カテゴリ: スマートフォン

「Xperia 1 Ⅳ」をレビュー!カメラやディスプレイにこだわった究極のエンタメスマホ!

進化が乏しいと言われるスマートフォンのなかでもカメラだけは絶えず進化を続けています。

近年では、機械学習を中心としたソフトウェアによる画質の向上と、老舗のカメラメーカーまたはレンズメーカーと手を組み、スマホカメラを共同開発または採用することによる画質の向上がトレンドです。

いち早くカメラメーカーとコラボしたのが中国のファーウェイでした。それまでもファーウェイスマホのコスパは高く評価されていましたが、カメラの評価はイマイチ。ライカとコラボしたことによって評価が一変し、現在では、シャープやシャオミといったスマホメーカーがライカとコラボして高い評価を得ています。

ソニーはカメラ専用機向けのレンズで既に手を組んでいたドイツの名門カールツァイスとスマホ分野で提携することを発表し、2020年発売のXperia 1 IIのカメラからT*コーティングを施したツァイスレンズの搭載を開始しています。

こういった背景もあってスマホカメラは物凄いスピードでカメラ専用機との差を埋めていますが、今も大きな差をつけられているのがズームです。

Xperia 1シリーズの第4世代となるXperia 1 IVは、カメラ専用機と同じ構造のズームレンズを搭載することで、大きな差を埋めようとしています。

結果から言えば、スマホカメラのズーム性能を一変させるようなゲームチェンジャーにはなっていません。

端末名 Xperia 1 IV
販売キャリア
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
機種代金
  • ドコモ:190,872円
  • au:192,930円
  • ソフトバンク:199,440円
実質負担金
  • ドコモ:80,520円
  • au:111,090円
  • ソフトバンク:99,720円
発売日 2022年6月3日

※この記事はすべて税込表記です。

端末提供:ドコモ

「Xperia 1 Ⅳ」の外観・デザイン

小さなポケットから取り出し、耳に当てて通話したり、画面を指で操作するスマートフォンでは、軽さと薄さが求められます。

そんなスマホのボディに、重く厚いカメラと同じ構造の望遠レンズを搭載するのは困難と言われ続けていましたが、ソニーはボディの大きさをまったく変えることなく、カメラ専用機と同じ構造の望遠レンズを搭載することに成功しています。

Xperia 1 Ⅳ 厚み
光学望遠レンズながら本体の厚みは変わらず

重さは185g。200g前後の機種が多い最上位モデルのなかでは軽い部類です。

幅は片手でもしっかり握れる71mmですが、画面は超縦長なので、片手操作では画面全体の5割ぐらいの範囲にしか指が届きません。

画面上部のボタンを操作するには、両手操作か片手操作モードを頻繁に利用する必要がありました。

フラットフレームをガラスでサンドイッチしたデザインに変わりはありません。前世代のXperia 1 IIIで好評だったツヤ消しで指紋が目立ちにくい背面のフロスト処理も継続採用されています。

Xperia 1 Ⅳ デザイン
強化ガラスGorilla Glass Victusで耐久性が向上

左側面には2回押すとすぐにカメラアプリを起動して半押しによるフォーカスやシャッターにもなる専用キーを搭載。

アプリの割り当てを変更できないことから「いらない」と批判の声も大きかったGoogleアシスタント専用キーは今回から廃止になりました。

イヤホン端子は今作でもトップに配置されており、ボトムにはUSB-C端子とピン無しでSIMカードやmicroSDカードを入れ替えできるスロットを搭載しています。

Xperia 1 Ⅳ デザイン
右側面。Googleアシスタント専用キー廃止で
よりスッキリした印象
Xperia 1 Ⅳ デザイン
左側面はボタンなし
Xperia 1 Ⅳ デザイン
トップ。遅延無しで動画やゲームを楽しめる
イヤホン端子を搭載
Xperia 1 Ⅳ デザイン
ボトム。USB-C端子とmicroSD/SIMカード
スロットを搭載
  • Xperia 1Ⅳ カラー
    モダンかつ都会的なブラック(引用元:[1]
  • Xperia 1Ⅳ カラー
    クールな印象のアイスホワイト(引用元:[1]
  • Xperia 1Ⅳ カラー
    Xperiaを象徴するシンボリックなパープル(引用元:[1]

カラーは、高級感と落ち着いた雰囲気のある「ブラック」、涼しげでクールな印象の「アイスホワイト」、Xperiaを象徴するシンボリックな「パープル」の3色ラインナップ。

今回レビューで使用したパープルは、落ち着いたダークカラーでツヤ消しのフロストガラスと相性の良い色合いです。

スペック・パフォーマンスをチェック

OS Android 12
プロセッサ Snapdragon 8 Gen 1
ディスプレイ 6.5インチ
縦横比21:9のシネマワイド
4K HDR有機EL
リフレッシュレート120Hz
メモリ 12GB
ストレージ 256GB
メインカメラ 12MP トリプルカメラ+3D iToFセンサー
広角カメラ
望遠カメラ:焦点距離85-125mm、3.5〜5.2倍光学ズーム
超広角カメラ
ZEISS T*コーティング
フロントカメラ 12MP
バッテリー 5,000mAh
サイズ 165 x 71 x 8.2mm
重さ 約187g
microSD 最大1TB
eSIM

チップセットは2022年夏発売のハイエンドスマートフォンが多く採用する「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載。メモリは12GBです。

CPUの性能を数値化するベンチマークをGeekbench 5で計測したところ、シングルコアは平均1100、マルチコアは平均3019記録。前世代のXperia 1 IIIから大きく進化していません。

プロセッサそのものの性能は向上しているので、発熱や電池持ち対策でクロックダウンしているのでしょうか。

シングルコア マルチコア
1回目 1230 3386
2回目 925 2424
3回目 1147 3249
平均 1100 3019

快適なゲーム体験に関わる描画性能を3D Markで計測したところ、瞬発的な性能を測れるWild Life Extremeは平均2261を記録。前世代のXperia 1 IIIと比べて、最大1.5倍アップと描画性能は大幅に向上しています。

Wild Life Wild Life Extreme
1回目 7326 2221
2回目 5676 2349
3回目 8689 2214
平均 7230 2261

Snapdragon 8 Gen 1は、発熱問題が指摘されているチップセットのため、瞬発的な性能ではなく長時間使用時の性能も気になるところ。

20回連続で負荷を与え続けるWild Life Extreme Stress Testで計測すると、ベストが2,372、ローが1166を記録。

発熱によって半分程度スコアダウンしたことになります。また温度上昇は11.3℃でした。いずれも平均です。

ベスト ロー 性能低下 バッテリー減少 温度上昇
1回目 2463 1166 47.3% 60%→52%
-8%
30℃→42℃
+12℃
2回目 2198 1166 53% 33%→43%
-10%
33℃→43℃
+10℃
3回目 2455 1166 47.5% 40%→32%
-8%
30℃→43℃
+13℃
平均 2,372 1166 49.2% -8.6% +11.3℃

バッテリーはXperia史上最大の5,000mAhを搭載。電池持ちを検証するために、画面の明るさを最大にして、ゲームおよびスマホの設定でリフレッシュレートを最大に引き上げてApexモバイルをプレイしたところ1時間のプレイで約27%減少。

YouTubeを1時間再生すると約14%減少しました。

また、カメラの画質を検証するために朝10時過ぎに家を出て、撮影スポットやルート検索、Twitterやインスタなどソーシャルメディアの確認をしながら500枚以上の写真を撮影するなど、ヘビーユースすると、19時30分ごろに電池が切れました。

電池持ちが悪いと評価されていた前世代のXperia 1 III(個人的に電池持ちが悪いとは感じず)に比べると、明らかに電池持ちが大幅向上しています。

前モデル「Xperia 1 Ⅲ」との比較

昨年発売されたXperia 1 IIIと最新モデルのXperia 1 IVを比較して、どれくらい進化したのか確認します。

Xperia 1 IV Xperia 1 III
プロセッサ Snapdragon 8 Gen 1 Snapdragon 888
ディスプレイ 明るさが50%向上
強化ガラス Corning Gorilla Glass Victus 背面:Corning Gorilla Glass 6
表面:Corning Gorilla Glass Victus
メインカメラ 光学望遠レンズ
焦点距離85-125mm
3.5〜5.2倍光学ズーム
全レンズ120fps高速読み出し
可変式望遠レンズ
焦点距離70mm+105mm
光学2.9倍+光学4.4倍ズーム
フロントカメラ 12MP 8MP
バッテリー 5,000mAh 4,500mAh
重さ 約187g 約188g
eSIM X

チップセットはベンチマークスコアを計測したとおり、CPUの性能は大きく変わらないもののGPUの性能は最大1.5倍アップしました。そのためゲームをさらに快適にプレイできます。

ディスプレイは具体的なスペックが公開されてないようですが、画面の明るさが50%向上したとのこと。詳しくは後述しますが、日差しの強い屋外でも画面が見やすく改善されています。

メインカメラはカメラ専用機と同じ構造の光学望遠レンズを搭載

前世代では2.9倍と4.4倍のみ光学ズームを利用できましたが、Xperia 1 IVでは、3.5倍〜5.2倍のズームレンジであれば劣化なく撮影できます。より遠くのものを光学ズームで撮影できるようになったので、解像感を保ちつつ望遠ならではの魅力である圧縮効果も期待できます。

すべてのメインカメラに120fps高速読み出しに対応したイメージセンサーを搭載することでオートフォーカスとトラッキング性能が向上。4K 120fps撮影も可能にしています。

需要が増える自撮りを綺麗に撮影できるようにフロントカメラは12MPの大型化したイメージセンサーを搭載したことで、室内や夜間など暗いシーンでもノイズの少ないクリアな写真が撮影できます。

重さは1g軽量化されたにも関わらず、バッテリー容量は+500mAh増量されました。詳しくは後述しますが、電池持ちは大幅に改善されていて多くの人が納得のいくものになっています。

大きなアップデートの1つがeSIMに対応したこと。他社のバンドを削除するバンドロックも大幅に緩和されたことで、SIMカードとeSIMによるデュアルSIM運用も可能です。

先日、auで大規模な通信障害が発生しましたが、デュアルSIMこそがユーザーが取れる有効な対策です。

ディスプレイ性能

Xperia 1Ⅳ ディスプレイ
4K HDRに対応した高精細なディスプレイ

ディスプレイはXperia 1シリーズの特徴の21:9シネマワイドディスプレイを継続。大きく改善したのは画面の明るさで、Xperia 1 IIIから50%も改善しています。

iPhone 13やPixel 6 Proと比べても違いは明らかで、Xperia 1 IVの方が屋外でも使いやすいです。

それでもiPhone 13 Proよりは画面が暗く、明るさ自動調節は反応が遅くて暗くしすぎるなど、ストレスを感じることも多々あります。

また、画面の明るさを最大にするには、設定画面から自動調節をオンにして、明るい環境になってようやく最大輝度になる場合がある隠れ仕様です。

これはユーザーに対する明らかな説明不足なので改善すべきでしょう。SamsungのGalaxyスマートフォンのように「明るさを増大」という設定項目を用意して欲しいです。

新機能としては、「リアルタイムHDRドライブ」に対応することで、動画などを見ている時にフレームごとの輝度や階調を動的に解析して、夕陽などの白飛びしやすい明るいシーンもハイライトを調整して色の再現性を最適化。

明るい環境下でもコントラストのはっきりした映像が楽しめます。

ゲーミング機能

Xperia 1Ⅳ ゲーミング
ゲーミングスマホとしての便利機能も健在

Xperia 1 IIIで追加されたゲーミング向けの豊富な機能は、最新モデルにも引き継がれています。

Xperia 1 IVで利用できるゲーミング機能・性能

名前 概要
21:9シネマワイドディスプレイ ゲームの表示領域を横方向に広げるディスプレイ
リフレッシュレート120Hz 対応するゲームの映像をなめらかに表示
タッチサンプリングレート240Hz タップ操作を逃さない高速タッチ検出
ゲームエンハンサー ゲームに集中するために通知・着信通知の非表示が可能。誤操作を防止するためのナビゲーションバーのロックやカメラキー、再度センスの無効化などを収録
RTレコード 録画ボタンを押した30秒前から画面録画できる機能。「撮っておけばよかった」「撮ってなかった」を防止
H.S.パワーコントロール バッテリーを充電するのではなく本体に直接給電。電池持ちを気にせずゲームをプレイ可能
ハイフレームレート録画 プレイ時のリフレッシュレートだけでなく画面録画時のフレームレートを設定可能に。なめらからな映像でプレイ、なめらかな映像で録画も
オーディオイコライザー 低〜中〜高音域の音量を調整して敵の足音や銃声の位置を強調してゲームを有利に進められる機能。最大4つまで画質モードを保存して素早く呼び出し可能
マルチタスク(ポップアップウィンドウ for Game) ゲーム画面から離脱せずにネットで情報を検索したり、YouTubeで攻略動画を見たり、Twitterなどアプリを起動してゲーム画面に重ねて表示できる機能
ゲーム用画質モード ゲーム映像を調整できる機能。「ローガンマ・レイザー」やホワイトバランスを調整して影や暗い部分を見やすく調整。最大4つまで画質モードを保存して素早く呼び出し可能
VCマイクの最適化 マイクの種類に合わせて、ボイスチャット利用時に相手の音声が聞き取りやすくなる機能

ゲーミング性能は、最新のチップセットを搭載したことによってアップ。Apexモバイルなど負荷が高いゲームをプレイしても性能面に関しては問題なく快適にプレイできます。

ディスプレイはリフレッシュレート最大120Hzによるなめらかな映像でプレイ可能。タッチサンプリングレート240Hzによって俊敏な操作もタップ抜けなく認識してくれます。

ただし、ゲームを開始してから数分で手に伝わるほどの熱が発生します。Apexモバイルでは、ケース未使用で非充電プレイにも関わらず、1時間ほどで充電しながらプレイしているかのような爆熱に。

発熱にともなってベンチマークスコアが示すようにパフォーマンスが半分に低下しますが、ゲーム自体は大きなストレスなくプレイできるもののとにかく熱が気になります。

カメラ性能

Xperia 1 Ⅳ カメラ
全てのレンズにZEISS社製を搭載
レンズ 広角 超広角 望遠
画素数 12MP 12MP 12MP
イメージセンサー Exmor RS for mobile sensor Exmor RS for mobile sensor Exmor RS for mobile sensor
センサーサイズ 1/1.7インチ 1/2.5インチ 1/3.5インチ
F値 ƒ/1.7 ƒ/2.2 ƒ/2.3-2.8
焦点距離 24mm 16mm 85-125mm
視野角 82° 124° 28°-20°
光学手ブレ補正 X
リアルタイム瞳AF
リアルタイムトラッキング
HDR対応の最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写
4K 120fpsの動画撮影

Xperia 1 IVで最も大きく進化したのは、望遠光学ズームに対応したカメラです。

スマートフォンのカメラはサイズ上、ズーム機能が弱いため、各社とも様々な工夫をしています。

シリーズ初のトリプルカメラを搭載したXperia 1では、焦点距離の違うレンズを切り替えることで擬似的な2倍ズームを実現。Xperia 1 IIは同じスイッチ式を採用しながら2.9倍ズームに変化。

Xperia 1 IIIでは、背面と平行にレンズを伸ばすことで、本体の薄さをキープしながら、さらに近くまでズームできるペリスコープ型を採用しつつ、機械的にレンズを動かすことで焦点距離を変える可変式望遠レンズを搭載。1つの望遠レンズで2.9倍と4.3倍ズームが可能に。

被写体により近づけるようになり、近づける距離の選択肢も増えましたが、いずれもズームを「点」でしか使えないことが欠点で「ズームするよりも自分が動いた方が早い」ことが多くありました。

この欠点を改善したのがカメラと同じ構造の望遠レンズを搭載することで、点でしか使えなかったズームを3.5倍〜5.9倍まで「線」で使えるようになったXperia 1 IVです。

「Xperia 1 Ⅳ」の作例チェック

真の光学ズームに対応したXperia 1 IVのカメラ。実際にいくつか写真を撮影したので紹介します。

Xperia 1 Ⅳ カメラ
ƒ/1.7の明るい広角レンズで撮影。節電中の屋内でも明るく撮影できます
Xperia 1 Ⅳ カメラ
3.5倍の光学望遠レンズで撮影。
料理を撮影するには少し長めで距離を取る必要アリ
Xperia 1 Ⅳ カメラ
2.3倍のデジタルズーム(AIズームオン)なら料理にも最適。
デジタルズームでも割とキレイに映ります
Xperia 1 Ⅳ カメラ
優れたHDRで白飛びや黒つぶれなく撮影可能
Xperia 1 Ⅳ カメラ
ビルの窓枠やスカイツリーの柱1本も細かなディテールをしっかり再現
  • Xperia 1 Ⅳ ズーム
  • Xperia 1 Ⅳ ズーム
  • Xperia 1 Ⅳ ズーム
  • Xperia 1 Ⅳ ズーム

左から等倍→光学3.5倍→光学5.2倍→デジタル15.6倍ズーム。

広角レンズと望遠レンズで色合いが大きく変わることもありました。

Xperia 1 Ⅳのおすすめのポイント

Xperia 1 IVを使ってよかったポイントを紹介します。

1.デザイン
Xperia 1 IVのデザインは前世代から変わらず、フラットディスプレイとフラットフレームの採用を継続。ディスプレイの上下ベゼル幅は均一になり、美しい見た目は変わっていません。
背面と側面に施されたツヤ消しのフロスト処理によって落ち着いた雰囲気を纏い、指紋が目立ちにくいため、ケースを使用しなくても綺麗なまま利用できます。
厚みを含めて本体のサイズを大きく変えずにカメラのズーム性能を進化させたのは見事です。
2.電池持ち
シリーズ最大容量の5000mAhを搭載した電池持ちは近年のXperiaフラグシップスマートフォンの中でも最高クラスと言えます。特に待機時の消費電力が素晴らしい。
これだけ充実した電池持ちなので、リフレッシュレート120Hzや常時表示ディスプレイといった電池を大きく消費する便利な機能も過度に電池持ちを気にすることなく積極的に使えるでしょう。
また、充電中に残量100%に近い状態を短くして、利用を始めるまでにフル充電することで、バッテリーを負荷を軽減して寿命を伸ばす「いたわり充電」によって、長期間利用しても電池持ちを心配する必要はないでしょう。
3.カメラ
望遠光学ズームで進化したカメラによって3.5-5.2倍の範囲を無劣化で撮影可能になりました。
まだまだズーム幅が短いため、画角もわずかしか変わりません。ソニーはズームの利用機会が多いポートレートのために85-125mmの焦点距離を選んだとのことですが、技術的に可能であれば、この方針は次の機種から変えるべきでしょう。
ポートレートだけでなく別のシーンでもズームを有効に使えてこそ望遠光学ズームに価値があります。
「自分が被写体に近づく方が早い」というスマホズームの課題が解消されているとは言えませんが、スマホカメラをリードするiPhone、Galaxy、Pixelといったいずれの機種でも利用できない望遠光学ズームを搭載している唯一の機種であることは高く評価できます。

Xperia 1 Ⅳの気になったポイント

Xperia 1 IVを利用して気になったポイントも紹介します。

1.発熱
とにかく発熱が凄い爆熱スマホです。
クーラーの効いている屋内でもカメラを構えたまま数分すると「本体の温度が上昇したため、一部の機能が使用できません」と表示されて、顔/瞳AFや自動シーン認識、タッチ追尾フォーカスが無効になりました。
この場合、本体の温度が下がってから、カメラを再起動する必要があります。
また、屋外では高温注意の通知が表示されて火傷の恐れがあるため、長時間直接端末に触れて利用することを控えるよう警告されるなど、熱に関しては多くのストレスを感じます
2.安定性
安定性にも問題があるようです。特にカメラの動作が不安定。個体差の可能性はありますが、少なくともレビューに使用した端末ではカメラアプリのフリーズが頻発。
フリーズすると写真の保存が完了するまで待つように案内されますが、数分待っても解消されず、待っていられないのでアプリを終了すると、写真が保存されない事象に複数回遭遇しました。
早急にアップデートして改善するべき問題です。

まとめ:Xperia 1 IVのおすすめユーザーは?

Xperia 1Ⅳ 買いかどうか
Xperia 1Ⅳは総評で買いなのか

Xperia 1 IVの評価は「19万円を出す価値があるのか」に集約されていますが、その価値を見出せなかったです。

上質なデザイン、シリーズ最長クラスの電池持ち、屋外でも見やすいディスプレイ、望遠光学ズームに対応したカメラは19万円のレベルに到達していますが、やはり発熱問題と不安な安定性が付き纏います。

これだけの高額ながら長期のOSアップデートおよびセキュリティアップデートの保証もありません。

端末購入プログラムを使って実質負担金8万円を前提とした2年間レンタルでようやく選択肢になり得ます。

無理に19万円を払うよりも旧機種のXperia 1 IIIやコンパクトなXperia 5 III検討したり、発熱問題の解消が期待される来年まで待つという選択肢も考えた上で購入の検討をオススメします。

9/30まで!auで機種変更すると
16,500円割引

Sony Mobile
Xperia 1 Ⅳ

端末のご購入はこちら

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

この記事の参考・引用サイト

[1]
Xperia 1 Ⅳ|デザイン|SONY

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

プロフィール

モバレコでは、2015年からレビュー記事を中心に寄稿しています。

また、スマートフォンやタブレット、アプリ、サービス、アクセサリを総合的に取り扱うモバイル専門のメディア「携帯総合研究所」を個人で運営。発表会の取材はもちろん、前職はシステムエンジニアでプログラミングの経験をいかして3キャリアの料金を比較できる料金シミュレーターなども開発しています。

得意カテゴリー

レビュー

ブログ・SNS

携帯総合研究所
https://mobilelaby.com/
Twitter(@xeno_twit)
https://twitter.com/xeno_twit

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン