者変更承諾番号を取得します。事業者変更承諾番号とは、ソフトバンク光からの事業者変更に必要な15桁の番号です。

事業者変更承諾番号は、以下の電話窓口で取得できます。

電話番号 受付時間
0800-111-6710 10~ 19時

ガイダンスに沿って「1 → 3 → 2 → 2」を押して、オペレーターとの通話に進んでください。

なお、事業者変更承諾番号の有効期限は、発行日も含め15日間です。発行後は早めに、ドコモ光への申し込みを済ませましょう。

➁ドコモ光で申し込む

事業者変更承諾番号を取得したら、ドコモ光の申し込みを行います。事業者変更承諾番号とともに、ソフトバンク光から事業者変更を行いたいと伝えましょう。

ドコモ光の申し込みには、公式以外にも代理店経由という方法があります。公式と代理店、どちらから申し込んでも、ドコモ光の品質には変わりありません。代理店の独自のキャンペーンが併用できるので、代理店経由のほうがお得に申し込めます。

またソフトバンク光のプロバイダは「Yahoo! BB」のみですが、ドコモ光のプロバイダは23社から好きなものが選べます。各プロバイダのサービスを比較したうえで、ご自分のこだわりにあったところを選択・申し込みしましょう。

おすすめの代理店は「ネットナビ」、プロバイダは「GMOとくとくBB」です。ネットナビは独自の20,000円キャッシュバックを行っており、GMOとくとくBBからは高性能ルーターが無料でレンタルできます。

ネットナビを経由してGMOとくとくBBでドコモ光を申し込めば、20,000円のキャッシュバック・高性能ルーターの無料レンタル・公式のdポイント還元と、3つの特典が併用できます。

➂自動的に切り替わる

事業者変更には切り替え工事がないため、申し込みだけで自動的にドコモ光への切り替えが完了します。切り替え前に「開通のご案内」が、切り替え後に申込書の控えが届くので、内容を確認しておきましょう。

なお、ドコモ光に切り替わった時点で、ソフトバンク光は自動的に解約になります。

ソフトバンク光に、あらためて解約の連絡をする必要はありません。

➃ドコモ光の機器設定を行う

ドコモ光に切り替わった後は、ルーター・パソコン・スマホなどの再設定が必要です。ドコモやプロバイダの案内に従って、機器の設定を行いましょう。

➄ソフトバンク光のレンタル機器を郵送する

ソフトバンク光から機器をレンタルしていた場合は、違約金が発生しないうちに早めに返却しましょう。

レンタル機器は解約の翌月20日までに、以下の住所へ返却が必要です。

▼ソフトバンク光 レンタル機器の返送先

〒272-0001
千葉県市川市二俣678-55ESR 市川ディストリビューションセンター 3階 北棟N8
ソフトバンク返品センター宛

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えにかかる費用

ドコモ光工事費無料の説明画像
ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えにかかる費用(引用元:ドコモ光公式サイト[2]

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えには、以下のような4つの費用がかかります。

▼ドコモ光への乗り換えにかかる費用

  • ソフトバンク光の工事費の残債
  • ソフトバンク光の違約金
  • ソフトバンク光の解約月の月額料金
  • ドコモ光の事務手数料

それぞれの内容と金額の目安を、詳しく解説していきます。

ソフトバンク光の工事費の残債

ソフトバンク光で開通工事を行った場合は、毎月の利用料金にあわせて、工事費を分割で払っている可能性があります。分割の途中でドコモ光に乗り換えると、残りの工事費は全て一括で支払わなければなりません

ソフトバンク光の工事費は2,200〜26,400円前後であり、2〜5年の分割が可能です。契約して5年未満の場合は、工事費の残債がないか確認しておきましょう。

特に注意したいのが、「SoftBank光工事費サポートはじめて割」を利用している場合です。工事費の分割と同額の割引が入るキャンペーンですが、ソフトバンク光を解約すると、それ以降は適用されません。

そのため、これまで実質無料となっていた工事費が、ドコモ光への切り替えにより発生する可能性があります。

ソフトバンク光の違約金

ドコモ光への事業者変更が完了すると、ソフトバンク光は自動的に解約されます。そのため、乗り換え時期によっては、ソフトバンク光の違約金が発生します。

ソフトバンク光の違約金は、2年契約で10,450円、5年契約で16,500円です。更新月なら違約金なしで乗り換えられますが、更新月は2年契約で2年に1回、5年契約で5年に1回、3ヶ月間しか巡ってきません。

更新月を狙っての乗り換えは難しいので、違約金を補填してくれる代理店経由での申込がおすすめです。

ソフトバンク光の解約月の月額料金

ソフトバンク光の解約月・ドコモ光の初月にかかる料金は、どちらも日割りで請求されます。

しかし、ソフトバンク光のオプション料金は、日割りになりません。トータルの月額料金は、通常よりも高くなることが予想されます。

ドコモ光の事務手数料

ドコモ光の契約には、契約事務手数料の3,300円がかかります。契約事務手数料は、初回の月額料金に上乗せして請求されます。

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えにかかる期間・工事について

悩んでいる女性の画像
ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えにかかる期間

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えは、光コラボ間での変更である「事業者変更」という扱いになります。

そのため、切り替え工事は不要であり、インターネットが使えない期間もありません。申し込みから乗り換え完了までの期間も、最短2週間と他の手続きより短めです。

ソフトバンク光とドコモ光の違いを比較

A,B,C,Dの看板の画像
ソフトバンク光とドコモ光の違いを比較

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えは、事業者変更という扱いで比較的簡単に行えます。

では、どのような方がドコモ光に乗り換えるべきなのでしょうか?ソフトバンク光とドコモ光の違いから、乗り換えるべき方を探ってみましょう。

ソフトバンク光とドコモ光の違いは、以下のとおりです。

▼ソフトバンク光とドコモ光の違いを確認する
ソフトバンク光 ドコモ光
エリア フレッツ光と同じ フレッツ光と同じ
速度 最大1Gbps
※最大10Gbpsの別プランあり
最大1Gbps
※最大10Gbpsの別プランあり
月額料金 集合住宅:4,180円
戸建て:5,720円
集合住宅:4,400~4,620円
戸建て:5,720~5,940円
セット割 おうち割 光セット
毎月1,100円/台の割引
ドコモ光セット割
毎月1,100円/台の割引

ソフトバンク光とドコモ光は、同じ「光コラボモデル」のインターネットです。どちらもNTT回線を利用しており、最大速度やエリアに違いはありません。

月額料金はソフトバンクのほうが安いものの、その差もわずか200〜500円程度です。むしろ、携帯電話とのセット割のほうが1,100円と高額であり、通信料の合計により大きな影響を与えます。

そのため、ドコモの契約台数が多い場合はドコモ光が、ソフトバンクの契約台数が多い場合はソフトバンク光がおすすめです。

ドコモユーザーは、ドコモ光への乗り換えを積極的に検討してみましょう。

オプションなしでも
現金15,000円キャッシュバック

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える際の2つの注意点

ビックリマークの画像
ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える際の2つの注意点

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換える際は、以下の2つの点に注意しましょう。

▼ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際の注意点

  • ソフトバンクのスマホセット割が無くなる
  • 10ギプランには乗り換えできない

それぞれの内容を詳しく解説していきます。

➀ソフトバンクのスマホセット割が無くなる

ソフトバンク光を解約すると、スマホを毎月1,100円割引する「おうち割 光セット」が無くなります。

そのため、ソフトバンクユーザーがドコモ光に乗り換えると、通信料の合計が高くなる可能性があります。ドコモ光への乗り換えを検討する際は、携帯電話の料金も含めて比較しましょう。

②10ギプランには乗り換えできない

ドコモ光は1ギガプランのほかに、より安定した高速通信が利用できる「10ギガプラン」も提供しています。専用エリア内であれば契約できますが、事業者変更と同時の申し込みには対応していません。

そのため、ソフトバンク光からドコモ光の10ギガプランに切り替える場合は、一度ドコモ光の1ギガプランに乗り換え、それから10ギガプランに変更する必要があります。

まとめ

ソフトバンク光とドコモ光は、同じNTT回線を利用した「光コラボモデル」であり、事業者変更という手続きで乗り換えられます

事業者変更は工事不要のため、乗り換えにより新たな工事費がかかったり、インターネットが使えない期間が発生したりしません。

ドコモユーザーであればスマホとのセット割が組めるほか、ドコモからのdポイント還元・代理店からのキャッシュバックも受けられます。

ただし、乗り換えにはソフトバンク光の違約金がかかる可能性が高く、また10ギガプランへの事業者変更はできません。スマホとのセット割もソフトバンクからドコモに対象が変わるため、ドコモユーザー以外の乗り換えには注意が必要です。

この記事の参考・引用サイト

[1]
ドコモ公式サイト
[2]
ドコモ光公式サイト

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン